きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 902 【やきそば56】ナゾの日本三体文殊と熊谷「ホルどん」 | main | 905 【お米料理63】手児奈姫伝説と「食ネタ」大放出1 >>
904 【名物パン70】ヤマザキプラザ市川は「山崎パン」の本店?


JR市川駅前の超高層マンションの45階展望台から眺めた、市川市のの風景。上からだと平らに見えますが、山坂の結構多い街でしたヨ。投身自殺防止用のアクリル板越しで、ナンかが写り込ンでるのはご愛嬌

私ぁパンが好きでして、朝は俄然「パン食派」でございます。「旅館風の和定食」も嫌いじゃ無いですが、子供ン頃からの習慣でパン食の方が落ち着きます。尤も朝から菓子パンはご勘弁願います、食パンをトーストして食べたい。

そんなパン業界の最大手と云えば、コリャ言わずと知れた「山崎パン」。ホント日本中ドコ行っても売ってまして、その規模に呆れると云うか驚くと云うか。地域毎の製品バリエーションも多く、以前「ロシア較べ」した時に吃驚した。

でも地方の中小製パン会社の「珍しいロングセラー製品」を偏愛したがる私メとしては、全国規模の大手サンは面白みに欠けるンで、余り気にして無かったンですが‥フト考えた。最大手の山崎パンって一体ドコの会社ナンだろう。

本社が東京・千代田区に在るのは知ってますし、その前を良く通りますが、本社と本店が別な会社は珍しく無く、山崎パンさんにも本店って在ンのか?で、調べてみたら‥本店的なトコが千葉・市川市に在るらしい。市川だったのか!


上の画像と同じ、JR市川駅前の地上150mの展望台から、今度は東京の方向を。江戸川の手前が千葉県、向うは東京・江戸川区。とは云え、両方とも同じ「旧下総国」ナンですが‥、スカイツリーが目立ちます

山崎パンの創業は千葉・市川市で、昭和二十三年と申しますから終戦後の大混乱。新宿中村屋のパン職人だった人が作った会社だソウですが、へぇ戦後創業の会社だったンか。で、アレよアレよと云う内に全国企業・最大手に。

でも創業の地への恩義は忘れなかった様で、JR総武線・市川駅前に「本部のお店」がドドーンと建ってると云う。そりゃ面白ソウだ、行ってみたい‥と云う訳で、機会を見つけて遂に行って参りましたヨ。随分と長い前置きですナ。

私ぁてっきり「巨大なヤマザキデイリーストア」みたいのかと思ってましたが、いやいやドウして立派なモン。駅前ロータリーに面した大きなビルで、地下は直営のスーパー。一階は山パンなのに、焼きたての凝ったパンを売ってらぁ。

そして二階は直営ビュフェ。「パン食べ放題?」と疑った私ぁ「ど〜せ元は取れない」のを承知でイートイン!ま、フツーの洋食系バイキングで、菓子パン食べ放題じゃ無いのは残念でしたが、マッタリとしてて良い雰囲気でした。


JR市川駅前の「ヤマザキプラザ市川」、「デイリーストア」本部等のオフィスが3階より上を占めてます。でも一階じゃ巨大な「丸ごとバナナ」を売ってたり、全国のランチパックを売ってたり。実に面白いトコでしたゼ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「千葉県市川市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ヤマザキプラザ市川」山崎製パン・サンプラザ35HP
http://www.yamazakiplaza.co.jp/
★「会社沿革」山崎製パンHP
http://www.yamazakipan.co.jp/company/enkaku/
★「アイ・リンクタウン展望台」yakei.jp HP
http://yakei.jp/db/summary.cgi?row1=ilink
★「レストラン パスタット」初雪日記ブログ
http://hatsuyuki.blog.so-net.ne.jp/2011-07-07

(食品企業の『本店』巡りも面白ソウだと思わせて呉れた、山パン本店でした
)

昨年の大震災で中止や延期されたお祭りは沢山有りましたが、最大級の衝撃と成ったのが「ヤマザキ春のパンまつり」。原材料の不足と、浮かれてる場合じゃ無いと云う事で、昨年は延期縮小と成りましたが、このコトで改めて事態の深刻さを悟った西日本の方は多かった筈‥。そのパンまつりの景品として出そうな「白いお皿」が、山パン本店二階のビュフェじゃ大活躍!出てたパンはコレ位でしたが、他の料理も値段のワリに美味かったねぇ。でも驚いたのが客層で、(行った日が偶々ソウだっただけかも知れませんが)年配層の多いコト!決してガッつく事無く、地方のデパートの「お好み食堂」を思わせる様なマッタリとした、とても懐かしい雰囲気で、何だか幸せな気分に成った私メでした。しかし乍ら‥若い頃と違って、ムシャムシャ食べられなく成った自分に驚くばかりです




| 2012.03.28 Wednesday (07:30) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.21 Monday (07:30) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS