きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1382 【スイーツ78】甦る寺内町と「ちょぼちょぼ」‥富田林


富田林市の中心部は、興正寺別院の寺内町として栄えたトコで、江戸中期から昭和初期にかけての古い建物が、キレイに再生されて軒を連ねてます。ただ‥雨降りお天気だったンで、観光してる客は皆無でした

大阪府の東南部「南河内」地方へ参った私メでございます。今年はドウ云う訳か?西国への旅のお噂が多く成ってますが、コレからもドンドン続きますヨ。ご報告したいお噂がまだまだ沢山控えてますンで、どうかお諦め下さいませ。

東日本の常識で暮らす私メにゃ、西日本は「謎の宝庫」でございますナ。知らないコトや珍しいモノ・目新しいモノに次々遭遇し、「コリャ何だろう?」と理解しようとするだけで日が暮れちまう。だもんで、悔しいから後日詳しく調べる。


富田林の寺内町は戦前まで大きく栄えてた様ですが、戦後「時代の変化」に付いて行けず、次第に寂れてったとか。そして朽ち果てる寸前だったのがバブル後に発見され、最近に成って整備・再生が図られてます

そして「へぇソウだったの」と帰京してから、ようやく納得する様な体たらく。特に歴史が絡む様なモノや街並みは、東と西じゃ蓄積が違い過ぎるだけに、その場じゃ簡単に理解出来ない事が多いンですヨ。私ぁ歴史商売の筈なのに。

加えて宗教も絡ンで来ると、正直云って「ナンのこっちゃ?」。今回訪ねた南河内の富田林市は、新興宗教のPL教の大本庁が在るトコですナ。私ぁPLてぇと高校野球しか思い浮かびませんが、関西じゃ大花火大会で有名だとか。


コチラが富田林寺内町の中心たる、浄土真宗興正派の大本山「円頓山興正寺の富田林別院」。興正寺住職の「証秀上人」と云うお坊サンが、戦国末期に百貫文で買った荒地に街づくりしたのが、ココの始まりとか

ただソレは毎年八月一日の開催で、今回の私メの旅には無理ですネ。では一体ナニしに富田林まで行ったかと云えば、ソレは「富田林寺内町」なる古い寺内町を見たかったから。つまり、お寺サンを中心にして出来た自治集落。

私メの知る限り‥東日本にゃ門前町は沢山在っても、寺内町は一つも無かった筈。その違いは門前町は「お寺の参拝客相手の商業地」なのに、寺内町は「お寺と周辺住民との運命共同体」。戦国大名を相手に戦ってたトコが多い。



富田林の寺内町は、大阪府内じゃ唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」。その白眉が国の重要文化財「旧杉山家住宅」でして、ココは富田林八人衆の筆頭年寄で造り酒屋だった大商家。江戸中期の建築です

富田林は、京都本願寺の筆頭子院「興正寺」の御住職だった、「証秀上人」と云うお坊サンが作った町。この方は浄土真宗中興の祖「蓮如上人」のお孫なのに、少々珍しい考えの持ち主。曰く「教義に殉ずるより、生きて栄えよう」。

日本最大の寺内町「石山本願寺(=今の大阪市)」に篭り、真宗は織田信長公との十年戦争の真っ最中。なのに証秀上人は本願寺に従わず、敢えて信長公と妥協し、富田林の自治特権を認めて貰った。生き方は色々有ります。


この石川沿いの荒地を開墾して出来た富田林寺内町は、信長公から貰った自治特権を基に発展して行きます。江戸時代は幕府直轄領と成りますが、自治権は結構保たれてた様で、酒造りを中心に大きく栄えたンだとか。寺内町って東日本にゃ無いですから、妙に興味が湧きますねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府藤井寺市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「とんだばやしナビ」富田林市観光協会HP
http://tondabayashi-navi.com/
★「わくわく南河内」華やいで大阪・南河内キャンペーン協議会HP
http://www.minamikawachi.jp/index.php
★「江戸時代の伝統的町並みの魅力発見」富田林寺内町の探訪HP
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/
★「『富田林寺内町』信長と対立せず 姿とどめる」MSN産経ニュースwestHP
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130211/wlf13021117010018-n1.htm
★「富田林」まちあるきの考古学HP
http://www.koutaro.name/machi/tondabayashi.htm
★「『当たり前田のクラッカー』とは別会社!」大阪前田製菓HP
http://www.osaka-maeda.co.jp/

(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=991
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1215

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(奈良・橿原市の寺内町『今井』ほどじゃ無いですが、富田林も凄い街です)

生憎の雨降りお天気で「観光客が居らん」てな理由で、アテにしてた寺内町の某餅屋さんはサッサと暖簾を下ろしてしまい‥私メは如何すれば良いのでしょうか?そこで明日ご紹介の藤井寺市に本拠地を置く、大阪前田製菓の「ちょぼちょぼ」を。詳細は不明ですが、コレはかなり前から作られてる超ロングセラー商品(らしい‥私ぁ今回初めて知った)。食感は「しっかりした歯応えの有る卵ボーロ」と云うか、「小さくてパリっとした玉子パン」と云うか。美味い!って叫ぶほどのモンじゃ無いけれど、有れば在るだけ食べちまいそうナ‥そんなお菓子です。関西じゃメジャーな様ですが、関東でも‥探せば有るらしいンですが‥常備にしたいネ




| 2013.06.09 Sunday (08:00) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
880 【粉なモン16】お殿様が始めたお祭りと岸和田「かしみん焼き」


岡部家五万三千石の居城「岸和田城(千亀利城)」は、御三家の一つ・紀州徳川家の万が一の謀反を起こさせない様に、石高にしては分不相応に立派な城を幕府が築かせたと言う説が‥。武士の世界は非情ですナ

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

さて大阪府南部(泉州)の中心都市・岸和田に参って居ります私メです。ドウも最近は「岸和田=だんじり祭り」と云う感が強く、実際私メもそのイメージしか無かったンですが、別に「だんじり」は泉州岸和田の専売特許じゃ無いです。

秋に成ると泉州各地で「だんじり(段尻・檀尻、山車のコトですナ)」を引っ張りながらお祭りやってますし、西日本各地でも似たような事をやって居る。ただ岸和田はその熱狂具合が著しく、ズバ抜けて「祭り狂い」が多いから有名。

その様子は東京のニュース等でも毎年紹介されまして、似た様な山車祭りが東日本に少ない分、驚きをもって記憶付けられますヨ。但し‥諸手を上げての賞賛かと云えば左に有らず。「馬鹿なコトやってンなぁ」な反応が少なくない。

ま、祭りナンてぇのは地域住人の気質によって価値が変って来るモノだから、東の物差しで西を計っては成らず、西の基準で東を見ちゃ成らンのですケド。でも‥エライお祭りな事は間違いない様で、加熱し過ぎずにお楽しみ下せぇ。


岸和田市内を通る紀州街道。この狭い道をだんじりは、全速力で突っ走ってくンだそうナ。当然の様に軒先にブツかったり、玄関を破壊したりするのは珍しくないらしく、身体的被害も含めて「だんじり保険」は必需品

でも、その岸和田だんじりを始めさせたのは、実は東日本側の人だったりするから面白い。その人こそ、岸和田藩主だった岡部美濃守長泰公。岡部家は若き頃の徳川家康公と同じ今川家の武将で、後に徳川家の配下に成った家。

私メの育った静岡市のお隣りに在った「岡部町(現:藤枝市岡部町)」のご出身だから岡部サンですが、私ぁ小学校のクラスメートで岡部君が居りましたし、岡部町に何度も遊びに行ってましたンで懐かしい。家康公とは婚姻関係。

西日本の諸大名監視の為に、幕府は和歌山に御三家の一つ・紀州徳川家を置きましたが、その紀州家に反乱でも起こされたら大変と、信頼出来る岡部家を敢えて「紀州家監視の為」に、和歌山の近くの岸和田に置いた‥と言う。

有力な親戚だからこそ、幕府は紀州家を信用して無かったと云う事ですが、その監視役を任された方はやり辛かったでしょう。岸和田藩岡部家三代藩主の長泰公がせめてもの領内安泰を願い、始めさせたのが「だんじり」だって。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県南木曽町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史とだんじりの町のシンボル」岸和田城HP
http://www.rekishiwadanjiri.com/
★「岸和田だんじり祭り」祭都きしわだ・岸和田市役所HP
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/
★「今年も岸和田だんじりまつりは岸和田らしく‥」宮本たけしHP
http://www.miyamoto-net.net/column/diary/1158672018.html
★「旧四十三銀行からはじまる岸和田」ぶらぶら岸和田なんやこれ?ブログ
http://kishibura.jp/blog/umeda/2010/07/post-143.html
★「関西人情グルメ・岸和田の『かしみん焼き』」講談社・おとなの週末HP
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5707

(秋は賑やかナンでしょうネ。真冬は観光客も少なくて、ゆっくり出来ましたヨ)

一見ドコにでも有るお好み焼ですが、岸和田のは具が違うし焼き方も違う。初めから全部混ぜて一気に焼く「関西式」じゃ無く、段々積み重ねて行く「広島式」的な焼き方で、具は「鶏肉(かしわ)」「牛脂のミンチ」。だから「かしみん焼き」と云うンだそうですヨ。ムチャクチャ熱いし、ソースは濃いしで東夷にゃ大変でしたが、この手のモノはやはり西日本に限りますねぇ。岸和田の紀州街道沿いの狭い地域の郷土料理だソウですヨ




| 2012.03.05 Monday (08:14) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
879 【名物パン67】カーネーションと「コーヒーランド」‥岸和田


昨秋から放送中のNHK朝の連ドラ「カーネーション」の舞台は、だんじり祭りで有名な大阪・岸和田市。ご覧の南海電車・岸和田駅前の商店街を、だんじりは全速で駆け抜けて行くンだってサ。ココも寂れましたネ

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう


大阪府の南部の二十万都市・岸和田市へ参りました私メ。八年ぶり位の訪問でございます。関西空港が出来て以来、物理的には東京から行き易いエリアに成ったンですが、大阪南部「泉州地方」はナンだか遠い気が致します。

何しろ新幹線で新大阪まで行って、地下鉄に乗り換えて難波まで行って、南海電車に乗り換えて‥って面倒臭い(失礼)。繊維産業が盛んだったトコですから、ご商売によっては頻繁に行き来される方も居られましょうが、私ぁ違う。

ま、行く用事も有りませんでしたし、お呼びも掛かりませんでしたンで‥ホント久し振り。前回は敬愛する兄貴分・上方講釈師の旭堂南海兄ぃに連れてって貰ったンですが、今回は独り旅。南海電車でガタゴト揺られて岸和田駅へ。

だんじり祭りの見せ場「カンカン場」なるトコへ参ろうと、駅前アーケードを抜けて行きますとアレレ!確か前回来た時は、スーパーみたいのが在ったンだけど‥潰れちまったらしい。大阪近郊でも郊外SC群の攻勢は激しい様ですネ。

        
(許可を得て撮影)岸和田の祭り好きにとって、盆暮れよりも大切な「だんじり祭り」は毎年九月。と云う訳で‥、当然の様に「お祭り中心のカレンダー」が売られて居りました。粋狂もココまで来れば、実に見上げたモノ

ですが「捨てる神あれば拾う神あり(例えが違うかな?)」。この駅前アーケードが朝の連ドラの舞台だソウで、主人公に因んだギャラリーが開設され、オバちゃん達が結構集まって居りましたヨ。「カーネーション」って連ドラだってサ。

私ぁ、朝の連ドラ的な「清く正しく美しく」てぇ世界が大嫌いなモンで、そんな連ドラをやってる事すら知りませんでしたが、あのコシノ三姉妹のおっ母さんの話らしいですネ。コシノ三姉妹はこの駅前アーケードの生れ育ちだそうナ。

舞台のコシノ洋品店が実際に有った場所に、外装も内装もほぼ同じに再現されたお店(ギャラリー)が番組開始に合わせて開設され、連ドラを見てるオバちゃん達が観光しに来てると云う訳。アニメ好きの聖地巡礼みたいなモンか。

朝の連ドラも「大河ドラマ並みに」招致活動が盛ンと聞きますが、オバちゃん達が実際に押し掛け、グッズやお土産を大量に買ってるのを見ると、コレも一種の町興しだと認識し直した私メでございます。処でドンなストーリーなの?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「大阪府岸和田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「岸ぶら・観光と地域情報の発信基地」岸和田市観光振興協会HP
http://kishibura.jp/
★「だんじりが駆け抜ける商店街」岸和田駅前通商店街HP
http://www.kishiwadashotengai.com/
★「洋裁コシノ岸和田駅前通商店街」神戸の金庫屋4代目バカ息子のblog
http://kobeblog.net/u/50589a/UkiRdz5vW3oSbA8thrEF
★「にっこりタウン2010年7月号から・永月堂」テレビ岸和田HP
http://www.tvk.co.jp/chiikijoho/201007nikkoritown.htm

(考えてみれば‥朝の連ドラは「ちゅらさん」以外マトモに見たのが無いです
)

駅前アーケードを抜けて真っ直ぐ暫く歩きますと、安政二年に創業した老舗製パン会社「永月堂」サンが。大阪府の南部じゃここ数年、永月堂サンの「コーヒーランド」と云う、小さなバゲットにコーヒークリームを挟んだ菓子パンがバカ売れしてるらしく、ココ以外にも数社から売り出されてるンだってサ。食べ易くて甘過ぎず、こりゃ実に面白い。東京でもコレを売り出しちゃ貰えンもんだろうかネ。泉州岸和田の街は、侮り難いです




| 2012.03.04 Sunday (07:47) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
088 いしきりんは一体ナニを占うのか?


石切さんの境内、皆さんニコニコお百度参りの最中。でも短かナイかい

さて折角大阪まで来たンだし、オモロいトコに行きたいなぁと考えた私メなんですヨ。と云って梅田・難波・天満やらじゃ今更オモロ無いし、如何にも大阪らしいトコは無いかいナと無い知恵絞って向かったのは、石切神社ナンです。

東大阪市に在る石切剣箭(いしきりつるぎや)神社、通称は石切さん。前に一度だけ来た事が有りますナ。ハテあれは何年前の事やったやろ、帰りがエラク難儀やった事だけを覚えてますワ。だってフツーの神社とは逆やし。

当り前の神社は参道を上がって行く筈ですが、石切さんは近鉄電車の駅が生駒山の斜面の上の方に在りまして、駅から参道を下って行くカタチに成る訳です。尤も駅から坂を登ったトコにも、石切さんの上ノ宮が在るンですが。

飛鳥時代の物部氏ゆかりと謳われ、創建は神武天皇の頃だとか。「でんぼ(おでき)封じ」で有名らしく、お百度参りする人が絶えぬそうナ。結婚前は東大阪市に住んでいた私メの嫁サンも、頻繁に散歩に行ってたらしいのヨ。


参道は「土産物屋」と「占い屋」だらけ。そんなに需要が有るンだねぇ

既に刻限は夕方。生駒山の斜面から見下ろす大阪のビル風景は素晴らしく、西陽が眩しいコトこの上ない。ココは朝の早いトコなので、もうこの時間では土産物屋サンは店じまいだらけ。開いて居るのは各種多様な占い屋ばかり。

いやぁ、ホント色んな種類の占い屋って有るのねぇ。私ぁ「占い」と云うモノを基本的に信じない主義でして、「人生は自分で切り開くモンだ」と思ってるンですが、信じる人を否定は致しませんヨ。だって信心するは自由ですからネ。

「占い」を信じる事でその人が救われるなら良いコトじゃないですか。安易なカウンセリングだと思えば安いモンですし。ただ私メに無理に信じさせようとするお客様も時折居りまして、正直ソレにゃ閉口してるンです。放っといて。

お百度参りはきっと真剣な祈りナンでしょうが、余所者にはソレが御陽気に(ハッキリ言えば不真面目に)見えてしまうのは、大阪の持つ風土・関西人の血・・ナンでしょうか。辛いコトもニコニコと、ソレも一つの哲学でしょうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「兵庫県加古川市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「いしきりさん」神道石切教・石切剣箭神社HP
http://www.ishikiri.or.jp/
★「神話と夢と信仰の街」石切参道商店街HP
http://www.isikiri.com/

(参道では炭酸煎餅だの味噌煎餅だの、西日本的な小麦粉煎餅の多い事)

日本中ドコでもキャラクターが流行ですねぇ。そうか「いしきりん」か・・




| 2010.02.04 Thursday (08:24) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS