きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3025 【保存食品71】銀嶺望む冬の日光で「日光きすげの煮物」を

フェイスブック参加、四年目に入りました!どうかご覧下さいませ

流石に古くからの国際観光地だけ有って、JRも東武も日光駅は随分立派ですナ。コチラは大正元年(1912)に完成したJRの方で、皇族の御利用に備えた貴賓室まで在る堂々たるモノ。ですが閑散としてます

 

新年が明けて結構経つと云うのにナカナカ初詣に行けず、決意を漸く固めて日光まで参った私メです。何もソコまでせずとも良かろうと我ながら思いますが、コウ云ったモノは思い立ったが・・だから仕方無いですナ。

 

大雪続きの北日本や日本海側の方々にゃお詫びしますが、今冬の関東はエラク穏やかで雪らしい雪は未だ無く、二年連続の雪知らずで済んで欲しいと願うばかり。キライじゃ無いけれど・・やっぱ雪って面倒だしネ。

 

コチラは山小屋風の駅舎が旅情を誘う「東武日光駅」で、列車で日光へ行くならばフツーはコチラに降り立ちますナ。銀雪を冠った「女峰山(2483m)」の姿が、関東の北の果てへ来たのを実感させて呉れます

 

ですが旅先で雪景色を見るのは大好きって・・全く都合が宜しいったら有りゃしない。ま、人間なんて兎角そんなモノで、だからこそ態々面倒な思いをして旅行に参る訳ですが、関東も北部の山沿いは雪が多いとか。

 

ならば日光まで行けばソレと戯れつつ、初詣が出来て一石二鳥・・と勝手に考えたモノの、ソウは問屋が上手く卸して呉れぬのが世間の荒波。確かに山並みは冠雪してますが、日光駅前に雪なんぞ全く無いわい!

 

駅から二社一寺は結構離れてますし、緩い上り坂が延々と続くンでバスの方が楽ですが、土産物屋や和菓子屋等を覗きながら歩くのは愉しく・・立派な建物「日光物産商会」さんは国の登録有形文化財だとか

 

いや日陰に多少残ってますンで、年末の寒波で降りはしたモノの・・年始からの御陽気で溶けたかナ?押し寄せる初詣客の往来に備え、歩道は完全に除雪した様で、路面は至ってドライで歩き易いコトこの上ない。

 

コリャ全く有難いと感謝すべきなのに、何しろ私ぁ雪遊び気分で参ったモノだから・・ただ寒いだけでエラク残念。ならば身体を暖めるのも兼ねて世界遺産「日光の社寺」まで、テクテク歩いて参るコトとしましょかネ。

 

駅前からの坂道の終点は、大谷川に架かる日本三大奇橋の一つ「神橋」で、国の重文にして世界遺産に登録されてますゼ。奈良時代から在った様で、現在のモノは明治三十七年(1636)に再建されてますヨ

 

東夷の常として日光にゃ子供の頃から随分参ってますが、ソレは車やバス・バイク等が専らで、列車で行くだナンて・・身体を壊してからですナ。二社一寺は確かに立派だけれど、奥日光の自然の方が見事だし。

 

ソリャ今だって日光駅からバスに乗れば着きますが、ソレは寛解して遠くへツーリングに行ける身体に戻った時の楽しみ。その為にゃ神様にお願いせねば成らぬ訳で、自ずと坂道を進む足に力の入った私メです。

 

「勝道上人」が日光を霊場として開山されたのは、約千二百五十年前の天平神護二年(766)のコト。神橋のソバに草庵を設けたのが始りとされてますが、今と違って暖かな衣類なんて無かったでしょうから・・。信仰の力と云うのはホント凄いと、改めて思い知らされるばかりです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県日光市への訪問記です★


(参考リンク)
★「行こう日光!日光旅ナビ」日光市観光協会HP
★「世界遺産 日光の社寺」日光市役所HP

★「日光の今がわかる観光情報サイト」日光観光ライブ情報局HP

★「電車で日光の旅」東武鉄道HP
★「二つの日光駅と田母沢御用邸」まちかど逍遥ブログ
★「『JR・東武直通特急』協調路線10年目の課題」東洋経済オンラインHP
★「女峰山 にょほうざん」ヤマケイオンラインHP
★「日光国立公園 神橋のすぐそば」日光物産商会HP
★「神橋」日光二荒山神社HP
★「日光開山の祖 勝道上人」日光国立公園 観光とレジャーHP
★「木の芽さんしょ」柏崎商店HP
★「日光きすげ」柏崎商店HP
★「ニッコウキスゲ花散歩」四季の花散歩HP


(関連する記事)
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」

★「2614 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」

★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」
★「2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と『宇都宮焼きそば』と」

★「2747 【スイーツ223】幻の北関東州と『冬の水羊羹』・・宇都宮」

★「2791 【お肉料理101】夜桜の宇都宮で『ネギ味噌焼餃子』を」

★「2917 【スイーツ235】自転車のまち宇都宮で『とちおとめの天然かき氷』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(駅から二社一寺まで歩く人の多いコト・・商店巡りが楽しいですしネ)

駅から続く商店街は「ゆば料理屋」と「水羊羹屋」が随分多かったりしますが、木の芽山椒の柏崎商店サンで見付けたのが「日光きすげ」なる不思議な煮物。日光の山野で良く見られるンで禅庭花のコトを「ニッコウキスゲ」と呼びますが、まさか・・あの山吹色の可憐な花を日光じゃ煮て食べるのか?ドウ考えたって美味そうに思えませんでしたが、聞けば見た目の良く似た「野菫草(ノカンゾウ)」の花をキンピラ風に仕立てたモノで、味を簡単に表現すれば・・柔かいメンマ。決して天下の珍味じゃ無いけれど、世の中には面白い食材と料理が有ると感心です




| 2018.01.12 Friday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2917 【スイーツ235】自転車のまち宇都宮で「とちおとめの天然かき氷」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

平安時代に築かれた名城「宇都宮城」は、戊辰戦争で城下町と共に焼失し、市街地にスッカリ埋没してましたが・・平成十九年(2007)「宇都宮城址公園」として復活してますヨ。尤もお堀と土塁だけですが

 

一昨日ご紹介の小田原と同じ関東で有りながら、拙宅の在る東京から見れば真反対の宇都宮へ参った私メです。四国に等しい面積を持つだけに関東平野は実にダダっ広く、同じ地方なのが信じられン位ですナ。

 

もちろん小田原からスルーで移動した訳じゃ無く、別の日に拙宅から改めて出掛けたンですが、快走する電車に揺られてる間は楽チンでも、イザ改札を出るとチョット不便ですナ。特に荷物を抱えてたりすると・・ネ。

 

北関東最大の五十二万都市なのに、超高層ビルやタワーマンションが殆ど無いのが宇都宮・・土地が平らで広いからネ。だもんで市役所十六階建てなのに良く目立ち、最上階には展望ロビーまで有るとか

 

ま、タクシーやバスに乗れば良いンですが、東武宇都宮駅の周囲に拡がる中心街はJR駅からソレを使うほど遠くなく、青空療法を毎日続けてる今の私メならば余裕で歩けちまう距離。実際、何度も歩いてますゼ。

 

処が市のキャッチフレーズの一つに「走れば愉快だ宇都宮」と云うのが有りまして、この「走れ」はランニングじゃ無くてサイクリングの方・・「自転車のまち」を標榜してるンですヨ。確かに颯爽と走る姿を矢鱈見る。

 

二荒山神社サマと東武宇都宮駅との間に延びるのが、栃木県最大の繁華街とされる「オリオン通り」。賑わいが随分と復活したのは喜ばし限りでも、ココを走り抜ける自転車マナーの悪さは変わらないそうナ

 

そんなの全国でやってると仰るかも知れませんが、ココは歩道を削って自転車専用レーンを新設した珍しい街。京都なんかは車道を減らして歩道を拡げましたが、宇都宮は「歩くよりも走れ」と云うコトなのかしらん?

 

基本的に平らな街だし、市内交通はバス以外無いに等しく、否が応でも中心街の往来は自転車に成ってしまうンでしょうナ。てな訳で・・JR駅前の巨大な駐輪場で私メもレンタサイクルを借り、チャリチャ輪と街中へ。

 

宇都宮は「宮」と略すコトが多く、この字を冠した施設やお店を良く見まが、オリオン通りにゃ「宮カフェ」なる物産店が。市が運営するアンテナショップで、宇都宮の面白いモンが売られてるンで毎回寄ってますヨ

 

普段都内に居る時は歩くか電車に乗るかで、自転車にゃ全く乗らぬ私メでも、ココみたいに自転車に乗れって街ならば、ソレに従うのも宜しいですナ。荷物を前かごに乗せて爽風を切り、走れ銀輪オリオン通りへ!

 

毎日の歩き過ぎで薄っぺらに成った臀部が痛いけど、偶にゃイイじゃん自転車も。調子に乗って街中をアッチへ行ったりコッチへ行ったりする内に、拙宅で放置したままのチャリを復活させようかナと考えた私メです。

 

宮カフェ等で遊んでる内に夜の帳はスッカリ降りてて、下野国の一ノ宮にして宇都宮の総鎮守「二荒山(ふたあらやま)神社」サマは、御神門を閉ざしちゃってましたヨ。仕方無いンで鳥居前から御祭神の「豊城入彦(とよきいりひこのみこと)」サマに、一日も早い寛解を祈った次第です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「群馬県沼田市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP

★「宇都宮ブランド」宇都宮市役所HP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮市で観光するならここ!観光スポット6選」トラすけHP

★「宇都宮城址公園・清明館」宇都宮市役所HP
★「がっかりな城!宇都宮城址公園
(外観復元した都市防災公園)」パソ兄さんHP
★「宇都宮市役所16階『眺めて宮』に来ました」岩曽東2区自治会ブログ
★「栃木の文化が生まれ 育つ場所」宇都宮オリオン通り商店街振興組合HP

★「宇都宮市アンテナショップ 宮カフェ」宮カフェ運営共同事業体HP
★「下野国一之宮 宇都宮総鎮守」宇都宮二荒山神社HP
★「二荒山神社」ぶらり寺社めぐりHP
★「自転車のまち」宇都宮市役所HP
★「色々あるけど、でもやはり・・”自転車シティ”宇都宮に学べ!」文芸春秋社 Number Web HP
★「日光天然の氷」四代目 徳次郎HP
★「宇都宮・宮カフェの日光天然かき氷」トシロウのマニアック旅行記ブログ


(関連する記事)
★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」
★「2714 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」
★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」

★「2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と『宇都宮焼きそば』と」

★「2747 【スイーツ223】幻の北関東州と『冬の水羊羹』・・宇都宮」

★「2791 【お肉料理101】夜桜の宇都宮で『ネギ味噌焼餃子』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(国内最高峰の自転車ロードレースは、宮で毎年十月に開催されます)

普段の歩きとは違う筋肉を使うンで、ソレほど大した距離を走って無い筈なのに・・自転車って結構くたびれますナ。そんな身体を冷やしたいと宮カフェで、栃木県日光の天然氷(四代目徳次郎製)を使ったフワフワかき氷を食べてみましたヨ。もちろんお味は栃木名産「とちおとめ」がゴロゴロ入ったストロベリーソースで!当り前の氷(−10度位)と違って天然氷(−1度位)だから頭は痛く成りませんナ。盛夏の頃はコレまた栃木特産の夏イチゴ「なつおとめ」のも有った様ですが、スムージーなら宮カフェで以前飲んでますンで我慢我慢!来年は食べたいモノですネ




| 2017.09.11 Monday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2810 【やきそば311】鯉舞う蔵の街で「じゃがいも入りカレー焼きそば」を・・栃木市

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

下野の小江戸・栃木市は、「日光例幣使道」の宿場町として栄えた古い街。ホント久し振りに訪ねましたが、心街の古い街並みがキレイに整えられてて見違える様。なのに観光客は疎らで・・チト残念です

 

明日は端午の節句、全国各地で鯉のぼりが大空に威勢良く泳いでるンでしょうナ。元々は徳川将軍家に男の子が生まれると、祝いとして江戸城で(縦長の旗)を上げたソウで、次第に武家の間にも拡がったとか。

 

ソレを江戸っ子共が「タダ真似たンじゃ面白くねぇ」と、中国の故「鯉の滝登り」から鯉型の幟に成り、やがて吹き流し風に空を泳ぐ様に成ったと私ぁ聞きましたネ。但し楽屋の話だから、真偽のほどは不明ですが。

 

明治初期の十数年間だけだったとは云え、栃木市は栃木県の県庁所在地だったトコで、ソレは中心街を流れる「巴波川(うずまがわ)」の水運による繁栄が有ったからこそ!川船で江戸と直接結ばれてたンだとか

 

ソレでも「江戸っ子は五月の鯉の吹流し 口先ばかりで腸は無し」の句の様に、江戸気質の代表として愛されたのは事実。江戸と鯉幟は切っても切れぬ間柄。但し近年は上げる場所が無く、都内じゃ殆ど見ませんが。

 

私ぁ鯉のぼり大好き人間。だって私メの芸名「鯉風」は五月の季語で、意味は鯉のぼり。真打に昇進した時に襲名してから十数年経ち、本名よも近しい名前に成っちゃってますンで、こりゃドウしたって気に成る。

 

利根川の支流・巴波川にゃ、数万匹の錦鯉が放流されてるらしく・・を覗けばアチコチに丸々と太った鯉の姿が。そして空中にゃ約千匹鯉のぼりが春風に吹かれて気持ち良く泳いでて、鯉だらけの街です

 

ですが二代目(初代は明治の講談全盛期に居られた様)鯉風襲名を打診された時は、正直嬉しく無かったですナ。寄席芸人には幾つか「忌み字」が有り、風が正にソレ!客席が風邪を引く=ガラ空きで良くない。

 

確かに二ッ目時代と違い、襲名以来の高座は客席が風邪を引きっ放しですが、風薫る新緑の頃の季語ってナンだかイイじゃ無いですか。ましてや鯉のぼりって・・実に江戸前で気風が良い!中身はカラですがネ。

 

往時の繁栄が凄かったから?江戸時代の豪勢な屋敷が川沿いに残るだけじゃ無く、街中アチコチに戦前の華麗な洋館が・・コチラは大正二(1913)に建てられた「栃木病院」で、驚くコトに今も現役の病院です

 

そんな鯉のぼりが沢山泳いでる川が在ると云うンで、栃木県の元県庁所在地・栃木市へ行って参りましたヨ。川の上に鯉のぼりを泳がしてる街は多いですが、ココは「小江戸」を自称してるトコ。小さくても江戸!

 

ホントは大江戸でソレを見たいけど、皇居(江戸城)のお濠位しか出来る場所が・・警備の関係で無理でしょうしネ。少し寒空でしたが、川の上でも中でも楽しソウに泳ぐ鯉たち。私メも風に翔きたいと願うばかりです。

 

中心街の蔵の街や川沿いの佳景からほんの少し北へ行ったトコに、日例幣使街道の古い街並みを残す「嘉右衛門町」が在りますヨ。国の要伝統的建造物群保存地区に指定されてるソウで、栃木市にゃ今まで何度も行ってたのに・・ココの存在を今回初めて知りました。時間の関係で途中で引き返しましたが、次回はユックリ歩きたいモノですナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都港区芝公園」への訪問記です★


(参考リンク)
★「鯉のいる街、蔵の街」栃木市観光協会HP
★「『小江戸』栃木市のご案内」とちぎ小江戸ブランドHP

★「栃木市を元気にする市民のためのポータルサイト」栃木市ドットコムHP

★「蔵の街とちぎ (栃木県栃木市)」佳景探訪HP
★「春のちょい旅におすすめ♪蔵の街・栃木で『うずまの鯉のぼり』満喫トリップ」トラベルWatch HP

★「栃木市 うずまの鯉のぼり 2017」毎日お疲れ05ブログ
★「情緒豊かな小江戸・栃木を存分にご堪能ください。」蔵の街遊覧船HP
★「栃木市・栃木病院」栃木県:歴史・観光・見所HP
★「もうひとつの蔵の街・栃木市『嘉右衛門町』」レトロな風景を訪ねてブログ
★「こどもの日 こいのぼりの意味や由来のなぜ?をわかりやすく」きになるきにするブログ
★「【ポテトじゃない】栃木市のB級グルメ『じゃがいも入り焼そば』が安ウマで最高!」ロケットニュース24HP
★「一度食べたらクセになる。栃木名物ジャガイモ入り焼きそば、好古壱番館」CANDEO Times HP


(関連する記事)
★「046 【麺類色々02】野州佐野の耳うどん」

★「047 【揚げモン01】野州佐野で芋喰って泡喰った」

★「081 【粉なモン02】げに恐ろしきチャルメラシューマイ」

★「091 【スイーツ04】佐野のカンロはとっても甘露」

★「484 【名物パン41】佐野はホントにもったいない」

★「895 【やきそば54】もと県庁都市・栃木と『じゃがいも入り焼きそば』」
★「896 【講談の舞台10】佐野源左衛門の駆付け‥佐野市」
★「897 【揚げモン34】田沼意次公と田沼の『唐揚げ』」
★「1347 【関東三大師06】金金キラキラ!佐野厄除け大師」
★「1437 【スイーツ83】日本一の道の駅と『いちごジェラード』‥旧田沼町」

★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「2790 【今川焼き71】栃木の小京都の桜と『パンヂュウ』・・足利」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(明治に居た『初代・鯉風』先生のコトが、今イチ不明ナンですよネ・・)

昨夏の北海道の水害でジャガイモが大不作に成り、カルビーと湖池屋がポテチの減産を発表しましたが、心配なのは栃木市や佐野市等の栃木県南部の郷土食「いもフライ」への影響。一部じゃ値上げが始まったと聞きますが、仕方無いですかネ・・災害の関係じゃ。同じ様に栃木県南じゃコレまた郷土食の焼きそばにソレを入れる事が極めてフツーで、栃木市じゃ「じゃがいも入り焼きそば」として売り出してますが、当り前のじゃ面白くないンで・・中心街の蔵の並ぶ一画に在る「好古壱番館」さんで「じゃがいも入りカレー焼きそば」を。野菜と挽肉のタップリ入れられた名物カレーのルーを別添えで出して呉れるンで、好みでかけて食べるだけナンですが、カレーと云えばジャガイモ!ピリッとした濃厚カレーに合わぬ筈は無く、より一段と美味しい逸品に。ジャガイモ不作が深刻化しないコトを祈るばかりですが、この組み合わせ有りです




| 2017.05.04 Thursday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2791 【お肉料理101】夜桜の宇都宮で「ネギ味噌焼餃子」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

JR宇都宮駅西口近くを流れる「田川」沿いは、紅枝垂れ桜の並木ちょうど満開で、花弁をタップリ付けた枝が川風に揺れて暖簾の様。枝垂桜はツーの桜が突然変異を起こし、枝が重力に負けた結果だとか

 

拙宅の在る東京の桜だけじゃ満足できず、とりあえず北関東へ桜遍路の旅に出た私メです。まずは群馬・高崎市(事にしてません)、続いて栃木・足利市(昨日ご紹介)と観桜のハシゴをし、シメとして宇都宮市へ。

 

以前は東京で走ってた古い電車にガタゴト揺られ、群馬県と栃木県を結ぶJR両毛線の全区間を初めて乗りましたが、昨日も触れた通りに元気だった頃なら電車にゃ乗らず、バイクで気軽なツーリングしてたエリア。

 

栃木県で一番高いビル(タワーマンションを除く)は、東武宇都宮駅の少北側に建つ「栃木県庁・本庁舎」。その最上階は展望ロビーに成ってウですが、ココでも紅枝垂れ桜がちょうど満開・・好きなのかナ?

 

病中だから仕方無いですが、バイクにマトモに乗れぬ現状が情けなく、足利なんか何年振り?自分判らぬ位の久し振り。交通機関が便利な都内と違い、北関東は車やバイクが無いと動き廻るのにとても不便。

 

ソコに電車で観桜しに行ったンだから、行動範囲が発病前に比べて狭く成るのは仕方無いですナ。次に訪ねる目途は立ちソウも無いですが、逆にバイクに乗れなく成った結果・・宇都宮にゃナゼか度々行く様に!

 

宇都宮市中心街の真ン中に聳える「二荒山(ふたあらやま)神社」サマは、名前通りに小高い丘の上に鎮座されてますが、御本殿へ上がる沿いはライトアップされた桜が満開・・こりゃソメイヨシノですかネ?

 

宇都宮は北関東最大の、人口五十万の堂々たる市。その周にゃ「制限速度80km」と云うスゴイ環状道路(有料道に非ず)完備され、心良く飛ばせるンでバイク時代は、滅多に中心街へ参りませんでしたナ。

 

処が電車で動く様に成ったら、駅って・・街ン中に在りますからネ。JR宮駅は中心街まで二kmほど離れてますが、療法として毎日歩き廻ってるメ。東京からフラーっと出掛けるにゃ具合が良く、時々行く様に。

 

去年の今頃は桜遍路の最後として、二荒山神社サマの石段夜桜を見上げましたが、広島まで続く()長い旅の始まりとして、同所から同じ桜を見る私メ。夜陰に輝く白い花弁が、ホント綺麗でした

 

特に春の今時期は、陽が暮れるのを待ってココの夜桜を見るのが好きに成り、宇都宮まで行くついでに高崎や足利を訪ねた様なモノ。距離的にゃエラク大廻りで馬鹿げてますケド、元より廻り道人生・ケセラセラ!

 

好む好まざるに関らず、与えられた状況をドウ楽しむかで・・人生って少しずつ良く成って行く筈。ソリャもちろん健康を取り戻し、バイクで駆け巡りたいンですが、結構気に入ってる宇都宮。闘病のご褒美でしょうか。

 

最終的に今年の桜遍路は広島・尾道市まで続く予定で、神社に折角来てるンだからと・・酔狂極まる長旅の安全を祈った私メ。ですが御神籤かぬ主義なモノで、道中が無事に済むかドウか全く判りません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「岐阜県大垣市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮市で観光するならここ!観光スポット6選」トラすけHP
★「栃木県で一番高いビル」にっぽん都市巡りブログ
★「ベリー・グッドローカル とちぎ」栃木県庁HP
★「宇都宮の桜」とちぎデイズ・ブログ

★「下野国一之宮 宇都宮総鎮守」宇都宮二荒山神社HP
★「二荒山神社」ぶらり寺社めぐりHP

★「二荒山神社の桜はほぼ満開です(宇都宮市)」よっしーの散歩ブログ
★「しだれ桜はなぜしだれるのか?」日々是好日−つれづれよっぽブログ
★「寛永二年創業−味噌を育てて三百年」青源味噌HP

★「宇都宮・餃子の旅─慇銚察擔べて帰ろう!」おいしい生活ブログ
★「青源 宇都宮来たら餃子食わないとねぇ」呑んで〜食べて〜♪人生好きに生きたらいいじゃん!ブログ


(関連する記事)
★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」
★「2714 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」
★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」

★「2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と『宇都宮焼きそば』と」

★「2747 【スイーツ223】幻の北関東州と『冬の水羊羹』・・宇都宮」
★「2790 【今川焼き71】栃木の小京都の桜と『パンヂュウ』・・足利」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(バイクに乗れる様に戻ったら、宇都宮にゃ行かなく成っちゃうのかナ)

「餃子の消費量日本一」を宇都宮市と浜松市(と静岡市)が長年争ってますが、浜松の隣り町に実家が在り、静岡市で育った私メに言わせれば、コリャ「ドレだけ沢山食べてるか」の争いで、「ドレだけ美味いか」を競ってる訳じゃ無く、ハッキリ言っちゃえば「別に美味いモンじゃ無い」のが宇都宮と浜松の餃子。だもんで態々食べにゃ参ってませんでしたが、宇都宮の街ン中を歩いてた時に「青源味噌」と云う、四百年近く続いてる老舗の味噌蔵を見付けてた私メ。ソコがJR宇都宮駅の中で味噌を使った餃子屋をしてると云うンで、帰り道に寄ってみましたヨ。聞けば超有名店だソウで、店先は行列に成ってましたが・・運良くアッサリ座れてアァ嬉し。お酢と生姜の効いた赤味噌の「水餃子()」と、たっぷりの小葱とピリ辛の味噌だれの「ネギ味噌焼餃子()」を頼んでみたらば・・餃子自体は大したコト無くても、味付けが良いナ。本業じゃ無いとは云え、伝統の味噌蔵は大したモンだナと嬉しく感心した私メです




| 2017.04.15 Saturday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2790 【今川焼き71】栃木の小京都の桜と「パンヂュウ」・・足利

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

「栃木の小京都」足利市を代表する人物と云えば、京都で室町幕府を開いた初代将軍・足利尊氏公。ココが本拠地の一族だから足利と云姓ですが、実は・・尊氏公は足利に一度も来たコトが無かったりします

 

全国トップの開花と成った東京だけじゃ飽き足らず、桜を求めて北関東へ参った私メです。ま、ソレじゃ全く満足できず・・西日本へも花遍路しますンで、今月末・・いや来月初旬まで観桜譚が続きますが御容赦を。

 

何しろ板橋宿の拙宅近くがソメイヨシノの故郷ナンで、タダでさえ桜にゃい入れが深いのに・・長引く闘病でスッカリ気分が憂き、白き美し弁に救いを求めてしまうンでしょう。根本的な解決にゃ成らないのにネ。

 

足利氏の城跡がその氏寺と成ったのが、「大日さま」こと真言宗大の総本山「金剛山鑁阿寺(ばんなじ)」。四方を土塁と堀に囲まれた珍し造りで、鎌倉時代の有力武士の館の雰囲気を強く残してるそうナ

 

ソレでもナニか救いを求める対象が有るだけ幸せで、今は他に憂さ晴らし出来るソレが無いから・・。発病してから出来なく成った楽しみは多く、例えば観桜はしても絶対禁酒ナンで宴会は出来ず、タダ見て歩くだけ。

 

「酒なくして何が花見の楽しみぞ」と豪語してた私メで、ドレだけ辛いかお察し願いますが、転んでもタダ起きぬのが寄席芸人。酒抜きでの花見も案外楽しいし、寛解したら樽単位で呑んでやると開き直る心境に。

 

何年か前に国宝に指定されたのが、正安元年(1299)に建立された鑁寺の御本堂。つまり尊氏公ら足利一族によって室町幕府が築かれ前・・いや鎌倉幕府が倒される前にゃ在った訳で、スゴイ歴史ですナ

 

ドクターから禁止されてる訳じゃ無いのに、駄目に成っちまったのがバイクでのツーリング。稼業たる講談よりも好きなコトなのに、視感と体の速度ギャップに即応出来なく成っちまって、少し乗ると疲れてならぬ。

 

拙宅から麻布までの往復30kmが限界で、ソレだとて帰宅したら労困憊でシオシオのパ〜。元日本一周ライダーの名折れですが、寛解した復活出来る筈で、昔みたいに行きたい街の一つが栃木・足利市。

 

御本堂お隣りの「経堂」は応永十四年(1407)に再建されたモノで、コチラは国の重要文化財。脇の桜並木が満開で、晴れてたら見事な眺めだったでしょうナ。ま、雨が降らなかった分だけ良しとしませんとネ

 

関東平野の北北西の突当り、東京から片道ちょうど百km。元気だった頃は「足利でも行こうか」てな感じで、気軽にバイクを飛ばして度々参りましたナ。なのに今回は電車で久し振りの足利へ、何年ぶりかしらん?

 

避けてた訳じゃ無いけれど、足が向かなかったココへ「桜が目的」と云え、参ろうと云う気に成っただけで今は上出来。妙懐かしい街を歩きながら、次回は晴れた日にバイクで来たいと願って止まぬ私メです。

 

足利氏ゆかりの史跡がもう一つ。日本最古の学校で、平安時代から在ったとされる「足利学校」が鑁阿寺サンのお隣に。その殆どは近年復原されたモノですが、学問を志す若者が全国から集まり、寄宿生活をしながら儒学や古典をミッチリ学んだンですナ。鎌倉・室町・江戸の各幕府の庇護を受け、ヤル気が有れば学費は全く無料だったとか

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「栃木県宇都宮市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「足たび 学び舎のまち足利」足利市観光協会HP
★「栃木県足利市の地域情報サイト」あしかがのこと。HP
★「歴史情緒の漂う街を歩こう!栃木県足利市で観光とグルメを満喫!」icotto HP
★「『東の小京都』足利」佳景探訪HP
★「栃木県足利市と足利尊氏の関係」この世は夢のごとくに候ブログ
★「小京都の古刹 足利一門の氏寺」大日尊 鑁阿寺HP
★「足利氏のお宅訪問、新国宝の鑁阿寺を見に行った」デイリーポータルZ・HP
★「鑁阿寺の桜」還暦おじさんの写真館HP
★「日本最古の学校 国指定史跡 足利学校」これトチ!ブログ
★「岡田パンヂュウ」ashikaga gourmet ブログ
★「まだ足利で食べてないの?知る人ぞ知る足利市のB級グルメ、パンジュウを食べた話」人形町から情報発信するブログ


(関連する記事)
★「046 【麺類色々02】野州佐野の耳うどん」

★「047 【揚げモン01】野州佐野で芋喰って泡喰った」

★「073 【今川焼き01】足利名物パンヂュウは一個三十円」
★「081 【粉なモン02】げに恐ろしきチャルメラシューマイ」

★「091 【スイーツ04】佐野のカンロはとっても甘露」

★「445 【保存食品14】足利は『もえおこし』を狙ってます」
★「484 【名物パン41】佐野はホントにもったいない」

★「808 【今川焼き09】冬はやっぱり足利でパンヂュウ!」
★「809 【やきそば47】萌えおこしと足利『ポテト入りやきそば』」
★「896 【講談の舞台10】佐野源左衛門の駆付け‥佐野市」
★「897 【揚げモン34】田沼意次公と田沼の『唐揚げ』」
★「1260 【粉なモン21】げに恐ろしきチャルメラシューマイ2‥足利」
★「1308 【やきそば121】桜咲く足利で『肉汁がけ焼きそば』」
★「1347 【関東三大師06】金金キラキラ!佐野厄除け大師」
★「1437 【スイーツ83】日本一の道の駅と『いちごジェラード』‥旧田沼町


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(身体を早く治してバイクに再び乗れる様に成りたい・・切願してます)

足利は近代日本蕎麦の発祥地なだけじゃ無く、イロイロと美味しくて珍しいモンの多い街ですが、やっぱ「岡田のパンヂュウ」がソウルフード。足利学校近くの神社の境内にほぼ毎日出てる屋台で売ってる、ホットケーキみたいな生地の小さな今川焼きで、恐らく岡田さんが焼いてる、パンみたいな饅頭から「岡田のパンヂュウ」ナンだと思いますが、少し塩味の効いた漉し餡が妙に美味しく、屋台の前はいつでも行列が出来てますナ。良く来てた頃は一個三十円だった覚えが有りますが、久し振りに来たら三個百円に値上げしてる!と云っても依然としてお安いンですがネ。大正時代から焼き続けられてる、足利の名物です




| 2017.04.14 Friday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2747 【スイーツ223】幻の北関東州と「冬の水羊羹」・・宇都宮

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

下野国一ノ宮・二荒山神社サマの真ん前に建つ「宇都宮パルコ」の辺りは、もともと神社の境内で「バンバ(馬場)」と呼ばれる賑やかなトコ。JR宇都宮駅から二km近くも離れてますが、この辺りが中心街ですヨ

 

昨日に続いて少し前のお噂で失礼致しますが、普段歩き廻ってる東京から百kmほど離れ、寒風吹く栃木・宇都宮市をブラつく私メです。同じ関東でも北と南じゃチョット気候が違い、コッチは結構雪が降ったとか。

 

流石に日本最大の平野だけ有って、一括りに関東と云っても一都六県ソレゾレに色ンな違いが見えますが、何年か前までソレを幾つかに再編成しようって話で騒いでましたナ。覚えてます?「道州制」って議論を。

 

とっくに終わっちゃってますが、バンバ近くの「オリオン通り」じゃご覧様な光の飾り付けが。ココは栃木県最大の繁華街で、郊外のSC群負けて一時はエラク衰退してましたが・・或る程度の復活を遂げてます

 

北海道以外の四十六都府県を九〜十一程度の「州」に再編し、今より高度な自治権を与えて地方行政の効率化を図ろう・・と云う趣旨だったと思うンですが、ソレにどんなメリットが有るのか今イチ判らンかったヨ。

 

取り敢えず府県議会レベルの議員センセの減少と、重複するお役所のイロイロを統合できる「らしい」のが利点として力説されてた覚えが有りますが、どの試案でも関東は三つに分割するコトが示されてましたネ。

 

オリオン通りの近くに、夜陰に輝きを放つ石積みの尖塔が!昭和七年(1932)に建てられた「カトリック松が峰教会」で、宇都宮特産の大谷石を使ったロマネスク・リバイバル!昼もステキですが、夜は尚更です

 

ソレは「東京」「南関東」「北関東」の三分割で、試案によっては埼玉県が南じゃ無く北の所属だったり、甲信越まで巻き込んだりと様々でしたが、人口比やら地理的条件やらお偉いサン達が議論した結果の筈。

 

その時に北関東の州都()と目されたのが、栃木の県都・宇都宮市。北東三県の中じゃ最大都市で、位置的にも真ん中だから都合が良かっンでしょうナ。ソレが報道されて宇都宮は、大いに盛り上がったとか。

 

松が峰教会は聖堂の内装にも大谷石が使われてますが、この石は日本列島が出来る以前に海中に沈殿した火山灰が、長い時間を掛けて凝固したモノだとか。栃木県内じゃ建築材として、良く使われてますネ

 

また首都移転論議の有力候補の一つだったのが、栃木県北部那須高原。そのまま上手く行ってれば、栃木県はこの世の春を迎えてた筈。処がソレって・・一体ドコに行っちまったの?全く聞かなく成りましたゼ。

 

「民主党政権」「東日本大震災」と云う二重の大国難を耐えてる間に、共すっかり有耶無耶にされちまって・・ま、期待した分だけ落胆も大きかったろうナと思いつつ、何れまた再燃するンだろうと思う宇都宮です。

 

バンバやオリオン通りはJR宇都宮駅からは遠いけど、東武宇都宮駅なら直ぐソバに!二十年ぶり位に乗ってみましたが、いや懐かしい・・カステラ電車では無いか!昔は冷房もついて無かったし、車体の色も顔つきも全く変わりましたが・・伊勢崎線や東上線と云った本線格からいつの間にか撤退し、ワンマン運転用に改造されてこんなトコを走ってたのネ。思わぬトコで古い知り合いと逢った様で、ナンだか嬉しいです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「東京都豊島区池袋本町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮市で観光するならここ!観光スポット6選」トラすけHP
★「二荒山神社と宇都宮パルコ」夢織人の街TOKYO散歩と思い出の場所パート1・ブログ
★「栃木の文化が生まれ 育つ場所」宇都宮オリオン通り商店街振興組合HP
★「大谷石造りの聖堂が目印の教会」カトリック松が峰教会HP
★「大谷石〜松が峰教会」ジェイウッド宇都宮店スタッフブログ

★「大谷石の街 魅力再発見」読売オンラインHP

★「THE OYA STONE」大谷石研究会HP
★「東武東上線開業100周年
(カステラ電車の記事)」鉄まんアトムのひとりごとブログ

★「道州制とは何か?どんなメリット・デメリットがあるのか」NAVERまとめHP
★「鬼平の羊羹本舗の『水ようかん』」和菓子魂!ブログ
★「日光の『鬼平の羊羹本舗』で水羊羹を買ってきました」メシウマブログ


(関連する記事)
★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」
★「2714 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」
★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」

★「2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と『宇都宮焼きそば』と」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(民主党政権と大震災の為に立ち消えに成ったモノ、結構有りますナ)

残念ながら宇都宮のモノじゃ無く、お隣りの日光市の名物ですが・・宇宮で買いましたンで「日光の水ようかん」を。一般にゃ夏のモノと思われてますが、栃木県じゃ専ら冬に食べるンだとか。と云うのは、昔は寒て食べモノの痛み辛い冬に成らないと、水ようかんを売り出すコトが出来なかったらしく、その頃の風習が今でも残ってるンですナ。特に有名なのが「鬼平(きびら)の羊羹本舗」さんのモノで、東武宇都宮駅の東武デパートにゃ専用の冷蔵ケースが用意されてるほど。切り分けられた細長い羊羹をお皿にとって食しますと、甘さ控えめでザラザラした舌触りが心地良く、そして口中で溶けてく様な感覚があぁ美味しい!今は通年販売されてますが、やっぱり一番売れるのは寒い冬だソウです




| 2017.02.21 Tuesday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2746 【やきそば299】初代横綱と三奇人と「宇都宮焼きそば」と

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

平安時代後期から在ったとされる「宇都宮城(亀ヶ岡城)」は、関東七名城の一つとされてるンだとか。戊辰戦争で殆ど焼け落ち、今は土塁と櫓が整備されてるだけですが、コレから少しずつ復元して行くソウです

 

未だに積雪の無い暖冬の都内で咲き始めた梅や桜を追ってる内に、未紹介のお噂が結構溜っちまった私メです。時節を逸してお蔵入りにし根多も多いですケド、素直にソウしちゃうのは勿体無いのもチラホラと。

 

だもんで少し前の訪問に成りますが、本格的に春が到来する前に真冬の宇都宮訪問記を今日・明日の連続で。ま、同じ関東でも北と南じゃ気が違い、栃木県はまだまだ寒いママだろうと思いますンで御容赦を。

 

宇都宮の由来と成ったのが、中心街の真ン真ん中に鎮座する下野国一ノ宮「二荒山(ふたらやま)神社」サマ。西暦353年の創建とされるエライ古社で、ココは桜の名所・・訪ねた時は勿論咲いてませんでしたが

 

まだ病中だから無理ですが、いつか講談にしたいと前々から思ってる方に「高山彦九郎正之」と云う、江戸時代後期の勤思想家が居らますヨ。生れがもう五十年遅ければ、幕末の大スターに成ってた筈の人物。

 

京都・三条大橋の袂で「土下座してる人(ホントは遥拝ですが)」と云えば判るかも知れませんが、郷里の群馬だけじゃ無く、留米のお墓訪ねましたネ。因みに彦九郎センセの劣悪コピーが、吉田松陰とか云う奴。

 

二荒山神社の裏に在るのは、全国第十八位の人口二百万を誇る栃木県の中心「栃木県庁」。旧栃木県と旧宇都宮県が合併したのは明治六(1873)で、その十一年後から宇都宮が県庁所在地に成ってますヨ

 

そんな彦九郎センセと共に、「寛政の三奇人」と呼ばれた思想家に「蒲生君平」と云う方が。奇人とはイカレた輩のコトじゃ無く、「極めて優れた人」と云う意味。彦九郎センセを調べるなら、君平センセも調べなきゃ。

 

その思想の中身は兎も角として、彦九郎センセと同様に赤貧なれどタダモノじゃ無い直情の持ち主で、お墓は東京・浅草に在りますが、生まれ故郷の宇都宮には神社が創られ祀られてるとか。ぜひ行ってみたい!

 

幕府から危険思想家と警戒されてた君平センセは、没後に明治大の勅令で顕彰される様に成り、県庁の裏山に「栃木の偉人」とて昭和五年(1930)に「蒲生神社」が建てられるまでに。全く有為転変です

 

処が発病して以来、中々コレが上手く参りませんで・・思い付いてから年?東京から中途半端に近くて遠いンで、宇都宮行きの用事が見付からぬ。てな訳でやっと叶いましたヨ、お蔵入りさせるにゃ勿体無いお噂。

 

処が境内は力士像の方が目立ってて、「明石志賀之助」・・伝説の初代横綱じゃないかいナ!八尺三寸(約2.5m)もの身長を誇ったこの方都宮ご出身でしたか、まさかまさかのスゴイ人揃いに吃驚でした。

 

「稀勢の里」関が七十二代の横綱に昇進したばかりですが、「明石志賀之助」関は朝廷から「日下開山」の称号を初めて受けた、江戸初期の実在の力士。尤も現役の頃にゃ横綱と云う制度は無く、没後百数十年経ってから「海内無双の大力士」として、初代横綱が贈られてますヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県宇都宮市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮市で観光するならここ!観光スポット6選」トラすけHP
★「よみがえれ!宇都宮城」同市民の会HP
★「下野国一之宮 宇都宮総鎮守」宇都宮二荒山神社HP
★「ベリー・グッドローカル とちぎ」栃木県庁HP
★「高山彦九郎先生とは」高山彦九郎先生顕彰会HP

★「高山彦九郎ってだあれ?」雀の日記ブログ
★「【高山彦九郎】土下座じゃない 拝礼だ」ますます勝手に関西遺産・朝日新聞デジタルHP

★「学問の神様 蒲生君平先生」蒲生神社HP
★「【栃木】伝える 蒲生君平」読売オンラインHP
★「【ローカルプレミアム】実存さえ疑われた初代横綱・明石志賀之助の実像に迫る」産経ニュースHP

★「やきそば あかつきや」暁商事HP
★「宇都宮のやきそばやさん
(あかつきや)」みどりいろいろはじめましたブログ

(関連する記事)
★「282 【京都上ル下ル08】あまりの暑さに土下座したくなる」

★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」

★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1408 【麺類色々97】奇人・高山彦九郎と『久留米ラーメン』」

★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」
★「2640 【揚げモン69】寛政の奇人・高山彦九郎と『サクサクとんかつ』・・人形町」

★「2714 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」
★「2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと『昔のたい焼き』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(寛解したら講談化したい題材が沢山有って・・尚更焦って来ますナ)

世間じゃ宇都宮は餃子の街として喧伝されてますが、ソレは違う・・当は「焼きそばの街」ですゼ。太麺に甘いソース、そして具は基本的キャベツのみ!そしてソレをビニール袋にそのまま入れて貰い、自持って帰って大量に食べるンですが、旅先のコトとてソウも参らず二荒山神社の鳥居近くの専門店「あかつきや」サンで、焼いたベーコンをトッピングした大盛りを食べてみましたヨ。味が足らなければ卓上のソースを自分で掛けるスタイルですが、モチモチした麺がエラク美味くて・・忽ち完食。コレで五百五十円、近所だったら毎週参りたい位です




| 2017.02.20 Monday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2715 【今川焼き61】世界遺産・日光山の争いと「昔のたい焼き」

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

世界遺産・日光の社寺で最も有名なのは、元和三(1617)に創建された「日光東照宮」。今年で満四百年ですが、ソレに合わせて鼻息荒く成ってる様で・・日光の山中は、チョットややこしく成ってるンだとか

 

ふと思い立って栃木・日光市を訪ね、世界遺産の東照宮等を見物せんとテクテク歩く私メです。東武日光駅から二kmほど続く登り坂ですが、立ち並ぶ土産物屋を覗きながら歩けば大した距離とは思えませんナ。

 

ですが・・ナンだか活気が無いですヨ。東照宮の創建四百年も有ってか光客数は年々増加してると聞きますが、大震災でソレが減ってた四年に訪ねた時より、土産物屋や観光レストランの客入りが少ない様な。

 

東照宮と対立中と聞こえるのが、元々はその別当寺だった「日光山輪王寺」サマ。天平神護二年(766)に建立された古刹で、国の重文「三仏堂」は平成大修理の真っ最中!囲いに実物大の絵が描かれてます

 

ナンでも東照宮が自ら土産物屋や食事処を開いて、観客をソコにしてちまうンで、門前の賑わいが減っちまっだとか。勿論コリャ聞いた話で、ドコまで本当か判りませんが・・如何にもソウ思える閑古鳥。

 

ソレだけじゃ無く、四百年も親密だった二社一寺東照宮」「輪王寺」「二荒山神社」の関係に、亀裂が生じてるンだとか・・長年の友誼が壊れるのは「男女関係」か「金銭問題」のドチラかで、日光は後者のトラブル!

 

輪王寺と共に創建されたのが、コチラも世界遺産「日光二荒山(さん)神社」サマ。宇都宮の同名神社と共に「下野国一ノ宮」を分合ってますが、東照宮や輪王寺と違って商売っ気が薄くて・・心地良いです

 

日光に来たら二社一寺をセットで観光するのが当り前で、拝観券を一々買うのは面倒と「セット券」が売られてましたヨ。処が配分を巡ってドウも面倒なコトに成った様で、東照宮がカルテルから抜けちまったらしい。

 

三者三様の言い分が御座いましょうし、ソレを判定する心算も無いですが、金の切れ目が縁の切れ目なのは俗物も神仏も同じコト。観光客を奪い合ってる訳じゃ無いですが、ドウも囲い込みに近い様な雰囲気に。

 

東照宮と輪王寺が隣接してるのに対し、二荒山神社はチョット離れてるンで・・太い杉並木の参道を歩いて行きましょ。聞こえるのは自分の靴音と木立を揺らす風音だけ、神聖な場所に居るのを実感致しますヨ

 

確かに土産物屋街は空いてたのに、山内は結構な人混み・・特に東照宮は!こんなトコまで来て雑踏に巻き込まれたくないと、私ぁ東照宮物を直ちに止めましたが、ソレでも折角だからと入る人の方が多い筈。

 

ゲートの奥は騒々しいンでしょうナ。煽りを受けてガラ空きに成っちまった二荒山神社の境内は、風は極寒れども神々しい静けさ、コッチの方が有難いと拝んだ私メ。暖かく成ったら、もう少し混むンでしょうか?

 

東照宮を創建し、日光を武家の聖地にしたのが「黒衣の宰相」と呼ばれた南光坊天海大僧正(慈眼大師)サマ。出自不明の高僧ですが徳家康公にエラク気に入られ、その宗教顧問を務めてた関係で・・自らが住職を務めてた輪王寺の在る日光に、家康公を祀る東照宮を建てさせた訳ですヨ。ちょうど四百年後にお寺と神社が争うコトに成るとは夢にも思わなかった筈で、天海大僧正サマも吃驚でございましょうナ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日は「新潟県南魚沼郡湯沢町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行こう日光!日光旅ナビ」日光市観光協会HP
★「未来へ届けたい日光」世界遺産 日光の社寺プロモーション委員会HP

★「日光の今がわかる観光情報サイト」日光観光ライブ情報局HP

★「都心から2時間!世界遺産『日光の社寺 二社一寺』の魅力とは」RETRIP・HP

★「日光の観光客、過去10年で最多に」SOON下野新聞HP
★「御鎮座400年」日光東照宮HP

★「世界を平和の輪でつなぐ」日光山輪王寺HP
★「下野国一之宮」日光二荒山神社HP
★「天海大僧正」世界遺産 日光の社寺HP
★「日光東照宮などの『共通拝観券』が販売停止!!」Travelers Mediaブログ
★「二社一寺の仲違い・・」天然居士の独り言ブログ
★「日光散策のおともに『昔のたい焼き』−手作り感あふれる素朴な皮に感動!」えん食べHP
★「世界遺産『日光』で、徳川家ゆかりのカステラと昔ながらのたい焼き」エル・オンラインHP


(関連する記事)
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」

★「2614 【お米料理258】寒く美しき日光で『湯波むすび』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(結局の処・・迷惑するのは観光客と地元の方々だったりするのにネ)

二荒山神社サマを参拝して金谷ホテルの方に戻ろうと、西参道を下って行ったら・・軽トラックを改造した「亀六(きろく)」なる鯛焼き屋サンが。国で料理人をしてから故郷・日光へ帰って来たと云うお話好きなオジンが、元々好きだった鯛焼きを工夫して編み出した「昔ながらのたいき」を焼いて呉れましたが、今風の卵やベーキングパウダーを使ったホットケーキみたいなノじゃ無く、小麦粉と塩・砂糖だけで作った昔風の生地が「南部餅」みたいな味わいで、逆に何だかエラク新鮮!卵を使わない分、高温で焼かねばならぬソウで・・所々コゲちゃってるのも御愛嬌。フツーの餡子の鯛焼きも有りましたが、洋菓子用の甘いクリームを入れたのは少し塩ッぱい生地にマッチして、おぉコリャ美味い・・鯛焼きの格好したナニか違うモンを食べてる様!思わず買い足しちまった私メで、日光へ参ったら是非共また食べたいモノです




| 2017.01.19 Thursday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2714 【お米料理258】寒く美しき日光で「湯波むすび」を

フェイスブック参加、三年目に入りました!どうかご覧下さいませ

日光連山の主峰は、山岳信仰の聖地として古くから知られた「男体山(なんたいさん、2486m)」。天気の良い日は東京からでもその雄姿が望めたりしますが、先日の大雪で今頃はもっと白く成ってンでしょうネ

 

疾走する東武電車に揺られ、フト思い立って栃木・日光市参った私です。発病して以来、狭いトコに長い時間閉じ込められるのはチョットられないと、飛行機は勿論「のぞみ号」にすら乗れなく成りましたネ。

 

ま、時間は売るほど有りますンで、気分が辛く成ったら何時でも降りれる列車を選ぶ様にしてますが、ソレは拙宅ソバの板橋駅から乗り込むJR線が専ら。私鉄の長距離列車に乗るナンて、一体いつ以来かしらん?

 

浅草から走って来た東武電車の終点は、山小屋風の駅舎がステキな「東武日光駅」。標高543mと随分高いトコに在る駅で、十年ほど前から東武だけじゃ無く、JRの特急電車までココに乗り込んで来てますナ

 

私ぁ所謂「鉄ちゃん」じゃ無いですし、むしろソレを忌み嫌ったりする側ですが、普段と違う雰囲気の電車に揺られるのは無性に楽しく、ゆったりとした椅子は痩せ過ぎて薄っぺらに成った腰骨にも優しくて心地良い。

 

さて・・初めは街中を走ってた列車はやがて郊外を通る様に成り、何時しか田駆け抜け日光連山の麓まで。流石に東日本最長の私鉄路線け有って、車窓風景がエラク変化します・・思えば遠くへ来たモンだ。

 

東武日光駅から日光東照宮までは緩〜い登り坂が二kmほど続きますが、立ち並ぶ土産物屋を冷やかしながら歩いて行ったンで、ソレほどの距離に思えなかった様な・・男体山の姿が蒼空に映えてましたヨ

 

日光へ来るのは四年ぶり。関東じゃ一番標高の高いトコに在る市ですンで、暖房の効いた列車から降りたら、気温のナンと低い事か!ま、先の大雪の前の訪問でしたから、その面だけはナンとも助かりましたが。

 

勿論「日光を見ずに結構という莫れ」で有名な、世界遺産・日光の社寺へ参る心算ですが、折角来たンだから慌てずに、ノンビリぶらぶら歩いて参りましょ。如何に久し振りでも、ココの地理なら概ね判ってますし。

 

日光と云えば「金谷ホテル」。明治六年(1873)に開業した現存する国内最古のリゾートホテルで、当初は外国人向け民宿だったとか。先はコチラに立ち寄って、大谷川を挟んでお向いの東照宮へ参りましょ

 

まだ二ッ目だった頃、ドウ云う訳だか日光へ参る仕事が良く有りまして、その頃に獲った杵柄。ソリャ多少は変わっちゃ居りますが、東京じゃ無いンだからソウ激々しく変わってるモンじゃ無い。何しろ世界遺産だし。

 

流石に寒過ぎるトコだから、正月三が日を除けば真冬はオフシーズン。年末年始は修学旅行生も居らず、お昼前の参道は静かで宜しいねぇ。寒さ以外は冬の方がイイじゃんと思いつつ、お噂は明日に続くのです。

 

金谷ホテルの裏手で大谷川に架かるのが、国の重要文化財「二荒山神社の神橋(しんきょう)」。日本三奇橋の一つで、通って良いのは神様と御使いの方々だけ!奈良時代から架かってたソウで、現在の橋は明治三十七年(1904)に再建されたモノ。もちろんコレも世界遺産ですヨ

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

 

★明日も「栃木県日光市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「行こう日光!日光旅ナビ」日光市観光協会HP
★「未来へ届けたい日光」世界遺産 日光の社寺プロモーション委員会HP

★「日光の今がわかる観光情報サイト」日光観光ライブ情報局HP
★「電車の旅 東武沿線おでかけ情報」東武鉄道HP

★「東武鉄道が日光を攻略してコンプリートしたいもの」マイナビニュースHP
★「男体山 なんたいさん」Yamakei Online HP
★「クラシックホテルへようこそ」日光金谷ホテルHP
★「ビジターで楽しむ『日光金谷ホテル』。日本最古のクラシックホテルでランチ♪」icotto HP
★「神橋」日光二荒山神社HP
★「【豆知識】なぜ、日光は『湯波』が名物なんだろう?」まだ殻にとじこもっているの?ブログ
★「日光名物ゆばむすび」補陀落本舗HP
★「補陀落本舗ゆばむすび 日光 手が汚れない?日光新名物」ワンコイン的食べ歩き生活。ブログ


(関連する記事)
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

★「2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で『なつおとめのスムージー』を・・宇都宮」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(金谷ホテルは東武鉄道に昨夏買収されてたソウで・・知らンかった)

日光の名物と云えば「ゆば」ですが、今回初めて気付いたのは京都のソレは「湯葉」なのに、日光のは「湯波」と漢字を充てるのネ。材料は同じでも製法の違いで「湯葉=薄めで柔かい歯応え」「湯波=厚めで結構な歯応え」と分けられてるらしく、武家文化の象徴・東照宮のお膝元だけ有って、日光じゃシャキっとした湯波の方が好まれて来た様。東武日光駅から東照宮に向かう参道の途中の和菓子屋さんで、「ゆばむすび」と云うモノを売ってたンで、取り敢えずの腹塞ぎ用に買ってみましたが、硬めに炊かれた醤油おこわが厚手の湯波で包まれて、正にジャストフィット!焼き海苔より最適と思う位で、嬉しいモノを見付けました




| 2017.01.18 Wednesday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
2613 【野菜果物93】復活した中心繁華街で「なつおとめのスムージー」を・・宇都宮

フェイスブック参加、二年目に入りました!どうかご覧下さいませ

宇都宮市の中心街・オリオン通りは、アーケードを構成する曲師町・一条町・江野町の三つの街が連なる様を、夜空に輝くオリオン座の三連星に擬えて命名されたとか。栃木県じゃ最大の繁華街だったりします

 

北関東最大の都市・宇都宮を歩き廻る私メです。普段の都内じゃ昼前の陽光を好んでテクテク歩いてますが、那須高原からの帰りで今回黄昏迫る街歩き。同じ関東でも都内と違い、完全な自動車社会です。

 

発病前のまだバイクに乗れてた頃は、宇都宮市郊外の環状道路が高速並みの規格で、地元ナンバーがピュンピュン飛ばしてるのに驚いた覚えが有りますナ。何しろ一般道なのに、制限速度80キロのトコも在る位。

 

オリオン通りと直交するバンバ通りを北へ進むと、その突当りに下野国の一ノ宮「二荒山(ふたあらやま)神社」サマが。小高い丘の上に鎮座されてますが、何しろ目の前が繁華街ナンで若い参拝客が目立ちます

 

そんな郊外に大規模SCが次々進出し、車だとソッチの方が何かと便利だと買い物客は流れ移り、旧来の中心繁華街が寂れて行く・・極一部の外を除いて、地方都市じゃ良くある話が宇都宮でも展開された訳だ。

 

ソレに抗しようと様々な施策が全国の街で行われてますが、残念ながら成功した試しは滅多に無く、宇都宮でも中心街のオリオン街がエラク寂れ、他に用事も無かったンで私メも十年以上近寄ってませんでしたネ。

 

バンバ通りの宇都宮パルコは、もともと二荒山神社の境だったらしく・・だから?その脇に下宮が建ってます。そして買い物客はパル入る為、下宮ン中を当り前の顔して横切って行く。不思議な風景です

 

ですが今春の桜放浪の際にホント久し振りに宇都宮へ参り、偶々オリオン通りへ寄ってみたら・・予想外に賑わってて私ぁ驚いた。ソリャ往年の大賑わいとまでは行かないでしょうが、ココじゃ中心街が復活してるヨ。

 

一体ドンな振興策を取ったか存じませんが、オリオン通りにゃ閉まったままのシャッター店舗が意外に少なく、小洒落たカフェや地場物産の販売店等々がチョコチョコ出来てて、結構頑張ってるじゃん「宮のマチ」!

 

オリオン通りの「宮カフェ」は、宇都宮商工会議所が運営する物産アンテナショップ。当り前のソレは東京等の他所に出店するのに敢えて地元で開いたのが面白い。因みに地元の人は、宇都宮を「宮」と略します

 

中でも素晴らしく思えるのが、「宮カフェ」なるアンテナショップ兼イベントスペース地元の珍しいモンを少量多品で並べて有って、私メのは勿論、宮の若者もソレを面白がって見たり買ったりしてますネ。

 

他所から観光客を呼び込む為じゃ無く、地元の人や観光来た人をしませる為のアンテナショップ。商店街の空き店舗対策にも成りますし、現に私ぁまた行きたいと思う始末。賢い人が宇都宮にゃ居る様ですナ。

 

(許可を得て撮影)前回訪ねた時に気に成ったのが「宮カフェ」・・ってソです。服薬治療で記憶力が崩壊してる私メが覚えてる筈が無く、今回ココの前通ったら思い出しただけ。でも途端に入りたく成って、結局は結構長しちゃいましたヨ。元はナンのお店だったンでしょうか?

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都武蔵野市吉祥寺」への訪問記です★


(参考リンク)
★「都会&田舎の『とかいなか』」宇都宮観光コンベンション協会HP
★「地図で愉快だ宇都宮」うつのみやマップHP
★「栃木のクチコミナビ」栃ナビ!HP
★「宇都宮観光でしたい51のことまとめ!」Find Travel HP
★「栃木の文化が生まれ☆育つ場所」宇都宮オリオン通り商店街振興組合HP
★「オリオン通りって、いいよね」オリオン通り曲師町商業協同組合HP

★「下野国一之宮 宇都宮総鎮守」宇都宮二荒山神社HP
★「二荒山神社と宇都宮パルコ」夢織人の街TOKYO散歩&思い出の場所パート1ブログ
★「宇都宮の魅力が大集合!」宇都宮アンテナショップ 宮カフェHP
★「宇都宮の情報発信基地"宇都宮アンテナショップ『宮カフェ』"」これトチ!ブログ
★「宇都宮市の特産品 いちご」宇都宮市役所HP
★「昔懐かしい味、夏いちご『なつおとめ』」よっしーの散歩ブログ


(関連する記事)
★「633 【麺類色々36】暑い日は鹿沼の『ニラそば』」
★「634 【スイーツ25】鹿沼には『切りパン』がある」
★「745 【お鍋料理13】燃える秋な奥日光と『ちたけ鍋』」

★「1185 【お魚料理69】鮫の肉『もろ』と巨大な狸‥益子」

★「1186 【やきそば103】金次郎サンと『特注焼きそば』‥二宮町」
★「1438 【やきそば142】『ニラ焼きそば』とまちの駅だらけの街‥鹿沼」
★「1439 【スイーツ84】『天然氷のカキ氷』と干瓢の故郷‥壬生町」
★「1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の『白焼きそば』」
★「1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と『ジャーマン』」
★「1905 【やきそば202】伊達家の出身地で伊達な「焼きそば』を・・真岡」
★「2478 【やきそば261】蒼空の宇都宮で桜と『キャベツ焼きそば』を」
★「2479 【スイーツ192】今年最後の夜桜と銘菓『チャット』・・宇都宮」

★「2611 【団子饅頭90】関東の最北端で『明治からの温泉まんじゅう』を・・黒磯」

★「2612 【やきそば278】清水が二層で流れる宇都宮で『後がけ焼きそば』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(まだ間に合いそうな寂れた中心繁華街、全国に幾つか在りますネ)

歩き疲れて喉が渇いたンで、宮カフェ奥のカフェスペースで栃木らしく「イチゴのスムージー」などを。但しこりゃ冷凍イチゴなんかじゃ無く、なんと夏〜秋摘み専用の新品種「なつおとめ」ナンだとか。イチゴ生産量全国首位の栃木県内でも宇都宮市は主要産地の一つだソウですが、悩みの種はイチゴは寒い時期の産物で、暑い季節は栽培が出来ないコト。ソコで開発された「とちおとめ」成らぬ「なつおとめ」は、地下深い大谷石の採掘現場で湧く冷水を栽培に用いてるソウで、少し酸味が効いてるのが特徴。もう少し生産量が増えたら一年中イチゴが食べられる様に成りますが、ソレを逸早く食べる(今回はスムージーだから飲むですが)コトが出来るのは、地元に在るアンテナショップなればこそです




| 2016.09.29 Thursday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS