きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 100 【お鍋料理05】真打登場!!とり野菜鍋 | main | 102 早起きで宵っ張りな街 >>
101 八戸は今日も寒かった・・


本八戸駅からすぐソバに在る「八戸城跡」。南部支藩二万石の本拠地

私メの釈界の先輩で、神田紫と云う姐サンが居るンでございます。今日現在ウチの協会の会長と云う頼もしい先輩ナンですが、その弟子に「あっぷる」と云う可愛らしい女流の前座サンが居るンでございますヨ。青森は八戸の出。

青森県の出身だから「林檎=あっぷる」と安易に芸名を付けた訳では無く、「紫=ぱーぷる」と韻を踏んで名付けたンだと思いますが(恐らく・・)、随分と熱心な前座サンで、私ぁ彼女の将来を密かに期待して居るンでございます。

ただ気の毒にも、彼女の初高座を(よりによって)私メの独演会で引き受けてしまったモンですから、謂わば高座親として多少は面倒見にゃ成らンなぁと覚悟致して居るンです。尤も私メ如きの助けなぞ、無くても大丈夫でしょうが。

上京してから芸界入りするまで中々苦労してた様でして、入門してから突然貧乏に成った私メの様な甘チャンと料簡が違いますン。その内にあっぷるが売れる様に成りましたら、彼女の蜘蛛の糸にでもスガル事に致しましょうか。


ネットでの拾いモノですが、幾らナンでも八戸もソコまでは寒くない筈。

そんなあっぷるが「八戸良いトコ住み良い所」としきりに言いますンで、ならば一度行ってみようじゃねぇかと私メは東北新幹線の終点・八戸駅へ。ココからディーゼルカーに乗り換えて数駅の、本八戸駅に無事に到着。ナント高架駅。

既に黄昏時、深々と小雪舞い散る駅から数分歩き、予約して有ったホテルへ辿り着いた時には体は芯まで冷め切って居りましたヨ。寒〜い、寒過ぎる!!青函トンネル発作的遠征の時とほぼ同じ格好だったのに、もう耐えられない。

あっぷる曰く八戸の冬は「道がカチンコチンに凍ってるか、雪をラッセルし乍ら歩くしか無いですけど、そんなに寒く無いです」の筈だったのに。雪は大して積もって無いし凍っても無いけれど、特大級の寒気団襲来で猛烈な寒さ・・。

以前ご案内の私メと大学同級のKちゃんの金言「寒い所は寒い時に行け」を守ったが為に、暖地育ちの私メは体を内側から温める為に、中心街に有った「みろく横丁」と云う屋台街へ寒風の中、震え乍ら歩みを進めるのでした。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「青森県八戸市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「八戸市観光情報」八戸市役所産業振興部観光課HP
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/
★「東北屈指の山車祭り・八戸三社大祭」同上HP
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/festival/sansya/

(八甲田山死の彷徨に近い天候の中、私ぁ八戸へ行ってしまったらしい・・)

夏に行われる「八戸三社大祭」の山車。ナンとコレで一つの屋台らしい




| 2010.02.17 Wednesday (10:33) | 遥かなる青森・秋田 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (10:33) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS