きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3511 【呑みモン126】大本山・総持寺で「沖縄の酎ハイ」を・・鶴見

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

東海道線や横須賀線のホーム新設をJRに度々要望してるモノの、何時まで経っても実現しない鶴見駅。11月末に開業する埼京線と相模鉄道の直通列車が鶴見駅を通りますンで、その停車を狙ってるそうナ

 

拙宅の在る都内からバイクに跨り、横浜市の東端・鶴見区まで参った私メです。元気だった頃は一日千kmツーリングまでした私メですが、今は思いつきじゃコレが精一杯。でもココまで回復出来ただけで大したモン。

 

ま、数日前から体調を整えれば軽井沢まで行ける位に戻りましたンで、今年ダメでも来年に成れば・・もっと気軽にツーリングに行けますかしらん。慌てて事故でも起こしたら阿呆らしいンで、じっくり回復狙いましょ。

 

さて昨日は同じ鶴見のリトル沖縄を訪ねましたが、今日は本来の目的たる総持寺さんへ。鶴見って不思議なトコで、鶴見駅の海側は京浜工業地帯に勤める労務者の街ですが、山側は高級な住宅地だったりする。

 

リトル沖縄は海側でしたが、山側の総持寺さんはそんじょソコらの半端な寺院じゃ無く、伝統仏教十三宗の一つ「曹洞宗」の二つしか無い大本山の片方で、禅宗としては国内最多の系列寺院を持つホント大きな寺。

 

大本山「諸嶽山総持寺」が能登から鶴見に移転したのは明治四十四年(1911)のコトで、もともとココには同じ曹洞宗のお寺が在ったとか。寺域十五万坪と広大で堂宇だけじゃ無く、系列大学も在ったりします

 

仏教も各宗ごとに制度が多少違い、最高権威の寺院が大本山と総本山のトコに分れてますが、当然ながらは京都や奈良の上方が殆どですヨ。古くからの十三宗の中で上方以外なのは、日蓮宗・時宗と曹洞宗だけ。

 

日蓮宗は山梨・身延町の久遠寺さん、時宗は神奈川・藤沢市の清浄光寺(遊行寺)さんで、残念ながら都内は一つも在りません・・二番手クラスのお寺なら幾つか在りますし、新興宗教ならウジャウジャ在りますが。

 

やはりコレは「政治の中心・江戸」「経済の中心・大阪」「文化・宗教の中心・京都」とキッパリ分離した幕府の政策に依ると思いますが、一番近い総本山が鶴見の総持寺さん。曹洞宗は大本山と称して居られます。

 

曹洞宗と云えば禅宗の最大宗派で、鎌倉時代の道元禅師が中国・元に留学し、向こうで栄えてた曹洞宗を学んで帰国し、ソレを広めたと学校で教わった覚えが。初めは京都でお寺を建てたモノの激しい迫害に。

 

総持寺さんには当然多くの仏像が有りますが、宿泊施設も入ってる境内の「三松閣(さんしょうかく)」の入口に大きなお腹の布袋さま。お寺の中だけで七福神巡りが出来ますが、布袋尊は中国の禅僧だった様な

 

やむなく越前国(福井県東部)へ下り、ソコで開いたのが永平寺で当然ココが大本山。処が内部対立も有って小さな教派だったのを、大きく広めたのが四代目トップの瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)禅師。中興の祖!

 

鎌倉幕府を攻め滅ぼした後醍醐帝に気に入られた様で、多くの優れたお弟子の居たコトも有って曹洞宗を全国に一気に普及させますが、問題はこの方がイロイロ有って永平寺を出てた事。拠点としたのが総持寺。

 

但しソレは鶴見じゃ無く、石川県・能登半島の北端近くに在ったお寺で、後醍醐帝から大本山として認められ、宗派内でも勢力を拡大して永平寺を圧倒。ソレは猛烈で、永平寺は廃寺寸前だった時期まで有った様。

 

そして江戸幕府により総持寺さんは永平寺と同格、つまり両方とも総本山(大本山)で有ると定められてますヨ。幕府が乗り出すほどの対立だったンでしょう、「道元禅師が高祖」「瑩山禅師が太祖」と並び奉る位に。

 

境内で一番大きな建物は御本堂たる仏殿じゃ無く、高祖・道元禅師と太祖・瑩山禅師らを祀った「太祖堂」。移転してからもナカナカ着工できず、昭和四十年(1965)に落慶したンで鉄筋コンクリの巨大建築です

 

ソレがドウ云う訳だか鶴見に移って来た。判るのは明治半ばに大火災で能登のお寺が焼失したコトと、移転に当たって能登じゃ大反対運動が起きたコト。再建しようとした時に、多くの系列寺院から要望が出た。

 

曰く「コレを機会に交通便利な関東に移っては」。何ヵ所か候補が有った中で横浜港に近い鶴見なら、当時は鉄道よりも船の方が参拝するのに便利だし、能登から資材を運ぶのも楽。他にも理由は有ったでしょうが。

 

ですが何百年も信仰の拠り所としてた能登じゃ大騒ぎで、激しい反対運動をしただけじゃ無く、住職襲撃事件まで起きたとか。石川県知事が仲裁に乗り出し「移転はするが元のお寺も再興する」。玉虫色の決着に。

 

どうせなら都内に移って来た呉れたら・・と思わずにゃ居られませんが、鶴見だったからこそ生じた趣も有りますし、ソウ成らなかったから私ぁ鶴見に行こうと云う気に成れたンだと、フト思ったお彼岸に仲日でしたヨ。

 

能登の元の場所には「総持寺祖院」と云うモノが再興されてるソウですが、曹洞宗内の勢力は今でも総持寺が永平寺を圧倒してる様で、実質的に鶴見が総本山と考えても良いのかナ?大勢の若いお坊さんが修行してますが、そんな彼らを象ったゆるキャラなんでしょうか?可愛らしいお坊さん、お寺も昔に比べて随分フランクで、カフェまで在りました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区明治神宮」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「神奈川県横浜市鶴見区の観光スポット10選!美しい四季を心とカラダで味わおう!」GOOBA HP
★「鶴見から元気を発信する地域情報サイト」つるみウォッチャーズHP
★「JR鶴見駅に中距離電車のホームが新設される可能性は?」はまれぽ.com HP
★「横浜 鶴見の杜」曹洞宗大本山聰持寺HP

★「一仏両祖とは、どういう意味ですか?」曹洞宗近畿管区教化センターHP
★「鶴見総持寺 境内散歩」万遊歩撮ブログ
★「曹洞宗大本山〜總持寺
そうじじ〜」散歩日和〜一歩一会〜ブログ
★「曹洞宗における永平寺・総持寺の二大本山とは、」日本史・禅宗史の研究室サイトHP
★「石川県にあった總持寺が鶴見に移転した理由を教えて!」はまれぽ.com HP

★「門前の古い町並み」一路一会HP
★「沖縄から、世界へ。オリオンビールは挑戦します。」オリオンビールHP
★「オリオン初のチューハイブランド WATTA」オリオンビールHP


(関連する記事)
★「270 【麺類色々13】横浜・鶴見区でうちなーを楽しむ」
★「323 【名物パン24】鶴見あげパンと生麦事件」
★「990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!『ケチャップ焼きそば』」

★「1429 【呑みモン42】オリオンビールで工場見学を‥名護」
★「1271 【野菜果物45】リトル沖縄で『みそ汁定食』を!‥鶴見」
★「1836 【名物パン201】『珈琲あんぱん』を気の毒な街・鶴見で」
★「1836 【調味料類24】海に面した駅と『あんだんすー』・・鶴見」
★「3510 【麺類色々372】横浜・鶴見のリトル沖縄で『ソーキそば』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(両大本山に険悪な時期も有った様ですが、今は協調してるソウです)

俗世間の垢にまみれた寄席芸人風情にゃ禅宗は余りに尊く、大本山の総持寺さんじゃ面白いモンを見付けられませんでした。てな訳で昨日ご紹介した同じ鶴見のリトル沖縄で買ってた、沖縄名物オリオンビール!但しオリオンが創立以来初めて売り出した酎ハイ「WATTA(ワッタ)」。国内五位のビール会社でも、全国シェアが1%以下なのがオリオンが少しでも売り上げを増やしたい・・と云うか、沖縄島民が内地メーカーの缶酎ハイに流れるのを防ぎたいと云う意図有っての商品化だと思いますが、第一弾の味は沖縄県産のシークワーサーを用いたモノ。今までのシークワーサー酎ハイは矢鱈と酸っぱいモノばかりでしたが、沖縄の会社のソレは逆に甘い!少しも酸っぱくなくてナニか別の果物かと疑ってしまう位ですが、この位の方が呑み易くて宜しいですナ。第二弾は私メ最愛のパッション・・向うに居た時も鱈腹食べましたが、問題はドコで売ってるか?リトル沖縄じゃ無かった様な・・探してみたいと思ってます




| 2019.10.03 Thursday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
3510 【麺類色々372】横浜・鶴見のリトル沖縄で「ソーキそば」を

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

鶴見区の潮田町はキレイに区画整理された碁盤目状の街で、如何にも京浜工業地帯の真ん中に居ると実感させて呉れますが、当り前じゃないのは看板に沖縄の名前が多いコト。コチラは「きゆな」さんですネ

 

中山道板橋宿の拙宅からバイクに跨り、日本最大の市・ミナト横浜の最東端・鶴見区へ参った私メです。体調が未だ万全じゃ無いンで、以前の様にロングツーリングにゃ参れませんが、近くだったら時折ブラブラと。

 

尤もソレは片道十km程度の可愛らしいモノで、元気だった頃の一日千kmツーリングに比べるとお散歩ですが、バイク最大の敵・暑さも一時ほどじゃ無いですし、車検も先日通しましたンで、偶にゃチト遠出せねば。

 

また先日久しぶりに桜木町へ参って楽しかったモノだから、イザ参らン横浜の方・・ちょうどお彼岸の仲日でしたから、曹洞禅宗の大本山・総持寺さんの在る鶴見が宜しかろう。都心を突破して四十km位ですかネ。

 

第一京浜(国道15号)から産業道路(国道131号)に入り、多摩川を越えたら首都高の下を走って行く懐かしい道。城北からは多摩や埼玉よりコストコは川崎が行き易いと、発病する前はこのルートを良く通ったモノ。

 

大正十四年(1925)まで独立した自治体だった潮田町は、もともと鶴見川河口東岸の農村で大正時代に工業地帯として遠浅の海が埋立てられてますが、鎮守の「潮田神社」はヤマトノタケル伝説が残ります

 

処が病中はコストコなんか参る心身の余裕は無く、全く行けなく成って会員も失効して幾年月。今回は久しぶりに寄れたら・・とは思えども、駐車場待ちの凄い行列に恐れを成してそのまま通過!何れまた改めて。

 

同じ産業道路を川崎コストコ前からもう少し行くと、知らぬ内に市境を過ぎて横浜・鶴見区に入ってて・・ソコに関東最大の沖縄人街・潮田町が在りますヨ。元気だった頃はコストコの序でに良く寄った、懐かしい街。

 

ココも五年ぶり以上で、多少は変わってるかナと通り抜けてみると、殆ど変わってない様な。ま、些か寂れた感は有りますが・・元々賑やかなトコじゃ無かったンで、総持寺さんへ参る前に寄ってみましょと途中下車。

 

界隈を暫くブラついてみましたが、ココも横浜なのに・・ソウ思えぬ独特な雰囲気。関西の方なら判るでしょうが、大阪市の海沿い・港区や大正区辺りと同じ「沖縄人の多い街」特有の、乾いたノンビリ感がたっぷり。

 

潮田町の中心「仲通」は、周囲が工業地帯化して人口が急増した大正時代に出来た商店街で、公害問題で工場群がより沖合に移転するまでは大いに栄えたとか。今は「おきつる会館」の在るリトル沖縄ですヨ

 

そもそもナゼ鶴見区、そして潮田町に沖縄人が多いのか・・知れば悲しい物語が。その理非は別として、日本の一部と成った明治時代の沖縄は内地に比べて生活が苦しく、島を捨てて移住しようと云う者が続出。

 

その多くはハワイや南米に向かいますが、全員が行けた訳じゃ無く・・島は出たけど外国へ行けぬ者も大勢で、労働者の足りなかった京浜や大阪港湾部の工業地帯に呼び込まれ、取り敢えずの心算で住むコトに。

 

その労働環境は戦前ずっと劣悪だった様ですが、更なる悲劇が起きたのは沖縄県が戦後米軍の管轄と成って日本から切り離され、諸外国から引き揚げてきた沖縄系移民達が、島へ帰れなく成ってしまう事態に。

 

行く宛てなき彼らが流れ込んだのが、戦後復興から高度成長期で人手不足だった京浜や大阪港湾部の工業地帯・・に既にあった沖縄人街。新しく来たか古くから居るかの差が有るだけで、境遇は似た様なモノ。

 

「おきつる会館(鶴見沖縄県人会会館)」の入口に、こんなボードが置かれてましたが・・正式には違うけど、ココは沖縄県の飛び地みたいなモンだから、こう書きたく成る気持ちも判りますネ。なるほど沖縄県ですヨ

 

仕事だって安全なモノじゃ無く、所謂3K5Kの過酷な肉体労働が殆ど。また内地の言葉を上手く使えないし、そもそも生活リズムから違ってるしで溶け込めず、自然沖縄人だけで固まって暮らす方がイロイロと有利。

 

また昔は差別が激しかったンで、3K5Kから抜け出して自力で商売を始めようと云う者に、銀行や信金・信組が資金の融資をして呉れなかったらしく、彼らの取りうる手段は琉球王国時代からの無尽講「模合」だけ。

 

内地でも盛んな地方は有りますが、大勢が少しずつお金を出し合って順番にソレを得る無尽のコトで、模合に加わらないと底辺からの脱出も出来ぬ。その他様々な差別に抗する為に、沖縄人街が潮田町に出来た。

 

ソレを政治的に利用しようと左翼が手出しした時期も有った様ですが、差別や苦難も大分減ってまとまって暮らす必要が無くなった?ココが寂びれたのは或る意味イイ事なのかもと、フト考えてしまった私メでした。

 

折角だし・・おきつる会館の料理屋「おきつる食堂」さんで、沖縄料理をムシャムシャと!まずは豚肉だと「てびち(豚足の煮込み)」「軟骨ソーキ(柔らか煮)」「三枚肉(バラ肉)の角煮」の豪華三点盛り。何れもホント柔らかで、てびちとソーキはコラーゲンが一杯!もぅ、プニュブニュですヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「神奈川県横浜市鶴見区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「神奈川県横浜市鶴見区の観光スポット10選!美しい四季を心とカラダで味わおう!」GOOBA HP
★「鶴見から元気を発信する地域情報サイト」つるみウォッチャーズHP
★「横浜市沖縄区のあらまし」横浜鶴見沖縄ストリートHP
★「横浜市寺社案内 潮田神社」猫の足あとHP
★「都内から1時間以内!首都圏屈指の沖縄南米タウン、鶴見『仲通商店街』」TABIZINE HP

★「沖縄に逢える!!沖縄が味わえる!!」おきなわ物産センターHP
★「4万の沖縄人が大移住した鶴見周辺へ。苦難の歴史を越え、古きよき沖縄文化の残る街」デイリーポータルZ・HP
★「鶴見沖縄県人会史が発刊 移住からの百年辿る」タウンニュース鶴見区HP
★「鶴見の沖縄度合いはどれくらい?」はまれぽ.com HP
★「沖縄の人達がやっている模合
もあいって何?ルールを説明!」さんさん沖縄ブログ
★「おきつる食堂」おきなわ物産センターHP
★「おきつる食堂
(旧おきなわ亭) /リニューアルオープン★沖縄タウン・鶴見にある沖縄そばとタコライスのお店でランチ!」adagioブログ


(関連する記事)
★「270 【麺類色々13】横浜・鶴見区でうちなーを楽しむ」
★「323 【名物パン24】鶴見あげパンと生麦事件」
★「990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!『ケチャップ焼きそば』」
★「1271 【野菜果物45】リトル沖縄で『みそ汁定食』を!‥鶴見」
★「1836 【名物パン201】『珈琲あんぱん』を気の毒な街・鶴見で」
★「1836 【調味料類24】海に面した駅と『あんだんすー』・・鶴見」
★「3506 【麺類色々371】黄昏のミナト横浜で『日本元祖のナポリタン』を・・桜木町」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(酒屋の前で、オジイ達がお酒を飲みつつノンビリ談笑中・・沖縄です)

リトル沖縄・潮田町に来れなかった五年間で変わったコトと云えば、おきつる会館の料理屋が変わって、内装がキレイに成ってたコト!そんなおきつる食堂さんのメインは沖縄そばとタコライスらしいンで、軟らかい三枚肉の乗ったおそばと、茶わんサイズのタコライスを!そばの麺は会館内で作ってるソウですが、内地のとは全く違う豚骨スープの沖縄そば。流石に毎日はキツイですが、週に一度なら食べたい位です




| 2019.10.02 Wednesday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
3506 【麺類色々371】黄昏のミナト横浜で「日本元祖のナポリタン」を・・桜木町

フェイスブックに加え、ツイッターも始めました。神田鯉風で検索を!

みなとみらいは目立つ建物が多いですが、新港地区のシンボルは日本最大の観覧車「コスモクロック21」。大阪・天保山の大観覧車と全く同じ設計の兄弟機(横浜が兄)で、完成時は共に世界一を誇りましたヨ

 

夏の疲れが溜まってるのか体調が今イチ芳しくなく、ご案内したい根多が山積みに成ってますンで・・出来るだけ休まずに記事書かなきゃと思いつつ、ドウにも堪らずに更新するのを一日休ませて貰った私メです。

 

妙にダルさが後を引く・・コレって老化?肉体年齢は二十代前半を保ってる筈ですが、疲労の限界を超過して久しい心身を誤魔化しながら過ごしてますンで、短期間集中爆撃的な今夏の暑さが堪えたンでしょうネ。

 

その暑さ寒さも彼岸までと申しますが、秋の彼岸も明けましたンで、コレからは日毎夜毎に涼しく成ってくばかりの筈。テクテク歩き廻るにゃ向いてる時期に成りますンで、今の疲れを早く抜いてソレに備えませんと。

 

そう、秋が深まるに連れて拙宅の在る都内は「超大都市ならではの美しい季節」が来ますンで、東京生まれのソメイヨシノ咲く春と同じ位に忙しく動き回るコトに。ソウ考えると今の内に休んでた方が良いのかしらん。

 

大観覧車の近くで優美な白い船体を浮かべるのは、国の重要文化財「(初代)日本丸」。昭和五年(1930)の就航から多くの船員を育てた練習帆船で、全マストに帆を拡げる総帆展帆が今でも時折行われてます

 

ソレはさて置き参りましたのは、何だか久しぶりのミナト横浜。言うまでもなく人口じゃ大阪市を上回る日本最大の市(375万人)で、四国全体とほぼ同じ位だとか。関東じゃ唯一「ミニ東京じゃない」雰囲気のする街。

 

池袋から湘南新宿ラインの快速で約三十五分と結構近く、普段ブラついてる都内と違って目新しいモンが多いンだから、もっと出掛けても宜しい筈ナンですが、中途半端に近くて遠いンで・・チト面倒臭く感じてしまう。

 

何時でも行けると思いつつ、何時でも行けるからとナカナカ行かない黄金則で、遥かに離れた京都や大阪の方に数多く行ってるから・・我ながら実に変。同じ神奈川でも湘南エリアの方が親しく行ってる様な気が。

 

偶にゃ遊びに行こうと思うと天気が悪かったり、私メの体調や気分が宜しくなかったり、或いは電車のダイヤが破綻してたりで、巡り合わせの悪さを嘆くばかり。もちろん無理すりゃ行けますが、何時でも行けるしネ。

 

みなとみらいで一番目立つのは、大阪あべのハルカスに抜かれるまで日本一の高さだった「ランドマークタワー(297m)」。お天気の良い日は東京都心からもこの雄姿を望めますが、もう二十六年も経ったのか

 

そんな重い腰を漸く上げて参った横浜・・と云うのも用事が有り、ドウしても参らなくちゃ成らぬ。ソウ思うと折角だからチト散歩致しましょと、目的地近くをブラブラと。桜木町へ少し早く乗り込み、界隈をテキトーに。

 

拙宅の在る東京城北は海からチト遠いンで、潮の香りがするだけで嬉しく成りますゼ。この日も残暑は厳しく、例え夕方でも立ってるだけで自ずと汗が出て来ますが、岸壁沿いに吹く風に当たってるだけで心地良し。

 

ベンチに座り、黄昏れ始めたランドマークタワーを間近に眺めてますと、東京にゃ無い景色・・大阪にも無い景色。港町だナって感じに浸って大喜び。やっぱ横浜へ時々行かなきゃダメですネ、面倒臭がってないで。

 

このまま日が暮れますと、大観覧車コスモクロックが夜陰に光輝くライトショーの始まりですが、生憎ソコまで待っちゃ居られない。今回は用事が有るから来た訳で、ソレと時間がガッチリ重なるヨ!次の楽しみに。

 

桜木町駅を挟んでみなとみらいの反対(西)側は、横浜随一のディープな街・野毛。中でも強烈なのは、大岡川沿いに壁の様に並ぶ「都橋商店街」。怪しげな飲み屋が連なってますが、妙にキレイに成りました

 

会場へ一旦向かい、荷物を預けて改めて近所をブラブラと。再開発地のみなとみらいと違い、野毛は古き良き時代のハマの気配が多少感じられる街。と云っても、百五十年少しの歴史しかない新開地が横浜。

 

新橋からの陸蒸気の終点・桜木町駅(初代の横浜駅)前の繁華街として戦前は栄えたと言いますが、ナンと言っても港湾一帯が進駐軍に接収された、戦後の闇市と屋台が辺りを埋め尽くしてた頃が野毛の全盛期。

 

横浜を舞台にしたギャング映画は大抵ココが舞台で、同じ闇市でも都内と違って頽廃の極みだったと、某師匠に教わりましたネ。悪徳と暴力が蔓延る、実に魅力的な街だったとも。私メらは価値観がヘンですから。

 

バブル期まで雰囲気が残ってましたが、時折参る度に思うのは・・ドンドン健全な街に変わって行くコト。物騒だった頃の面影を探そうとしましたが、僅かな時間じゃ見付けられませんゼ。コレも次回の楽しみですネ。

 

黄昏迫る横浜・野毛の呑み屋街。ココの養老の滝は全国チェーンの三号店で、現存するお店の中じゃ最古ナンだとか。今は池袋西口に在る本店にゃ馴染みが有りますが、最古のお店とはホント興味深いですネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「長野県北佐久郡軽井沢町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「大観覧車コスモクロック21」よこはまコスモワールドHP
★「観覧車はハマの夢を見る『よこはまコスモワールド・コスモクロック21』
神奈川県」観覧車ぼっち星ブログ
★「帆船日本丸へようこそ」帆船日本丸・横浜みなと博物館HP
★「横浜市 帆船初代日本丸の総帆展帆
そうはんてんぱん」美しい日本、この一枚。ブログ
★「横浜ランドマークタワー」三菱地所プロパティマネジメントHP
★「『横浜ランドマークタワー』をもっと楽しむ!6つのポイントをご紹介♪」icotto HP
★「毎度いらっしゃい」野毛本通り商店街HP

★「都橋商店街って入っても大丈夫?」はまれぽ.com HP

★「野毛の街の歴史について教えて!」はまれぽ.com HP

★「マイナスをプラスに転じた街づくりの意外な秘訣―横浜・野毛の復活劇、日本一安全でディープな下町に―」次世代価値コンソーシアムHP
★「居酒屋チェーン『養老乃瀧』、1号店が横浜って本当?」はまれぽ.com HP

★「米国風洋食レストラン」センターグリルHP

★「発祥の地で日本一ナポリタンに詳しい男に教わる“ナポリタン史”」YAHOO!ライフマガジンHP
★「野毛『センターグリル』米国風洋食レストランはナポリタン発祥のお店!ランチをしてきました」ハマのくま横浜散歩ブログ


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」

★「083 【スイーツ03】ぽけっと講談『ありあけのハーバー』」
★「626 【やきそば35】横浜下町の三色焼きそば」

★「627 【麺類色々35】生碼麺とブルースと青江三奈と」

★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2843 【やきそば314】ミナトの下町の商店街で『三色焼きそば』を・・横浜橋」

★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」
★「2866 【名物パン328】伊勢佐木町で『シウセージドッグ』とブルースを」

★「2904 【スイーツ233】潮風吹くヨコハマで『凍らせるハーバー』を・・みなとみらい」

★「3165 【今川焼き88】梅雨晴のミナト横浜と『怪奇!チョコミントたい焼き』」

★「3267 【お肉料理124】黄昏のみなとヨコハマと『崎陽軒のシウマイまん』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(都内の秋がキレイに成る前に、横浜をジックリ歩いてみたいモノです)

横浜から始まったモノって随分多いですが、スパゲティーナポリタンも横浜生まれの料理だったりする。その元祖は山下町のホテル・ニューグランドだとされてますが、所謂ナポリタンとは随分違うものだったらしく、今風のソレの元祖が野毛に在る米国風洋食レストラン「センターグリル」さんだとされてますナ。昭和二十一年(1946)の創業時からトマトピューレじゃ無く、ケチャップたっぷりの庶民的なナポリタンを提供してた様で、ココから全国に広まったとか。但しケチャップの風味は控えめで、あの酸っぱさが苦手な私メにゃちょうど良し。この位の味で全国に普及してたら・・私メもナポリタンをもう少し食べる様に成ってたかしらん




| 2019.09.28 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
3267 【お肉料理124】黄昏のみなとヨコハマと「崎陽軒のシウマイまん」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

ミナト横浜に黄昏が!大正六年(1917)に建った国の重要文化財「横浜市開港記念館(中区公会堂)」は、横浜三塔の一つ「ジャックの塔」として知られてますナ。照らされた赤レンガが群青の空に良く映えてます

 

拙宅の在る都内を離れ、関東で二番目に大きな市「横浜」へ参った私メです。全国でも東京特別区(951万人)に次いで大きな街(373万人)で、驚くコトに四国四県に等しいとか。二位の大阪市よりも百万人も多い。

 

関東で唯一「ミニ東京じゃ無い」雰囲気を漂わせてますが、ご存知通りに歴史は至って浅い街。以前触れたコトが有りますが、幕末の安政六年(1859)の開港で急に開けた街で、その前は淋しい漁村だったとか。

 

ま、大元の東京からして江戸幕府が出来て四百数十年しか経ってない訳で、鎌倉以外は大した歴史なんか有りません。その鎌倉だって京都や奈良に比べりゃ新開地も同然で、逆立ちしたって上方に勝てません。

 

青白く照らし出されてる「クイーンの塔」は、関東大震災後の昭和九年(1934)に完成した「横浜税関本関庁舎」。高さ51mの塔は当時の横浜じゃ一番背が高く、入港する国際航路の客船の目標に成ってたとか

 

ですが中世からのモンが無くたって、関東にゃ近世・近代のモノは結構残ってて、ソレを見て廻るだけで楽しかったりしますネ。尤も見て廻るのが楽しいのは私メら地元民だけじゃ無く、遠方からの観光客も同じ様。

 

大体が観光てぇのは自分の日頃と全く違う雰囲気に対する違和感を楽しむモノで、そりゃ地方だって最先端の再開発地は在るでしょうが、東京や横浜と比べりゃ規模が桁違いの筈。おぉこりゃスゲェと成る訳ですヨ。

 

或いは戦前から残る豪勢なオフィスビルや博物館・洋館群を眺め、まるで外国に行ったみたいと異国浪漫に浸る訳で、この点じゃコッチは上方に勝る筈。空襲や関東大震災が無ければもっと残ってたンでしょうが。

 

横浜は逸早く「観光資源としての夜景の価値」に気付いた街で、古くて立派な建物は総じて奇麗にライトアップされてますナ。明治四十四年(1911)に建てられた「赤レンガ倉庫2号館」も、昼と違った美しさです

 

ですが我々が覚える異国情緒を、その異国から来た外国人観光客はドウ感じてるのか?横浜と同じ幕末の開港地で、似た様な古い洋館等の多い神戸市は彼らだらけの上方なのに、その姿が多くなかったりする。

 

その理由は簡単で「珍しく思えないから」だとか。大阪のゴチャマゼ感や京都・奈良の歴史には魅力を感じても、短い旅行日程の中で神戸にわざわざ時間を割く程では無い様で、日本人観光客が幅を利かせてる。

 

翻って横浜はドウか?全国から異国情緒を楽しもうと押し寄せる同胞だけじゃ無く、大阪・京都には劣るとは云え・・間違いなく外国人観光客が闊歩してますナ。しかも中国・韓国じゃ無く、欧米系の彼ら達の姿が。

 

古い時代だけじゃ無く、新しい時代の横浜の夜景と云えば・・万国橋から眺めた「みなとみらい」ですナ。万国橋は赤レンガ倉庫へ向かう汽車道に架かる橋ですが、入り江の水面に反射する灯りが鮮やかですゼ

 

一向に増えぬ神戸と違い、横浜を訪れる彼らは年々増加してる様で、具体的な数字は判らねど・・毎年「過去最高」を記録してるらしい。同じ外国人観光客でも、東京と上方とじゃソレゾレ嗜好・目的が違うみたいネ。

 

極端な話、上方には彼らの喜びそうなトコが(神戸以外にも)沢山有るのに対し、東京はソレ以外に鎌倉ぐらいしか無いからネ。実際横浜を訪れる外国人観光客の多くは、鎌倉と横浜を組み合せて巡ってるンだとか。

 

このコトは横浜市も判ってる様で、緻密極まる「訪日外国人対応マニュアル」を用意して対処してるとか。無論私メらにゃ必要ない物だから、その存在を全く知らずに居ましたが、横浜やるじゃんと感心した私メです。

 

魅力的なトコがホント多い横浜ですが、結局一番目立ってるのは東日本最大のビル「横浜ランドマークタワー(296m)」ですが、その足元で強烈な存在感を放ってるのが「帆船日本丸」。両雄揃った夜光の姿を

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「神奈川県川崎市川崎区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「横濱夜景スポット」横浜観光コンベンションビューローHP
★「歴史ある横浜の名所『横浜三塔』、キング・クイーン・ジャックを知ろう!」ちくわ。HP
★「【横浜三塔の日】ジャックの塔
横浜市開港記念会館に登ってきたよ!【ビーコル階段部】」GOGOBCOR.COM HP
★「クイーンの塔について」横浜税関HP
★「きっとあなたもここに訪れたくなるはず。」横浜赤レンガ倉庫HP
★「【神奈川県
横浜】横浜赤レンガ倉庫と横浜港の夜景」フォートラベルHP
★「万国橋はみなとみらいの景色・夜景が綺麗なおすすめ無料フォトスポット」はまこれ横浜HP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「帆船日本丸・横浜みなと博物館」日本丸メモリアルパークHP
★「横浜市の観光消費額、過去最高3500億円 ホテル新設寄与」日本経済新聞HP
★「自社のインバウンドマニュアルに悩んだら参考にしたい!横浜市の訪日外国人受入マニュアル」知る・学ぶHP

★「横浜名物シウマイの崎陽軒」崎陽軒HP
★「シウマイまん」崎陽軒HP
★「崎陽軒の新商品『シウマイまん』を食べてみた!シウマイの新たな食べ方に驚き」はまこれ横浜HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」

★「083 【スイーツ03】ぽけっと講談『ありあけのハーバー』」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」
★「2866 【名物パン328】伊勢佐木町で『シウセージドッグ』とブルースを」

★「2904 【スイーツ233】潮風吹くヨコハマで『凍らせるハーバー』を・・みなとみらい」

★「3165 【今川焼き88】梅雨晴のミナト横浜と『怪奇!チョコミントたい焼き』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(海の無い街に日頃住んでますンで、海の在る港町にゃ憧れますネ)

異国情緒の街・横浜にゃ美味いモンが幾らでも有りますが、ソレでも横浜と云えば「シウマイの崎陽軒」。ホタテ風味のシウマイが横浜土産の大本命ですが、数年前から売られてるのがシウマイの入った小さなお饅頭「シウマイまん」。肉まんの中身がシウマイの具に成ったとお考え願いますが、一口サイズのコレが異様に美味いのですヨ。もちろん崎陽軒のシウマイが元だから冷めたままでも大丈夫ですが、一応コレも肉まんだから・・少し暖めた方が美味しいかも。今月末まではハロウィン限定のカボチャ餡のも売られてますンで、宜しければお試し下さいナ




| 2018.10.28 Sunday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
3165 【今川焼き88】梅雨晴のミナト横浜と「怪奇!チョコミントたい焼き」

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜みなとみらい(MM)地区のシンボルと云えば、大阪のあべのハルカスに数m差で抜かれたモノの、今でも全国二位の高さ(296m)を誇る摩天楼「横浜ランドマークタワー」。全く名前通りのランドマークです

 

昔からブームとファッションは造られると申しまして、マスゴミ共が「今年はコレが流行ってる」「次はコレが来る」と喧伝したがるモノは、人為的なウラが大抵有りますナ。去年・一昨年に始まったコトじゃ無いですが。

 

もちろん誰かが仕掛けなけりゃブームなんて起きませんし、ソレが自然発生するのを待ってたら日が暮れちまう。ドコかのお偉いサンが決めたのを、某広告代理店辺りが上手く煽ってソウ云う雰囲気に仕立てる筈。

 

一体ドウやって決めてるのか興味津々ですが、一種のお祭りみたいなモノだから、成功するしないは別として・・動かしてる側は面白いでしょうネ。その手足として働かにゃ成らぬ方は、堪ったモンじゃ無いですが。

 

横浜船渠(三菱重工横浜造船所)跡を再開発したのがMMですから、中でも一番海寄りの「臨港パーク」にゃ大きな錨のモニュメントが。どの船で用いられたモノかは判りませんが、如何にもミナト横浜らしいです

 

食べるモノも同様で、マスゴミが「○○で大人気」等と騒いでるモンの多くは、喧伝するほど流行ってないモンばかりで、生来へそ曲がりの私メは「裏はどんなコトに成ってンだろう」と訝しる方が面白かったりします。

 

今年の春先から何故か?「チョコミント」味のお菓子が各社から競う様に売り出され、急にドウして?と考えてる私メ。激辛だの塩味だのバナナ味だのと毎年次々そんな雪崩が起きてますが、まさかチョコミントたぁ!

 

ソレ自体はアイスだったら昔から在りますし、私ぁ結構好きだったりしますが、今年は冷たくないモノ・・むしろ暖かいモノにも応用され、先日「大流行!」と某TV局が騒いでましたが、私メ的にゃ「今更気付いたか」。

 

臨港パークから港を眺めれば、本牧ふ頭と大黒ふ頭を結ぶ「横浜ベイブリッジ」が目の前に。この日はブルーでしたが、日によって海の色が変化してエメラルド・・いやミントグリーンの海水だったのを見た記憶が

 

我々が知ってるチョコミントと、欧米のソレは全く違うモノ。ミントグリーン色のアイス等の中に、チョコチップが混ぜられたのが日本のチョコミントですが、向こうじゃ「ミント味が猛烈に強いチョコ」のコトを指しますネ。

 

かのアドルフ・ヒトラーは「ユダヤ人の食べ物」と決めつけて、煙草と同じ位に嫌ったらしいですが、日本風のを知ったら一体どんな反応を示したか?ソウ考えると楽しく成って来ますが、今年は異様な流行らせ方。

 

ユダヤ資本が日本経済を席巻してるとは聞きませんし、反ヒトラー主義者が急激に台頭してる訳でも無いですし、大体が名前は一緒でも全く違う食べモノだし、流行の旗を振ってる誰かがチョコミント好きなのかナ?

 

ランドマークタワーの足元に遺る「旧横浜船渠一号ドッグ」に浮かぶのは、昭和五年(1930)に進水した航海練習帆船「初代 日本丸」。ドッグと帆船は共に国の重要文化財に指定され、末永く保存されて行きます

 

前々から好きだったモノが大いに流行るのは、「マイナー時代から俺は知ってた」と自尊心が擽られると共に、「ブームが過ぎたらドウ扱われるだろう」と不安に思えるモノ。「マスゴミが煽る=使い捨て」ですからネ。

 

ま、アイスのフレーバーとして確固たる地位を確立してるチョコミントならば、死屍累々の使い捨てられたモノの中に陥るコト無く、拡げさせられた戦線を元通りに縮小するだけで済むと思いますが、全くマスゴミは!

 

ソレが一体ナニか見当が付きませんが、秋以降にブーム化させる為の仕掛けがドッカで既に始まってるンでしょうネ。東京からなのか、大阪からなのか。或いはミナト横浜からなのか、ヘンな興味が湧く私メですヨ。

 

そりゃ東京にも海辺や大きな港は在りますが、MMが出来て以来・・親しみ易さと云う点じゃ、横浜にグンと差を付けられてしまった様な。ま、コッチは半分観光地だから・・と減らず口を叩きますが、海はイイねぇ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★次回は「東京都文京区白山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「屋外エリア
(臨港パーク・国際交流ゾーン・ぷかりさん橋)」パシフィコ横浜HP

★「臨港パーク:みなとみらい駅からすっごく近い。」あそびい横浜HP

★「【横浜の公園】臨港パーク」THE YOLOHAMA STANDARD HP
★「横浜のシンボル『イカリ』のオブジェは、みなとみらい周辺にどのくらいあるのか」はまれぽ.com HP
★「横浜ベイブリッジ」神奈川県庁HP
★「帆船日本丸・横浜みなと博物館」日本丸メモリアルパークHP
★「青い海に包まれる洗練された空間で、寛ぎのひとときを」ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテルHP
★「こんなにあるの!?今夏はミントチョコアイスが豊作過ぎる件」NAVERまとめHP
★「チョコミントのはじまり」ほほ日刊イトイ新聞HP
★「繰り返されるチョコミント論争!『歯みがき粉じゃん』口撃に対する好き派の言い分」Excite Bit HP

★「ふわふわ ふんわり あふれる」横浜くりこ庵HP
★「『チョコミントあん』販売開始」!横浜くりこ庵HP
★「凄まじい衝撃・・『チョコミントたい焼き』お腹まで到達する驚異的な爽快感」しらべぇHP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」

★「083 【スイーツ03】ぽけっと講談『ありあけのハーバー』」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」
★「2866 【名物パン328】伊勢佐木町で『シウセージドッグ』とブルースを」

★「2904 【スイーツ233】潮風吹くヨコハマで『凍らせるハーバー』を・・みなとみらい」
 

★「2097 【今川焼き24】『都電焼き』と都電の走る街・・大塚」

★「2428 【今川焼き36】リニアを待つ品川駅と『京急電車焼き』」
★「2777 【今川焼き70】早咲きの靖国の桜と『白い栗たい焼き』・・九段上」
★「3016 【今川焼き83】新年は成増駅で『東武電車焼き』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(チョコミント好きを『チョコミン党』と呼ぶとか。阿呆な野党より良いナ)

さて・・チョコミントと横浜に一体ナンの関係が?と皆さま訝しられた筈ですが、横浜が本社で神奈川・東京に店舗を広げるたい焼きチェーンのくりこ庵さんで、今日まで限定で「チョコミントたい焼き」を売ってるからですヨ。最近のブームに乗った訳じゃ無く、今夏で五年目と云うからかなりの確信犯ですが、暖かなたい焼きなのに食べると口ん中がスース―する!チョコの味が全く消えちまう位に強烈極まるミント味で、さっぱりとした飲み物が無いと一匹はとても食べきれぬ!後悔するコト必至ですが、また食べたくなってしまう自分が恐ろしい。明日から暫くは横浜・上大岡店のみで継続販売されるソウですンで、是非お試しを!




| 2018.06.10 Sunday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2905 【やきそば319】蒼天の洋館巡りと「梅蘭の焼きそば」・・山手

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜・山手の高台から中心街を見下ろせば、遥かに見えるベイブリッジと、真下の石川町駅を出発したJR根岸線(横浜以外じゃ京浜東北線と呼びますナ)の青帯の電車が。共に蒼天に映えて、ステキな風景です

 

折角横浜まで参りましたンで、コッチでも青空療法をとテクテク歩き廻るメです。昨日は海沿いの新しい再開発地「みなとみらい」でしたが、今は明治の初め頃に開発された古い街並み「山手(やまて)」の辺りへ。

 

幕末の開港時に置かれた外国人居住地「関内」が海沿いの埋立て地なのに対し、暫くしてから増設されたソレは港を見下ろす山の上だったンで、「山の方=山手」に成ったとか。横浜の地名なんてその程度ですナ。

 

石川町駅から急な坂を上ると、早速ステキな洋館が!コチラは山手に元々在ったモノじゃ無く、都内から移築された様ですが・・国の重要文化財「外交官の家」。アメリカン・ビクトリア調の傑作ナンだソウですヨ

 

東京の「山手」のイメージも有ったでしょうが、都内は「やまのて」と読みまのが大きな違い。尤も高級な住宅地だったのは同一で、横浜・山手に多く残る戦前の洋館を見物して廻るのが、ミナト定番のデートコース!

 

と・・なりゃ格好良いンですが、生憎コチラは一人で行きたい気侭な風。大体がこんな山坂だらけのトコを連れ立って歩いたら、足並み揃えて待ちつつ進むだけでイライラして来るのは必定。マイペースで参りましょ。

 

元々が外国人居住地だっただけに、山手にゃ教会が多く・・幾つ在るンだろう?些か胡散臭いのも在りますが、歴史を重ねたトコは絵画の様な尊さが。コチラは昭和六年(1901)に再建された「山手聖公会」です

 

港の発展と共に官庁街・商業街化して行った関内と違い、山坂だらけで活動にゃ不便な山手は住宅地として残り、外国人はこぞってココに華麗な洋館を建て、日本なのに外国みたいな不思議な街並みだったとか。

 

但しソレは大正十二年(1923)の関東大震災までの短い夢で、横浜市街はアチコチに大損害を受けてほぼ壊滅。山手でも崩れ落ちた洋館はく、幾つかは再建されても・・殆どの異人さんはお国に帰っちまった。

 

山手と云えば「外国人墓地」。米ペリー艦隊の水兵さんが葬られたのが最初で、四十ヶ国・四千人以上の方々がココで眠って居られます。故郷を夢見つつ斃れた人は多かった筈で、どうか魂の休まらんコトを

 

けれど山上だったのが幸いしたか?山下の関内辺りと違って空襲で焼け野原にゃ成らず、ソレっぽい雰囲気が残ったのは同慶至り。無単だった訳は無く、歴史の浅い横浜だからこそ残そうとした筈ですケド。

 

都内にも山坂だらけの高級住宅地は多いですが、ココほど異国情緒の溢れるトコは無く、ブラブラ歩くにゃ向いてます。電車に乗ればスグ来れる距離なのに、遠方の様に感じる不思議な街。横浜は面白いです。

 

外人墓地のスグ近く、元町公園の爽やかな木立の中に在るのは「エリスマン邸」。大正十五年(1926)に絹糸貿易商の私邸として建てられたモノで、現在は洒落たカフェとして使われてますナ。ココで暫くボンヤリしてたら眠く成って来ましたネ、夏の疲れが大分溜ってるンでしょうか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都渋谷区明治神宮」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「山手の歴史あれこれ」エリアサーチシステムHP
★「横浜山手西洋館」横浜市緑の協会HP

★「異国情緒を感じて歩く、横浜山手西洋館のんびりお散歩コース」デカケル・東急電鉄HP
★「山手本通り」横浜線沿線散歩 街角散歩HP

★「外交官の家」横浜市緑の協会HP
★「2000年の歴史を注意深く維持してきた歴史ある教会」横浜山手聖公会HP
★「Yokohama Foreign General Cemetery」公益財団法人 横浜外国人墓地HP
★「エリスマン邸」横浜市緑の協会HP
★「中華街 梅蘭」東源HP
★「横浜中華街 梅蘭」源玉商事HP

★「情報収集能力」週刊中華のしっぽHP

★「梅蘭新館(神奈川県横浜市)」焼きそば名店探訪録ブログ

(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」
★「2904 【スイーツ233】潮風吹くヨコハマで『凍らせるハーバー』を・・みなとみらい」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(やっぱり横浜って、関東で唯一『東京とは違う街』に感じられますナ)

山手から坂を下って元町商店街を通り抜け、首都高の高架を潜ったらソコは横浜中華街。私ぁ子供の頃から随分参ったトコですが、ココ十年は努めて足を踏み入れない様にしてますネ。ナゼならばすっかり観光地に成り果てて、素朴で楽しかった昔の中華街のイメージを壊したくないから。だもんで中華街系のチャイニーズにゃ滅多に参らず居りましたが、先日ひょんな事で梅蘭に行って、名物の包んだ焼きそばを食べちまった!今頃やっとかとお叱りを受けるかも知れませんが、前記の事情が有ったンで御容赦下さいナ。ですが梅蘭って同じ中華街に、二つの系列が在るのネ。ドウやら平成十七年(2005)にナニかが有って分裂した様で、元々の流れを汲む「東源」系と、ソコから飛び出た()「源玉」系に成ってますナ。双方共に各地に支店を出してますが、私メが今回参ったのは東源さんの方。中華饅頭にヒントを得て、餡かけを揚げ焼きした麺で包むのは共通で、比べて無いンでナンとも言い難いです、中身の餡かけの中華醤油での味付けが良いからサッと食せる割に、意外と腹が膨れる!全般的に水分が多くないンで、喉が渇いて多量に呑んだ冷水が揚げ麺に吸われて膨らんだのかナ?驚きでした




| 2017.08.27 Sunday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2904 【スイーツ233】潮風吹くヨコハマで「凍らせるハーバー」を・・みなとみらい

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜みなとみらいの女王と云えば、国の重要文化財に今年指定された「初代・日本丸」。昭和五年(1930)から航海練習船として使われ、退役後はココで浮体展示されてます。ドックも国の重文だったりします

 

相も変わらず青空療法でテクテクと、中山道板橋宿の拙宅から方々へ出掛ける私メです。毎日歩く様に成って二年十ヶ月経ちますが、累積歩行距離は「東海道五十三次の十二往復目・復路」に先日入りましたヨ。

 

我ながら狂気の沙汰だと判ってますが、取り敢えず寛解の診断が出までは歩き続ける心算で・・多分ゴールは近い筈。とにかく飽きない様かう先を変えてますが、隅田川以西の都内は粗方行き尽した感が。

 

みなとみらいで一番目立つのは、東日本じゃ一番ノッポな超高層ビル「ランドマークタワー」。大阪「あべのハルカス」に抜かれたとは云え高さ296mは辺羅棒で、東京からも見えますナ・・久しく上ってませんが

 

尤も流石の世界都市・大東京で、一度行ったトコでも暫くしてからまた訪れば、前回と違うナニかに気付いたりしますし、季節によって見えるモや風景がナゼだか違って来ますから、もう二〜三年位は戦えるかナ?

 

いやいや歩き廻る生活は一日でも早く止めたいのが隠さざる本音で、こんな義務みたいに自分を追い込むのはもぅ嫌じゃ!面倒から解放され、気楽な心地でブラブラしたい・・って、結局脱出できそうも無いですケド。

 

JR桜木町駅近くのランドマークタワーや日本丸パークから、新港の赤ンガ倉庫パークへの近道は、運河を渡る貨物線跡を転用た「汽車(旧ウィンナープロムナード)」。何度歩いても気持ちの良いトコですナ

 

てな訳で・・偶にゃ違う街でと横浜へ。二十三区を除けば日本一の大都市で、開港からやっと百五十八年目と歴史は浅いけど日本一の港町。向かうは当然「海」でして、桜木町駅前から汽車道を通ってブラブラと。

 

都内でも海沿いの再開発地は多いけど、やっぱナニか違いますナ。雲一つない蒼天を吹く潮風は爽やかで、日々の青空療法で疲れ切ってるなのに、足取りを軽く感じるのが不思議。何度も来てる場所なのに。

 

五百mほどの汽車道の先に在るのが、横浜税関の旧新港埠頭倉庫を用した商業施設「赤レンガパーク」。明治四十四年(1911)に建てらた赤レンガ倉庫二号館が目印で、いつ来てもココは賑わってますナ

 

特に決まった目的も無く、テキトーに意味なく歩いただけですが、海までもう少しと思うとピッチが自然に早く成る。赤レンガ倉庫の中なんて後回しで、海だ海だ潮騒を聞かせろ!波の飛沫で身体を冷やさせとくれ。

 

炎天下に海を見てる御同輩が、岸壁にゃ結構居て一安心。港内を行き交う出船入船百千舟を眺めてる内に、横浜育ちでも無いのに「この横浜に優る有らめや〜」と横浜市歌を口づさんでた私ぁ、やっぱ変ですナ。

 

港の中はエリアごとに使用者が決まってまして、米軍や自衛隊の専用壁まで在ったりしますが、赤レンガパークの側は海上保安庁の縄張り。千葉・房総半島から静岡・遠州灘までを担当する「第三管区海上保安本部」の所在地が横浜で、画像の「あきつしま」を始めとした十九隻の巡視艇が三管にゃ所属してるとか。海の警察、本当にご苦労様です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市中区山手」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「日本丸メモリアルパーク」帆船日本丸・横浜みなと博物館HP
★「みなとみらいにある帆船日本丸は今でも帆走できるのか?」はまれぽ.com HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「横浜ランドマークタワーに今だから行くべき4つの理由!」asoview!TRIP HP
★「お散歩コースにおすすめ!横浜・桜木町の汽車道」はまこれ横浜HP
★「【開港の道】汽車道の線路が本当に線路だったお話【旧横浜臨港線】」GOGOBCOR.COM HP
★「近代日本の発展を支えた100年の歴史」横浜赤レンガ倉庫HP

★「赤レンガパーク」横浜線沿線散歩 公園探訪HP

★「第三管区海上保安本部」海上保安庁HP
★「リアル『海猿』!横浜海上防災基地で行われてる海上保安庁『特殊救難隊』の訓練に密着!」はまれぽ.com HP
★「復活横浜銘菓『ありあけのハーバー』」ありあけHP
★「【神奈川みやげ】馬車道アイスクリンハーバー
(ありあけ)」わたしのおみやげ探しブログ

(関連する記事)

★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」

★「083 【スイーツ03】ぽけっと講談『ありあけのハーバー』」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」
★「2866 【名物パン328】伊勢佐木町で『シウセージドッグ』とブルースを」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(日本丸は帆を時々拡げますンで、ソレを一度見に行きたいモノです)

ミナト横浜に名物は数々有れど、こと洋菓子は絶対に「ありあけのハーバー」ですヨ。昭和二十九年(1954)に誕生したロングセラーで、前世紀末に製造元の倒産で一旦姿を消したモノの、横浜市民による復活運動の結果、味は多少変わっても無事に復活したお土産の大定番!だけ限定で登場したのが「馬車道アイスクリン味」。日本のアイスクリーは明治二年(1869)に横浜・馬車道で「アイスクリン」として初めて売り出されましたが、その味をハーバーにしちまおうと云う・・日本丸パークとの大胆な共同作戦ナンだとか。しかも一時間ほど凍らせてから食べて呉れと云う注文付きでして、素直に従ってみると・・確かにアイスクリン(玉子アイス?)っぽい味が。今月一杯発売されてます




| 2017.08.26 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2866 【名物パン328】伊勢佐木町で「シウセージドッグ」とブルースを

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜市の中心街を「関内(かんない)」と呼びますが、ソレは開港当時に外国人居留地ソレ以外を隔てた、「吉田橋の関所の内側(海側)」と云だったりしますヨ。JR関内駅の近くに、関所の跡が残ってます

 

普段は拙宅の在る都内をテクテク歩き廻って居りますが、偶にゃ違う街をブラつきたいと横浜へ参った私メです。東京特別区を除けば日本一(三百七十万)を誇る大都市で、独自の雰囲気が楽しいトコですナ。

 

大阪に対する神戸と同じポジションで、東京駅から電車で三十分も有れば着く位に近いのに、流石の開港地・・横浜はドコかしら洒落てるンで、ソレを探しながら歩いてると時間がスグに経っちまう!文明開化の街。

 

関内が有れば「関外」だって有る訳で、同じ通りでも吉田橋の海寄りを「馬車道」と称すのに対し、外側(山側)は「伊勢佐木町商店街」と呼びます。尤も関内・関外はあくまでも通称で、ソウ云う地名は有りません

 

ですが横浜ほど歴史の浅いトコは無く、幕末の安政六年(1859)に開港されてから僅か百五十八年だけ。大阪や京都の方から馬鹿にされてる東京だって、裕に四百年を超える歴史が有るのに・・街全体が新開地。

 

だもんで東京以上に「由緒ある地名」に乏しく、現在あるソレは・・正直大したコト無い由来ばかり。逆に云えば「なぜソコをソウ呼ぶの?」が判り易いンで、地理マニアとしては逆に興味津々だったりしますケド。

 

横浜駅西口に市内最大の繁華街の地位を奪われたとは云え、伊勢佐木町も一時の低迷を脱して蘇りつつ有るとか。街としてのココが成立したのは明治七年(1874)、その頃からの店が何軒か残ってるソウです

 

開港して暫くから高度成長期の頃まで、横浜最大の繁華街として栄えたのが関外の「伊勢佐木町」。「いせざきちょう」と呼ぶのがフツーですが、初めは「いせさぎちょう」と読ませてた様。コレも由来に関係してるとか。

 

開港当時の横浜は幕府の神奈川奉行が支配してましたが、中でも名奉行と呼ばれたのが「依田伊勢守」サマと「佐々(ささぎ)守」サマ。ある二人の名を冠して「いせさぎちょう」にした・・って本当かしらん?

 

伊勢佐木町はミナト最大の夜の盛り場でも有ったンで、歌謡曲にし易かったンでしょうネ。百万枚も売れた大ヒット曲、青江三奈サンの「伊勢佐木町ブルース」の碑が!ボタンを押すと一分間、曲が流れるとか

 

いやいやソウじゃ無い、街の最初の大立者「伊勢屋文蔵」サンと「佐々木平」サンから採ったンだ・・何れにしろ、所縁の人の名を繋げて作った合成地名と云うヤツで、やっぱり大した由緒じゃ無かったりしますが。

 

今更ながら初めて知ったこの事実に、思わず「イイじゃん」と快哉を叫びざろう得ませんナ。如何にも横浜らしいやと喜んで、「あなた知ってる、ミナトよこはま〜」と伊勢佐木町ブルースを口ずさんでしまった私メです。

 

伊勢佐木町は吉田橋寄りの一丁目から、以前ご紹介した横浜橋に近い七丁目まで商店街が続いてますが、一丁目と二丁目は全面歩行者天国に成ってる「イセザキモール」。一番賑やかなのはこの辺りですヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明後日は「東京都板橋区大山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「関内の由来」横浜観光マップHP
★「イセザキ・モール1・2st」横浜・伊勢佐木町商店街HP

★「今も昔も伊勢佐木町は港に続く散歩路」横浜・伊勢佐木町商店街HP
★「伊勢佐木町の由来」タイムスリップよこはまHP
★「昔は田畑と沼地?人々を魅了し続ける繁華街『伊勢佐木町』」関内新聞HP
★「ムード歌謡の女王【青江三奈】官能的とも妖艶とも称された青江三奈の歌声に隠された素顔とは・・?」ミドルエッジHP
★「伊勢佐木町ブルース歌碑」横濱茶館HP
★「横浜名物 シウマイの崎陽軒」崎陽軒HP
★「横浜っ子でも知らない?崎陽軒にシウマイ味の『ソーセージドッグ』がある」Excite Bit HP
★「あの崎陽軒がシウマイ味のホットドッグだと!?『横濱シウセージドッグ』が伊勢佐木モール店で買えるぞ!」mitok HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「626 【やきそば35】横浜下町の三色焼きそば」

★「627 【麺類色々35】生碼麺とブルースと青江三奈と」

★「635 【揚げモン18】アイスのはじめては馬車道」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1283 【今川焼き15】『皮だけで具の無い今川焼き』って‥上大岡」

★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい

★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」

★「2843 【やきそば314】ミナトの下町の商店街で『三色焼きそば』を・・横浜橋」
★「2865 【今川焼き76】青空の臨港パークと『コイキング焼き』・・みなとみらい」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(伊勢佐木町の由来は他にも諸説が・・歴史が浅いのにワヤですわ)

横浜と云えば「崎陽軒のシウマイ」な訳で、浜っ子以外にもファンは大勢居るンで都内にも崎陽軒の売店は多く、拙宅近くにも少なくとも三軒は在りますが、イセザキモール入口の崎陽軒に行かないと買えないのが、ナゾの名物「横濱シウセージドッグ」。驚いたコトに「シウマイの味がするソーセージ」を挟んだホットドッグで、添付のマスタードは当然シウマイ用のモノ!シウマイの味がする・・と云うより、シウマイの味しかしない衝撃の一品で、シウセージの部分だけで良いから都内でも売って貰えぬモノか。ま、昔の崎陽軒はシウマイ本体を挟んだホットドッグを売ってましたから、その進化版とも言えるかも知れませんがネ。因みにイセザキモール店以外は、横浜スタジアムでベイスターズの試合が有る時だけ売られるソウで、コレを食べながらの観戦も面白そうですナ




| 2017.07.07 Friday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2865 【今川焼き77】青空の臨港パークと「コイキング焼き」・・みなとみらい

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

みなとみらいの真ン真ん中を貫く「グランモール公園」は、横浜駅に近い「キング軸」と、桜木町駅に近い「クイーン軸」を結ぶ細長い広場。大な再開発地の背骨に当る辺りで、周囲はオフィスビルばかりですナ

 

断薬期に入った青空療法で都内を毎日テクテク歩いてますが、潮風に吹かれたいと横浜へ参りましたヨ。東京にも海は有りますが、やっぱ港はヨコハマじゃ無いと・・ま、偶にゃ違うトコへ行きたかっただけですが。

 

横浜全てがソウだとは申しませんが、東京の劣化コピーみたいな街ばかりの関東じゃ、チョット違った雰囲気を漂わす港町はホント貴重な存在。石に日本一の人口(東京特別区を覗く)の大都市だけ有ります。

 

グランモールのほぼ中間、横浜美術館(右下)前まで来ると・・イヤでも目に入るのは、みなとみらいのシンボル「ランドマークタワー」。四m差あべのハルカスに日本一を譲りましたが、二百九十六mは凄いです

 

さて横浜で海の見えるトコと云えば、世間的にゃ中華街近くの山下公園辺りナンでしょうが、基本的に私ぁマイナー志向で、そんなメジャー観光地に行って如何しやせん!大体がオッサン一人で楽しいトコじゃ無い。

 

人出の少ない静かなトコで、尚且うらぶれて無い海辺の広場は無いモノか?暫し考えた結果・・発病する前に横浜インターコンチネンタルホテルに仕事に行った時、確かその裏に「公園らしきトコ」を見た様な記憶が。

 

インターコンチネンタルホテル()裏の、みなとらい十九街区の全て占めるのが「臨港パーク」。右奥のランドマークタワーを含めた一帯「三菱重工横浜造船所」跡地を四半世紀前に再開発したトコです

 

そんな朧げな記憶なれど・・イザ参らン!勘違いだったら大人しくシャッポを脱いで、インターコンチでお茶して帰ればイイじゃん!と、我ながら乱暴だネ。尤も毎日の都内歩きも、大して変わらぬレベルなんですが。

 

大きなビルの建ち並ぶ再開発地「みなとみらい」の真ん中を、ランドマークタワーを目印にしてテクテクと。やがて見え来るインターコンチの特的な建物、果して裏側は?ステキな海辺の公園だと良いのだけれど。

 

臨港パークの直ぐソバにゃ、水上バスの建物ごと海に浮いてる「ぷかり桟橋」が。ソウ云えば昔、横浜港の遊覧船に乗った時にココに寄った記憶が有りますナ。この日の海は実に穏やかで、キレイな青空でした

 

ソレが「臨港パーク」。計画的に作った分だけ緑が多いみなとみらいの中で、一番広い公園ナンだとか。インターコンチやパシフィコ横浜の裏に隠れてる分、些かマイナーなんで・・ココに来るのは「浜っ子」だけの様。

 

街の雑踏にゃ全く無縁で、聞こえるのは出船・入船の汽笛位。望み通りの潮風に吹かれつつ、ベイブリッジを眺めながら暫くボーっと寛ぐ海辺。こう云うトコは東京に無いナと思いつつ、ヨコハマを満喫した私メです。

 

昭和五十八年(1983)に始まった「みなとみらい」の開発はまだ終わってませんが、先行して始まった街区は少しずつ痛みが伺える様に成った感が。十五街区の「コスモワールド」の大観覧車も、昨年春に大改修されるまでは・・潮風に吹かれてる分だけサビが結構目立ってましたネ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「神奈川県横浜市中区伊勢佐木町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP

★「ようこそ、海と暮らす街へ」横浜みなとみらい21HP
★「人気のベイエリア横浜『みなとみらい』!”MM21計画"の長く厳しい道のり」マンションジャーナルHP
★「みなとみらいが誇る"グランモール公園"誕生」横浜みなとみらい21HP
★「みなとみらいのシンボル」横浜ランドマークタワーHP
★「横浜の顔。みなちみらいに佇む国際ホテル。」ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテルHP
★「屋外エリア
(臨港パーク・国際交流ゾーン・ぷかりさん橋)」パシフィコ横浜HP

★「臨港パーク:みなとみらい駅からすっごく近い。」あそびい横浜HP
★「ぷかりさん橋」横浜線沿線散歩 街角散歩HP
★「世界最大の時計型観覧車 コスモクロック21」よこはまコスモワールドHP
★「ふわふわ ふんわり あふれる」横浜くりこ庵HP
★「"コイキング焼き"はじめました。横浜くりこ庵の5店舗で販売開始!」HP


(関連する記事)
★「082 【粉なモン03】おいしいシウマイ、きよ〜けん」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい」
★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(臨港パークは『みなとみらい駅』から近いンですが・・マイナーですナ)

グランモール沿いの「マークイズみなとみらい」の中にお店の在る、鯛焼きの横浜くりこ庵サンが、鯛ならぬ鯉のソレを出してたンで、大喜びの私メ・・だって私ぁ神田鯉風ですから。なんでもポケットモンスターの人気キャラクターの一つ「コイキング」だソウで、私ぁポケモンを全く知りませんが、此奴は世界で一番弱いポケモンなんだって!頼りなくて情けないキャラって・・他人と思えンネ。応援の意味を込めて、この暑さの中でも食べる事にしましたが、みなとみらい以外に横浜西口店・吉祥寺店・秋葉原店・海老名店でも焼いてる様ですが、北海道産純生クリームを使ったカスタードのコイキングが美味くて、また食べたいです




| 2017.07.06 Thursday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
2843 【やきそば314】ミナトの下町の商店街で「三色焼きそば」を・・横浜橋

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

横浜中心街を貫く「大通り公園」は、地下鉄建設の為に「新吉田川」と運河を埋め立てて造った細長〜い公園ですが、その途中に「横浜橋」と云う交差点が在りますヨ。この辺りが横浜の下町の中心街です

 

拙宅の在る東京を飛び出して、「日本最大の市」横浜をテクテク歩き廻る私メです。三百七十万の浜っ子は、二位の大阪市を百万人以上も突き放す独走で、東京特別区(九百四十万)さえ除けば日本一の大都市!

 

つまり横浜市だけで静岡県(全国第十位)と同じだけの人が住んでる訳で、ソウ考えるとトンでも無い規模の市ですナ。我が板橋区と全国最少の鳥取県(約五十七万)がほぼ同じ、てぇのとレベルが違い過ぎますヨ。

 

横浜でも有数の元気な商店街が、横浜橋交差点から伸びる「よこはまばし(横浜橋通商店街)」。激安なコトで知られてますンで、近くに駅がる訳でも無いのに買い物客が大勢集まって、いつ行っても賑やかです

 

そして横浜がもう一つケタ外れなのは、コレほどの大都市で有りながら「歴史が浅い」コトで、今年は「Y158」と云うイベントをやってますが、要するに「開港から百五十八年しか経ってない」ンですナ。驚くべき浅さ。

 

京都から馬鹿にされがちの東京だって、開府から四百数十年は経ってるのに、横浜は幕末までずっと僅か百戸ほどの漁村。ソレが一世紀半でコレほどの大成長を遂げたンだから、やっぱ感心すべきでしょうネ。

 

韓国系の食材店が多い感も有りますが、横浜橋はドウ云う訳か?鮮魚店が異様に多い街・・海が近いからネ。そしておかず屋も結構多く、近に住んでたら便利だナ。東京のソレと一風違う、横浜の下町です

 

ソレだけの大都市だからベッドタウンから重厚な官庁街、繁華街から高級住宅地・下町だって当然在る訳で、下町って云うと東京の専売特許の様な感も有りますが、横浜だって歴然としたトコがちゃんと在りますヨ。

 

ソレは元の横浜村だった中区・西区・南区の内、JR根岸線より西側の南区辺り。官庁街の「関内」に対し、「関外」なんて言い方も有ったと聞きまが、要するに大通り公園の奥の方。横浜橋通商店街の辺りです。

 

横浜橋通商店街を通り抜けると、ソコに在るのは大衆演劇の殿堂「三吉演芸場」。関東でも貴重な常打ちの劇場で、横浜じゃ唯一の存在すナ。ちょうど芝居がハネた(終わった)と見えて、大勢が出て来ました

 

横浜村を開港地とする時に、入り江を埋立てた陸地に造河・新吉田川。往来の利便を図って橋が何本か架けられますが、奥の一に横浜の名前を付けたンだから、恐らくは重要な橋だったンでしょう。

 

横浜最大の遊郭も在りましたが、ソウ云うのってお上品な街にゃ出来ンから、初めっから繁華な下町だった様。時代が変わり遊郭が消えても、元気な商店街は残って今も賑やか。ココは横浜の貴重な歴史ですゼ。

 

三吉演芸場の前にゃ、上に都市高速を通すコトで残った中村川が。画像右側(横浜橋通商店街の方)が開港時の埋立て地で、要するにココが元の入り江の端だったンですナ。もちろん当時の面影は皆無ですケド

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明々後日は「兵庫県神戸市垂水区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「横浜のキニナル情報が見つかる!」はまれぽ.com HP
★「横浜の有益な情報」はまてなしHP
★「魅力情報ポータルサイト『みなみる』」横浜市南区役所HP
★「大通り公園ってどういう経緯でできたの?」はまれぽ.com HP
★「『横浜橋通商店街』の『横浜橋』は実在するのか?」はまれぽ.com HP
★「いきな下町 よこはまばし」横浜橋通商店街協同組合HP
★「いきな下町横浜橋通商店街を歩く」写真撮っけど、さすけねがい?ブログ
★「吉田新田の謎に迫る」タウンニュースHP
★「昭和初めからの大衆演劇の実演定席」三吉演芸場HP
★「はじめての大衆演劇、はじめての三吉演芸場マニュアル」大衆演劇探訪記ブログ
★「横浜『磯村屋』伝説の店で"三色焼きそば&おでん"を食べてみた」Food news ブログ
★「ポテト入り3色焼きそば300円!おばあちゃんが作る昭和の焼きそば屋!磯村屋
(阪東橋)」B級ランチグルメ紀行ブログ

(関連する記事)
★「626 【やきそば35】横浜下町の三色焼きそば」

★「627 【麺類色々35】生碼麺とブルースと青江三奈と」

★「635 【揚げモン18】アイスのはじめては馬車道」
★「919 【呑みモン29】横浜大桟橋の巨大客船と『はまっ子どうし』」
★「991 【揚げモン38】横浜ランドマークタワーと『三角コロッケ』」
★「1274 【麺類色々84】実は横浜発祥!『ナポリタンスパゲティ』」
★「1283 【今川焼き15】『皮だけで具の無い今川焼き』って‥上大岡」

★「1720 【やきそば182】帆船日本丸と『極太チャーメン』・・横浜」
★「1773 【お米料理130】アラメヤ音頭と『横濱チャーハン』・・横浜」
★「1815 【名物パン196】ハマっ子は『かもめパン』を食べて育つ・・横浜」
★「2013 【お米料理158】今も続くバブルの開発と『シウマイ弁富』・・横浜」

★「2827 【お米料理267】久し振りの横浜で『バーソーハン』を・・関内」
★「2828 【名物パン326】港の見える丘のバラと『日本初の食パン』・・横浜元町」

★「2829 【麺類色々246】夜光に輝く帆船と『家系ラーメンの総本山』・・みなとみらい

★「2842 【お米料理270】『横濱ピラフ』はシウマイ旅情と・・横浜東口」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(歴史は確かに浅くても、開港から一世紀半の濃さがスゴくって・・ネ)

横浜橋辺りを記事にしたのは六年ぶり・・東京から近いけど、横浜の下町って滅多に来ないエリアですからネ。商店街の通りをズンズン突き進み、その行き止まりに「磯村屋」サンと云う戦後の雰囲気を濃厚に残した、昔ながらの焼きそば屋が在りますヨ。いや多分ある筈・・でも老夫婦がやって居られたンで、六年も経つンだからチト不安だナと思いつつ、とにかく訪ねてみたら・・良かったまだ在った!おばあちゃんもお元気な様で、むしろ若返ったンじゃない?看板メニューの「三色焼きそば(肉・玉子と茹でたポテト入り)」を大盛りで頼んでみましたが、昭和二十五年(1950)に創業して以来、殆ど変わって無いと仰るお店の雰囲気が一番の味付けで、やっぱ焼きそばってコウじゃ無いと!最近はやりの洒落た装いのトコも良いですが、私ぁコッチの方が美味く感じます




| 2017.06.10 Saturday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS