きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1076 【やきそば86】銚子の調子はドウかしら?


銚子は「日本第二の大河」利根川の河口に面した街。近海や遠洋などの漁船が多数係留されて居り、時間によっては船腹から魚を水揚げしてる様子を見る事が出来ます。そしてお零れを狙う鳥や猫も多いです

千葉・銚子市の中心街へ出て参りました。昨日の外川漁港は太平洋に突き出した銚子半島の南岸でしたが、銚子市街地はその北岸。利根川の河口を挟んで茨城・波崎市と向かい合う、日本でも有数の規模の漁業の街ですヨ。

江戸の頃から「銚子の魚」と云えば大変なブランドで、春先にゃ「利根川廻りの内陸水運」で一晩で運ばれて来た初鰹を、新物好きな江戸っ子が競って奪い合った位。盗めば首が飛びかねない、十両と云う大金で取引されたとか。

尤もそんな辺羅棒な事が出来るのは極一握りの金持ちだけで、大多数の貧乏人共は指くわえて見てただけらしいですけどネ。私メも貧乏人加減じゃヒケは取りませんで、銚子の魚で一番親しいのは‥「サンマの蒲焼缶詰」かナ?

「サンマの蒲焼缶」にゃホント世話に成りましたヨ。バイクで日本中をウロウロしてた二十数年前、荷物の中にソレは必ず二つ三つ入ってました。そうだ!安心のブランド「ちょうした印」こと田原缶詰サンは銚子産で、実に懐かしい。


市街地の中心に成るのは、飯沼観音こと「飯沼山圓福寺」。そもそも銚子はこのお寺の門前町として開けたトコで、創建は約千二百年前に弘法大師サマだとか。大伽藍は戦争で焼けましたが、大仏様は健在です

「ちょうした印のサンマ蒲焼缶」を語り出すと一晩じゃ終わらぬ私メですが、ソレはまた何時かジックリご案内する事として、久しぶりに銚子の市街地に。いやぁ寂れ度が一層進んでます、ドンドン郊外のSC群にお客を取られてる。

「シティオ」と云う中規模のSCが中心街に在ったンですが、昨年春に閉鎖されてた‥との事。確かにエラク閑散としたトコでしたンで、危惧はしてたンですが‥やっぱ潰れたか。何しろ銚子は震災以来、辛い目に遭ってばかり居る。

原発が爆発した結果、放射能で汚染された魚が混ざってるかも知れないと関東〜東北一帯の太平洋で獲れた魚が必要以上に敬遠され(気持ちは良く判るけど‥ネ)、そんな魚の水揚げで賑わって居た銚子漁港は火が消えた様。

無論、震災以前から寂れ度は進んでましたンで、全ての責任をソレに帰すのは無理ですが、大打撃と成ったのは間違い無く‥ホント気の毒。「どうかお救い下さいませ」と、銚子の守り本尊「飯沼観音」様にひたすら願う私メでした。


飯沼観音の境内隅で、焼きそば屋サン見っけ!ココは方々で焼きそば屋を見受けますが、そんなに銚子市民は焼きそばが好きなのか?ソウ云えば絶滅寸前から立ち直りつつ有る「アラビヤン焼きそば」を買い支えたのは、銚子漁港に寄港する遠洋漁船群だったと聞いてますケド‥

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県三島市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ま〜るい半島めぐり」銚子市観光協会HP
http://www.choshikanko.com/
★「圓福寺へようこそ」真言宗 飯沼山圓福寺HP
http://www.tcs-net.ne.jp/~enpukuji/
★「味づくりひとすじ ちょうした印」田原缶詰HP
http://www.tawara-kandume.com/
★「シティオ閉店」車とかバイクとか家とかブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/standard5963/10784974.html
★「おいしいしょうゆは赤い」ヤマサ醤油HP
http://www.yamasa.com/
★「遠藤焼きそば店」焼きそば名店探訪録ブログ ‥お世話に成ってます
http://yakitan.info/archives/endo

(関連する記事)
★「137 【名物パン09】銚子のパンは木の葉形」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=186
★「146 【やきそば09】未だ現役!!アラビヤン焼そば」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=189

(街中に濃厚な魚の匂いが漂ってまして、魚が嫌いな人にゃ大変でしょうナ
)

銚子を支えるもう一つの柱が、「ヒゲタ」「ヤマサ」の二大メーカーによるお醤油でございますヨ。ヒゲタさんは以前見学に参りましたンで、今回はヤマサさんの方へ。見学記念に貰ったのは「ガラス瓶の醤油差し」じゃ無くて、ヤマサさんが売り出し中の「空気に触れないから鮮度が保てるパック」入りのお醤油!そして売店で買って食べたのは「醤油ソフトクリーム」でしたが、醤油味と云うよりは‥チョコみたいな味でしたネ。魚の匂いの強い銚子ですが、工場周辺だけはお醤油の匂いがしてましたヨ




| 2012.09.08 Saturday (08:13) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
1075 【揚げモン40】外川漁港と「サルエビの掻き揚げ」‥銚子


実にノンビリとした空気が流れる、銚子市南部の外川(とかわ)漁港。ココも昨年の大震災で津波に襲われた港の一つですが、飯岡ほどの被害は受けずに済んだとの事。辛い出来事から、間もなく一年半に成ります

昨日の旭市・飯岡漁港に続き、千葉県の東北部「東総地方」の海辺巡りは続きます。本日参りましたのは、銚子市の「外川(とかわ)」。太平洋にグーッと突き出した関東の最東端・犬吠崎のすぐ近くに在る、古くから知られた漁港だ。

小高い断崖絶壁が海岸沿いに約十kmも続く、「日本のドーバー」を自称する屏風ヶ浦の北端が外川、南端が飯岡と云う関係に成りますヨ。昨年の大津波で飯岡は大被害を受けましたが、もっと海に突き出してる外川は大丈夫か?

一年半も経ったのに‥津波被害の跡がまざまざ残る飯岡の惨状を見て、外川はもっとエライ事に成ってンだろうナと半分覚悟して乗り込みますと、意外や意外‥ナンとも無い。イヤイヤそんな筈は無く、少なからず被害は有ったらしい。

北方(震源地の方向)から押し寄せて来た津波と、ナゼか南方から押し寄せて来た津波が外川沖で衝突して潰し合い、また地形の関係も有ってか?飯岡ほどの惨事ならずに済んだとの事。港周辺の冠水被害は結構有ったらしい。


この沖合いで「津波同士が衝突した」らしいンですが‥。只今は波も穏やかで、そんな恐ろしい事が実際に有ったとは想像が難しい。残暑がキツイんで海遊びをしてる人が結構居ましたが、クラゲは出とらんのか?

この銚子市周辺は、古くから「北からの親潮」「南からの黒潮」に乗って色ンな物が齎されて来たトコ。特に黒潮に乗って紀州(和歌山県)から来た文化が多い。例えば銚子名物の一つ「醤油」も、紀州湯浅から来た技術が始まりだ。

外川も黒潮に乗って鰯を追い掛けて来た紀州の漁師達が、その拠点として築いた港町。江戸時代は畑作に用いる肥料用の「干鰯(ほしか)」作りで、大いに栄えたトコらしい。今と違って昔は化学肥料なんて有りませんでしたから。

潮の流れを知り尽くした漁師達だからこそ、ソレに強い天然の良港を見出した様。以来、津波やら台風やらが度々直撃しても壊滅する様な事は無く、そして今回も大被害を免れた。経験則だけなのに、昔の人達ってホント凄いねぇ。

何しろ外川は海沿いの平坦地が殆ど無く、後背の丘陵に向けて段々畑状に家屋が建って居る。しかもその傾斜はキツイと来てますンで、坂だらけの暮らしは大変でしょうが、海から来る自然災害には強い作りに成ってる様です。


そして外川漁港の直ぐ近くに、「日本一早く御来光を望める」事で有名な犬吠埼が‥。何年か前の真冬の猛吹雪の時に、ココのホテルに仕事しに行った事が有りますケド、実に凄まじく苛酷な環境の場所でしたヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「千葉県銚子市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「見る聞く触れる外川の歴史」外川ミニ郷土資料館HP
http://www.tokawa.jp/
★「ニッポンの風景 07 外川漁港」三六〇度の世界HP
http://www.asahi-net.or.jp/~ir7t-situ/scenery/scenery07.html
★「外川と崎山治郎右衛門」すきっちょくるっちょHP
http://www.sukikuru.net/cdb/modules/soapbox/article.php?articleID=44
★「看板犬カイの日記・震災からの復活編その1」銚子海洋研究所HP
http://www.choshi-iruka-watching.co.jp/dairy201105.html
★「犬若食堂」?HP
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn011/inuwakas/inuwaka.html

(犬吠埼までは何度も行ってたのに、その先は今回初めて。凄いトコですねぇ
)

漁港傍の「犬若食堂」と云う‥建物が見事に傾いてる凄いトコで、一番人気の「サルエビの掻き揚げ」定食を。津波に襲われる前から傾いてたソウですから大したモンですが、こんなデカイのが四枚も付いて来ましたヨ。店内が満員でしたンで、店前に設置されたテントの中で「マリンビューランチ」と気取って頂戴しましたが、手伝いに来てた近所のオッチャン達(漁師さんかなぁ?)との会話が実に嬉しく、ほのぼのした感じでした




| 2012.09.07 Friday (07:39) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
1074 【お魚料理60】津波に襲われた港と「磯ガキ」‥旭市飯岡


九十九里浜の最北端、千葉・旭市の「刑部(ぎょうぶ)岬」の展望台から見下ろした飯岡漁港。千葉県内では第二位の漁獲量を誇る港ですが、あの日大津波が漁港や市街地を襲い、大きな被害が出てしまいました

昨日の香取市佐原に続き、千葉県の北東部「東総地方」の震災被害地を巡って居ります。今日参りましたのは数年前に旭市に併合された旧飯岡町。千葉が全国に誇る「九十九里浜」の、一番北の端に在る港町でございますネ。

あの忌まわしき「東北地方太平洋沖地震(翌日発生した長野北部や静岡の大地震と区別する為に、敢えて正式名で呼ばせて貰います)」の発生から、既に一年半。東京だって烈しく揺れたのに、正直忘れかかって居りますナ。

去夏は震災からまだ日が浅く、また二十三区以外の関東は「計画停電」が実施されたンで、日毎夜毎に地震の恐ろしさを思い出してましたが、今夏は停電も無いし(関西の停電は結局やったの?)で殆ど過去の出来事入りですヨ。

太平洋沿岸の東北地方の復興が大して進んでないのはTV等の情報で判ってますが、ソレは関東とは関係ない事。東京に居ると「関東の復興は終わった」と思いがちですが、決してソウじゃ無いのは佐原を訪ねりゃ判りますゼ。


浜辺を通る道沿いは、草ぼうぼうの更地だらけ。この辺りが津波に襲われた時の映像を見ると家屋が並んでましたから、どうやら修復不可能で解体され、そのまま放置されてるモノの様です。悲しい現実‥ですなぁ

内陸の佐原があんな状態でしたから、海辺の方はドウだろうかと参りましたのが漁港が津波に襲われて、(関東としては)烈しい被害を出したと報道されて居た旧飯岡町。ニュース映像では多数の漁船が津波に呑み込まれて居た。

震災直後は大変だったでしょうが、もう何事も無かった様に拭われてるだろうと参ったンですが‥流石に一年半。一見平穏無事な感じだけど‥何か変だ。浜辺の道沿いは新築ピカピカの家が、ベルト状の更地の中に時折建ってる。

でも夏草に埋もれた更地にゃ‥大抵の更地にゃ家の土台部分が残ってる!つまりソレは津波に襲われた結果、修復を断念した家屋の跡ナンでございますナ。そして僅かばかりの新築ピカピカの家は、建て替えられたモノなのか。

敢えて同じ場所で建て替えた人も、建て替えを諦めて更地にした人も、ソレゾレ大変な決断だったでしょうネ。でも更地群のすぐ裏にはナンとも無い家がフツーに並んでまして、海からのほんの少しの距離差が運命を分けた様でした。


映像として残り、そして公開されてるのは凄いなぁ‥と言うべきか?一番上の画像と同じ刑部岬の展望台から撮影した、飯岡漁港をあの日襲った津波の様子がコレだそうです。なお手前の岸壁を走って逃げる人を途中見る事が出来ますが、聞けば無事だったとの事‥あぁ良かった。因みに飯岡漁港を襲った津波は、関東最大の7.6mだったソウですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県銚子市外川」への訪問記です★

(参考リンク)
★「四季を通して楽しめる海と緑のまち」観光情報・旭市役所HP
http://www.city.asahi.lg.jp/kanko/
★「オーシャンビュースポット・飯岡刑部岬展望台」ここいいネットHP
http://www.cocoii.net/j-oceanview/gyoubusaki.html
★「被災体験を活かしたまちづくり」いいおか津波復興プロジェクトHP
http://www.iioka-mirai.jp/
★「東日本大震災 被災報告()津波‥飯岡地区」土木の風景ブログ
http://blog.livedoor.jp/gijutunohiroba/archives/51669260.html#
★「地場の貝を食べに行く 岩ガキ編」宇田川さんちのホームページHP
http://plaza.harmonix.ne.jp/~udagawa/jibasan_kai.htm

(港の岸壁上にゃ、津波に巻き込まれた?漁船が一艘放置された儘でした
)

飯岡の特産品は、この「巨大磯ガキ(岩ガキとも云う)」。広島や宮城特産の「マガキ」とは違う種類で、真夏が旬!日本中で獲れますが、飯岡〜犬吠埼に掛けてが大産地で、しかも他所より大きくミルキーなのが獲れますヨ。実は違う場所で食べたンですが、確か飯岡産の磯ガキだった筈




| 2012.09.06 Thursday (08:03) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
1073 【お魚料理59】震災に襲われた街と「すずめ焼き」‥佐原


佐原の名所「小野川沿いの町並み」は、震災で大きな被害を受けた場所。未修復の建物が今も多いですが、川の護岸は人命に関わるンで、優先して直された様。護岸の石垣の色が違うンでお判り戴けましょうか

今日・明日の連続で、「東北地方太平洋沖地震」の被災地の復興状況をご紹介したいと存じます。と云っても訪ねたのは東北地方じゃ無く、その陰に隠れがちの千葉県の東北部「東総地方」。千葉の太平洋側も大変な被災地です。

あの震災は一般にゃ「東日本大震災」と称されますが、ソレは東北〜関東の大地震だけじゃ無く、翌日に発生の「長野北部」「静岡中部」の二つの大地震も含んでますンで、敢えて「東北地方太平洋沖地震」なる正式名称の方で。

まず今日ご紹介しますのは「千葉県有数の人気観光地」として浮上中だった佐原市。いや数年前に近隣と合併して香取市に成っちゃってますから、佐原地区でござンすナ。香取神宮の門前町として栄えた、古くからの歴史の街。

江戸時代の関東物流の大動脈だった、利根川沿いの港町でも在りますナ。商業で栄えた当時の雰囲気が随分残って居り、ソレが最近注目を集め、東京から日帰りで行ける気軽な観光地として、人気が急上昇中だったトコですヨ。


こんな感じの家並みが続く佐原の中心街ですが、殆どの家で屋根瓦が大量に落ち、中には家自体が崩壊したのも在ったとか‥。表通りは(危ないンで)セッセと修復が為されてますが、手付かずのトコも目立ちます

日本が世界に誇る精密な地図を幕末に作った「伊能忠敬」センセが暮らした街ですナ。忠敬センセは測量の為に日本中を歩き廻られたンで、ウォーキング好きな中高年にゃ一種「神様扱い」らしく、そんな観光客も大勢やって来た。

更に「忠敬センセ作の地図」が国宝指定された事も有って、佐原は一層鼻息荒く勢いに乗って、観光名所の小野川界隈を中心に観光整備を続けてましたが、日本第二の大河・利根川沿いと云う事は‥地盤がユルユルだった訳だ。

つまり揺れは一層酷く成って、家屋等は烈しく大損害。また液状化やら地盤沈下やらで、街中無残に傷だらけ。もぅ洒落に成らない有様に‥。ソレから一年半も経つと云うのに、小野川界隈は未だ完全復興にゃ程遠い感が強い!

何しろ文化財が多くて、復興するにも制限が多い。その割りに補助金は少なくて、町を愛する人たちがプライドだけで如何にか闘ってるらしい。震災の前に何度も訪ねた街の余りの変貌ぶりに、思わず目を覆いたく成った私メでした。


香取市役所が作った「震災被害状況の映像」が公開されてました。この映像の冒頭0:30から三十秒間ほど、小野川沿いの町並みが地震の為に崩壊して行く様子が出てます。復興の道はまだ半ばと云った感じです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県旭市飯岡町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「佐原町並み交流館」小野川と佐原の町並みを考える会HP
http://www.sawara-machinami.com/
★「香取市内の被害状況写真」香取市役所HP
http://www.city.katori.lg.jp/saigai/saigai_photo.html
★「震災後『佐原』取材記ダイジェスト」ぐるっと千葉スタッフブログ
http://gurutto-chiba.blog.ocn.ne.jp/nikki/2011/04/post_2016.html
★「震災から一年、佐原はどうなった?」えりいとcafeブログ
http://ameblo.jp/e-jyoshiblog/entry-11190824974.html
★「しょうゆ屋がはじめた佃煮屋」いかだ焼き本舗 正上HP
http://www.m-macs.com/33551/shoujyou/

(関連する記事)
★「067 拝啓、忠敬センセ。まだ歩いて居られますか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=52
★「068 【名物パン06】水郷のモコモコしたボーロ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=53
★「156 【団子饅頭04】みんなでコネよう!佐原のあんこ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=190
★「517 【お米料理32】知らンかった事ばかり・・佐原」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=562

(まだ修復されてない建物等にゃ、とてもとてもカメラを向けられませんでした
)

小野川に面した老舗佃煮屋「正上」の立派な建物(天保三年=1833年築)も、軟弱な地盤ゆえ猛威を振るった地震により、著しい被害を受けたとの事。ココは利根川や近隣河沼で獲れた川魚を用いた佃煮が多く、中でも一番可愛いのが小鮒を開いて煮込んだ「すずめ焼き」。某お殿さまに献上した処、何をトチ狂ったか殿さまは「美味い雀じゃのぅ」と仰った事から仕方なく、以降コレを「すずめ焼き」と呼ぶ様に成ったンだとか




| 2012.09.05 Wednesday (07:16) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
1072 【カレー焼15】カレー焼きに認定?「多古のボーまん」


千葉県じゃ一番美味いとされるブランド米「多古米」も稲穂が黄金色に実り、処々で稲刈りが始まってましたヨ。温暖な千葉県は早生米の出荷が多く、結果として「その年最初の新米は千葉産」と云う都民は多い筈

今年も新米が出回り始める季節に成りましたナ。世界的に見て「主食」と云う概念を持ってる国や民族は少数派だと申しますが、例え消費量が長期減少傾向に有るとしても、やっぱり「日本人にはお米」ですゼ。他は有り得ない。

お役所側も最近取り組みを変えた様で、今年に入ってから急に米粉を使用した製品が増えた様な気がする。今迄ならば小麦粉の独壇場だったパンやらスナックやらラーメンやらに、「米粉倶楽部」と書いてある商品が急に増えた。

いいぞいいぞドンドン普及させちまえ!殆ど輸入品ばかりの小麦粉を減らし、例え製粉化された状態だとしても‥余ってるお米の消費を増やそうじゃないか!そして日本中に田圃を復活させよう!飼料用のお米を作ろうじゃんか!

近隣の三馬鹿国家は気が触れた様で騒いでますケド、イザの時に困るのは食糧安保。ならば自給率が百%を超えてるお米の有効活用を‥てな訳じゃ無いでしょうが、近年珍しい良い施策だナと感心して居る私メでございます。


多古町を流れる「栗山川」は、九十九里浜で太平洋に流れ込む独立河川。何しろ「高低差が全国一乏しい」千葉県だから流れは何とも穏やかで、鮭が遡上する太平洋側の南限の川だソウですヨ。観てみたいねぇ

日本中に高名なお米の産地が在りますナ。ソレは生産量が多かったり、品質が高かったりと、高名にも色々な基準が有りますが‥美味くて安いのに越した事ぁない。つまり今一メジャーに成れない、美味いお米の産地が狙い処。

お米の大消費地・関東でそんな都合が良いのを探してみれば、千葉県の「多古米」と云うのが浮かんで参りますヨ。決して「古い米が多い」と云う訳じゃ無く、「多古(たこ)」と云うトコで作ってる米だからソウ称します。ご安心の程を。

成田空港の東側。早春に「カレー焼き」を探しに訪ねた街で、「道の駅 多古」に参りましたらば、「たこめし」なるモノを売ってて大笑いした私メ。確かに蛸の炊き込みご飯でしたが、ウリはお米の方だと仰る。多古米を使ってるらしい。

温暖な気候を生かして千葉のお米は早生が主体ですが、その中じゃピカイチに美味く、魚沼コシヒカリと美味さは互角と聞きまして、楽しみにして居ったンです。処が稲刈りが始まったばかりで、訪ねるのが少々早かった様でした。


ドウ云う訳か?今夏はカルビーが多古町産のジャガイモを使った、江戸前風なポテチを関東甲信越限定で売り出してまして‥。生産量も少なかったンでほぼ終売みたいですが、多古の道の駅じゃまだまだ売ってます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県香取市佐原」への訪問記です★

(参考リンク)
★「あいしさ楽しさ新発見!」道の駅 多古 あじさい館HP
http://www.michinoeki-tako.com/
★「多古が誇る絶品・多古米」多古町役場HP
http://www.town.tako.chiba.jp/azidokoro/mai.html
★「多古産ジャガイモとコラボ 限定ポテチ」ちばとぴ・千葉日報HP
ttp://www.chibanippo.co.jp/c/news/economics/89576
★「道の駅多古あじさい館のボーまん」すってんぱれ!時たま日記2ブログ
http://soleil.suttempare.sunnyday.jp/?eid=1062377

(関連する記事)
★「917 【カレー焼11】日本へようこそ!多古町の『ボーまん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1016
★「目次 【カレー焼】シリーズ」
http://rifuh.jugem.jp/?cid=36

(結局‥題名と違って全て多古米の記事でしたナ。カレー焼きはこの下です
)

多古の道の駅で売ってる、棒状の今川焼き「ボーまん」。私メが執心してます「カレー焼き」の一種ですナ。でも早春に訪ねた時は中身がカレーっぽいのは一つも有りませんで、「カレー焼き」みたいなモンと云う扱いにしてたンですが、今回はカレーっぽいのを発見!題して「ボーまん・ウインナーカレー」でして、中身はほぼチェリソーだけ。但しその周りにカレーパウダーが塗して有る様で、コレならカレー焼きとして認定しても宜しいンじゃ無いかナ?尤も認定されたって、何の利点も有りませんが




| 2012.09.04 Tuesday (07:47) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
983 【やきそば69】通運丸の走った野田運河と「醤油焼きそば」


野田市と流山市の間を流れる「利根運河」は、利根川と江戸川を結ぶ為に明治中期に掘られた人工河川。当時は東京〜銚子間の蒸気船「通運丸」がココを快走してたソウですが、今は静かな親水公園と成ってます

昨日の流山市に続いて、千葉県の北西部の端っこを訪ねて居ります。この辺りは「千葉ヶ島」の北西の岬「関宿」で分岐する、利根川と江戸川に囲まれた辺りで川や水路だらけ。ソウです!千葉県は日本で一番大きな「島」ですヨ。

以前も説明しましたが、ナント千葉県は他都県と陸地で繋がってません。北は利根川、西は江戸川、東と南は海に囲まれ完全に自立してる。地理的に面白い!日本列島全てが沈没したって、千葉県だけは無事に残れソウです。

その千葉ヶ島の北西の端っこ辺りに来てるンですが、鉄道や道路が発展する前の江戸時代は、利根川と江戸川を川船で結ンだ「内陸水運」がエラク盛んだったとの事。江戸ッ子の大好物「初鰹」なんかは、このルートで運ばれた。

明治に成ると蒸気船が導入され、現在の常識では想像付かない水運ルートが交通・物流の主役。でも川伝いは浅瀬が在るし遠回りだし‥で、大型船の通れるバイパス運河を掘ろう!でも政府に資金は無いし、では民間資本で!


運河近くのこの空間が、野田市がコウノトリを飼おうとしてる「瀬戸の谷津」だソウでございます。三方は深い森、残る一方は運河と云う「現代社会の奇跡」みたいなトコで、今秋からコウノトリを飼うンだソウですヨ

こうして利根運河株式会社が明治二十三年、約八kmの「利根運河」を掘りますヨ。この運河を通るにゃ通行料が必要な「有料水路」で、ココを通った快速船が「通運丸」。東京〜銚子間は六時間も短縮され、たったの十八時間に。

只今と常識が違い過ぎます。処が明治三十年に銚子まで鉄道が敷かれ、ソレなら僅か四時間だけ!こりゃ叶わない‥やがて貨物も鉄道に移り、全盛を誇った内陸水運は衰退する事に。そして運河は国有化され、単なる水路に。

東武野田線「運河駅」と交差する現在の利根運河を見てますと、そんな交通盛衰史が有ったとはとても信じられませんが、事実だから仕方無い。なお通運丸を走らせてた会社は健在で、現在の社名は「日本通運」と言ったりする。

そう!あの大企業「日通」は、この利根運河から始まった会社なのヨ。運河の両岸の流山市や野田市は全国企業の多いトコで、流山は「みりんの万上」。野田には「醤油のキッコーマン」が在り、何れも水運で荷を運んでたンです。


ひとしきり「利根運河」や「瀬戸の谷津」やらを見物した後、野田市の中心街へ。ココはキッコーマンの城下町で、その本社裏には創業者一族の立派な御屋敷が‥。流石に世界企業、実に大したモンでございます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡市葵区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「利根運河物語」利根運河の四季HP
http://www.ne.jp/asahi/noda/tora/monogatari1.htm
★「一銭蒸気と通運丸」大田区の史跡と歴史・デジタル散策HP
http://www.photo-make.jp/hm_2/ma_16_10_1.html
★「コウノトリ受け入れ着々 野田市、今秋から飼育開始」千葉日報HP
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/66728
★「焼きそば専門店『マルショウ』開店のまでの軌跡」ブログ
http://ameblo.jp/yakisobamarusyo/

(関連する記事)
★「253 【調味料類02】江戸前は全てむらさき」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=285
★「504 コウノトリが鴻巣に戻って来る日
http://rifuh.jugem.jp/?eid=533

(現代の常識で計れない昔のコトって結構ございますナ。実に面白いですゼ)

昨日の記事と同じ、柏市の焼きそば専門店「まるしょう」サンから。今日は「野田市の醤油焼きそば」でして、柏市も利根運河を挟んで野田と隣り合ってるンですナ(運河の利根川寄り)。ナポリタンは極太麺でしたが、コチラは細麺。そして全く醤油味でして、野田のドコの会社のお醤油を使ってるンでしょうか?恐らく「和風炒めスパゲティ」からの発想でしょうが(『まるしょう』の大将はイタリアン出身とのこと)、コレも有りですなぁ。思わずご飯が欲しく成るナポリタンと違い(アレは味が濃過ぎる)、コチラは比較的サッパリしてて「宴会の〆」として頂戴したいと思った私メでした




| 2012.06.11 Monday (07:57) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
982 【やきそば68】新撰組最後の街と「ナポリタン焼きそば」‥流山


水運で栄えてた頃の栄華を伝える建物が、旧市街の方々に残されてる「みりん造りの街」千葉・流山市。歴史的建造物の再利用が始められた様で、左の店蔵はイタリア料理店に、右の洋館はパン屋に成ってました

私メは五街道の一つ「中山道」の、東京・日本橋から数えて最初の宿場・板橋宿に長らく住ンでます。京都・三条大橋から見れば、最後の宿場でございますナ。中山道は東海道に次ぐ、日本第二の幹線として大いに栄えた街道。

でも今は「東京から京都まで歩く!」てな粋狂な奴はまず居ませンで、板橋宿を歩いてるのは近所の買い物客以外は、宿場巡りを楽しもうと云う中高年の団体が多いねぇ。地図を片手の、気合を入れた格好してるからスグ判る。

で、その手の団体は私メの住ンでるマンションの前で立ち止まり、観光パンフを読みフンフンと納得し、写真を撮って去ってくのが多い。何しろ拙宅は板橋宿の外れの設置されてた、刑場の跡地らしいですからネ。つまり首切り場だ。

だからと云って不思議なコトは全く起きず、駅前なのに地価がチョット安くて助かるネ‥程度の感覚しか無いンですが、見物客が来るのは有名な人がココで処刑されてるからでしょう。ソレは新撰組局長の「近藤勇」サンと仰る人。


敗走を続ける新撰組の最後の拠点と成ったのが、この流山の造り酒屋「長岡屋」だったとか。ココは新撰組で街興しをしたい様で、たまたま訪ねた日は隊士に扮した姐チャンやら出店やら、ナンだかお祭騒ぎでした

何度も取り上げてますンで細かい説明は避けますが、新撰組の親分として幕末の京都で暴れ過ぎた近藤サンは、新政府軍に恨まれて板橋刑場で打ち首に成って居りますヨ。その近藤サンが捕まったのは、千葉県の流山と云う市。

江戸から現在に至るまで「みりん」の大産地として栄えた街で、江戸川を使った水運の拠点だったとのコト。江戸での抗戦を諦め東北へ向かおうとした新撰組でしたが、流山で転戦準備をしてる内に「意見が分裂」しちまったらしい。

「コウなりゃ自棄だ!トコトン闘ってやる」と「もうイイよ、遣るだけ遣ったじゃん」とに対立した様で、「良〜し判った、各自の好きな様にしろ」と新撰組は流山で解散しちまった‥。そして近藤サンは「大久保大和」の偽名で自首した。

何事も大混乱な時ですから、バレる訳無いと思ってたンでしょうが有名人はつらいネ。特徴的な四角い顔は知られてて、あっさりバレた近藤サンは江戸突入寸前の新政府軍の本拠地・板橋宿に送られ、首を刎ねられた訳ですヨ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県野田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「都心から一番近い森のまち」流山市観光協会HP
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/nagareyama-s.a./
★「新撰組と流山」流山市役所HP
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/kikakuseisaku/shinsengumi/shinsennaga.htm
★「流山本陣」新撰組史跡踏査ブログ
http://blog.goo.ne.jp/die3104/c/8fc7a904b839592986c79c5a0bcd88cf
★「焼きそばのまるしょう」まいぷれ柏市HP
http://kashiwa.mypl.net/shop/00000332823/

(関連する記事)
★「150 【ご近所めぐり07】新撰組・近藤勇局長の御墓所
http://rifuh.jugem.jp/?eid=178
★「979 【やきそば67】ココは銀座無番地『ジャポネの炒めスパ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1058

(昔の婦女子の洒落た飲み物は『みりん』だったらしい、ココもソレを出せば
)

厳密に言うと流山じゃ無く‥お隣りの柏市らしいンですが、近々流山にも出店するらしいンでご勘弁を!元々パスタ料理だった人が、ナゼか焼きそば屋に転職した「まるしょう」。ソース・醤油・塩味以外にも不思議なのが色々有りまして、ケチャップ味のナポリタン焼きそばも‥。東京・有楽町のジャポネはスパゲティ麺を使った焼きそば屋()ですが、ココは焼きそば麺を使ったパスタ屋か?更なる不思議なのを楽しみにしてます




| 2012.06.10 Sunday (08:25) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
918 【やきそば58】成田空港と三里塚と「焼きそば鈴木」


成田国際空港第一滑走路から、今飛び立ったばかりのアメリカン航空機。一体ドコへ行くのか全く判りませんが、「また日本へ来ておくれ〜外貨をイッパイ使っとくれ」。関東の霊峰・筑波山が、実にキレイでした

千葉県北東部「東総地方」を訪ねて居ります。多古町でお目当ての「ボーまん」なるモノを無事入手したコトを昨日ご案内致しましたが、聞けば多古は成田空港への進入路らしく、頭上を国際線飛行機が次から次へと降りて行く。

何しろ暇で物好きな性質の私メで、こりゃ面白い!なら着地するトコを見に行こう‥と成田空港へ向かったとお思い下さいませ。降りて行く飛行機の後を追っ掛けて、参りましたヨ「第一滑走路の端っこ」へ。おぉ滑走路が良く見える。

如何にドメスティックな芸人だと云え、何度もココから海外へ飛んだ事は有りますし、空港の展望台から飛行機の離発着を眺めたコトも有りますが、滑走路の端っこから見るのは初めてだ。同じ様な物好き達が大勢来て居ります。

皆さんバズーカ砲みたいな望遠レンズを構え、熱心に離発着風景を撮影してらっしゃいますが、私ぁソコ迄マニアじゃ無く、何せ滑走路は吹きっさらしで寒いし五月蝿いンで、適当に切り上げましたが珍しいモンを見られて大満足!


成田空港は「宮内庁下総御料牧場」跡地(=いわゆる三里塚)を中心に造られたトコ。昨日ご紹介の多古・日本寺から江戸への道の、多古から数えて三里目だからだソウな。御料牧場の農家風貴賓館が残ってます

未だに「ドウして飛行機は飛ぶのか」その原理が判らない私メですが、成田空港を造るに当って激しい争いが昔在った事は知って居る。いわゆる「三里塚闘争」てぇ奴ですナ。空港に土地を奪われた、開拓農民が激しく抵抗した。

羽田空港が手狭で、新たな国際空港を東京近郊に造らなけりゃ成らない。ソコで昭和四十年代初頭、宮内庁の管理する広大な牧場の在った、成田市三里塚周辺に空港が造られるコトに‥。ですが手続き説明がチョット杜撰過ぎ。

詳しい説明は省きますが、御料牧場は全体の用地の四割程度。そこで元満蒙開拓民が戦後入植し、苦労して農地にした周辺の土地も併せて空港にする事を政府が一方的に決めまして、反発した開拓農家は当然反対致します。

ソコに左翼活動家が入り込みまして‥。詳しい説明はまた省きますが、二進も三進も行かなく成りましたのは、皆さまも御存知の通り。農家の反発も、当時の政府の遣り方の酷さも判りますが・・、私は活動家てぇのが嫌いです。


成田空港に降りて来る国際線の窓からは、日本中を白く染める桜がドウ見えるンでしょうか?外国人にもこの花は、美しいと思って貰えてンでしょうか?何しろ「美の基準」は万国同一じゃ有りませんから‥不安だ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県横浜市中区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「成田撮影ポイント」works HP
http://works.s93.xrea.com/naritapointo.htm
★「みどころ情報・三里塚記念公園」FEEL成田HP
http://www.nrtk.jp/contents/midokoro/06_sanriduka_park/
★「三里塚闘争の記録」レッドモール党へようこそHP
http://redmole.m78.com/sanrizuka.html
★「高校時代のソウルフード・鉄板焼きそば鈴木」ロコナビナリタ・ブログ
http://nrtkuentai.com/now/gourmet/%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89/

(一方的に土地を奪われる事に成った農家の辛さは判る、でも活動家達は‥
)

飛行機見物してましたら腹が減りましたンで、成田市じゃ有名な「鉄板やきそば鈴木」サンへ。麺はブツブツ切れてますし、肉は一切入って無いですし、ソースの味が必要以上に濃いですし、ラードたっぷりでエラク脂っぱくて体に悪いですが、なのにソレが何故か美味い。口の悪い向きは「ゲロ焼きそば」とか呼ぶ様ですが、多くの成田市民から四十年以上も(つまり空港を造り始めた頃から)親しまれてると云うのは、人を呼び寄せる不思議な魅力が有ると云う事ナンでしょうナ。画像のは「大盛り(この上に「特盛」が有ります)」で、量が多くて食べ切るのに難渋しましたが、好みに依って大きく評価の分かれるだろう成田の焼きそば。私ぁ正直嫌いじゃ無いですゼ。飛行機見物を名目に、また食べに行きたいねぇ




| 2012.04.10 Tuesday (08:03) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
917 【カレー焼11】日本へようこそ!多古町の「ボーまん」


千葉・多古町は成田空港のすぐ近くで、国際線の飛行機が低い高度で次々飛んでます。たまたま撮影したコレは‥フィンランド航空機で北欧ヘルシンキから約十時間かけて飛んで来たモノの様。日本へようこそ!

千葉県の北東部、成田空港に接する「多古(たこ)町」と云うトコへ行って参りました。今は長閑な田園ですが昔は大変な湿地帯で、「湖が多い」から「多湖⇒多古」と成った街。海から結構離れた内陸で、「蛸」と全く関係ないそうナ。

皆さま方が海外旅行から帰国する便で、その飛行機が成田空港に着陸する寸前に地上に見えてる街が、この多古町だソウでございますヨ。なるほど確かに、着陸に向けて減速中()の飛行機が次から次へと空を漂ってますナ。

てぇ事は‥私メも何度もこの街の上を飛ンでる筈ですが、大抵その時は「日本に帰って来た安心感」「無事に着陸出来るかねぇと云う不安感」一杯で、のんびり地上を眺めてる余裕ナンて有りませんから、記憶に無いンですけど。

人口は一万六千ほど。縄文時代から人が住んでたトコらしく、千葉・東総地方の中心として戦国時代は激しい奪い合いの合戦が度々起きた‥ソウです。何しろ馴染みの無い街で(失礼)、ココに来るのは二度目?前回は通りすがり。


千葉は日蓮宗のお寺サンがホント多い。多古町には「正東山日本(にちほん)寺」と云う大きなお寺が在り、名前に釣られ訪ねた私メ。ココは日蓮宗の本山の一つで、かつては「檀林」が置かれ大いに栄えたンだとか

ですが今回はハッキリとした目的を持って、わざわざ訪ねたンでございます。ま、講釈師風情のする事ですからどうせ大した目的じゃ無いンですが、多古の「道の駅」で「カレー焼き」を売ってると云う情報を聞きました。えっホント!

「カレー焼き」てぇのは広島・福山市発祥の「細長い今川焼き」の事で、三〜四十年前に西日本じゃポピュラーだった(らしい)食べ物。現在はほぼ絶滅状態で、色々有ってソレを熱心に追求してる私メです。良〜し、行ってみよう!

フットワークが無駄に軽い私メ(暇だしネ)で、早速「道の駅多古」へ参りましたヨ。ですが‥ありゃガセだったか?カレー焼きを売る様な屋台が無いねぇ‥確か「ボーまん」って名前らしいンだけれど。判らン事は店の人に聞いてみよう。

すると既に焼き上がった状態で納入されてるらしく、専用ラックを設けて売られてました「ボーまん」が。一般的なカレー焼きより一回り小さく、「カレー入り」のは有りませんでしたが、間違い無くカレー焼き。でも何故ココに有る?


今年は花桃の開花も遅い様でして、桜に負けない位に盛大に咲いてます。コレは桃でも実を付けず、その分キレイに咲く様に江戸時代から改良され続けてる木ですナ。純白のも良いですが、濃い桃色も美しいです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「千葉県成田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「米・あじさい・祭・道の駅の町」多古町商工会HP
http://www.tako.or.jp/kankou/
★「おいしさ楽しさ新発見!」道の駅多古あじさい館HP
http://www.michinoeki-tako.com/
★「歴史探訪・日本寺」多古町役場HP
http://www.town.tako.chiba.jp/midokoro/nichi.html
★「道の駅多古あじさい館の『ボーまん』」すってんぱれ!時たま日記ブログ
http://soleil.suttempare.sunnyday.jp/?eid=1062377

(道の駅で貰った観光パンフ地図が実にイイ加減で、街歩きを断念しました
)

一般的なのより一回り小さいし、カレー入りのも無いですが、コレも確かにカレー焼き「多古のボーまん」。棒状の焼き饅頭と云うコトでこの名前と成ったのは想像に易いですが、具の種類の多い事。右のは「さつま芋あん(甘過ぎずで美味かった)」、左は「黒あん&クリーム」。他に白あんやらチーズやらソーセージやら色々在りましたが、何故カレー入りのが無いンじゃ!。一体いつ頃か有るモノなのか由緒云々は全く不明ですが、意外なトコで生き残ってるカレー焼き。コレで関東は二ヶ所目ですが、実は他にも‥と云う情報が有りますンで、近い内にご案内申し上げます。ソレにしても‥ホント物好きでございますナ、我ながら呆れちまいますゼ




| 2012.04.09 Monday (08:13) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
906 【呑みモノ26】中山法華経寺と「食ネタ」大放出2


日蓮宗四大本山の一つ、「正中山法華経寺」祖師堂。法華の開祖・日蓮サン御直筆で国宝の「立正安国論」と云う論文()は、このお寺に所蔵されてるンだソウです。境内で桜が咲き出すまで、あと少しの様です

江戸川を挟み東京都に接する、千葉・市川市をフラフラして居ります。余り馴染みの無かったトコですが、イザ歩いてみると中々に興味深く、目からウロコが落ち捲くって居りますヨ。でも市川市内で唯一、地理が判ってる街が在る。

ソレは東端の「中山」と云う地域。ソコのお寺サンに用事が有りまして、以前何度か来た事が在る。そのお寺の名前は「中山法華経寺」、日蓮宗の四大本山の一つと称される、鎌倉時代中期に創建された大きなお寺サンですナ。

予めお断りしときます、私ぁ日蓮宗の門徒じゃ有りません。「広く浅く」な寄席芸人ですからドッカに必要以上に肩入れするコト無く、反社会的活動をするトコと独善的なトコ以外の、全ての宗教と仲良くしたいと云う姿勢の心算です。

けれど仲良くして呉れるトコと多少以上に仲良く成るのは人情で、最近お会いする機会が有りませンが、日蓮宗の某お上人に可愛がって貰ってた時期が有りますヨ。その某お上人が一時、この中山法華経寺に入ってらっしゃった。


法華経寺境内の「大荒行堂」。日蓮宗系各派のお上人サン達は真冬にココに篭り、百日間ブッ通しの激しい修業「荒行」に挑むのです。この荒行を修めて居ないと、「御祈祷を施す資格」が得られないンだソウですヨ

この某お上人は普段は山梨・身延町の御自分のお寺や、同町内に在る日蓮宗の大本山・久遠寺とかに居らっしゃるンですが、ある日突然電話が掛かって来たとお思い下さい。ソレは「今、市川に居るンだけど‥遊びに来ない?」

私ぁ法華が良く判りませンので、詳しく聞いてみたら「市川の法華経寺と云うお寺で『荒行』と云う修業をやってる真っ最中で、後学の為に見に来ない?」と云うお誘いでございましたヨ。「荒行」って、ナンだか恐ろしい名前ですナ。

真冬の一番寒い時期に、「大荒行堂」と云うトコに大勢のお上人さん達が集まって、寝る間を惜しンでお経を唱え捲くると云うカリキュラム()が有るンだってサ。私ら講釈師が震え上がる「修羅場三昧」の何万倍か激しい修業だゼ。

最低一度はやらにゃ成らンそうですが、某お上人は何度目かの荒行で余裕綽々。大荒行堂内の面会所と云うトコで、髭モジャ有髪姿に変化した某お上人から「荒行やると糖尿病が治まるンだヨ」と聞かされた覚えがございます。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「謎の金曜日 第665回/第666回放送」の記録です★

(参考リンク)
★「なかやま鬼子母神」大本山法華経寺HP
http://www.hokekyoji.com/
★「日蓮宗の荒行」大本山法華経寺HP
http://www.hokekyoji.com/aragyou.htm
★「下総中山みちくさ案内」Windy’s Style HP
http://homepage2.nifty.com/side-a/michikusa/

★「らくれんホームアップ」ブログ井原式
http://blog-iharashiki.269g.net/article/2865094.html
★「秩父産カエデ使用のかえでのラムネ」名水遊戯ブログ
http://www.meisuiyugi.net/archives/50706847.html#
★「秋田の旬・ふくたち(3月上旬〜4月上旬)」JA全農あきたHP
http://www.ak.zennoh.or.jp/akitasyun-2.htm

(
某お上人は身延山のお偉いサンに成って忙しい様。偶には声を掛けとくれ
)

(年度末ですンで、ご紹介する機会を逸した『食べ物ネタ』を大放出!)まず最初は、四国・愛媛県民のソウルドリンク「らくれんのホームアップ」。愛媛県内以外じゃ売られてない珍しいモンですが、確か四国に住んでたコトの在る義弟クンから貰った様な‥。自分で買った訳じゃ無いンで、涙を呑んで没ネタ行きに。愛媛に次回行く時は、真剣に調べたいと思います


飲み物つながりで、埼玉・秩父市の「かえでのラムネ」。秩父地方のメープルエキスを使ってるソウですが、幾らナンでも季節外れ過ぎて‥残念乍ら没ネタに。予想してた程クドく無く、サッパリと甘い飲み物でした


最後に先日「山形の産品中心の八百屋」で買いました、秋田県南部だけの春の名物「ふくたち(福立ち)」。秋に収穫しきれず深い雪に埋まった白菜は、種を残そうとする為に中心部に「花芽」を作るンだとか。つまり激しい寒中の荒行に耐えた、白菜の菜の花でございますナ。ソレは栄養満載に成るソウで、春の訪れを告げる「嬉しい旬の野菜」として、雪融けと共に収穫され「御浸しにして」食べるンだってサ。秋田でも北部の人は知らない野菜だソウですが、問題はソレが何故「山形の産品中心の八百屋」に在ったのか?お隣りの山形でもコレを食べるンでしょうか?




| 2012.03.30 Friday (08:14) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS