きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3006 【呑みモン81】京都のクリスマスと「チコリコーヒー」・・西院

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都市内じゃ最大と言われるのが、平成七年(1995)に始まった「ローム本社前のイルミネーション」。但し場所は中心部じゃ無く、西大路五条・・要するに洛中と洛外のギリギリ外側。だから出来るのかしらん?

 

拙宅の在る東京だけじゃ飽き足らず、クリスマスのイルミネーションを求めて上方へ向った私メです。我ながら全く酔狂だと判ってますが、そんな阿呆が出来る状態に成ったのが嬉しくて、衝動を止められませんヨ。

 

今回は日程の都合で京都と大阪しか参れませんでしたが、失礼ながら京都はやっぱり一筋縄に行かぬ街ですナ。コレほどの大都市で在りながら他所と違い、大規模なイルミネーションが殆ど行われてませんゼ。

 

ローム本社前の名倉公園(児童公園でした・・)が主会場の一つで、ソコの樹木に金色のLEDが大量に灯ってましたが、周囲の理解を余程得てないと出来ないイベントですナ。地元への貢献として始めたンだとか

 

そもそも国内の大規模イルミネーションは、昭和五十六年(1981)の札幌が最初だソウで、その五年後に始まった仙台「光のページェント」から全国に広がり、今じゃ大きな街ならドコでもやってる冬の定番イベント。

 

京都でもさぞやと上洛しましたが、小規模な飾り付けは兎も角、「街中で大きいのは有りまへんで」とのコト。なぜ何故ドウして?雅な灯火を見られるモノと信じてましたのに・・ドウやら「景観条例」の絡みナンだとか。

 

ロームはカスタムLSIの世界企業なのに、CMを殆どしないし製品に社名を記さないンで、京都以外じゃ余り知られてませんナ。ですが本社脇のメタセコイヤ並木はご覧の姿・・全体で八十六万球光ってます

 

私ぁ東京生まれで今も住んでるンで感覚がマヒしてますが、街中に野放図にとっ散らかった広告看板やネオンの所為で、折角のキレイな街並みが台無しに成ってるトコが多いですネ。全国ドコに行っても同じコト。

 

京都も以前はソウでしたが、古都の雰囲気を守ろうと云うンで・・全国的に稀な景観条例が施行されて約十年。住んでる方にゃ不便でしょうが、私メみたいな無責任な客にゃホント好ましく、流石と褒め称えたく成る。

 

京都市内で他に大規模なクリスマス飾りが有るトコと云えば、やっぱ京都駅!駅前に聳え立つタワーは一年中光り輝いてますし、他にも光を使ったイルミネーション類が普段から多いトコだから、特別扱いかナ?

 

ですがエラク厳しい条例で有るらしく、キラキラ光るイルミネーションは好ましく無いみたい。時に洛中=かつての平安京の内側じゃ無理な様で、「アソコはやってます」と言われたオーム本社は西院・・つまり洛外。

 

ソレだけが理由かドウか知りませんが、京都はホント謎だらけ。尤も全国ドコでもやってるイベントを敢えてせぬと云うのも、京都らしいっちゃ京都らしいですゼ。ヘンな意味で感心しちまった、寒い夜の古都でした。

 

京都駅ビルの輝く名物と云えば勿論「大階段のイルミネーション」ですが、この時期だけはソレに背を向けて・・大階段の下に置かれた「高さ二十二mの巨大クリスマスツリー」に注目を!年末の京都に参るのは久しぶりで、私ぁ毎年飾られてるコレの存在をすっかり忘れてました・・

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「大阪府大阪市北区梅田」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「【京都の副都心?】西院の魅力を語る」あばうと京都ブログ

★「つねに品質を第一とする」ロームHP
★「ロームイルミネーション2017 まばゆい輝きに、こころ踊る瞬間。」ロームHP
★「京都市内最大級の光の輝き!並木道は圧巻の美しさ『ロームイルミネーション2017』」Kyotopi HP
★「ロームイルミネーション
(右京区)」おやじNews!watch−dogsブログ
★「京都駅ビル」京都駅ビル開発HP

★「京都駅ビルのクリスマス」京都駅ビルHP
★「白く輝く京都タワーと、京都駅のクリスマスツリー」カプセルな気分ブログ
★「世界一の観光地”京都”の、日本一厳しい景観条例とは?」株式会社フジタHP
★「全国で最も厳しい景観条例が施行された京都市の現在」NAVERまとめHP
★「カフェデュモンド」ダスキンHP

★「フランス人の愛する"チコリコーヒー"がコーヒーの欠点を全部カバーしてて魅力的!」NAVERまとめHP
★「チコリと言えばCafe Du Monde」赤ちょうちんでひとりごとブログ


(関連する記事)
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」

★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅」

★「2087 【お米料理167】夜明けの京都駅と『なか卯の親子丼』」

★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」
★「2393 【お米料理211】大階段イルミネーションと『ガーリックピネ』・・京都駅」

★「2434 【麺類色々210】大階段のひな祭りと『京都背脂ラーメン』・・京都駅」

★「2455 【名物パン289】天使の突き抜ける街で『塩パン』を・・五条堀川」

★「2463 【名物パン290】梅小路の桜と『八つ橋みたいなパン』・・京都」

★「2535 【やきそば269】国宝だらけの西本願寺と『牛焼きそば』・・六条堀川」

★「2619 【野菜果物94】日本一のチコリの里の青い空・・中津川」

★「2688 【呑みモン69】紅葉・黄葉の都庁前で『チコリコーヒー』を・・西新宿」

★「2708 【麺類色々227】大階段イルミネーションと『京都のたぬき』・・京都駅」
★「2963 【やきそば327】読み方の難しい街で『ノスタルジックな焼きそば』を・・西院」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(イルミネーションは日没直後のマジックアワーが、一番キレイですナ)

京都駅ビルのクリスマスツリーの下の階の踊り場に、ミスタードーナツのコーヒー専門店「カフェデュモンド」が在りますヨ。一時は全国に多店舗展開し、拙宅近くの池袋にも在ったンですが・・ドンドン戦線を縮小して今や五店舗だけに(池袋店も去年閉めちゃいましたネ)。そんなカフェデュモンドと云えば「チコリコーヒー」。チコリはキク科のハーブ野菜で葉はサラダ等に使いますが、根っ子は煎じてコーヒーに混ぜたりしますナ。余りに珍しいンで缶入りコーヒー粉を思わず三缶も買っちまいましたが、少し苦めのフレンチローストで目が覚める!今や貴重な存在ですから、どうか京都駅ビルのお店は無くならぬ様に願うばかりです




| 2017.12.21 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2963 【やきそば327】読み方の難しい街で「ノスタルジックな焼きそば」を・・西院

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

西大路四条交差点の西側の「阪急西院(さいいん)駅」は右京区に在りますが、同じ交差点の東側に在る「嵐電西院(さい)駅」は中京区・・つまりココが「洛中」の西の端で、コレより先は「洛外」に成るみたいです

 

大阪市に続いて京都市へ参った私メです。昨日は大阪じゃ当り前の地名の略し方「上六(=上本町六丁目)」「日本一(=日本橋一丁目)」等を考えましたが、結局は文化の違いと言うしか・・慣れたら便利ですし。

 

尤も大阪なんぞ可愛らしい方で、私メら東夷にゃ難題なのが「四条河原町」や「堀川丸太町」等の、京都の地名の略し方。前者は「四条通と河原町通の交差点の辺り」の意味で、ソレを略しちまうから弱っちまう。

 

阪急電車は四条通の地下に線路が在りますが、地上を走ってるのが現存する京都唯一の路面電車「嵐電(らんでん)」。と云っても道路上を走る区間は殆ど無く、西院駅の辺りも専用のレールが敷かれてますヨ

 

ですが新興住宅地以外の地名にゃ意味が有り、その略し方も長年の慣習の上に成り立ってるンだから、余所者がソレじゃ判らンと騒いだ処でドウにも成らず、又ドウかして良いモノでも無く、慣れるしか無いですナ。

 

全く不思議なモノで、我慢してる内に当然と思う様に成りますし、やがて無意識に使う様に。また法則を理解すると・・調子に乗って「ケッタイな略し方」を考案し、地元の方に「ソレはソウ略さん」と呆れられるコトに。

 

四条通を渡る嵐電を見てて気付いたのは、「嵐電の西院駅って通りの南側だった筈・・」。実は今春から北側に移転し、阪急電車に乗り換えし易く成ったとか。そして驚くべきコトに、嵐電に駅ビルが出来ました!

 

ま、略し方なんて飽くまで俗称で、本来の地名を凌駕するコトは滅多に無いですが、略称と正式名が大きく入れ替わり、結果として両者並立と云うヤヤコシイ事態に鳴った場所が、京都の中京区と右京区の境に。

 

ソレが西院!昔の平安京の西縁で、ソコに造営された「淳和院(じゃんないん)離宮」を西院と称したのが発端と聞きますが、鎌倉時代まで読み方は「さいいん」だった様。ソレなら判るヨ、私メら東夷だって大丈夫。

 

西院駅の新しいホームの傍は、新旧イロんな電車が停まってる嵐電の車庫。面白がって見てますと、嵐電最古の昭和四年(1929)製「106号電車」が轟音と共に本線を爆走中・・まもなく九十歳に成る老雄です

 

処が次第に「さい」と略されて、何時しかソレが正式名に変貌し、昭和初頭まで使われてたとか。なのに京都府庁の命令で「さいいん」大復活!きっと頭の硬いお役人サマが、略し方に納得されなかったンでしょうネ。

 

その頃に出来た阪急「さいいん」と違い、嵐電は明治時代に「さい」で開業してたンで・・同じ場所の同じ字の駅なのに、読み方が違うと云う混沌ぶり。都人は不思議がりませんが、私ぁ未だに慣れなかったりします。

 

西院は「西大路四条」でも通じる筈ですが、「さいいん」「さい」のドチラかの方が判り易いから、やっぱ京都は奥が深いです。そんな西院界隈の鎮守さまは淳和院離宮の守護社として、天長十年(833)に創建された「西院(さいいん)春日神社」サマ。旅の安全に御利益の有るお社ですンで、毎日アチラコチラへ動き廻ってる私メの無事を祈って参りました

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都渋谷区恵比寿」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「西院駅から出かけよう ぶらり西院」京福電気鉄道HP
★「【京都の副都心?】西院の魅力を語る」あばうと京都ブログ
★「西院 さい?さいいん?」HP
★「RANDEN 嵐電」京福電気鉄道HP

★「嵐電・阪急の西院駅、乗り換えが便利に ホーム移設と新改札口、3月完成」乗りものニュースHP
★「"嵐電"の醍醐味は優越感!?京都らしい町並みを満喫できる『京福電気鉄道』に乗る」GetNavi Web HP
★「西院の淳和院跡」京都観光旅行のあれこれHP
★「淳和天皇勅諚祈願の社」西院春日神社HP
★「野口商店
(西院)」バリアフリーレストラン 京都の車椅子で入れる美味しいお店ブログ
★「西院食べ歩きツアー
(後編)」それ行け!水曜会!2ブログ

(関連する記事)
★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」
★「2263 【団子饅頭71】『長五郎餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2287 【お米料理192】深泥池と『京都の三角いなり寿司』」

★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野」
★「2436 【揚げモン64】『二色ジャンボチキン』と紅白梅花の北野天満宮」
★「2454 【呑みモン64】織田信長公の神社と『京番茶』・・船岡山」
★「2464 【呑みモン65】京都随一の桜の名所・平野神社で『桜湯』を」
★「2465 【団子饅頭76】芸妓とおかめと『天神さまの粟餅』と・・上七軒」
★「2602 【団子饅頭87】『天神サマのやき餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2634 【やきそば282】雷雨の上七軒で『チャーミング焼きそば』を」
★「2636 【団子饅頭93】心地良い平野神社で『京都の豆餅(あんなし)』を」

★「2709 【お米料理257】虹と桜と巡洋艦と京都だけの『衣笠丼』・・衣笠」
★「2710 【やきそば294】梅咲く初春の北野天満宮で『花街の焼きそば』を」

★「2793 【揚げモン70】日本最初の夜桜と『ビーフミンチカツ』・・平野」

★「2896 【お米料理278】土用の梅と左大文字と『焼き飯&チャーハン』・・北野」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(実際は「さいいん」でも「さい」でも、「さいん」と読むのが地元風です)

アレはまだ二十世紀だった頃・・随分前ですが、私ぁ故あって西院へ何度も参った覚えが有りますが、その時に連れてって貰った阪急の駅裏手のお好み焼き屋「野口商店」さん・・まだ在るかナと行ってみたら、佇まいを殆ど変えずに残ってたンで吃驚仰天。昭和二十五年(1950)創業の老舗で、店主のおっちゃんは背中が丸まっちゃってますが、結構な手際で随分な量の焼きソバが・・大盛りを頼んだ覚えは無いのだけれど。店内で目立つのは「このおっちゃんは日本語しか話せません」と英語で書かれた注意書きで、洛中と洛外の境界の街の裏手のお好み焼き屋まで、外国人観光客がやって来る様に成っちまったのネ。ソレが良いのか悪いのか判りませんが、おっちゃん元気で居て下さいナ




| 2017.11.02 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2894 【スイーツ231】真夏の朝の嵯峨野と「笹巻きの葛饅頭」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都・嵐山のシンボルと云えば、桂川(ココより上流は保津川)に架か「渡月橋」。本来の嵐山は南岸(橋の左側)だけで、北岸(右側)は嵯峨と呼ぶのがしいンですが、両岸合せて嵐山と呼ぶのが一般的ですナ

 

暑さが最強な時期の上方を、ウロチョロ歩き廻る私メです。拙宅の在る東京がドウにも冷夏に成ってますンで、初めは夏らしいと嬉しく感じてましたが・・幾らナンでも度が過ぎらぁナ。お天道様、少しは手加減してヨ。

 

ソレでも折角来たンだからと我慢して、時折涼しいトコで休憩を取りつつ大阪をさんざブラついて、今日から旅のお噂は千二百年の都・京都へ。内陸にある分だけ大阪よりも暑く、果たして私ぁ耐えられるのかしらん?

 

昼間は観光客で賑わう「竹林の小径」も、朝っぱらは殆ど誰も居なくて静かですナ。高く伸びた竹林が四百mほど続き、空を覆ってるンで陽射しが届かず・・五℃ほど涼しいとか。葉擦れ音だけが聞こえて来ます

 

ならば暑くなる前に混むトコに行ってしまおうと、早起きして向かったのは嵐山。いやいや今回は渡月橋を渡って無いンで、厳密には嵯峨野しか行ってませんが、あの辺りは総じて嵐山と呼んだ方が判り易い筈。

 

京都はドコに行っても外国人観光客だらけですが、嵐山は欧米系の方々が多く見受けられ、中国・韓国系より遥かにマシとは云え、些か騒々し彼らが出張って来る前の、静かな朝方に歩きたかったのも。

 

竹林の小径から森ン中をブラブラ歩き、フト気が付けば「小倉池」のへ。百人一首で有名な小倉山の麓に在る池で、選者の藤原定家卿山荘が池畔に在ったとか。卿も静かな朝に、散歩なされたンでしょうか

 

嵐山へ向かう列車に観光客の姿は見えず、駅から降りても・・人影は実に少ないですネ。上手く行ったと喜ぶ反面、朝餉を食べられそうなトコはく開いて居らん。ま、朝食前の大散歩の心算でグルっと廻りますか。

 

この日も最高気温は三十七℃と予報されてましたが、朝八時じゃソコまで未だ上がって居らず、涼しい内にイザ参らん!保津川沿いから亀山園へ階段を上り、ソコから降りると竹林ン中を貫く爽やかな小径が。

 

小倉池と云えば「御髪(みかみ)神社」・・日本唯一の髪の毛の神サマでヨ!私メもココ数年の投薬治療の副作用で結構髪が薄くなり、漸く羽が似合う様に成りましたが、この程度で止めて下さる様にお詣りを

 

ソレにしても静かで良いナ。自分だって観光客の癖に、連れだって騒々しくしてる方々と一緒に居るのがイヤな面倒な気質。ましてやこの猛暑の中じゃ、ソレが鬱とおしてく堪らない。誰も居らん朝方は楽園ですヨ。

 

普段は混み合う場所なのに、時間次第で全く違うトコの様。結構な汗をかきつつ駅へ戻れば、コレから廻ろうと云う人がゾロゾロと。熱中症に気をつけてと思いつつ、涼しい電車に揺られて洛中へ先に戻る私メです。

 

この地を愛された定家卿は「忍ばれむ 物ともなしに 小倉山 軒端の松ぞ なれて久しき」と詠んで居られますナ。駅へ帰る途中、ふと振り向けば蒼天に映える小倉山。尤も私ぁ卿と違って句などは詠めず、ソレより何処かで小倉アイスを食べて、身体を冷やしたいと思うばかりでしたヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「京都府京都市上京区京都御苑」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「京都 嵐山」嵐山保勝会HP
★「渡月橋の由来」保津川遊船企業組合HP
★「立ち尽くすほどの美しさ!嵐山・嵯峨野エリア『竹林の小径』【まとめ】」Kyotopi HP
★「嵐山の竹林は夏でも涼しい?体感温度は−5度!??」タクシー会社がこっそり教える京都の魅力ブログ
★「嵯峨野に行くなら外せない!絶対見るべき『小倉池』と周辺スポットの紹介」RETRIP HP
★「日本で唯一の髪の神社」京都嵯峨 御髪神社HP
★「京都・嵐山 小倉山移動」登山のすすめブログ
★「小倉百人一首の成立や作者の藤原定家について。使われた和歌集は?」日本史はくぶつかんブログ
★「新しい味に懐かしさを添えてお届けします!」京都 成寿庵HP
★「葛饅頭
(くずまんじゅう)とは?水饅頭(みずまんじゅう)とは?」京都の和菓子ドットコムHP

(関連する記事)
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で『カスクート』を」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2395 【保存食品59】お酒の神様と『酒かすたけのこ』・・松尾大社」
★「2419 【保存食品60】化野念仏寺に捨てた心と『くき大根』・・嵯峨野」
★「2453 【保存食品64】比叡山に対抗した大師と『京の手割大根』・・嵯峨野」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(真夏の嵐山を訪れるって、一体いつ以来ナンだろう?覚えてないナ)

嵐山じゃ結局ナニも食べられず・・街中に戻って朝餉を取りましたが、この時期の京都を代表する和菓子の一つが「葛饅頭」ですナ。丸めた餡子を透明な葛で包んだモノで、冷やして食べるとあぁ美味し!四河原町のマルイにお店を出している成寿庵サンで、変わり餡のを笹でいたモノが有りまして、朝方行った竹林の小径を思い出し・・つぶ餡()と栗餡()のを。灼熱で疲れた身体にゃ、甘いものが嬉しいですナ




| 2017.08.14 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2453 【保存食品64】比叡山に対抗した大師と「京の手割大根」・・嵯峨野

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

桂川に架かる渡月橋の右岸(画像では左側)が「嵐山」、そして左岸(同右側)が「嵯峨野」。京都有数の観光地としてドチラも人気ですが、オフシーズンだったンでノンビリ歩けた私メ。人混み苦手がまだ治りません

「祖師は日蓮に奪われ、大師は弘法に奪われ」てぇ、決まり文句が昔からございますナ。「祖師」とは仏教の各宗派をお開きに成ったお坊サマのコトで、当然ながら法華の開祖・日蓮上人以外にも大勢居られます。

また「大師」は高徳を積んだお坊サマに対し、朝廷から贈られる最高の称号。中には五十年ごとに新しい大師号を賜る、浄土宗の開祖・法然上人の様な例も有って・・ドレだけの大師が居らっしゃるのか判りません。

処がお大師サマと云えば、真言宗の開祖・空海上人の「弘法大師」が決まりです。尤も日本最初の大師は天台宗の開祖・最澄上人の「伝教大師」で、わざわざ大師号を創設した位だから、比叡山天台宗は栄えた。

コレに対抗心を抱いた、別のお大師サマが居られます。しかも半端なソレじゃ無く、中国・宋の皇帝陛下から大師号を賜った「法済大師」こと、譱(ちょうねん)上人サマ。但し伝教大師の約二世紀後の方ですが。


嵯峨源氏の祖「源融(みなもとのとおる)」卿は光源氏のモデルとされますが、融卿の嵯峨別荘跡に寛和三年(987)に建立されたのが、法済大師が比叡山天台宗に対抗しようとした拠点の「五台山清涼寺」です

譱馨綽佑生きた平安中期は、政治は藤原家・宗教は天台宗が圧した時代で、その閉塞感を打破しようとする者は次々現れます。処が何れも失敗し・・譱馨綽佑賄径羹,紡亶海垢觸僂髻中国・五台山に求めた。

中国仏教の二大聖地は「天台山」と「五台山」で、最澄上人は遣唐使船で天台山に留学したンで、比叡山の別名は「天台山」。ソコで譱馨綽佑聾淆羯海卜嘘悗靴茲Δ箸靴燭韻譴鼻当時の日本は鎖国中だったのネ。


渡航出来るまで十年以上。最後は特例として黙認された密出国で、大陸に着いたのは四十五歳・・今なら六十位?コレに感心されたのが宋の太宗皇帝。彼を国賓として扱い便宜を払い、数年学んで帰朝しますヨ。

もぅ朝廷は大騒ぎ!中国皇帝直々の厚遇を得た譱馨綽佑鬚發呂簗騎靴飽靴┐此御所の東の比叡山に対し、西の嵯峨野に「日本の五台山」として清涼寺の建立を許さざろう得なかった・・。激しい情熱の場所です。


清涼寺サンの御本堂は元禄十四年(1701・・赤穂事件の起きた年)に再建されたモノですが、御本尊は譱馨綽佑中国の五台山から持ち帰った「三国伝来の釈迦像」ナンだとか。コレは天竺(インド)から中国に伝来した「お釈迦様に生き写しの仏像」の模刻を、上人の切願により太宗皇帝がお許しに成ったモノらしく、要するにレプリカですが当然国宝に指定されてますヨ。またコレの模刻・レプリカのレプリカは全国に百体近くも存在するソウで、皆さまも知らず知らず拝んで居られるかも

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市北区船岡山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「嵐山〜嵯峨野の見どころ」京都じっくり観光HP
★「嵐山・嵯峨野周辺を歩く」京都パーフェクトガイドHP
★「お釈迦様と光源氏のお寺」五台山清涼寺
(嵯峨釈迦堂)HP
★「嵯峨・五台山清涼寺
(嵯峨釈迦堂)」右京区はこんなトコロ・ブログ
★「譱
(ちょうねん)の凡人だからこそ出来ること」加藤徹のホームページHP
★「大陸に渡った譱海伴甓倏〕菫と清涼寺と・・」今日は何の日?徒然日記ブログ
★「源氏物語 源融と光源氏」京都宇治式部郷HP
★「京の漬物 創業65年」丸漬HP
★「京都に行ってきました」レッツトライ!ブログ


(関連する記事)
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で『カスクート』を」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2395 【保存食品59】お酒の神様と『酒かすたけのこ』・・松尾大社」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野」
★「2419 【保存食品60】化野念仏寺に捨てた心と『くき大根』・・嵯峨野」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(日本じゃ殆ど無名の方ですが、中国じゃエラク有名な日本人だとか)

人影少なき清涼寺サンで暫し休憩し、渡月橋の方に再び参ろうと思いましたが・・混んでるトコは苦手ナンで、風寒いですが青空の嵯峨野の住宅街をブラブラと。途中で立ち寄った地場のスーパーで見付けたのが、「京の手割大根」と云うお漬物。「丸漬」なる京都の漬物会社の製品で、小さい大根の浅漬けナンですが、初めからご覧の通りに切れ目が入れられてて・・何だかお花みたい。少なくとも十年ほど前から存在するらしく、コレでまた一つ京都のナゾが増えちまった様な気がします




| 2016.03.20 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2420 【名物パン286】巨大伽藍の東福寺で「京風メロン」を
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「慧日山東福寺」の応永三十二年(1425)に再建された「三門」は、禅寺のソレとしては国内最古を誇りますヨ。当然の様に国宝指定されてますが、ホントとにかく巨大で・・高さ二十四m・横幅五十mも在ります

上方の旅の最終日です。一昨年末に心神崩壊した私メですが、長年のお付き合いの我が主治医ドノに異変を早く見抜いて貰い、ご紹介して戴いた専門ドクターの元で、服薬治療と青空療法に励んで参りましたネ。

お蔭で寝たきり・引き籠りに成らずに済み、不出来でも寄席の高座に上れますし、こうして旅に出られる位に状態も安定し、減薬に早く再挑戦したくて堪らない程。無理を承知で、ガムシャラに頑張って来ましたから。


五摂家の一つ・九条関白家により嘉禎二年(1236)に創建された東福寺は、京都でも最大級の伽藍を誇りますが、何度か大火に遭ってまして・・。ご覧の本堂は昭和九年(1934)に再建されたモノ、でも立派!

尤も再挑戦は暖かく成るまで見送りと決まり・・我思うほど、回復して無かった様ですナ。暫くは拙宅の在る東京で治療・療法に勤しみ、体調を整える必要が有りましょうから、そろそろ旅を切り上げて帰りませんと。

ですが・・京都に折角来てンだし、もう一ヶ所ドッカへ寄りたいと、思い悩む朝の京都駅。路線図を見ると、JR奈良線の一つ隣りが「東福寺駅」。東福寺と云えば「京都五山」の第四位で、巨大な伽藍で知られた大寺。


京都の禅の大寺は「〜面(づら)」と云う綽名が有りますが、大伽藍で知られた東福寺はもちろん「伽藍面」。ナニが驚くって・・境内の庭園を跨ぐ「臥雲橋」は屋根付きで、コレまで重要文化財・・流石に京都ですゼ

駅自体はJRや京阪電車で何度も通ってますが、東福寺サンはまだ詣でて居らず、思い立ったもナニかの御縁。頭ン中をスッキリさせる青空療法に都合良しと、テクテク歩いて行ったンだから・・やっぱり変ですヨ。

尤も毎日歩いてる私メにゃ、二kmなんて大した距離じゃ無い。むしろ東福寺サンの寺域に入ってからが大変で、「伽藍面」と呼ばれるのは伊達じゃ無い。広大な境内に建つ、巨大極まる伽藍の数々・・うわぁデケぇ。


広大過ぎて境内に渓谷まで在る東福寺サンは、秋の紅葉で知られたトコ。「桜が在ると遊興の場に成って宜しくない」と全て伐採し、代りに楓を沢山植えたソウで・・真っ赤に燃える季節に再訪したいモノですナ

心神崩壊以来、混雑するトコが苦手に成り、観光寺院の多い東山区を避けてましたが、南端の東福寺サンはオフシーズンで人影少なく、ジックリ見られるのは有難い。ですが・・ココは最終日に寄るトコじゃ無い!

帰りの列車が気に成って、肝心の本坊庭園等をゆっくり見てられぬのが残念無念。歩かずに電車で来れば良かったンでしょうが、アレは大事な療法でナニより優先させる必要が・・。早く寛解したいと思う私メでした。


拝観を早々に切り上げ、JR東福寺駅へ行ってみれば・・アレ?もう少し時間に余裕が有るみたい。ならばと駅近くをブラついてみると、「新熊野(いまくまの)神社」なるお社を発見!永暦元年(1160)に熊野信仰に熱中した後白河法皇のご命で、あの平清盛公が創建されたンだとか。源平合戦の大立者お二人に係わるスゴイ神社が、駅前商店街の中にフツーに在るのが全く京都・・。まだまだ知らないトコだらけですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は更新を休まさせて戴きます、ごめんなさい★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「歩いて楽しむ東山」京都市東山区役所HP
★「日本最古にして最大級の伽藍 東福寺」臨済宗東福寺派大本山 慧日山東福寺HP
★「東福寺の伽藍面」いり豆 歴史談義ブログ
★「国宝 東福寺三門」閑古鳥旅行社HP
★「東福寺三名橋のうち、臥雲橋と通天橋」京都検定合格を目指す京都案内ブログ
★「熊野の新宮・別宮として創建」新熊野神社HP
★「ないどおおきに いまくまの」今熊野商店街振興組合HP
★「全てはお客様の『おいしい』のために」フレスコHP
★「京都から真心を込めて食卓に美味しい笑顔をお届けいたします。」京都 山一パン総本店HP
★「これがメロンパンだっ!」京都・町家ぐらしブログ
★「〜京風抹茶メロン つぶ餡入り〜 山一パン総本店」ビタミンちゃんブログ

(関連する記事)
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」
★「1681 【お肉料理49】早起きのお説教と『王将の餃子』・・京都」
★「1731 【名物パン184】黄昏の伏見で『サンライズ』を」
★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅」
★「2087 【お米料理167】夜明けの京都駅と『なか卯の親子丼』」
★「2131 【団子饅頭65】東寺の夜桜と『花見団子』・・九条大宮」
★「2261 【お米料理188】『ピネライス』と光り輝く夜の京都駅」
★「2393 【お米料理211】大階段イルミネーションと『ガーリックピネ』・・京都駅」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解したら・・ゆっくりジックリ京都を歩き廻りたいと思うばかりです)


神社の名前は「新熊野」でも、周りの商店街は「今熊野」。読みはドッチも「いまくまの」で同じ・・不思議ですナ。その商店街にも在ったのは、京都市内じゃお馴染みのスーパー「フレスコ」で、京都の地元製パン会社「山一パン総本店」さんのベストセラー「京風メロン」が、当然の様に置いてありましたヨ。但しフレスコのオリジナルブランド「エフグリーン」版で、白あんのフツーの京風メロンと、黒あんの入った京風抹茶メロンの二つを買って参りました。東京風の丸いメロンパンは関西じゃ「サンライズ」と呼び、ラグビーボウル状のを「メロンパン」と称しますが、最大の違いは中に餡子が入ってるコト!帰りの電車で食べる心算でしたが、疲れが溜り過ぎてたのか?食べずに持って帰って来ちゃいました



| 2016.02.08 Monday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2419 【保存食品60】化野念仏寺に捨てた心と「くき大根」・・嵯峨野
フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京北を源とする「保津川」は、嵐山・渡月橋で「桂川」と名を変えます。その橋から上流を眺めると、右手に「小倉山(286m)」の丸くこんもりとした姿が。小倉百人一首で有名ですが、化野はこの山の裏側ですゼ

京都は難しい地名が多いですナ。阪急京都線の地下区間に「西院」と云う駅が在りますが、その読みは「さいいん」・・コレは判る。ですが地上に出たトコを走る路面電車、嵐電の「西院」駅は「さい」と読む・・判るか!

詳しくは以前書いたコチラのご覧を願いますが、平安時代は都の西外れ。一般庶民の埋葬場だったンで、「賽の河原」から「さい」に成ったと言われてますナ。高貴な殿上人のは兎も角、庶民の墓は粗末だった様。

尤も墓が在るだけ立派なモンで、都に大勢居た貧乏人が死にますと、西院より遠くへ捨てに行ってたらしい。諺に「仇野の露、鳥辺野の煙」てぇのが有りますが、仇野も鳥辺野も洛外遠く離れた、有名な死体捨て場。

東山の麓の「鳥辺野(とりべの)」は火葬しますが、嵯峨野の最奥の「仇野(あだしの=化野)」は放りっぱなし・・ナント野ざらしにしてた!。だから諺は「露も煙も儚く消える様に、人の命は無常で有る」の意味に成る。


観光客で賑わう嵯峨野・嵐山も、一番奥の化野念仏寺へ向かう辺りは静かですナ・・私メにゃ助かりますがネ。門前の鳥居本地区は「国の重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、キレイに整備されてますヨ

昔は仇野と書いた化野ですが、徒野とも書いたらしいですナ。「徒」と云う字にゃ「はかない様、無常」なる意味が有り、前出の長い諺をたった一文字で表しちまう。「空しい、移ろいやすい」と云う意味まで有りますネ。

一昨年末の心神崩壊以来、一日も早い寛解を目指し無理を承知でガムシャラに、塞ぎがちな自己を懸命に励まして闘って来ましたが、一番手間の掛かる敵だったのは、何をやっても空しくて死にたく成っちまう心。

服薬治療と青空療法が効いて来るまで、致死念慮は多かったですネ。嫌なコトばかり思い浮かべ、健やかな自分に二度と戻れないンじゃ無いか・・その恐怖心から死にたく成っちまう。ホント地獄の苦しみでしたヨ。

漸く一応の安定に至ってますが、暖かく成ったら減薬に再挑戦・・また致死念慮が出るかも。だから思い切って化野の念仏寺サンに「儚い思い、空しい心」を捨てて参りました。多分コレで大丈夫、ソウ信じたいです。


弘仁二年(811)に真言宗の開祖「弘法大師」空海サマがココに一宇を建立し、野ざらしに成ってた遺骸を埋葬されたのが始まりで、後に浄土宗の開祖「円光大師」法然サマが念仏堂場を開かれ、ソレが念仏寺に成ったとか。境内至る所に石仏・石塔だらけで、圧巻なのがご覧の「西院の河原」。コレ全てが無縁仏のモノらしく・・空しい心の捨て場所です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市東山区本町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「嵐山〜嵯峨野の見どころ」京都じっくり観光HP
★「嵐山・嵯峨野周辺を歩く」京都パーフェクトガイドHP
★「あだしの念仏寺」華西山東漸院化野念仏寺HP
★「化野念仏寺」京都はんなり旅HP
★「京のことわざ 仇野の露 鳥辺野の煙」京都のITベンチャーで働く女の写真日記ブログ
★「京都の三大風葬地『化野』『鳥辺野』『蓮台野』」古都コトきょーとHP
★「京都市嵯峨鳥居本」閑古鳥旅行社HP
★「ほほえましい姿と名前 くき大根」コトビジョンキョウトHP
★「京野菜 茎大根の糠漬け」食べて太って歩いて食べて。京都中心☆京阪神ブログ

(関連する記事)

★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」
★「2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で『カスクート』を」
★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2395 【保存食品59】お酒の神様と『酒かすたけのこ』・・松尾大社」
★「2418 【やきそば256】京都は変と乱と桜と『ジャンボ』が好き・・北野

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(命は無常で儚いモノだからこそ、大切に懸命に生きなきゃ成りません)


京都はお漬物の美味しいトコですナ。しかも季節ごとに次々出て来るンで全く飽きませんが、真冬の名物なのが伝統の京野菜「くき大根」の糠漬けナンだとか。三百年前は京都市内で広く栽培されてた大根で、当たり前のソレとは逆で葉っぱが長くて実が小さい・・。でも葉も実も柔らかく、一緒に糠に漬け込んで細かく切って食べますヨ。今じゃ栽培農家が二十軒ほどに減った様ですが、京都のブランド野菜として残そうとしてるのが頼もしいですナ。十二月から二月までの厳寒期が旬です



| 2016.02.07 Sunday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2395 【保存食品59】お酒の神様と「酒かすたけのこ」・・松尾大社

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

京都・洛西屈指の古社で、お酒の神サマ「酒解神(さかとけのかみ)」を祀るのが「梅宮大社」。元禄十三年(1700)再建の随身門には、奉納された清酒の四斗樽が沢山飾られて、如何にもな雰囲気を出してますヨ

正確な数を調べた訳じゃ無いですが、全国で神社が一番多い市は京都でしょうナ。御所を中心とする洛中は無論のコト、その周りの洛外各地のアチコチにも大小様々な神社が在って、不謹慎ながら呆れちまう位。

神道は八百万もの神々を擁するンで、専門分野に応じて詣でる先の神社を選べるのが素晴らしい。何しろ私ぁ手に負えないコトは、プロの専門家に任せる「餅は餅屋」主義でして・・自分自身がプロなだけにネ。



大和時代に創建された梅宮大社サマは、日本を代表する四つの姓の一つ「橘氏」の氏神様だったりします。ソレが洛西に遷座されたのは平安初期で、つまり橘氏が藤原氏と朝廷内の権力を競っていた頃ですナ

だもんで昨日は「減薬再挑戦に成功します様に」と医薬担当の五條天神社サマへ、「記憶力が回復します様に」と学問担当の北野天満宮サマにお詣りしましたが、もう一つドウしてもお願いしときたいコトが有ります。

ソレは「酒が呑みたい」。服薬治療を行ってる間は禁忌条件として、飲酒は絶対禁止の私メ。今でも爆発的に酒が呑みたくなる夜が有りますが、負けちゃ成らぬと懸命に堪え・・十四ヶ月目!人生最長の禁酒続行中。


梅宮大社前の四条通りを西へと向えば、京北から流れ出た「桂川」を越えますヨ。今でも数年おきに氾濫を繰り返す暴れ川ですが、様々な物資を運んだ「平安京の生命線」。都人はココで舟遊びを楽しんだとか

我ながら・・あの大酒呑みが、良くぞココまで我慢してると褒めてやりたい!この辛さに耐え切れず、思わず呑んで再起不能に陥る同症患者も多いらしく・・ココが我慢のし所。今日呑む一杯より、明日呑む十杯を!

我が一門にゃ依存症だった先輩が居られ、断酒の辛さを以前から楽屋で私メも聞いてましたが、いざソレが自分のコトに成ると・・ホントに辛いのネ。尤も依存症と違い、寛解したら又呑めるだけ希望は有りますが。


桂川を挟み梅宮大社と対するは、同じく酒神として深く信奉されてる、洛西の王城鎮護社「松尾(まつのお)大社」サマ。古代から祭祀の営まれてた聖地で、神社らしく成ったのは大宝元年(701)のコトだソウです

人事を尽さぬ限り天命の有ろう筈は無く、天佑神助を願う以上はコッチも努力せにゃ成らぬ。処がお忙しい神サマのコト、参拝してお願いしないと聞き入れて下さらぬかも。だからお酒担当の神様にもお詣りを。

ソレが洛西の古社「梅宮大社」サマと「松尾大社」サマ。京都市中心街からは遠いけど、酒の為ならドコだって行く心底!両社へ同じく「酒の呑める自分に戻して下さい」と懇願した私メ、この願い届きましょうか。


松尾大社は京都のメインストリート四条通りの西のどんつき(突当り)に位置し、同じ四条通りの東のどんつき八坂神社と共に、平安京鎮護の大役を負ってたンだとか。またココは秦の始皇帝の末裔を称する渡来系氏族「秦氏」の氏神様で、秦氏の酒造技術が優れてたコトから「神々の酒奉行」と目され、信仰を集めたンだと講釈師は見てきた様なコトを申しておきます。なおココの神サマのお使は猿じゃ無く、亀サンですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市北区梅田」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「おこしやす西京」京都市西京区役所HP
★「松尾大社に聞く -神社と日本酒、なくてはならない関係-」聖地巡杯HP
★「授子安産・醸造守護の神」梅宮大社HP
★「梅に"産め"の思いを込めた女性らしい社 梅宮大社」伊藤久右衛門HP
★「醸造祖神 洛西総氏神」松尾大社HP
★「お酒の神様を祀る 松尾大社」寺社巡り.comHP
★「松尾大社の『お酒の資料館』」京都そぞろ歩きHP
★「土が原点。京都太秦『もり』の京つけもの。」京つけものもりHP
★「酒粕タケノコ 食べてみた」まったり京都ぐらしブログ

(関連する記事)

★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で『カスクート』を」
★「2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と『ジャンボ白雪チキンカツ』・・花園」
★「2370 【呑みモン62】強烈すぎる『いり番茶』と夜のお茶屋街・・祇園」
★「2394 【スナック62】天神信仰発祥の地と『そばぼうろ』・・六条烏丸

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(少なくとも今秋までお酒は無理らしく、我慢を続けにゃ成りません)


松尾大社サマはお酒の神様だけ有って、境内に「酒造りの資料館」まで在りましたが、ソコの売店で売られてたのが「酒かすたけのこ」。京都・伏見の酒かすに、如何にも京都らしくタケノコを漬けたモノで、「松尾大社でしか売ってません」との売り声につられ、思わず買っちまったは良いモノの・・絶対禁酒中の私メが、例え漬物とはいえ「酒かす」製品を食べて良いモノなのかしらん。大酒呑み時代の私メならナンて事無いでしょうが、あらゆる酒類を一切絶って十四ヶ月目・・絶対に悪酔いしちゃいそう。果たして食べて良いか、今度ドクターに聞いてみます




| 2016.01.14 Thursday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2288 【揚げモン61】日本最大の禅寺と「ジャンボ白雪チキンカツ」・・花園
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

日本最大の禅寺と称される花園の「正法山妙心禅寺」は、花園法皇により暦応五年(1342)に建立された、臨済宗妙心寺派の大本山。ご覧の仏殿(手前)や法堂(奥側)を始め、国宝や重文だらけのお寺サンです

京都をブラブラ歩いて居ります。今更態々云うコトでも無いですが、ホント京都ってお寺や神社が多いですナ。しかも由緒あるトコが多く、ゆっくり見て廻るとドレほど時間が掛るやら。京都に住んでる人が羨ましい。

私ぁ東へ遠く離れた東京住まいですンで、興味深いトコから訪ねる様にしてますが、「人混み苦手症」の治らぬ限り、観光客が多く集まる有名寺社は難しそう。だもんで東山区の有名寺院群は、当分近付けませんヨ。

と云う訳で、大変失礼ですが・・有名なワリに静かで大きなお寺さんは無いか?と暫く考え、向かったのは右京区花園の「妙心寺」サン。臨済宗妙心寺派の大本山で、いわゆる「林下(りんか)寺院」の代表格ですナ。

天竜寺サン等の「京都五山」・建長寺サン等の「鎌倉五山」は室町幕府の庇護を受けた禅寺で、コレを「叢林(そうりん)」と呼びますが、妙心寺サンは庇護を受けなかった在野の禅寺。そもそも成立から違います。


妙心寺サンは花園法皇の離宮をまるごと寺院にしたトコで、広大な山内には中心伽藍以外に四十六もの塔頭寺院が建ち並び、呆れる程に寺だらけ!昔はドコの大寺院でもコウだった筈ですが、実に壮観です

時は鎌倉幕府の最末期。京都の天皇家は二派に分かれ、十年間隔で皇位の順送りと成ってましたヨ。この両派が後に南朝・北朝と成る訳ですが、僅か十二歳で即位されたのが「花園帝」。北朝側のお方ですネ。

歴代天皇の中で「学識の一番有られた帝」と聞きますが、その皇太子と成られたのは南朝方の尊治親王。つまり鎌倉幕府を攻め滅ぼし、建武の新政を打ち立てた「後醍醐帝」で、花園帝の九歳も年上だったとか。

約束通りに十年で皇位を譲り、出家して法皇と成られた花園帝は、大動乱を起こした後醍醐帝を支持しつつ、自らの離宮を禅寺に改めるコトを発願されたとか。南北朝の対立から、一線を引きたかったンでしょうナ。

以来、政治の介入や干渉を嫌ったか?在野の禅寺であるコトを貫き、一度は室町幕府から廃寺に追い込まれてますが、復活どころか大成長を遂げて臨済宗の最大流派!なのに実に静かで・・ノンビリ出来ました。


右京区を走り回るのは、京都市唯一の路面電車「嵐電(らんでん、正式名称は京福電鉄)」。四条大宮から嵐山までの「嵐山本線」と、北野白梅町までの「北野線」に分かれ、妙心寺へは北野線の妙心寺駅が便利。尤も私ぁガタガタ走る嵐電にゃ乗らず、ブラブラ歩き廻りましたが

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市天王寺区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「日本最大の禅寺」臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺HP
★「正法山妙心寺」臨黄ネットHP
★「歴代随一の学識といわれる花園天皇」皇室のきょうかしょHP
★「算盤面と京童に歌われた妙心寺」いちごねーさんのほっこりまったり古都コト日記ブログ
★「『算盤面』『学問面』『武家面』『伽藍面』『声明面』」おおさか系ハマっこ糖尿人!京を行く〜!ブログ
★「RANDEN 嵐電」京福電気鉄道HP
★「京都唯一の路面電車区間に狭いホーム!?」たびねすHP
★「京都学生御用達の定食チェーン店『ハイライト食堂』の魅力、まとめ」NAVERまとめHP
★「ハイライト食堂 御池店」京都フォトセンターHP

(関連する記事)

★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で『カスクート』を」
★「2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と『大とら焼きそば』」
★「2263 【団子饅頭71】『長五郎餅』と記憶力回復への願い・・北野天満宮」
★「2287 【お米料理192】深泥池と『京都の三角いなり寿司』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(織田信長公のお墓が在ったり、明智光秀公を祀ってたり・・面白いナ)


在野の大寺院で有り続ける為に妙心寺サンは、徹底した合理的な組織運営に励んだンで「妙心寺の算盤面(そろばんづら)」と呼ばれたソウですが、こと和食に関しては辺羅棒なお値段を付ける京都でも、洋食屋さんは徹底した合理的な経営に励んで居られるのか?安くて美味くて量の多いトコが沢山在って嬉しいですナ。学生の街・京都だからナンでしょうケド、私ぁ市内に五店舗ある「ハイライト食堂」さんが大好きで、私メが学生だった頃から通ってましたヨ。今回は妙心寺サンから南へ歩いて二十分ほどの御池店へ参り、頼みましたのは「ジャンボ白雪チキンカツ」。私ぁチキンカツが大好きで、巨大なソレが二枚も載せられてますが、その上の白いモンは・・軽く絞った大根おろしだったりします。お蔭で揚げ物の脂っぽさが薄まって、もう二枚ぐらいチキンカツが食べたく成る様な・・。東京にハイライトが在ったら、私ぁ絶対に通いますネ。そしたらこんな痩せずに済んだかも‥元の身体に戻りたいです



| 2015.09.30 Wednesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で「カスクート」を

昨日のお昼頃、お陰様で19万PVを突破出来た様です。コレからもご覧戴けます様に願います

京都・嵯峨や嵐山の一番判り易い風景と云えば、桂川に架かる「渡月橋」ナンでしょうナ。観光シーズンともなれば大変な雑踏と成りますが、何しろオフシーズンで・・誰も歩いちゃ居ねぇヨ。満喫させて貰いました

正月明けの京都市を訪ねる私メでございます。この正月の京都は実に六十一年ぶりの大雪で、街中でも二十cmを超えたとか。訪ねる前にお宿に電話したらば、「エライ大雪やから気ぃ付けて」と言われましたナ。

処がイザ洛中に入ったらば、その日の昼間が暖かだったンで粗方溶けちまったとか。私ぁ雪の京都を楽しみに、折角スノトレ履いてったのに・・ならば歩き易い靴にしとけば良かった。ドッカに雪は残って無いのか?



嵯峨にゃ沢山の有名寺社が在りますが、その筆頭は京都五山第一位の「霊亀山天竜寺」サンですナ。その総門(山門)を潜ると長い参道が在りますが、私メ以外誰も歩いちゃ居らんゾ!天竜寺を独り占めしてます

もちろん鞍馬や比叡の山深くだったら沢山在ンでしょうが、ソレじゃ雪見じゃ無くて雪中登山に成っちまう。何もソコまで求めとらンので、ならば嵐山や嵯峨界隈だったら残ってるかも。時間の有効活用で朝行こう!

てな訳でお宿近くのJR京都駅から、通学客で一杯の山陰線電車に揺られて十数分で嵯峨嵐山駅へ。普段なら観光客が溢れる、駅前の土産物屋街もガ〜ラガラ。正月明けの平日朝八時前、こんな阿呆まず居らん。


右手の建物が天竜寺の「法堂(はっとう)」で、玄関奥に有名な「達磨の衝立図」が見えてますナ。拝観はココから入る訳ですが、やっぱりこの日最初の参拝者と成りました。こう云うのってナンだか嬉しく思えます

地元の通勤・通学客が時折通るだけで、観光客なんて私メ以外誰も居らん。こんなに空いてる嵯峨・嵐山ナンて初めてだから、目一杯楽しンで参りますか。てな訳で無人の渡月橋を一往復って、完全な馬鹿です。

処が桂川の北岸(嵯峨)にも、南岸(嵐山)にも雪が殆ど無い!ま、暴れても仕方ないンで目的を切り替え、少し遠いけど化野の辺りまで行ってみましょうか、ヒョッとしたら雪が残ってるかも知れンし・・未練がましいネ。



法堂裏の「大方丈(天竜寺最大の建物)」から、曹源池や庭園をボーっと見てましたら他の観光客がチラホラと。この時まではお天気が保ってたンですが、天竜寺を出た途端に強い氷雨に成って、全くワヤやがな

他の参拝客が来とらん天竜寺で静寂を暫し楽しみ、禅宗の説く「無の境地」とはコレかナと暫し勘違いし、化野目指してもう少し歩こうかとした途端に冷たい雨!コリャ折り畳み傘じゃ小さ過ぎて、余り役にゃ立たんヨ。

ま、何度も訪ねてますし、雪見ならぬ氷雨で風邪引いたンじゃ洒落に成らンので、潔く今日は撤退!でもシーズンオフの朝は呑気に歩けるし、土産物屋の五月蠅い呼び込みが居ないンで良いと気付いた私メです。


化野の手前から駅へ戻る途中、暫し雨宿りさせて戴きました「嵯峨釈迦堂」こと、寛和三年(987)建立の古刹「五台山清凉寺」。光源氏のモデルとされた、左大臣「源融(みなもとのとおる)」卿の別荘跡ナンだとか
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「嵐山・嵯峨野」京都市観光協会HP
★「京の橋のこだわり 渡月橋」日本土木工業協会HP
★「歴史の寺 史跡・特別名勝」臨済宗天竜寺派大本山 霊亀山天竜寺HP
★「霊亀山天竜寺」臨黄ネットHP
★「京都五山」佛教ネットHP
★「清凉寺(右京区)」京都風光HP
★「源氏物語 モデルになった源融について」京都散策 平家物語HP

★「京都市中京区で61年ぶり20センチ超える積雪」産経新聞WEST・HP
★「KYOTO Shizuya」志津屋HP
★「京都人に愛され続ける"志津屋"のパン」杉本彩のBeautyブログ

(関連する記事)

★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(嵯峨や嵐山に関しては、私ぁハッキリ言って『雨男』だったりします)


平日朝の嵯峨や嵐山界隈に、ロクな食い物屋が無いのは判ってますンで予め、JR京都駅八条口の京都名物「志津屋」でパンを勝っておいた私メ。ハード系からソフトなのまでイロイロ有りますが、京都人のソウルフードとされる「カルネ()」と「カスクード・ミニ()」を一つずつ。丸いバゲットにハムとオニオンスライスが挟まれたカルネは以前ご紹介しましたが、細長いバゲットにハムとチーズを挟んだカスクードは初めての筈。この倍の長さのも有りますが、一人じゃとても食べ切れン!なのにドンドン食べたく成る、不思議な味ですナ。ドッカ途中で食べる心算でしたが、生憎の氷雨でソウ云う訳にも行かず、帰りの電車内で食べましたヨ




| 2015.01.10 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
1731 【名物パン184】黄昏の伏見で「サンライズ」を


伏見の街中を流れる宇治川の支流に、居並ぶ酒蔵を水辺から楽しもうと云う「十石舟」や「三十石舟」が浮かんでますヨ。ただ訪ねた時は、運行時間が終わってまして・・。夏なら夜間運行もしてるソウですけど

東京から桜を求めて西へ向かい、目的地の大阪城まで行っちまった私メでございます。出来るコトなら、もっと西へ西へ向かいたかったンですが、桜前線は西から東へ移動して行くモノ。ソレに逆らってドウします。

私メがいくら日頃ヒマだと云ってもソウソウ彷徨も出来ず、仕方なしに東へ戻るコトと致しましょうか。でも素直に帰るのもナンだか無性に悔しく、もう一ヶ所くらいドッカ寄りたい!折角の関西の桜を愛でて帰りたい!
 


伏見は酒造りの街。大手酒造会社が幾つも在りますが、ココは月桂冠大倉記念館。月桂冠は寛永十四年(1637)の創業で、明治四十二年(1909)築の創業地の酒蔵を公開してますヨ。でも・・閉館時間でした

てな訳で、昨日ご紹介の大阪城最寄りの京橋駅から、京阪電車で向かいましたのは京都の伏見区。同じ京都の八幡市を訪ねた際、伏見の街中を流れる宇治川の支流沿いに桜が咲いてたのを見付けてたンです。

昔は阪急電車を愛用してたのに渡辺橋駅の一件以来、京阪を好んで乗る私メ。クネクネ曲がる路線を懸命に走る特急に揺られてる内に、すっかり寝てました。ですが乗り過ごす事も無く、中書島駅で無事下車。


上の画像の月桂冠大倉記念館を、川の方から眺めてみました。聞くところに依ると、ココは見学に入ると入場料と引き換えに、月桂冠のワンカップを呉れるソウで・・。利き酒も有ったり、結構酔える施設の様です

何度も訪ねてるンで勝手は判ると、宇治川の支流へ向かえば、川沿いに植えられた桜のキレイな事。伏見は人口二十八万を誇る京都市内最大の区で、昔は違う市だっただけに、いわゆる京都とは雰囲気が違う。

決して悪い意味じゃ無く、コッチの方が緩いと云うか・・気良しと云うか、肩肘張らずに歩けますナ。ですがソレでもやっぱり京都の内で、東京に較べますと昔のモンが随分多い!ソウ意味では、油断出来ませんが。
 


豊臣秀吉公の築かれた伏見城の大手門に繋がる、伏見の「大手筋商店街」を私ぁ好きですネ。京阪「伏見桃山駅」・近鉄「桃山御陵前駅」に繋がるので大変賑やかですが、京都と思えぬ庶民的な雰囲気なのヨ

訪ねた時間が良かったのか悪かったのか。普段なら大勢居る筈の観光客が、既に黄昏時とあって余り居らん!むしろ地元と思しき方々ばかりで、各観光施設は閉館時間と成ってましたが、私メにゃ嬉しく思えます。

その分呑気に川沿いの桜を愛でて、お気に入りの大手筋商店街へ。商店街は夕餉を求める客が繰り出し、観光地じゃ無い地元の時間に成ってました。桜で浮かれた気分も治まり、寄って良かったと思う私メです。


昔は伏見を「伏水」とも書いたとか。つまり地下水と云う意味で、良い水が多く湧いたからこそ酒造りが栄えたンですが、当然の様に湧き水に因んだお社が在りますヨ。ソレが「御香宮(ごこうのみや)神社」で、ご祭神は神功皇后サマ!貞観四年(862)に境内から香りの良い水が湧き出したンで、朝廷よりこの名を賜ったとか。伏見の産土神として崇拝され、ご本殿や表門(伏見城の大手門を移築したモノ)は国の重文です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県桐生市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「歴史眠るまち 京都伏見」京都伏見観光連携協議会HP
★「京の酒どころ・伏見モデルコース」e京都ねっとHP
★「月桂冠大倉記念館」月桂冠HP
★「365日が笑顔の商店街」伏見大手筋商店街HP
★「日本第一安産守護大神」御香宮神社HP
★「伏見の水」月桂冠HP
★「こころまちつくろう」京阪電気鉄道HP
★「創業100年まであと8年『ササキパン本店』」京都いいとこウェブHP
★「ササキパン本店 伏見桃山 納屋橋商店街」@京都路地裏旅行ブログ


(関連する記事)
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
★「972 【お米料理67】宇治川の合戦と『鰻いいむし』」
★「973 【スイーツ54】紫式部センセも『宇治抹茶ソフト』を食べたがるか?」
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と『衣笠丼』」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』」
★「1727 【鳥人列伝09】飛行神社と『カレー中華』・・八幡市」
★「1728 【団子饅頭58】岩清水八幡宮の桜と『走井餅』・・八幡市」
★「1730 【名物パン183】桜咲く大阪城と『玉子焼きサンドイッチ』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(日本の歴史の転換点は、伏見だったコトが随分と多いですナ)


伏見と云えば、創業ほぼ百年の「ササキパン」さんですナ。百年程度じゃ老舗扱いして貰えない京都ですが、こと製パン業界で百年と云えば大変な老舗で、ソレに相応しい珍しいモンが沢山在るから面白い。京都じゃ右側のが「メロンパン」で、中に白餡が入ってたりしますゼ。ササキパンさんのソレは以前ご紹介しましたが、今回買ったのは‥中にリンゴジャムが入ってた、イロイロ有るンですナ。そして左側の一般的な格好のが、京都じゃ「サンライズ」と称します。京都のみならず西日本じゃコレがフツーの様ですが、黄昏時にサンライズとは何事じゃ!と食べ比べるとは‥やはり桜で浮かれた気分が抜けきって無い様です




| 2014.04.18 Friday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS