きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1660 【やきそば179】「ミート焼きそば」と国道52号線の謎・・韮崎


韮崎市のシンボルは、JR韮崎駅すぐ裏の岩山の上に建つ「韮崎平和観音像」。市民や登山者の無事を祈って、昭和三十六年(1961)に落慶したモノだとか。後背に聳える「鳳凰山」と共に、寒風の青空に映えてました

※ 先日の大雪の前の訪問記です、ご承知下さいませ。


厳冬の山梨県を旅して居ります。県東部の上野原市・中部の甲州市と移動して、今回参りましたのは西部の韮崎市。拙宅の在る東京都の隣りの県なのに、全く気候が違うンで・・あぁ寒い!ま、信州との県境近くの街ですし。

甲府盆地の北端に位置してますが、中心の甲府市とは百m近く標高が違うらしく、成る程確かに寒い訳だ。因みにJR韮崎駅の海抜は約三百五十mって、東京タワーより高いのか!でも周りに聳えてる山々はもっと高い筈。

南アルプスの「鳳凰山(2840m)」が西に、甲信国境の「八ヶ岳(2899m)」が北に、奥秩父山地の「茅ヶ岳(1704m)」が東にと、韮崎は大きな山々に三方を囲まれた谷間みたいなトコで、冠雪の季節と相まって実にキレイ!

そして南を眺めれば、彼方では有りますが‥富士山まで見える!甲府や甲州市辺りからは良く見えンので、韮崎まで来た甲斐が有りましたゼ。私ぁ静岡市から富士を見て育ったンで、例え裏側だろうとも見えるだけで嬉しい。


JR韮崎駅前に出てみれば、八ヶ岳の姿がハッキリと。赤岳を主峰とする南八ヶ岳と、蓼科山等の北八ヶ岳の総称で、韮崎から見えるのは南の方ですナ。沢山の峰から構成されてるンで、多いと云う意味の「八」だとか

静岡で思い出しましたが、静岡から山梨へ向かう国道52号線。全国に五十八本しかない旧一級国道で、各県の県都を結ぶ重要道路だから一桁・二桁の若い番号を貰ってる筈なのに、ナゼか52号は韮崎で終わってる。

イヤ韮崎まで真っ直ぐ北上し、ソコから20号線と重複扱いで南へ戻って甲府まで延びてますナ。私ぁコレが長らく疑問でして、ナゼ韮崎へ大きく迂回する様に引かれちまったのか?ドウして真っ直ぐ甲府へ行かないのか?

そんな事を疑問に思うのは、私メの様な「道マニア」だけでしょうが・・気に成る気に成るハッキリさせたい!で、調べてみました。すると・・52号は141号だったらしい。静岡から韮崎を通り、長野・上田市まで延びてた道。


ソレが韮崎で分割され、南側だけが52号に昇格したらしい。「K丸」サンと云う昔の政治家が迂回部分に住んでたからと言われてますが、昇格って・・沿道は番号が変わって面倒だったでしょうに。今じゃ有り得ない事ですが。


そしてコチラが「茅ヶ岳」。八ヶ岳に良く似てるンで、「にせ八つ」と云う別名が有ったりしますヨ。標高が低い分、八ヶ岳よりキレイに見える日が多く、私メも何度も間違えた事が・・。東アルプスと云う言い方も有るそうナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県甲府市」への訪問記です★


(参考リンク
)
★「夢と感動のテーマシティにらさき」韮崎市観光協会HP
★「韮崎平和観音像」山梨の林道事典HP
★「鳳凰山」南アルプスNET HP
★「八ヶ岳へようこそ」八ヶ岳山岳ガイド協会HP
★「茅ヶ岳 かやがたけ」ヤマケイ・オンラインHP
★「国道139号線を行く・その2」K.SATOH’S Official Website HP
★「国道52号線」道のページHP
★「金糸雀」焼きそば名店探訪録HP

(関連する記事)
★「606 【麺類色々32】メルヘン調じゃ無くなった清里なんて・・」
★「624 【比較研究02】『信玄餅』を食べ較べ・・甲州台ヶ原宿」
★「948 【やきそば61】日本一のスモモの里で『ミート焼きそば』」
★「949 【やきそば62】山梨市に今も残る『きねやのミート焼きそば』」
★「1243 【やきそば108】『つゆだく焼きそば』と雪山&雪山‥北杜市長坂」
★「1659 【麺類色々118】『生ひやむぎ』と関東に入りたい症候群・・塩山」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(山梨県的には偉人ナンでしょうが、我田引水する政治家は駄目ですヨ
)

韮崎へ行った最大の理由は、駅近くに在る「金糸雀(かなりあ)」と云うお店で「ミート焼きそば」が食べたかったから。「きねや」と云う山梨ローカルの軽食・甘味チェーンが昔在りまして、ソコの名物メニューがコレでしたヨ。この事は詳しくご紹介したコトが有りますが、何店か辛うじて残って居り、その一つが金糸雀さん。似た様なスタイルの新潟名物イタリアンよりもスパゲティミートソースに近いトマト風味で、確かに甲府で昔食べた味でしたネ。どうかママさん、コレを長らく残して下さいます様にお願い致しますヨ




| 2014.02.13 Thursday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
1659 【麺類色々118】「生ひやむぎ」と関東に入りたい症候群・・塩山


昨日ご紹介の上野原市もソウでしたが、山梨・甲府盆地の東端に位置する甲州市の塩山地区も山は真っ白。アレは多摩に繋がる「大菩薩峠」ナンでしょうか?東京からこんなに近いのに、気候や風景が全く違ってますヨ

※ 先日の大雪の前の訪問記です、ご承知下さいませ。


江戸五街道の一つ「甲州街道」を西へ進み、山梨・甲州市へ参りました(歩いた訳じゃ無いですがネ)。ココには以前から来てまして、何度も記事にしてますが、こんな厳しい季節に来たのは何年振りか?洒落に成らぬ寒さだ。

山梨県は関東じゃ無いのに、東京の天気予報じゃ「関東甲信越静岡」と同じ扱いされるコトが多く、ソレを見てると「東京より少し寒いだけ」てな感がしますが、「山のはざかい」から名の出た旧甲斐国らしく、周囲は山だらけ。

東北や北陸地方じゃ無いンで、平野部(盆地の平らなトコ)にゃ余り雪が降りませんが、県都・甲府市や今回訪ねた甲州市を含む、「甲府盆地」を取り囲む山々は真っ白!頭だけが見えてる富士山も、白装束に成ってますヨ。

ココは中部地方と云うべきか、甲信越と称すべきか?如何に東京の西隣りだろうと関東じゃ無い・・でも「首都圏」と云う不思議な括りじゃ一緒で有る様で、「K丸信」と云う昔の政治家がソウさせたと云う「巷談」が有りますゼ。


JR塩山駅の真ン前に、国の重文に指定された超巨大な名主屋敷「甘草(かんぞう)屋敷」が在りますヨ。薬草「甘草」の幕府御用を務めた名家で、山梨独特な建築スタイルだとか。撮影失敗しましたンで、夏のでご勘弁を

今は大分落ちぶれた感がございますが、某民主党政権のフィクサーだった「O沢一郎」氏が自民党の若手ホープだった頃。つまり二十年ほど前に「政界のドン」とか言われた、妖怪みたいな人ですナ。山梨選出の代議士だ。

誰でも故郷は大切で、特に代議士だったりすると、自分の選挙区や出身県へ強引な利益誘導をしたりする。地元から要望の多い物事を、ドウにかするのが代議士で、「関東に入りたい」と云う山梨県民の要望に応えましょ!

処が如何に力が有ろうとナンだろうと、無理なモンは無理で・・仕方無く知恵を絞ったンでしょうナ。東京やその周りは関東だけじゃ無く、首都圏とも言うじゃないか・・と。流石に甲州ぺぇは凄い!もぅ脱帽するしかない!立派!

私ぁ南隣りの静岡育ちナンで、山梨の気持ちは判るけど、実行しちまう奴が居たってぇのは・・。尤もO沢氏らに裏切られて失脚し、晩節を汚して亡く成ってます。そんな事を思い出した甲州市でした(選挙区は違う様ですが)


甲州市は日本有数の果物の大産地。山々は白くても、来るべき収穫の季節に向けて、市内各地で矢鱈に見受けられるブドウや桃の果樹園では、既に準備が始まってる様です。今年も美味しい果実を食べたいモノです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県韮崎市」への訪問記です★


(参考リンク
)
★「ぐるり甲州市」甲州市観光協会HP
★「旧高野家住宅(甘草屋敷)」甲州市役所HP
★「日本百名山の一つ大菩薩」大菩薩峠観光協会HP
★「フルーツ・ワイン」甲州市観光協会HP
★「首都圏整備法と東京大都市圏」タカマサのきまぐれ時評2ブログ
★「西関東連絡道路」山梨県庁HP
★「ふたねや製麺所(甲州市塩山)」マキパン・・homebakeブログ

(関連する記事)
★「575 【呑みモン18】近藤勇サンは勝沼ワインを呑めなかった」
★「955 【やきそば63】東京に成りたい症候群と東村山『黒焼きそば』」
★「1086 【名物パン84】心頭滅却して『お祝パン』を食う‥塩山」
★「1087 【やきそば89】塩山の『炒めそば』と『タンメン』」
★「1088 【野菜果物38】勝沼はホント葡萄だらけ!」
★「1316 【麺類色々89】鉄道トンネルに侵入して『耳ほうとう』を喰おう‥勝沼」
★「1317 【麺類色々90】桃咲く甲州市で『特製タンメン』を‥塩山」
★「1631 【スナック32】『鍋大将』と都県境のコンプレックス・・和光」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(多摩地区以外の都民は、山梨県が隣りに在る事を殆ど知りませんナ
)

「山梨って関東に入りたくて仕方無いのネ・・」と気付かせて呉れるのは、甲府市から甲州市に向けて少しずつ開通してる「西関東道路」の存在。西関東って・・他所じゃ聞かない表現ですナ、ホント涙ぐましい。山梨にゃ山梨しかない良いトコが多いンだから、ソコまで卑下しなくても・・と余所者は思いますが。そんな甲州市で求めましたのが、ご覧の「生ひやむぎ」。既に茹でて有りまして、そのまま食べられますが‥コレって群馬県や埼玉県北部辺りに多いのヨ。問題の西関東道路は峠を越えてトンネルを潜り、ソチラ方面に繋がる予定だソウでして、昔からの繋がりを教えて呉れてます




| 2014.02.12 Wednesday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
1658 【お魚料理87】「魚まん」の街・上野原はバブルで夢を見たのか?


江戸五街道の一つ「甲州街道」の第十三番宿は、山梨・上野原市の中心街「上野原宿」。甲斐国に入って最初の宿場町で、宇治から江戸へ向かう「御茶壺行列」は専らこの街道を通ったとか。昔が結構残ってる街ですヨ

※ 先日の大雪の前の訪問記です、ご承知下さいませ。

アレはバブルの頃でしたが、都内各地の地価は馬鹿みたいにドンドン上昇し、東京に通い易いトコに「庭付き一戸建て」を構えるのは、無謀な夢だとされてた時期が有りましたヨ。今から考えますと、世間がホント狂ってました。

皆が「行け行けドンドン!」な時代で、私メも極貧の前座時分に多少の恩恵を受けましたンで、余り強く批判は出来ませんが・・ありゃ全くナンだったンでしょうネ?二度とあんな日本にゃ成らンでしょうが、懐かしくも有ります。

遠くのリゾート地から新幹線で通うのが格好良いとされ、那須高原やら越後湯沢辺りに新居を構えた人の話を良く聞きましたネ。或いは通勤電車で何時間も掛かる様なトコに、やっとの思いで「庭先一戸建て」を買った人も・・。

私メらは「『人の夢』と書いて『儚い』と読む」と高座で良く申しますが、何時までも夢が続く筈が無く、敢え無くバブルは崩壊・・。当時頑張った人ほどエライ債務を背負う事に・・。全く悲惨な事態に陥った人は、結構多かった筈。



宿場を歩いてますと、「大けやきの街」と云うフラッグが目立ちます。ソコで探しますと・・上野原小学校の校庭に在りましたヨ。遠くから眺めてましたら、教頭先生がご説明下さいました。樹齢八百年、国の天然記念物です

東京駅から新宿を通り、真っ直ぐ西へ向かうのがJR中央線。人気の高い通勤電車で、この沿線に住みたい人は今も昔も多い様。私メも沿線の高校に通ってましたンで、雰囲気は良く判ってます。終点は八王子市の高尾駅。

と・・フツーの人は思いますが、「線路は続くよドコまでも」。山梨県方面へ続いて居り、通勤電車の終点が高尾なだけ。処がバブルの頃はその奥が住宅地として開発されまして、「サラリーマンでも買える」と人気が有った。

ソレで私ぁ初めて、上野原市の存在を知りましたネ。山梨県最東の街で、骨が折れますが‥その気に成れば東京まで通えない事ない。実際、直通列車が何本も運転されてまして、特別快速だと新宿駅までぴったり一時間。

そんなに近いの!私ぁその倍は掛かると思ってたンですが(失礼)。ですがソレを毎日通うと成ると大変でしょうナ、堅気は大変ですヨ。ですがバブル期に住み着いた人は、ドンドン流出してるソウで・・人の夢は儚い様ですネ。


教頭先生から御許可を戴いたついでに、上野原小学校のプール越しに奥多摩の山々を。新宿からたった一時間の距離なのに、全く気候が違う・風景が違う・・。都心回帰の進む今と違い、バブル期は・・ホント狂ってました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県甲州市塩山」への訪問記です★


(参考リンク)
★「観光情報」上野原市役所HP
★「甲州街道を歩く」旧街道ウォーキング・人力HP
★「甲州街道を歩く(13)上野原宿」甲州道中を歩くHP
★「ぶらり上野原 はちかいめ」こばじぃのブログ
★「上野原市の課題・人口減の流れは止まらず」読売新聞オンライン山梨HP
★「上野原の大ケヤキ」カイラボ・終わらない自由研究in山梨ブログ
★「上野原の酒饅頭」おバカなプーたろうブログ

(関連する記事)
★「204 【野菜果物06】残雪の湯沢に今年もハッカは薫るか?」
★「588 【粉なモン09】バブルの光、今いずこ・・白馬村」
★「606 【麺類色々32】メルヘン調じゃ無くなった清里なんて・・」
★「811 【揚げモン28】伊東名物『ちんちん揚げ』」
★「967 【お肉料理23】謎のバブル城と石下名物『若鶏の丸焼き』」
★「1433 【麺類色々101】御代田の名物『お煮かけうどん』は法事の料理!」
★「1491 【お魚料理77】『ままかりの酢漬け』とバブルに踊った街・・児島」
★「1616 【お肉料理46】『浜松餃子』は質より量な食い物!」
★「1610 【お肉料理45】『朝鮮焼き』と裏富士の城下町・・都留」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(街中をじっくり歩くのは初めてでしたが、暖かい季節に再訪したいです
)

上野原の名物はナニ?と訊ねましたらば、ソレは酒饅頭だと街の人は仰る。しかも凄い「サケ」が有るから・・と半分騙された思いで、甲州街道沿いの「高嶋屋」と云う饅頭屋さんに参りましたらば(宿場の中は酒饅頭屋だらけ!)、確かに凄いサケがございましたヨ。ナント「鮭饅頭(魚まんと称してます)」!焼いてホグした塩鮭の切り身が入ってまして・・こんなの初めて!もちろんフツーの酒饅頭も蒸したてのを戴きましたが、お茶受けより、酒の肴の方が向いてる様な・・。恐らくは冗談から始まったンでしょうケド




| 2014.02.11 Tuesday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
1611 【麺類色々115】裏富士と「年越しほうとう」・・富士吉田


富士吉田市の中心街「上吉田」の交差点に建つのが、富士を裏から美しく望む通称「金鳥居(かなどりい)」。界隈に大勢住んでた「御師(富士講専門のツアコンみたいな人)」らの寄進で建てられ、昔は金銅製だったとか

今年最後の更新でございます。この愚か極まりないブログ旅日記も、お蔭様で今秋から五年目に入りまして、頁数を重ねてコレで千六百十一本目の記事でございますヨ。「食べモノ別のまとめ」まで入れますと、もっと有る筈です。

暇にモノを言わせて毎日の更新を心掛け、随分と書き散らして参りましたが、今年は二月末にインフルエンザに罹ってしまい、コリャ如何しようも無く、連続更新が途絶えてしまったのが残念無念。折角、三年以上も続けて来たのに。

ま、始めが有れば終わりも有るのが人生で、改めて少しも懲りずに連続更新を再開して居りますが‥ホント物好きですナ。誰かから褒めて貰える訳じゃ無く、コレが何らかの仕事に繋がる訳でも無く、全く以て「持ち出し」ばかりだ。

尤も「個人の楽しみで儲けよう」等とすると、卑しい根性が露見してさもしく成りますンで、コレで良いのかも知れませんがネ。今更生き方を変えられません。こんな遊びを許して呉れる女房ドノに、ひたすら感謝申し上げるばかり。


私ぁ静岡育ちですンで、山梨側から見た富士山は絶対的に「裏扱い」。海から見上げる表富士に比べて「弱っちく」感じますが、富士五湖の一番西側の本栖湖から見ると・・結構キレイじゃん!ホント美しい山ですネ

連続更新が途絶えたのも有って、気分一新を狙い、四月からこのブログの名前を変えさせて貰いましたヨ。何しろソレまで「講釈師はクプクプ笑う」なる訳の判らぬモノで、何故そんな名前にしちまったか?自分を問い質したい位。

私メのコトですから、何も考えて無かった・・が真相か。只今の「きこしめす講釈師」と云うのも良く判りませんが、「きこしめす」とは「飲み食いする」てな意味の古い言葉で、如何にも講釈師らしくて宜しいネ・・と自画自賛してます。

ですが・・マイナー志向だなぁ。基本的に有名な物事現象は不得手で、「裏」ばかり目指してしまう。そんな事だからメジャーに成れないンですが、今の姿勢は肩肘張らずに居られるンでとっても楽なのヨ。でも・・だけど・・やっぱり。

多少は「表」を目指した方が、寄席芸人としては正しい道の筈。てな訳で・・来年からは「私メ的にメジャー」と思えるモノを、時々出して行こうと思ってますゼ。「裏富士」を眺める山梨・富士吉田市で、ソウ思った大晦日の私メです。


温暖な表富士と違って寒いンで、裏富士は雪を纏った冬の方が宜しいですナ。画像は山中湖からですが、大晦日の今晩は「初日の出」を拝もうと云う登山客が大勢登るンで、登山道がライトで浮かび上がる筈です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は新年最初の更新、「静岡県静岡市葵区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ここにはいつも富士がある」ふじよしだ観光振興サービスHP
http://www.fujiyoshida.net/forms/top/top.aspx
★「富士山ネット」山梨日日新聞HP
http://www.fujisan-net.jp/
★「富士山ネット・金鳥居」山梨日日新聞HP
http://www.fujisan-net.jp/data/article/127.html
★「富士講」北口本宮浅間神社HP
http://sengenjinja.jp/fujikou/
★「表富士と裏富士、表口と裏口」フジレキシ・ブログHP
http://fujinoyama.blogspot.jp/2011/02/blog-post_13.html
★「静岡県VS山梨県 表富士と裏富士」秘密基地なブログ
http://thunderbird-blogger.blogspot.jp/2010/02/vs.html
★「日本各地の郷土料理・ほうとう」農林水産省HP
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine3_4.html

(関連する記事)
★「192 【麺類色々08】富士吉田の吉田うどん」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=184
★「553 【麺類色々29】富士山の所有者はダレか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=598
★「554 【粉なモン08】カレンダー通りの絶景・・富士吉田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=599
★「606 【麺類色々32】メルヘン調じゃ無くなった清里なんて・・」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=650
★「625 【麺類色々34】暑い日は山梨名物『おざら』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=661
★「1316 【麺類色々89】鉄道トンネルに侵入して『耳ほうとう』を喰おう‥勝沼」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1388
★「1476 【やきそば152】富士山の所有者と『富士宮焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1549
★「1610 【お肉料理45】『朝鮮焼き』と裏富士の城下町・・都留」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1698

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(『表』志向!明日は『表富士』を眺めながら新年のご挨拶を申し上げます
)

今晩は皆さん、夫々イロんな「年越し麺類」をお召し上がりに成るンでしょうが、私ぁ富士吉田市の在る「郡内地方(昨日詳しく説明しました)」の製麺所の「生ほうとう」を買って参りましたヨ。南瓜やらナニやら根菜類を適当に切って放り込み、味噌で仕立てた鍋にコレを入れてグツグツ煮立てる・・風土の厳しい内陸県ならではの伝統料理ですナ。お店で食べるモノじゃ無く、家庭で作るのが当り前だソウですが、身体が暖まりますヨ




| 2013.12.31 Tuesday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
1610 【お肉料理45】「朝鮮焼き」と裏富士の城下町・・都留


都留市の中心街「谷村(やむら)」は、秋元家一万八千石の城下町。後に幕府直轄地と成りますが、郡内の中心集邑として栄えた様で、市内を貫く「国道139号線(ふじ道)」沿いには、立派な古建築群が残ってましたヨ

山梨県東部「郡内(ぐんない)地方」のほぼ中央に在る、「都留(つる)市」と云う古い城下町へ参りました。山梨も甲府市を中心とする「国中(くになか)地方」は平坦な盆地ですが、郡内は蔓みたいに細長い谷。だから「つる」だってさ。

気候が違えば気性も言葉も違い、東京・多摩地方の延長みたいなトコ。余りに多摩ばかり慕ってるンで「多摩梨」とか茶化されますが、実際ナニか有ると同じ県内の甲府市等じゃ無く、多摩の八王子市や立川市へ出掛けるとか。

大学ン時のクラスメートに、郡内地方の上野原市や大月市から通って来てるのが居りましたネ(彼らは達者か?)。通学が十分可能な距離ですが、今回訪ねた都留市は流石にチョット遠い様で、代りに自前の大学を作っちまった。

ソレが「都留文科大学」と云う、都留市が持ってる文学部だけの市立大学。横浜や大阪の様な大都市ならば兎も角、人口わずか三万強の小さな街が持ってるとは・・。昭和三十五年(1960)に四大に移行したと云うから、結構古い。


郡内地方は富士五湖の一つ「山中湖」を水源する、「桂川(相模川)」沿いに延びた細長い谷。富士山北麓の雨水・湧水はこの川へ集まりますンで、ホント綺麗な川ですナ(都留市辺りではネ)。やがて湘南へ流れます

全国の公立大学の中で二番目に小さな街だソウですが、谷村藩の藩校だった頃からの伝統らしく(直接は繋がって無い様ですが)、苦しい市財政をやり繰りして続けた来たとか。その結果、全国から学生・教員が移り住んで来た。

私メもその一員に成ってたかも・・。ココは公立系唯一の「教員養成大学」で、私メも教員を目指してた時期が有ったのヨ。多摩の某有名私大の付属高校に通ってたのに、推薦権を確保した上で「最後の共通一次」に臨みましたゼ。

モンスターペアレント全盛時代に成るとは夢にも思わず、二次試験はA日程・B日程・C日程と、国公立大の教員養成系を三校出願しましたネ(最後の共通一次はソウ云う制度でした)。そのC日程で受けたのが都留文大だったのヨ。

ま、A日程の信州大学の段階で「アンタは色弱だから絶対に受からぬ(当時はソウだった・・)」と断言されちまい、ココは模試も同然でしたが‥。四半世紀も経って痛みもすっかり薄れ、ただ懐かしいと思える様に成った師走でした。


暫定的に東京と名古屋の間だけ作られるコトに成った「中央リニア新幹線」の線路が、実験線として都留市に既に出来てますヨ。今は試験列車が行ったり来たりしてるだけですが、やがて大勢を乗せた営業列車が超高速で突っ走る事に成るンですナ。勿論ココには駅は出来ませんケド

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は今年最後の更新、「山梨県富士吉田市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ようこそ都留市へ!」都留市観光協会HP
http://www.tsuru-kankou.com/tsurub/
★「勝山城・谷村城」信玄を捜す旅HP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~shingen/joukanyamanasi/t.katuyama/t.katuyama.html
★「国中と郡内 その間を隔てるもの」伊藤洋のページHP
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/preparation/scrap/kaigane1.htm
★「山梨県或いは甲斐国にて呼称される甲州とは」フジレキシ・ブログ
http://fujinoyama.blogspot.jp/2012/09/yamanashi-koushu.html
★「温かい人々に見守られながら、教師と学生が共に学び合う」都留文科大学HP
http://www.tsuru.ac.jp/
★「時速500km/hの世界へ」山梨県立リニア見学センターHP
http://www.linear-museum.pref.yamanashi.jp/
★「山梨・都留市の松鶴で美味しい朝鮮焼きに出会えました」コース料理の裏メニュー・ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/oishiicamp/64996936.html

(関連する記事)
★「087 【お肉料理03】ワシゃ『どてやき』が喰いたかったンや・・」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=124
★「554 【粉なモン08】カレンダー通りの絶景・・富士吉田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=599
★「574 【団子饅頭21】あの鱒は食べちゃ駄目・・忍野八海」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=601
★「715 【お肉料理15】堪忍しなのの善光寺‥長野市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=751
★「1345 【やきそば134】夜の新世界と『ホルモン焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1415

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(都留文大に地元出身の学生は1%位しか居ないとか・・隠れた全国区です
)

都留文大の学生に愛され続ける名物の一つが、富士急行・谷村町駅近くの松鶴さんの「朝鮮焼き」だとか。焼いた牛肉あるいは豚肉に、秘伝の唐辛子だれを掛けたり付けたりして、炒め野菜と共に戴く・・。豚の方がよりソレらしいと云うのでソウしましたが、凄いボリュームで確かに学生たちが喜びそう!何十年も続く、地方の学生の街ならではの料理ですヨ




| 2013.12.30 Monday (00:15) | 山梨には海も無い! | - | - |
1317 【麺類色々90】桃咲く甲州市で「特製タンメン」を‥塩山


旧塩山市郊外の「塩山桃源郷」を訪ねてみましたが、ココはまだまだ桃の花が咲いてて‥あぁ良かった。今年は桜だけじゃ無く、桃の開花も早かったソウで、山の斜面に拡がるココ以外はかなり散っちゃってました

昨日の勝沼に続き、同じ山梨・甲州市の「塩山」へ参りました。合併して甲州市に成った旧自治体の中で唯一「市」だったのが塩山で、当然の様に市役所もココに在りますヨ。実に興味深い市役所で、潰れたSCを再活用してます。

全国の自治体がソウですが、郊外の大型モールに負けて駅前商店街や地元スーパーが衰退してますナ。JR塩山駅前は再開発・区画整理したらしく、新しい建物の商店が並んでますが、人影が殆ど見えません。まるで死んだ街。

そんな再開発された街並みを、駅から歩いて数分。「旧塩山市役所」のお向かいに在った中型SCも郊外との競争に負けたらしく、数年前に閉鎖されたとか。駅前もしくは駅近くなのに朽ちて行く、SCの残骸って方々に在りますヨ。

街の目立つトコにそんな廃墟が在ると、タダでさえ寂しく成った商店街や駅前が一層淋しさを増して、恐怖すら感じますヨ。と云って‥キーテナントが直ぐに入って呉れる位なら、始めっから閉鎖される筈が無いし。如何すりゃ良いの?


女房ドノと「庭の有る家に住めたら‥ナンの木を植える?」てな冗談めいた会話をする事が有りますが、二人共に答えは「桃しかない!」。やっぱ実の成る木が良いですが、都内じゃ夢のまた夢ですゼ。キレイだナ

ソコで塩山(いや甲州市か)はSCの復活を諦め、市役所にしちまった。旧来の建物の老朽化が進み、新庁舎を建てるより安上がりだし、廃虚化対策に成るしお向かいだし‥で一石三鳥てな事に成ったらしい。実に面白い解決法。

同じ様な方法を選んだトコは幾つも有りまして、例えば大津波で途轍も無い被害を受けた宮城・石巻市も、震災の前から駅前デパートを市役所本庁舎にしてますナ。或いは第二庁舎として、元SCの建物を再活用してるトコも在る。

塩山の西隣りの山梨市に至っては、NECの潰れた工場を買い取って市役所にしちまったとか‥流石に「通った後はペンペン草も生えない」甲州商人の故郷。娯楽の王様が未だに「無尽」な山梨県は、無駄な事にゃ銭を使わんネ。

私ぁ同じ「ずら弁」を使う隣国・静岡県の育ちですが、「甲州べえと牛の糞には注意しろ」とか申しますナ。つまり「表面の笑顔と本音が違うから気を付けろ」と云う事ですが、こと市役所に関しては合理的で素晴らしいと思う私メです。


塩山市街地を見下ろす桃源郷の中に、夢窓国師が開山したと云う「慈雲寺」と云うお寺サンがございますヨ。このお寺さんで育ったのが、五千円札の「樋口一葉」女史の両親だソウで、一葉女史ご自身は未訪問で終わりましたが、両親の故郷・塩山に帰りたがってたとか。一葉女史については明日ジックリ語りますが、まずは境内の大きなイトザクラの木を。例年ならまだ咲いてる筈でしたが、今年は散るのが早くて葉桜に成ってましたヨ。処が私メ同様、ソレを知らず訪ねて来る人が大勢居るのに、堂々と誘導してお土産を売ろうとする地元のオジサン達‥コラコラ!山梨の人って逞しいネ。流石に甲州商人の同朋達は恐ろしいです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都文京区菊坂界隈」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ぐるり甲州市」甲州市観光協会HP
http://www.koshu-kankou.jp/
★「塩山桃源郷」富士の国やまなし観光ネットHP
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_3554.html
★「新本庁舎の開庁にあたって」甲州市役所HP
http://www.city.koshu.yamanashi.jp/shisei/add_doc/detail/%E6%96%B0%E6%9C%AC%E5%BA%81%E8%88%8E%E3%81%AE%E9%96%8B%E5%BA%81%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%A6
★「甲州市・山梨市視察<市庁舎建替え事業>」木下よしひろブログ
http://www.kinoss.jp/blog/entry1315.html
★「『山梨県民の日』で思う、山梨県人の県民気質とは?」気分上々自由人ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/zeroone/diary/200711200000/
★「慈雲寺のイトザクラと樋口一葉」山梨の旅行代理店店長のブログ
http://ameblo.jp/kofu-travel-staff/entry-10231615102.html
★「塩山館食堂のタン麺は美味しい」大室寅之祐の奥書(山梨版)ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/blog_yamanashi/5375209.html

(関連する記事)
★「1086 【名物パン84】心頭滅却して『お祝パン』を食う‥塩山」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1164
★「1087 【やきそば89】塩山の『炒めそば』と『タンメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1165
★「1316 【麺類色々89】鉄道トンネルに侵入して『耳ほうとう』を喰おう‥勝沼」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1388

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(因みに山梨県では狡賢い人を「メカチャカモン」と呼び、褒め称えられます)

前回訪ねた時、市役所と駅の間に在る「塩山館食堂」の炒めそばとタンメンが美味かったンで、今回も訪ねましたが‥「前回は他のお客がエラク豪勢なタンメンを喰ってた」と思い出し、特製タンメンを!フツーのタンメンと同様に、うどんと間違える太い麺。もやし・キャベツに不透明な塩スープと、見た目は全て白っぽいモンばかり(お椀だって白いし、お店の人も全員白装束!)。だからこそ、上に載ったお肉が強烈に存在をアピールしますゼ。因みにコレは焼き豚じゃ無く、塩を振ってフライパンで焼いたと思しき「厚切りの豚ばら肉」。普通盛りだって凄い量ナンで、暫く悩んだ末に大盛りを断念しましたが‥何時か食ってやる。恐ろしや山梨




| 2013.04.12 Friday (08:00) | 山梨には海も無い! | - | - |
1316 【麺類色々89】鉄道トンネルに侵入して「耳ほうとう」を喰おう‥勝沼


右の古いトンネルに入って行こうとすると、ナニかが近付いて来る轟音が‥。思わず身構えましたが、ソレは左の現役のトンネルから出て来た普通列車で‥考えてみれば、引退したトンネルだから歩けるンですがネ

人口一億数千万を超える国だけ在って、日本にゃ不思議なご趣味をお持ちの方が大勢居られますナ。その全てを評するのはとても無理ですが、悦ばしくないのは「違法なご趣味」をお持ちの方で、何卒お控え戴きたいと存じます。

或いは「違法じゃないけど合法でもない」てぇのも困りますネ。そう云う方は大抵「誰かに迷惑掛けてる訳じゃ無い」「自分の責任でやってンだからイイだろ」と仰りますが、玄界灘の彼方の某国と違って日本は法治国家ナンだから‥。

私ぁ常々「大っぴらに語れる」「お天道様に恥ずかしくない」趣味を持ちたいと思ってますが、こんな愚かなブログ旅日記を毎日更新してンのは、余り威張れたモンじゃございませんゼ。ま、誰にも迷惑掛けてない‥と思ってますが。

「廃墟マニア」と云う方が居られますナ。何らかの理由で用途廃止され、解体されず放置された施設等に忍び込むのが好きな人。管理する側としては忍び込んで欲しい筈は無く、そう云うのは「不法侵入」等の刑罰に問われますネ。


JR中央本線「勝沼ぶどう郷駅」の傍に、明治三十六年(1903)貫通の「大日影トンネル」が在りますヨ。新たなトンネルが隣に掘られた為に十数年前に廃止され、今は遊歩道として開放されてますが‥あぁ寒い!

でも忍び込みたい側の気持ちも‥正直良く判る。「来るナ」と言われると行きたく成る、「入るナ」と言われると入りたく成るのが人情で、好奇心が服を着て酒を呑んでる様な私メだから、拒まれれば拒まれるほど挑みたく成りますヨ。

でもソレを無理に押さえるのが「大人の理性」。尤も私メら寄席芸人の存在自体は、非合法スレスレかも知れませんが‥。処が廃墟に合法的に入れるトコが、山梨県に在るとか!老朽化で閉鎖されてたのが、再開放されたらしい。

いや廃墟と云うのは正しく無く、「廃墟マニアが好きそうなトコ」と云う方が宜しいかも知れませんネ。ソレは廃止された鉄道トンネルで、遊歩道して開放されてると云う。で、参りましたのは山梨・甲州市勝沼!ワインの大産地です。

勝沼は何度もご紹介してる街ですが、そんなモンが在ったンだ。知らんかったが行ってみようと参りましたが、如何に現役じゃ無いとは云え、鉄道のトンネルを歩くと云うのは初めて!マニアもマニアじゃない人も実に楽しそうでした。


トンネルから出てみれば、甲府盆地はピーカンの日本晴れ。その東端に在る勝沼から、西端に聳える南アルプスの高峰が実に良く見えてましたヨ。こうして見ますと‥山梨県って、ホント山ん中の県でございますナ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県甲州市塩山」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ようこそ勝沼へ」勝沼ネットHP
http://katsunuma.net/index3.html
★「大日影トンネル遊歩道」やまなし観光推進機構HP
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p2_3188.html
★「旧大日影トンネルを歩く」下田街道HP
http://kodou.lolipop.jp/ohikage-tunnel.htm
★「ようこそ勝沼ぶどう郷YHへ」勝沼ぶどう郷ユースホステルHP
http://homepage2.nifty.com/t-konishi/
★「スーパーマーケット『日向』全6店舗を閉店」毎日新聞ニュースHP
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20130110ddlk19020059000c.html
★「山梨が誇る新たな郷土料理『みみ入りほうとう』」エキサイトニュースHP
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1251290397780.html

(関連する記事)
★「046 【麺類色々02】野州佐野の耳うどん」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=71
★「575 【呑みモン18】近藤勇サンは勝沼ワインを呑めなかった」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=602
★「1088 【野菜果物38】勝沼はホント葡萄だらけ!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1166

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(勝沼へ行く度に寄ってた『スーパー日向』が、全店閉鎖に成って驚きました)

以前はソウでも無かったのに、ココ数年の山梨県の「ほうとう」と「鳥もつ煮」の売り込みは凄いモノが有りますゼ。県内ドコに行っても料理屋の前にドチラか(或いは両方)の幟が立ってる様な気が致しますが、今回はほうとうはほうとうでも「耳ほうとう」を!太くて長いのがほうとうですが、ソレを短く切って丸めると「人の耳」に似てるンで、耳ほうとうと称するそうナ。無理にデッチ上げた訳じゃ無く、県西部で昔から食べられてたモノの様ですヨ。ま、勝沼辺りで買いましたンで今回ご紹介させて戴きますが、モチモチして美味いンだとか。似た様な格好した「耳うどん」と云うのが栃木・佐野市に有りますが、食感も似てるかナ?尤もほうとうは南瓜とかと一緒にグツグツ煮込みますンで、雰囲気は大分異なるでしょうが‥。まだ春だから寒い日が来ますンで、その時に食べましょう




| 2013.04.11 Thursday (08:00) | 山梨には海も無い! | - | - |
1243 【やきそば108】「つゆだく焼きそば」と雪山&雪山‥北杜市長坂


北杜市長坂の街からは、白く雪を被った日本百名山「八ヶ岳連峰(最高峰は赤岳、二八九九m)」が実にハッキリと見えてました。他の季節はボンヤリ見える事が多いですが、真冬は空気が澄んでるからキレイです

全くナニが悲惨って、「真冬の避暑地」ほどの悲惨なモンはございませんナ。大体が避暑って云う位ですから「他所(=専ら大都市圏)より涼しい」訳で、大抵は標高の高いトコに在る。山ン中に在る、と言い換えても宜しいでしょうナ。

「夏でも涼しい」と云う事は、即ち「冬はメチャクチャ寒い」と云う事。そして「山ン中でムチャクチャ寒い」と云う事は、即ち「雪の降る事が多い」と云う事ですナ。余程の酔狂でも無い限り、そんな寒いトコまでわざわざ行きたく無い筈。

戦前からの著名避暑地は別として、比較的新しい避暑地はバブル期に開発されたトコが多く、「通年リゾート」と称してスキー場が併設されてるのが多かったですネ。でも当初は兎も角、スキーもすっかり下火で潰れるトコが続出。

処が潰れても解体費用が出ず、放置された儘のスキー場は冬に成ると目立ちますナ。山の斜面に真っ白なゲレンデがくっきりと見え、思わず荒城の月を唄いたく成っちまいますが、基本的に「真冬の避暑地」は寂しくてイヤですヨ。


長坂市街地を挟み八ヶ岳に相対するのは、南アルプスの北端「甲斐駒ヶ岳(二九六七m)」。コチラも又キレイに見えてましたが、いやはや風の冷てぇコト‥。因みに富士山も鳳凰三山も、実にキレイに見えてました

今回訪ねてます「北杜(ほくと)市」も、そんな避暑地の多いトコ。山梨県の北西端に位置し、九町村が合併して出来た市。サントリーのウイスキー工場の在る「白州」や駅弁で有名な「小淵沢」、清里の在る「高根」等々が合併した。

ソウ、あの「清里」がこの市にゃ在るのヨ。今頃はエラク寂しい状態に成ってンでしょうが、その他にも多数の避暑リゾートが造営された。あぁ怖くて近寄れない!ま、行く用事も無いンで近寄らないのが上々吉でございましょうがネ。

そんな北杜市は多くの町村が合併し過ぎて、ドコが中心なのか良く判らン。中でも一番大きな市街地は、JR中央本線長坂駅前から中央高速・長坂ICに掛けての辺りでしょうか?夏なら涼しいンで喜んで訪ねたいですが、冬は‥。

いざ長坂市街を歩くと雪は積もってませんが、標高の高さゆえに風の冷たい事‥。その分空気はとても澄んでて「絶景かな絶景かな」。より標高の高い清里なら、もっとキレイに見えてるンでしょうが、私ぁこの寒さでもう限界です。


長坂市街地に、水面が半分凍った「長坂湖(牛池とも)」と云う貯め池が在りましたヨ。春に成れば湖岸に咲く桜と、残雪の山々が一緒に見られてキレイらしいですが、今は荒涼としてます。水鳥は寒くないのかネ?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県諏訪市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ほくとの歩き方」北杜市観光協会HP
http://www.hokuto-kanko.jp/
★「スケッチの街・長坂」北杜市観光協会長坂支部HP
http://www.nagasaka-kanko.jp/
★「長坂IC付近からの八ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・富士山」軟弱派峠道紀行ブログ
http://www5.airnet.ne.jp/knos/yama04/chuo-nagasaka1.htm
★「牛池(長坂湖)の桜が満開」こちら長坂駅前観光案内所ブログ
http://news.nagasaka-kanko.jp/?eid=1132938
★「長坂のやきそばの店『成駒』はつゆだく」コース料理の裏メニューブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/oishiicamp/63672900.html

(関連する記事)
★「606 【麺類色々32】メルヘン調じゃ無くなった清里なんて・・」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=650
★「624 【比較研究02】『信玄餅』を食べ較べ・・甲州台ヶ原宿」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=653

(鯉風のお仕事)
★「
日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(天候が良かったから良い様なモノの、もし悪かったらホント辛い場所です)

全国から不思議な焼きそばをご紹介致して居りますが、実は長坂にも不思議なのが在りますヨ!ソレが成駒屋サンの「つゆだく焼きそば」。冷やし中華の麺を想像させる様なツルツル麺に、大量のソースと云うかソース味のスープと云うかが掛かってて、肉だのキャベツだのと云った具は麺の下に隠れてます。ソレにしても思うのは、この手の汁の多過ぎる焼きそばは大抵麺がツルツルしてる。恐らく焼くと云うか炒めると云うかの作業を殆どしないから、冷やし中華的なツルツル感が残るンでしょうナ。因みに同じ様なモンを出す店が、長坂ICの近くにも在るソウです




| 2013.02.03 Sunday (08:00) | 山梨には海も無い! | - | - |
1088 【野菜果物38】勝沼はホント葡萄だらけ!


ホント勝沼って、葡萄畑だらけでございますナ。特に日当たりの関係なのか?山に続く傾斜地は葡萄畑が一層多く、コレを全てワインにしたら何万リットル出来るのかしらん。尤も全てが醸造用じゃ無い筈ですがネ

山梨県北中部の「甲州市」をブラつく旅は続いて居ります。この市が誕生したのは、約八年前の2005年晩秋のコト。昨日までご案内してた塩山市とワインで有名な勝沼町、そして戦国大名・武田家が滅亡した大和村が合併した。

処が人口の大多数を占める「塩山」と、全国的知名度を誇る「勝沼」が一歩も引かず、全く新しい市名を公募すると云う「地理・民俗学的には最悪の選択」をした結果、葡萄の品種みたいな「甲州」と云う名前が選ばれちまった訳だ。

ソレの何が悪い?とお思いの方も多いでしょうが、山梨県には「甲斐」と云う旧国名に因んだ「甲府市」「甲斐市」が既に在ったからヤヤコシイ。ドウにか出来ンかったのか‥ま、所詮山梨県だから仕方無いと言われたらソレ迄ですが。

ソレに地元住民が納得してンだから、余所者は黙ってろ!大体がお前の育った静岡県にも「伊豆の国市」とか云う、知性の欠片も無い様な名前の市が合併で出来ただろうと言われたら、私ぁグーの音も出ないンでございますがネ。


葡萄は一房ずつ大切に扱われ、悪い虫が付かない様に「箱入り娘」ならぬ「袋入り娘」的に育てられます。でも袋入りじゃ葡萄は何色か?甘いか酸っぱいのか全く判りません(農家の人が判ってりゃイイ問題ですが)

確かに「勝沼」と云うブランド力は素晴らしい。特に関東じゃ「勝沼産」と云うだけで、葡萄は値段がチョット高い様な気もする。それに私ぁココでYHを経営してる友人が居りまして、ちっとも遊びに行かない癖に気に成って仕方が無い。

ただ葡萄の季節以外の勝沼は‥ただ単に坂道の烈し過ぎるナニも無い農村で、アチラコチラに点在するワイナリーで酔っ払う位しかやる事が思い浮かばない。いや酔っ払えるだけ大したモンですが、酔っ払うと尚更坂道がキツイ。

その結果、近くへ行った帰路にチョット寄り、他所じゃ滅多に見掛けぬ「一升瓶ワイン」を購入する程度だったンですが、一体何年ぶりかな?葡萄の季節の勝沼に立ち寄ると云う僥倖に恵まれましたヨ(今回もYHにゃ寄れンかった)

いやぁ‥何処に行っても葡萄だらけ。塩山でも葡萄は多かったですが、ちと桁が違いますナ。醸造用と生食用の区別が付きませんが、アレ全てをワインにしたら一体何本くらいの一升瓶が必要に成るか?フト考えちまった私メです。


品種によっては、「雨除けカッパ」を被せるだけで良いのも在る様です。でもコレらは栽培用果樹園ですンで「品種の表示」は当然無く、一体ナンと云う名前の葡萄なのか全く判りません。コレは甘いの酸っぱいの?

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都大田区池上」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ようこそ勝沼へ」勝沼ねっとHP
http://katsunuma.net/
★「ぶどう狩りに行こう!」勝沼ぶどう郷ユースホステルHP
http://homepage2.nifty.com/t-konishi/
★「勝沼ぶどう園通り」勝沼ぶどう園通りプロジェクトHP
http://www.katsunuma-budou-toori.com/
★「ワインは山梨県勝沼で生まれています。」勝沼ワイナリー巡りの旅HP
http://www.88rose.net/
★「ワインになるぶどうたち」勝沼ワイン情報HP
http://katsunumawine.info/grapes.htm

(関連する記事)
★「575 【呑みモン18】近藤勇サンは勝沼ワインを呑めなかった」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=602

(新市名を公募した際、『ぶどう市』『ワイン市』と云うのも有ったソウですヨ‥
)

今回はワインじゃ無く、生食用の葡萄を買って帰った私メ。右は嫁サン好みの「ナイアガラ」、左は私メが大好きな「巨峰」でございますが、産地で買うとホント安いねぇ。持って帰れるモンならば、鉄道コンテナの単位で買いたかったですヨ。でも少ししか買わなかったのに持ち帰りに失敗した様で、ナイアガラは無事なれど巨峰はみんな枝から取れちまった‥ナンタルチヤ!ま、口の中に入れちまえば味は一緒ナンでございますが




| 2012.09.19 Wednesday (07:58) | 山梨には海も無い! | - | - |
1087 【やきそば89】塩山の「炒めそば」と「タンメン」


旧塩山市の名前の由来と成ったのが「塩山向嶽寺」。南北朝時代に創建された古刹で、臨済宗十四派のひとつ「向嶽寺派」の大本山と成ってます。ちなみに「嶽」とは富士山の事で、まさに富士に向いて建ってます

山梨県の旧塩山(えんざん)市に来て居ります。数年前に近隣町村と合併し、「甲州市」と云う葡萄の品種みたいな名前に成っちまいましたが、甲府盆地東部の中心都市として古くから栄えた街。ココだけなら二万六千人位の人口。

昨日は塩山の郊外に在る、「恵林寺」と云うお寺さんで戦国時代に焼き殺された快川禅師のコトだけで終わってしまいましたが、今日は中心街をブラブラしてみましょ。ココは「甲斐の鎌倉」を称して居りまして、随分とお寺の多い街。

市名自体があるお寺さんに由来してるソウで、ならばソコを訪ねてみるコトと致しましょうか。で参りましたのは「塩山向嶽寺」と云う臨済宗のお寺さん。恵林寺さんも同じ臨済宗でしたが、ココとは「派」が違うらしい。宗教は難しいねぇ。

成るほど立派なお寺でございまして、自寺を大本山とする「向嶽寺派」を構えてる。その裏手に小山が在りまして、ソレを「塩の山」と呼ぶらしい。海無し県の癖に「塩」とは‥、ひょっとして岩塩でも採れるのか?聞いたこと無いけど。


南隣りの旧勝沼町(今は同じ甲州市ですが)の高台から、望遠レンズで塩山市内を眺めて見ました。真ん中の小さい山が「塩の山」でして、市街地はその手前側の一帯。なるほど「四方を見渡せそう」な気が致します

同じ海無し県の長野にも「塩」の付いた地名が在りますが、アレは「塩の道」に因んだモノの筈。ハテ?山梨にも塩の道がと悩んだ私メですが、甲府盆地の東北部の、平らかなトコに突然聳える山だから「四方の山」だったらしい。

つまり「四方」を見下ろす山が訛って同音の「塩」と云う字が充てられた‥と云う訳だった様です。そして「塩の山」の麓のお寺だから山号は「塩山」とされ、ソレが市名に成った‥と云うお物語だ。どんな地名だって、一応の訳が有る。

ですが塩山は名前と違い、市外も郊外もあちらこちら甘そうなモンだらけ。葡萄やら桃やら様々な果樹が大量に植えられて居り、今ちょうど収穫期!考えて見りゃ東京でも、秋に成れば「塩山産」と書かれた葡萄とかが売られてる。

けれど‥同じ甲州市に成った「勝沼町」の方がブランド力は強く、ソレが悔しくてヘンテコな市名に成っちまったのか?無論そんな筈は無かったでしょうが、フト阿呆なコトを考えながら‥熱中症対策の塩分補給も考えてた私メでした。


JR塩山駅のすぐ近くに、昭和十二年創業の老舗「塩山館食堂」が在りますヨ。ココの名物はご覧の「炒めそば」。手打ちの超太麺を何人分か注文をまとめて炒めてますが、スゴイ麺の腰!焼きそばと云うより「醤油味の焼きちゃんぽん」と言った方が正しい感は強いですが、ココほど腰の有るトコは九州にだって多分無い筈(但し海無し県だから海鮮系の具は一切入ってませんケド)。果たして焼きそば/焼きちゃんぽんに麺の腰が必要なのか如何か‥正直悩みますが、猛烈な量で食べ切るのに大変です(画像はこれでも普通盛り、大盛りはもっと凄かったです)。ココが近所に在ったら私ぁ時折通うでしょうが、食い過ぎて太ってしまいソウですゼ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県甲州市勝沼町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ぐるり甲州市」甲州市観光協会HP
http://www.koshu-kankou.jp/
★「塩山向嶽寺」臨済宗黄檗宗連合各派合議所HP
http://www.rinnou.net/cont_03/13kogaku/index.html
★「古代甲斐の国の名所:塩ノ山と差出の磯」サミーのつれづれブログ
http://sammy-p.at.webry.info/200903/article_13.html
★「山梨を食らう 塩山館の炒めそば」Workin’Dayz!!ブログ
http://yaplog.jp/workindayz/archive/160

(甲州市役所は閉店したショッピングセンターに移転した様で、実に面白い
)

同じく塩山館食堂さんで、炒めそばと並んで大人気の「タンメン」も。炒めそばと同じ腰の強い麺とたっぷりの具でして、「スープ多めに煮るか」「スープ少なめで炒めるか」の違いだけですナ。コレがまた大変な量でして(画像のは当然普通盛り、大盛りはもう大騒ぎ)、フト思ったのはタンメンと云うよりは「二郎のちゃんぽん版だな」てな事。二郎と云うのは東京じゃ有名な「超大盛り&脂ギトギトにんにくたっぷり」なラーメン屋の事でして、まさかあんなに大人気に成るとは‥大勝軒と一緒で量が多いだけの店なのにネ。私ぁ若い頃にさんざ行きましたから今更珍しいと思わず、このブログで取り上げる事はまず有りませんが、塩山館さんのは俄然紹介します!二郎と違って臭くない!脂っぽくない!量は似た様なモン!そして抜群に美味い!塩山じゃ古くから愛されて来た味で、老若男女問わず大変な行列でございましたヨ。ただ‥お店の人が白衣なら、タンメンもキャベツ・もやしの白野菜ばかりに白いスープと白い極太麺と‥徹底的に白尽くめなのはナゼか?やっぱ「塩」って白いからかな




| 2012.09.18 Tuesday (08:13) | 山梨には海も無い! | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS