きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1757 【お肉料理53】W杯を控える大泉で「ブラジルの肉」を


大泉町にも、高さ四十mのタワーが在る!ソレは「いずみの杜」と云う勤労福祉施設の展望台ですが、上からの撮影は禁止だとか。何でも「プライバシー侵害」と、周囲の住宅から文句が出たンだって。はぁ?


私ぁ全く忘れてましたが、サッカー・ワールドカップ(W杯)が来月の明日から始まるンだソウですヨ。開催地は地球の真裏のブラジルで、六十四年ぶりの南米でのW杯だとか。なのに・・驚く位に盛り上がってません。

以前と違って日本代表も「出場出来る」のがフツーに成りつつ有り、しかも今回は予選リーグでの一喜一憂が少ないママに、早々に出場決定しちまったのが影響してましょうか。間際に成れば多少話題に成るかナ?

バ韓国と共催だった点を除けば、十二年前の日本大会はほぼ完ぺきな開催だったと思いますが、今回のブラジルは・・果たして大丈夫なのかしらん。聞く処に依れば、まだ半分近くのスタジアムが出来てないらしい。

数か月前のソチ五輪は、開会式前日まで突貫工事してましたが、ブラジルは間に合わない可能性が・・。何しろ開催の決定時は絶好調だった経済が悪化し、大不況下での開催に。再来年はリオ五輪も控えてるのに。


東武小泉線の終点・西小泉駅から三km近くも伸びてるのは、「日本の道100選」にも選ばれた「いずみ緑道」。埼玉・熊谷市まで繋がる筈だった鉄道線の跡で、毎月ココで「世界の料理フェスタ」が行われます

開催決定は平成十九年(2007)秋で、ほぼ一年後に悪夢のリーマン・ショックが発生し、世界経済はドミノ倒しでオカシク成った。日本も多少以上の影響を受けて、長い不況に突入したのを皆さま方も覚えてる筈。

処がブラジルは無影響で、世界経済第六位まで大成長!コレを聞いた日系ブラジル人は、大挙して帰国して行きますヨ。全国で三十数万居た彼らが、二十万ほどに減ったとか。大震災の影響も有ったでしょうがネ。

全人口の二割近くが日系人だった群馬・大泉町も、随分減っちまったとか。私ぁココが好きで年に何度も訪ね、今回も今年二度目の大泉。確かに日系人も、彼ら相手のレストランやお店も減ったナと実感致しますヨ。

ですが今はブラジルより、日本の方が景気は良い位だとか。前回W杯じゃブラジル代表が勝つとカーニバル騒ぎに成ったソウですが、今回はドウ成りますやら?日本最大のブラジルタウンに、賑わいは来るかナ?


私メの一押しゆるキャラは、群馬県庁の「ぐんまちゃん」。年齢不詳・性別不詳・コスプレ大好きな仔馬チャンですが、ブラジルタウン大泉じゃ当然の様にサンバを踊ってますヨ。毎年九月にカルナバルが開催されるソウで、一度は見に行きたいンですが・・勿論ぐんまちゃんの踊りを

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都千代田区丸ノ内」への訪問記です★

(参考リンク)
★「外国人の居住比率が全国一」大泉町観光協会HP
★「ブラジルタウン」大泉町観光協会HP
★「東京から千円で行けるブラジル」デイリーポータルZ・HP
★「群馬県の大泉町をブラブラしたのは、春の香り漂う頃のことじゃった〜」お父さんの旅ブログ
★「活きな世界のグルメ横丁」群馬B級スポットHP
★「在日伯人数、20万人を切る=リーマン後は毎年漸減=法務省が統計を発表」ニッケイ新聞HP
★「リトル・ブラジルの50代女性『ケイザイ悪い。ブラジルに帰る』」ブラジルニュース
・アルベルトジマオンHP
★「SAMURAI BLUE」日本サッカー協会HP
★「ブラジルW杯、過去最悪の準備出遅れ」I B Times HP
★「大泉町でブラジル料理や買い物を満喫しよう!OPS」新・諸国まいう〜記ブログ

★ブラジルレストラン「カザ・ブランカ」の食べログ

(関連する記事)
★「お〜ら!ぶらじりあ」シリーズ
★「
614 【名物パン47】アンジェリカのブラジルパン」
★「752 【歴代宰相05】小泉サン発祥の地『大泉町』」
★「753 【国内で海外旅行04】群馬・大泉町は、とてもブラジル」
★「887 【お肉料理20】群馬・大泉町は南米がいっぱい!」
★「1104 【呑みモン33】なぞの南米ジュース『カシュー』‥大泉」
★「1197 【お肉料理32】カッピン・ドウラードが移転しました‥鶴ヶ島」
★「1272 【呑みモン35】なぞの南米ジュース『チチャ・モラーダ』‥大泉」
★「1309 【名物パン121】桜咲く大泉でブラジル名物『タピオカパン』」
★「1756 【麺類色々128】満開のツツジと『ひもかわうどん』・・館林」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(ブラジルよりも、韓国・平昌冬季五輪の方がもっと不安ナンですが)


ブラジル料理は好きナンだけど、問題は言葉が良く判らないンで注文が上手く出来ない。だからブラジルじゃ当たり前だと云う、ビュッフェスタイルのレストランに行く事に成りますネ。大泉町にゃ何軒かソレが在り、ブラジル国内での地域性が違うのか?微妙に味付けが違うンで面白いンですが、今回も「カザ・ブランカ」さんへ。ショッピングモール・オプスの奥の店で、ココのはちょいと塩っぱい感が・・。ですが肉の使い方が上手く、牛・豚・鶏・その他とイロイロ盛って参りました。なのに一つとして料理名は判らない・・あぁ悔しい。もぅ暫く肉は見たくない位に食べられますが、基本的に日本人向きの味付けじゃ無いンで覚悟が必要ですヨ




| 2014.05.11 Sunday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1756 【麺類色々128】満開のツツジと「ひもかわうどん」・・館林


館林市の市制六十周年を記念して、県立から市立へ今年移管された「つつじが岡公園」は、歴代館林城主によって保護・育成にされて来たツツジ園。室町時代の末からココには、ツツジが自生してたンだとか


ナンだかまるで気が触れたかの様に桜を追い求め、先月は拙宅の在る東京や関東のみならず、西は大阪城まで・北は福島市まで花見の旅を続けた私メでございます。我ながら「酔狂極まる」と呆れるばかりです。

ま、花の盛りに興味を持つ年齢に成ったと云う事ナンでしょうネ。以前は「キレイだな」と思うだけだったのが、最近は愛おしく思う様に成って来た訳で、ソレだけ老化が進んだのか?尤も詳しい種類まで知りませんが。


徳川四天王の一人「榊原康政」公が館林藩十万石を立てますが、その孫・忠次公が元々在ったツツジに加え、領内各地から銘木・古木を移植させた・・とされてますヨ。一番の古木はナント樹齢八百年!だとか

別段悪い趣味じゃ無いンで、酔狂で済む程度に続けたいと思いますが、何処までハマって良いモノか?適当な「いい加減」を見定められるのか、自分を信用出来ン・・。「毒食わば皿まで」な我が性質が恨めしい。

群馬・館林市へ行って参りました。ココは関東有数のツツジの名所で、去年まで「混むから・・」と遠慮してた街。なのに行っちまったンだから、桜以来の熱病はまだ鎮まってません。何しろ、花の盛りは短いからネ。



館林は江戸の北の抑えとして重視され、徳川綱吉公(後の五代将軍)を初め、幕府のおエライさんが藩主を代々務めてます。その面々が庇護したンだから、立派なのは当然か。現在は約一万株も植えられてます

昨年の今頃は埼玉・菖蒲町へ参り、「しょうぶ」「あやめ」「花菖蒲」の違いを学ぶ酔狂でしたが、今度は「ツツジ」「サツキ」の違いを学ぼうじゃ無ぇか!桜の咲く寸前にゃ、「木蓮」「コブシ」の違いも学んだコトだし。

館林の「つつじが岡公園」は三百数十年も続く、歴史有る大ツツジ園。毎年GW前後の開花期は、花見客が殺到して大渋滞に成りますネ。処が訪ねた時は、覚悟した割に混んでない。身動きが取れぬ程じゃ無い。


園内は見事なツツジばかりでしたが、見渡す限り赤〜ピンク〜赤紫系の色ばかり(白も在りましたが)で・・正直「真青や黄色も見たい」。如何にキレイでも「過ぎたるは及ばざるが如し」だと、改めて思いましたネ


と云うのは、館林のツツジは去年殆ど咲かなかったらしく、ソレに懲りちゃった人が結構居たみたい。なぜ全滅したか?明確な理由は結局判らなかった様ですが、日本有数の館林の暑さが影響した・・てな説が。

尤も最近急に暑く成った訳じゃ有るまいし、うーん良く判らン。判ったのは「ツツジは葉より先に花が咲き」「サツキは花より先に葉が伸びる」事と、「サツキは低木」だが「ツツジは巨木に成る事も有る」てぇ事でした。


つつじが岡公園はこの「城沼」を挟んで、館林城と向かい合ってます。お城の濠代わりの東西に伸びた沼で、チョット移動しましたらガチョウやキジを目撃しましたヨ。ツツジの季節だけ、渡し船が走ってます


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県邑楽郡大泉町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「東京スカイツリーから約70分」館林市観光協会HP
★「狐が縄張り?館林城」埋もれた古城HP
★「立派な総構えの城がありました」館林城の再建をめざす会HP
★「つつじが岡公園ガイド」つつじが岡公園総合管理事務所HP
★「つつじが岡公園(群馬県館林市)」公園へ行こう!HP
★「2年ぶりのツツジ、炎のように 館林で見ごろ」東京新聞ウェブHP
★「ツツジとサツキの違いは?」ふしぎの森のふしぎ先生ブログ
★「群馬のうどんはトイレットペーパーサイズ」Daily Potal Z HP
★「U−1グランプリ優勝☆館林・花山うどん」温泉にいらっしゃいブログ

(関連する記事)

★「751 【揚げモン26】犬公方と『たたき揚げ』‥館林」
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」
★「1273 【カレー焼16】史上最強の二十歳の御曹司‥尾島」
★「1309 【名物パン121】桜咲く大泉でブラジル名物『タピオカパン』」
★「1397 【名物パン129】菖蒲町に菖蒲の花を見に行こう!」
★「1710 【お米料理118】『純レバ丼』とモクレン咲く運河・・東陽町」
★「1733 【やきそば183】桜咲く桐生で『ポテト入り焼きそば』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(館林はコレからドンドン暑く成り、今年も四十℃に達しましょうか?)


「B級グルメで町おこし」ブームも終わりかけてますが、諦めきれないトコがいじらしく「○○グランプリ」とかやって、ナンとか話題に成ろうとしてますネ。昨年開催の「U−1グランプリ」なる全国うどん大会で優勝し
たのが、館林の「ひもかわうどん」でしたヨ。チョット待て!ひもかわは同じ群馬でも桐生市の食い物だろ・・と一瞬思いましたが、同じ東毛地方の館林でも昔から食べてたとか。何しろ群馬は全国有数のうどん県(大阪府より消費量は多いとか)で、珍しい麺類が独自発展した様です




| 2014.05.10 Saturday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1734 【今川焼き18】桜咲く赤城山で「栗まんじゅう」を


上毛三山の一つ「赤城山(あかぎやま、1828m)」は、約五十万年前に出来た、広大な裾野のカルデラ式火山。講談・国定忠治の「赤城の月も今宵限り」の決め台詞で全国にその名が知れた、日本百名山です

私メら講談にゃ、善悪勇卑・強弱高低と様々なジャンルがございますヨ。基本的にはお偉い方の目出度いお噂が多いンですが、もちろん悪い奴らのも有りまして、盗賊とか毒婦とか傾城とか‥救われない話も多い。

師匠・神田松鯉曰く「根が悪い奴は善人の話をやりたがり、良い奴は悪党の話をやりたがる」ソウで、当然私メは善人の話ばかり高座で口演してますネ。ま、悪党の講談を読むのは、生半可な実力じゃ無理ですし。

侠客伝。つまり「強きを挫き、弱きを助ける」のを旨とした、渡世人の講談も有りますゼ。平たく言っちまえばヤクザみたいなモンですが、任侠道と云う美学を尊び、ソレに殉じようとすると「侠客」扱いに成るみたい。

有名な人だと、東海遊侠伝の「清水次郎長」サン。或いは名月赤城山の「国定忠治」サン辺りでしょうか。尤も世間が抱くイメージは、昔の講釈師が美化しすぎた嫌いが有って、実際に「侠客」だったか判りません。


昨日ご紹介の群馬・桐生市は桜が散りかけでしたが、赤城山の裾野を登って行くとご覧の満開に。チョット登っただけなのに、こんなに開花時期が違うとは‥赤城山頂で咲き出すのは、もう少し先なんでしょう

赤城山麓の国定村で、文化七年(1810)に生まれたのが長岡忠次郎こと、ご存じ「国定忠治」。天保の改革から黒船来航にかけての大変動期で、幕府は失政を続けて全国が混乱しますが、特に群馬は酷かった。

もはや無政府状態で役人は頼りに成らず、商人・農民は自分らを守って呉れる「新たな秩序」を求めますヨ。ソレに答えたのが忠治を代表格とする侠客達で、「お素人さんにゃ手は出さねぇ」と自衛団も同然の扱いに。

ですがその行状は「無戸籍の博打うち」で「人を殺したお尋ね者」と、余り褒められたモンじゃ無い。ですが一種のカリスマだったのは確かな様で、忠治の縄張りじゃコソ泥も空き巣も居ない。治安は安全極まりない。

加えて自己宣伝が上手かった様で、幕府に捕まって磔にされる際も、派手な衣類に身を包み、見守る庶民らに向って銭を蒔いたとか。すっかり話題と成り、アウトロー・ヒーロー「侠客」として喧伝されたンでしょうナ。


赤城山麓の忠治温泉の下、約三kmの坂道に千数百本のソメイヨシノが植えられてますヨ。コレが群馬じゃ有名な「赤城南面千本桜」で、まさに満開!毎年十万人の花見客が訪れるソウで、ほんとキレイでしたネ。ただココに至る道路が大渋滞で‥違法駐車が横行して大変でした

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「福島県郡山市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「前橋まるごとガイド」前橋観光コンベンション協会HP
★「赤城山ポータルサイト」群馬県・赤城山広域振興協議会HP
★「赤城 満開の桜と歴史を巡る旅」群馬県・赤城山広域振興協議会HP
★「群馬県赤城南面千本桜を観てきました!」知恵の小袋HP
★「国定忠治公式ファンクラブ」上州忠治茶屋本舗HP
★「虚構の義賊 国定忠治伝()」足利尊氏HP
★「810夜『走れ国定忠治』」村岡正剛の先夜千冊ブログ
★「藤掛屋[栗まんじゅう/カステラまんじゅう]」焼まんじゅうを食らえ!ブログ

(関連する記事)
★「041 【名物パン03】群馬ではパンに餡子を混ぜる」
★「378 【粉なモン06】伊勢崎で「いかパン」は怒ってるらしい」
★「510 【野菜果物19】ココはドレだけ栄えてたンだろう?・・桐生」
★「511 【粉なモン07】珍妙の極み!コロリンシュウマイ」
★「784 【団子饅頭28】臨江閣と『焼きまんじゅう』・・前橋」
★「1510 【名物パン146】『ビスロール』で町興しは無理だろうか?‥桐生」
★「1733 【やきそば183】桜咲く桐生で『ポテト入り焼きそば』を

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(もちろん私メにゃ国定忠治さんの講談を読むのは、まだ無理ですネ)


赤城山で桜を観ながら食べようと、麓の桐生市から持って参りましたのは、桐生の名物「藤掛屋の栗まんじゅう()」と「かすてら焼()」でございますヨ。但し共に同じ粒あんで栗なんて一切入ってませんし、カステラ生地な訳でも無い。焼けると栗みたいな格好に成る・・と、皮が少し甘くてカステラみたい・・てな命名理由の様ですナ。桜咲く坂道を歩いてチョット草臥れましたンで、この穏やかな甘さが有難く感じられましたゼ




| 2014.04.20 Sunday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1733 【やきそば183】桜咲く桐生で「ポテト入り焼きそば」を

お蔭様で本日、四十五歳に成っちまいました。四捨五入すると五十歳・・うわぁ。まさかそんな!

桐生市の本町一丁目・二丁目界隈は、国の伝統的建造物群保存地区に指定されてます。ココが織物業で一番栄えた、江戸末期から昭和初期の「店蔵」と云う建物が多く残り、ソレが新たな形で活用されてます

東京から桜を求めて西へ向かい、遂には大阪まで行っちまった私メですが、今度は群馬・桐生市へ参りました。東京は八重桜に成りましたが、同じ関東でも北関東の山沿いは、ソメイヨシノがま〜だ咲いてますナ。

今年は東京でも半世紀ぶりの大雪で大騒ぎでしたが、同じバレンタインデーの大雪で山梨県と同様に、トンでもない目に遭ったのが群馬県でしたヨ。例えば前橋市は、従来記録の倍以上の積雪に成っちまった様。

桜の咲くのが遅いので判る様に、群馬の冬は東京よりも確実に寒く、基本的に雪には強いンだが‥と前橋出身の我が師匠(神田松鯉)は申してましたが、幾らナンでも今冬は凄過ぎて‥ドウにも成らなかったらしい。

そんな群馬でも、今回訪ねた桐生市等の「東毛地域」は殆ど雪の降らないエリア。ソコに史上最高の四十五cmも降り(東京とほぼ同じです)、慣れてない分だけ大混乱と成り、エラク難渋されたとか。大変でしたネ。


北関東や埼玉県は、雷が多く落ちるエリア。ソレを避けようと「雷電神社」が多いですが、桐生の雷電神社はオオシマザクラが満開でした。でもコレからは雷除けだけじゃ無く、雪除けのも必要に成るかしらん?

流石に桜の咲く季節と成り、大雪はすっかり溶けて跡形も無いですが、桐生辺りでも少し郊外に出れば、豪雪に押し潰された儘の農業用ハウスが残ってたりする。群馬県全体で二百五十億円を超える農業被害。

隣接する栃木・埼玉両県の被害まで入れると、一体ドレだけの額に成っちまうのか?想像するだけで恐ろしく成りますが、コレが地球温暖化の影響なのか・・。火力発電所をフル稼働させた儘で良いか、心配です。


だからと云って太陽光発電等は不安定で信頼出来ないし、原発を再稼働させるのも‥。創意工夫の国ニッポンですから、確実で安全な代替エネルギーが確立されるでしょうケド、暫くはドウすりゃ良いンですかネ。

ソレはさて置き、桐生は春爛漫でポッカポカ。相変わらず中心街は寂れた儘で、立派な街並みが残ってるのに勿体ない。桐生も機械産業の盛んなトコですンで、豪雪に成らぬ新たな技術が生まれて呉れませんか。


桐生は「東の西陣」と称した位で、戦前は織物業で大いに栄えた街。当時の繁栄を残す洋館が幾つも残ってます。コレは昭和九年(1934)に建てられた「桐生織物会館旧館」で、当時流行したスクラッチタイルを多用した立派な建物で、現在は「織物記念館」として活用されてます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「群馬県前橋市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「桐生WALKER」桐生観光協会HP
★「桐生 観光と物産探訪」桐生観光会HP
★「桐生市の町並み」古い町並みを歩くHP
★「転倒、倒壊、被害甚大 史上最高45センチ超の積雪」桐生タイムスHP
★「群馬県、農業ハウス倒壊1万3000棟」日本経済新聞HP
★「桐生雷電神社(群馬県桐生市)」神社仏閣史跡巡りブログ
★「桐生織物会館旧館」桐生市役所HP
★「千三百年の歴史と伝統を誇る『桐生織』」桐生織物協同組合HP
★「ほりえのやきそば」桐生ガスプラザHP

(関連する記事)
★「378 【粉なモン06】伊勢崎で『いかパン』は怒ってるらしい」
★「446 【やきそば21】太田焼そばと呑龍さま」
★「510 【野菜果物19】ココはドレだけ栄えてたンだろう?・・桐生」
★「511 【粉なモン07】珍妙の極み!コロリンシュウマイ」
★「808 【今川焼き09】冬はやっぱり足利でパンヂュウ!」
★「809 【やきそば47】萌えおこしと足利『ポテト入りやきそば』」
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」
★「1260 【粉なモン21】げに恐ろしきチャルメラシューマイ2‥足利」
★「1308 【やきそば121】桜咲く足利で『肉汁がけ焼きそば』」
★「1510 【名物パン146】『ビスロール』で町興しは無理だろうか?‥桐生」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(福島第二と女川の原発は無事だったのを、マスゴミは黙ってますナ)


群馬の桐生・太田市と、栃木の足利・佐野市は県境を超越した都市圏「両毛」地区を形成してますナ。このエリアの特徴は「焼きそば屋が異常に多い」と云う事で、それぞれ特徴あるソレが揃ってるンで、私メにゃとても嬉しいですゼ。桐生には「子供洋食」と云うジャガイモの炒め物が有りますが、ソレに麺を入れると「ポテト入り焼きそば」に成りますヨ。足利にも同名のモノが有り、桐生とほぼ同じモノが出て参りますが、県が違うから改めてご紹介を。両毛の中でも桐生と足利は特に親しく、同じ県だったら間違いなく合併すると言われる間柄。食嗜好は同じ様です




| 2014.04.19 Saturday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1563 【名物パン158】群馬だけの文化「上州みそパン」・・下仁田


一体ナンと云う岩山なのか?碓氷峠の裏道で、長野・軽井沢町から群馬・下仁田町へ抜ける「姫街道もみじライン」沿いにゃ、如何にも西上州らしい巨大な一枚岩の絶壁がアチコチに。他所じゃ見られない奇景です

日本中ドコでも、或る程度以上の規模の「峠」と云うモノは、ソレを挟んで隣り合う地域間に、著しい文化の壁を生じさせちまうモンでございますネ‥と、昨日の記事を打っててソウ思った私メですヨ。何時になく高尚な出だしですナ。

尤も切欠は大して高尚なコトじゃ無く、長野の県民食「ビタミンちくわ」が隣りの群馬県じゃ売って無い・・てぇ阿呆らしい事に、今更ながら気付いたから。両県間には標高九百六十mの「碓氷峠」と云う、大きく険しい峠が在ります。

「天下の険」と称した箱根峠より、百m以上も高い!古墳時代から交通の難所として知られ、中世には「東山道」・近世には「中山道」の関所が設けられ、関東と中部地方との文化・経済・その他諸々の境界とされて来たトコですヨ。

長野側が群馬側より、約五百五十mも標高が高い!東京スカイツリーの上の方の展望台が四百五十mと聞きますンで、ソレ以上の標高差か‥成るほど文化の壁が生じる訳だ。幹線の県境としては、国内最高の標高差です。


同じ「姫街道もみじライン」沿いに、コレまた奇妙な格好の岩が・・。「夫婦岩」と称してるソウですが、一体ドウ云う訳で‥こんな絶妙なバランスに成っちまったのか?地震で転がる事なく、夫婦ともに草生してますナ

明治に成って東京・大阪間の「中山道本線」を敷こうとしたモノの、余りの標高差に当時の技術では不可能とされ、代りに東海道沿いに敷かれる事に。やがてコッチにも線路は出来ますが、機関車を増結して強引に登ってた。

だもんで文化の壁は打破出来ず、北陸から運んで来る「ビタミンちくわ」は碓氷峠の西側の町・軽井沢まで行かないと食べられない。尤も「ビタちく」に私ぁソレほど執着してませんので、無ければ無いで一向に構わないンですが‥。

逆に長野に無いのが、群馬名物「みそ料理」。みそ料理と云っても煮込むのは少なく、田楽風に塗るのが主体。群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」は甘辛い上州味噌を、皮だけの串刺し饅頭に塗って焼く。茹で蒟蒻にも塗る。

或いは柔らかいフランスパンの中にも塗りますヨ。むしろ厳冬の長い信州の方が味噌文化が栄えてるべきなのに、ナゼ伝わらなかった‥やっぱ峠か?そんな碓氷峠は混むンで、「姫街道もみじライン」へ迂回したがる私メです。


私メ的には「姫街道もみじライン」等と呼ばず、本来の「和美(わみ)峠」と呼んだ方が判り易いンですが‥。上信越道や国道十八号線の碓氷峠が渋滞時でも、コッチは大抵空いてるンで迂回路として使ってますヨ。ただ半端ないクネクネ峠道ですンで、余程自信が無い人は避けた方が安心かナ?バイクだと最高に楽しい道ナンですが‥和美峠の紅葉はちょうど今が盛り。余り見惚れてますと、谷底に転落するンでご注意を!

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区大塚」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「下仁田町の観光」下仁田町役場HP
http://www.town.shimonita.lg.jp/m04/
★「かぶら・ぶらぶら街道」かぶら・ぶらぶら街道推進協議会事務局HP
http://www.npogunma.net/g-kabura/
★「姫街道もみじライン」下仁田ネギ販売HP
http://www5.kannet.ne.jp/~kogure-inc/sanpo/part9.html
★「旧中山道 紅葉の碓氷峠 2013」ゆうやけHP
http://yuuyakehp.yu-yake.com/usuitouge3.html
★「長野県の県民食 ビタミンちくわ」スギヨHP
http://www.sugiyo.co.jp/bitachiku/
★「群馬県の『焼きまんじゅう』を食べ歩き」マイナビニュースHP
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/13/039/
★「f・Dijon みそパン」焼きまんじゅうを食らう!ブログ
http://mesousa2.exblog.jp/17728656

(関連する記事)
★「744 【団子饅頭25】終わりの始まりと『味噌まんじゅう』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=792
★「784 【団子饅頭28】臨江閣と『焼きまんじゅう』・・前橋」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=789
★「1119 【お米料理74】『下仁田カツ丼』と峠越え」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1198
★「1144 【名物パン90】天狗と紅葉と『みそパン』と‥沼田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1217
★「1562 【保存食品40】軽井沢のツルヤで『フレッシュザーサイ』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1632

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(大地殻変動が起こるまでは、群馬も長野も真っ平だったらしいンですが‥
)

下仁田町の道の駅で「焼きまんじゅう」を食べましたが、群馬人じゃない私メには味噌の甘辛さが余り得意じゃ無く、また食べると口の廻りがベトベトに成るンで、二年に一度くらいで良さそうナ。けれど「みそパン」は大好きで、ソレを県内に知らしめた沼田市・フリアン洋菓子店さんへ時々参る位ですが、今回は第一パンさんの「上州みそパン」を。第一パンは群馬県内に工場が在るらしく、ソレ故の群馬限定商品として結構前から売ってた様。フリアンさんのよりは大人しめの味で、コレだったら「上州のみそ文化」はドウにも苦手だと云う方にも、大丈夫かも知れませんナ




| 2013.11.17 Sunday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1510 【名物パン146】「ビスロール」で町興しは無理だろうか?‥桐生


JR桐生駅近くの商店街ですが、郊外の大型店やSCとの競争に負けたのか?実にガラーンとしてます。昔は「西の西陣・東の桐生」と自らを称し、絹織物産業でエラク栄えたトコだった筈なんですが‥。妙に寂しい

群馬県東部の桐生市へ参りました。栃木・足利市に接する県境の街で、人口は十二万弱。同じ群馬の太田市や、この桐生や足利市辺りは県境を気にせず、独自経済圏を築いて居りますネ。「両毛経済圏」とか呼ぶンだそうナ。

江戸時代まで「上野国(こうづのくに)」と称していた群馬も、「下野国(しもつのくに)」と称していた栃木も、元々は同じ「毛野国(こく)」。ソレが広過ぎるンで、京都により近い群馬を「上」・遠い栃木を「下」として別けただけ。

その過程で同じ「け」と云う読み方で、「毛」が「野」に変化した様ですが、詳しいコトは学者センセにでもお尋ね下さい。私メら講釈師も寄席の楽屋じゃ「先生」と呼ばれますが、「先ず生きてる」てなセンセだから役に立ちませんゼ。

ソレはさて置き、同じ両毛の足利や太田は結構訪ねてますのに、桐生に来るのは久しぶり。前回は大震災の数日前で、まだ風寒い季節でございましたヨ。そうか、アレから二年半以上も経ったンですナ。時の流れはホント早い。


養蚕や織物で栄えた街だけに、ソレに関連する立派な建物が方々に。コレは「国立桐生高等染織学校」本校舎で、大正四年(1915)に建てられたモノ。現在は群馬大学理工学部の「同窓記念会館」に成ってます

足利・大田・桐生の三都市トライアングルで、東京から一番奥に在るのが桐生の街。実際、東京・浅草駅からこの三都市へと向かう、東武のビジネス特急「りょうもう号」の終点も桐生ですナ。その分、一番地味な感じがします。

「焼きそば」で売り出した太田市は、スバル(富士重工)の本社が在って今も元気。また足利は足利将軍家の郷地として、北関東じゃ珍しい歴史溢れる街。処が桐生は‥ココも産業は盛んな様だし、近代の産業遺産は多いンですが。

震災前に訪ねた時は、繊維産業で栄えた街特有の「のこぎり屋根の工場」をドウにか再活用しようとしてましたヨ。そして今回、二年半経って訪ねたらソレの再活用は進ンでるモノの、何だかソコで止まっちゃってる感が‥。アレ?

私メの様な通り縋りの寄席芸人風情がトヤカク申す事じゃ有りませんが、もっとドウにか成らんモンかナ?桐生の人も勿論懸命に考えて居らっしゃるでしょうが、前回より寂れた感のする中心街をブラ付いて、心配に成った私メです。


他所の街の「のこぎり屋根の工場」は、トタンで出来てる安易なのが多いですが、桐生のソレは煉瓦等で出来てる立派なのが結構多く、ドンドン再活用して欲しいモンです。因みにこの工場跡はパン屋兼カフェに改装されてまして、下のご紹介の「ビスロール」はこちらで購入しました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「栃木県日光市足尾町」の訪問記です★

(参考リンク
)
★「桐生WALKER」桐生観光協会HP
http://www.kiryu-walker.net/
★「両毛へいらっしゃい」両毛広域都市圏総合整備推進協議会事務局HP
http://www.sunfield.ne.jp/ryoumoukouiki/
★「桐生の産業観光 ノコギリ屋根工場と近代化産業遺産」桐生商工会議所HP
http://www.kiryucci.or.jp/sangyou-kankou/sangyoukankou.top.htm
★「のこぎり屋根の残る町」プラスエフ建築設計室HP
http://plusf.co.jp/2011/10/17/
★「群馬大学工学部同窓記念会館(群馬・桐生市)」そぞろ歩き2ブログ
http://blog.goo.ne.jp/k-ono_002/e/a24feba3794a37842104a8a610d53f85
★「【上州ファン倶楽部】桐生の地パン『ビスロール』」コメ美味食文化論2ブログ
http://ameblo.jp/ani-054983/entry-11562721734.html
★「ビスロール。」東京暮らしも18年目ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/isonon/diary/201011040000/

(関連する記事)
★「445 【保存食品14】足利は『もえおこし』を狙ってます」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=508
★「446 【やきそば21】太田焼そばと呑龍さま」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=509
★「510 【野菜果物19】ココはドレだけ栄えてたンだろう?・・桐生」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=544
★「511 【粉なモン07】珍妙の極み!コロリンシュウマイ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=545
★「809 【やきそば47】萌えおこしと足利『ポテト入りやきそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=888
★「1105 【名物パン87】家電戦争と高崎だけの『バンズパン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1188
★「1144 【名物パン90】天狗と紅葉と『みそパン』と‥沼田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1217
★「1260 【粉なモン21】げに恐ろしきチャルメラシューマイ2‥足利」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1333
★「1308 【やきそば121】桜咲く足利で『肉汁がけ焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1381

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(東武鉄道って、沿線観光地のアピールの仕方が今イチ下手なんですよネ
)

群馬県は「高崎市のバンズパン」「沼田市のみそパン」だけじゃ無く、他にもローカルパンの多いトコでございますヨ。もちろん桐生にも有りまして、ソレが桐生名物「ビスロール」。ビスケットとクロワッサンの相の子みたいなパンでして、懐かしい感じのする甘い生地をクルクル巻いて焼き上げた、桐生じゃドコのパン屋に行っても置いて有る、桐生だけの昔からの味。この桐生は「桐生風のソースかつ丼」「ひもかわうどん」「こども洋食」「コロリンシュウマイ」「アイス饅頭」「栗まんじゅう」「花パン」等々の、他所じゃ滅多に見ない珍しいモンが沢山在るトコ。名物の無い街なら「街の命運をコレに賭けるしかない!」級のモンが多いのに、埋もれさせてるってホント勿体無いですナ。特にビスロールなんか「いけてる」と私ぁ思うンですが‥。東京で売ってたら、私ぁ買いに行きたい位ですゼ




| 2013.10.02 Wednesday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1309 【名物パン121】桜咲く大泉でブラジル名物「タピオカパン」


空が花曇で真っ白ナンで目立ちませんが、群馬・大泉町の「城之内公園」は桜が満開!ココは室町時代中期に築城された「富岡城」址を整備したトコで、中世の城址がコレ程キチンと残ってるのは実に珍しいです

北関東での花見が続きます。昨日は栃木・足利市でしたが、今日は群馬・大泉町。県が違うンで結構移動した様に思われるやも知れませんが、群馬の東端地域と栃木の西端地域は随分と入り組んでまして、ほぼ隣りの町ですヨ。

もう何度もご紹介してますが、この大泉町は「在住外国人の比率が日本一高い」街で、その殆どは日系ブラジル人とその家族たち。人口約四万の内、ナント約十五%が外国人らしく、街中アチコチにポルトガル語が書かれてます。

私ぁブラジル料理が大好きなモンで、東京から車を飛ばして年に何度も大泉を訪ね、腹を膨らませ満足して引き上げるのを繰り返してますが、基本的にブラジル料理店や食料品店しか行ってませんで、観光ナンてした事が無い‥。

ま、日系文化に触れるのも観光と云えば観光ナンですが、お花見で足利まで折角行った事だし、ならば帰りに大泉にも寄って「お花見しよう」。如何してソレ程までにお花見を繰り返さにゃ成らンのでしょうか?自分でも判りません。


「富岡城(小泉城とも)」は全国の小泉姓の発祥地で、築城されたのは延徳元年(1489)。余り大きなお城じゃ無いですが、本丸のお堀の周りは桜がズラッと植えられてて実に見事!城址と桜はホント良く似合います

町内にゃ「富士重工(スバル)」や「(元サンヨーだった)パナソニック」等の巨大工場が建ち並び、その敷地の中にゃ沢山の桜が植えられてますが、私メみたいな部外者を入れて呉れる筈も無く‥、ハテ?何処に行ったら良いのかナ。

そうだ!ココにゃ街中に城址が在った筈。以前訪ねた事が有りますンで、大体の場所は判るからソコに行こう!城址に桜は付き物で、きっとキレイに違いない‥と向かいましたら、何やら真っ白に成った一角が遠くから見えますゼ。

富岡城址は真っ白な雲の中‥いや満開の桜の中に埋まって居り、強い花冷えにも拘らず、結構な人出に成ってましたヨ。でも「やっぱり大泉だナ」と感じさせて呉れたのが、ポルトガル語でも書かれた「花見の皆さんへ」なる看板。

英語や中国語・朝鮮語で記された看板は方々で見ますが、ポルトガル語は珍しい。気付けば花見客の多くが向こうの言葉で話してまして、日本文化に中々馴化出来ない彼らでも、「桜の美しさ」は判るンだと感心した私メでした。


警告看板が矢鱈立ってる公園で、ポルトガル語でも書かれた「花の皆さんへ」だけじゃ無く、「直火でのバーベキューを禁止します」てな看板も有りましたヨ。と云う事は‥直火バーベキューでお花見した連中が居たンでしょうネ。異文化交流はホント難しく、コレまで様々な衝突・摩擦を重ねて来た筈。でも「桜の美しさ」に、人種や文化は関係ない様です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都中央区東銀座」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「日本文化と外国文化の融合した独特な雰囲気」大泉町観光協会HP
http://www.oizumimachi-kankoukyoukai.jp/
★「城之内公園」大泉町役場HP
http://www.town.oizumi.gunma.jp/10shisetsu/1288683222-3.html
★「小泉城@群馬県大泉町」山城調査日記&城郭関連情報ブログ
http://castleinformation.blog.so-net.ne.jp/2012-01-05-1
★「桜〜SAKURA〜〔大泉町*城之内公園〕」BECCANブログ
http://beccan.blog56.fc2.com/blog-entry-2494.html
★「ベンヴィンド!ぶらじるがい」ブラジル街HP
http://brasil-navi.net/
★「焼きたてのパン屋さん・トミ」ブラジル街HP
http://brasil-navi.net/shop_info30.html

(関連する記事)
★「752 【歴代宰相05】小泉サン発祥の地『大泉町』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=779
★「887 【お肉料理20】群馬・大泉町は南米がいっぱい!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=970
★「1104 【呑みモン33】なぞの南米ジュース『カシュー』‥大泉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1187
★「1272 【呑みモン35】なぞの南米ジュース『チチャ・モラーダ』‥大泉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1325

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(おでんや焼肉なら判りますが、バーベーキューで花見って‥文化が違う!)

大泉町に何軒か在る、日系人向けのブラジル食品スーパー。日本人だって買うのは大丈夫で、私ぁ色々と不思議なモンを買って参りますが、意外と美味しいのが「ブラジルのパン」。現地そのモノの味の筈で、他所じゃ滅多に見ないンで実に面白い。左上が「ブラジル風のフランスパン」で、左下はブラジルの国民食「ポンデケージョ」。コレはタピオカ粉から作った、モチモチとした食感のチーズ入りのパン。そして右下が「タピオカパン」と云う、これ又モチモチとした‥鶏肉入りのパンで、腹が結構膨れますヨ(右上はナンだか忘れました)。東京でも売って呉れんかなぁ




| 2013.04.05 Friday (08:00) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1273 【カレー焼16】史上最強の二十歳の御曹司‥尾島


長い源平の争いの中盤の主役と云えば、源氏の棟梁・源義朝公の長男にして、史上最強の二十歳「悪源太義平(あくげんたよしひら)」公ですヨ。そのお墓がナント群馬・太田市に‥(看板は合併前の尾島町の儘ですが)

歴史の流れの中で、すっかり忘れ去られた英雄・豪傑の類は幾らでも居りますナ。敗れ去って忘れられた者や、折角勝ったのに不都合有って消し去られた者。より優秀な者の影に隠れてしまったり、悪名ばかりが喧伝されてたり。

逆に実際は大した事無いのに、ナゼか妙に有名だったりする者も居て、全く歴史てぇのは理不尽の積み重ねでございますナ。ま、「勝ち残った者の都合が良い様に」編集されたのが歴史だから、ドウにも仕方無いンですけどネ。

今から九百五十年ほど前、平安時代の終り頃に「源義朝」公と云う武将が居られますヨ。昨年の大河ドラマの主役・平清盛公のライバルだった方で、いわゆる源氏の棟梁とされてた人ですゼ。朝廷に重用され、家門を隆盛させた。

全く「英雄、色を好む」で、子供を沢山作って居られます。まず三男が後に鎌倉幕府を開いた「源頼朝」公。六男が平家追討の総大将「源範頼」公で、八男坊が有名な「源義経」公。何とも凄い兄弟ですが、長男はもっと凄かった。


読み取れましょうか?清泉寺の境内にゃ「悪源太義平之墓」と刻まれた石碑が!義平公の奥方が、太田市辺りを本拠にしてた新田氏の娘で、京都で処刑された義平公の首を、密かに持ち帰ってココに弔ったとか‥

ソレが「源義平」公と云う御曹司。余りにも勇猛で「悪源太」と云う異名が付けられますが、この場合の「悪」とは強いと云う意味です。一族内の主導権争いの末、僅か十五歳の義平公は叔父の屋敷に攻め込み見事に討ち取ります。

因みに討ち取られた叔父さんの子供が、後に京都に攻め込んだ「木曾義仲」公だったりするンですが‥。ソレは兎も角、父と共に武家社会への大変革期を懸命に乗り切ろうとし、やがて迎えた「平治の乱」。源氏平家の直接対決。

敵の御曹司・平重盛が率いる五百騎の大軍を、悪源太は僅か十七騎の坂東武者だけで散々に蹴散らすのが「平治の乱」の見せ所ですが、武運拙くやがて源氏は大敗北。父は東国へ落ち延びる途中、騙し討ちで落命してしまう。

処が僅か二十歳の悪源太は諦めず、平家への復讐を狙って京都に潜伏。しかし密告で捕らえられ、「俺を生かして置くと何が起こるか判らんぞ、早う首を取れ」と大見得を切って、六条河原で斬られてます。全く凄い御曹司ですナ。


清泉寺サンは「廃寺?」と思ってしまう荒れ方でしたが、悪源太のお墓は全国でココだけですから‥もっと大事にしましょうヨ。さて旧尾島町は徳川将軍家が「ココがルーツ」と言い張ってる、古くからの歴史有る街。清泉寺サンのすぐ近くに道の駅が新規オープンして居り、訪ねてみればこの車「スバル360」が展示して有りましたヨ。そうか‥ここら辺は合併して太田市に成ったけど、太田と云えば「スバルの富士重工」の本拠地でございましたナ。今の軽自動車に比べると、随分とまぁ小さいのねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「スパゲティ・ナポリタン」を考えてみます★

(参考リンク
)
★「尾島町の名所」やまとふぁーむ にいじまHP
http://www.sunfield.ne.jp/~niijima/main-6.htm
★「日本史人物列伝・源義平」よろパラ〜文学歴史の10〜HP
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoropara/retuden/retu00338.htm
★「源義平の墓参り」運気アップのコツ有りますby満月斎ブログ
http://ameblo.jp/mangetsusai-anex/entry-10991871204.html
★「SUBARU360」スバルWEBコミュニティHP
http://members.subaru.jp/know/museum/subaru360/
★「幻の味!!群馬初上陸!!太田新名物」あら!モード焼きたづめブログ
http://locoplace.jp/t000195189/
★「故郷の味を群馬に あら!モード焼きたづめ」桐生商工会議所HP
http://www.kiryucci.or.jp/tayori/kaiin-kitazume2012.5.htm

(関連する記事) 
★「377 【名物パン31】ザ・ルーツ・・徳川家の場合[世良田篇]」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=450
★「812 御主君様に八百年ぶりのご挨拶‥修善寺」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=855
★「883 【カレー焼10】高山彦九郎と太田『あら!モード焼き』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=980
★「目次【カレー焼】シリーズ」
http://rifuh.jugem.jp/?cid=36

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(この方が生きてたら鎌倉幕府が成立する訳は無く、歴史は変わってた筈だ)

道の駅でスバル360を見ながら、「太田市にゃ、以前行ったカレー焼き屋サンが在るナ」と考えた私メ。まだ営業してるのか急に不安に成り、早速向かってみましたら‥良かった、潰れないでまだ営業してらぁ。カレー焼とは細長い今川焼き状のモノで、中身はカレーペーストやら餡子やらクリームやら色々で、主に西日本で昔流行った食べ物ですナ(発祥は広島・福山市)。同じモノを関西じゃ「アラモード焼」と呼ぶ事が多かった様で、大阪出身の店主サンが嫁いだ群馬県で「あら!モード焼」として復活させて早や数年。何しろ関東じゃ馴染み薄いモンだから、冬は兎も角、猛暑で知られる群馬で大丈夫か‥他人事ながら心配してた私メでございますヨ(横浜に出来たカレー焼屋は、数年で潰れちまいましたネ)。ですが生き残りの為に知恵を絞って‥えぇ?カレーは無いの‥。どうもカレーペーストはレギュラーメニューから脱落した様で、時々思い出した様に作るとか。その代わり、餡子やらクリームやら甘い中身は健在で、純粋に「細長い今川焼き」化してるみたいです。ソコで今回は「ハムマヨネーズ()」と「レアチーズ()」を一本ずつ。群馬県の観光キャラクター「ぐんまちゃん」の焼印まで入って、着々と土着化が図られつつ有りますヨ。取り敢えず現地点では、ココが東京から一番近いカレー焼屋です




| 2013.03.05 Tuesday (08:00) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1272 【呑みモン35】なぞの南米ジュース「チチャ・モラーダ」‥大泉


大泉町の表玄関は、東武鉄道小泉線の終点「西小泉駅」。日中は二両編成のワンマン電車が一時間おきに走るだけで、実に閑散としてます。線路は埼玉・熊谷市まで延ばされる筈でしたが、戦争でオジャンに‥

日本最大の日系ブラジル人の街たる、群馬・大泉町にまた来てしまった私メでございます。元々は同じ日本人だったとは云え、生まれ育った文化基盤が違い過ぎて、既に違う人種と考えた方が判り易いかも知れない彼ら日系人。

日本人らしく「郷に入ったら郷に従え」を忠実に実行し、南米大陸の文化に無事馴化出来たのは良いモノの、その孫子が出稼ぎで日本に帰って来たらば、逆の「郷に入ったら」が最早出来ませんで、方々で文化摩擦を生じてますヨ。

日系人の就労を認めた二十数年前の段階で「ボタンの掛け違い」が生じ、互いに期待し過ぎたのが悪かったンでしょうが、在日の輩と違って日系にゃ同じ血が流れてますンで‥ネ。ホント難しい問題ですナ、文化の価値が違うって。

私メの廻りじゃそんな摩擦が生じてませンので、全くの外野として無責任に彼らの文化を楽しンでますが、いざ当事者に成ったら‥こんなに呑気で居られるか‥自信は正直有りません。やっぱ自分の安穏とした生活の方が大切だし。


リーマンショックの影響で日系人は大挙帰国しましたが、大泉には彼ら向けのスーパーが(私メの知る限り)五軒も在り、関東全域からお客を集めてます。日本人も歓迎してる様で、今回訪ねたトコにゃこの表示が‥

そう考えると、東京から電車で約一時間半の群馬・大泉町はちょうど良い距離で、私ぁ安心して遊びに行けるンでございますヨ。何しろココにゃ彼ら向けスーパーが何軒も在り、南米各地から輸入された珍しいモンを沢山売ってる。

ソレを見てるだけで、まるで外国に行ったみたいで私ぁ楽しい。但し殆ど買えませんゼ。何しろ使い方の説明書きはポルトガル語ばかりで、残念ながら理解出来ませんのでネ。文盲てぇのはこんな状態ナンでしょうナ、あぁ悔しい。

ですがレストランが併設されてるスーパーが多く、幸いにして食べ放題!コレがブラジルじゃ当たり前の形式らしく、並んでるモンを好き勝手に取って食べるだけ。「注文する」と云う難行をしなくて済むンで有難い、文盲でも大丈夫。

但し文化の違いでしょうナ、肉料理が殆ど!以前も書きましたが「魚料理は負けないが、肉料理は敵わない」。日系人向きの遠慮無しの味だから、口に合わぬ時も有りますが、レストラン毎に味付けが違うンでソレを楽しんでます。


今まで行ってたレストランとは違う「カザ・ブランカ」と云う店で、今回もブラジル肉料理と対決を!集まってる日系人達の(向うでの)出身地が違うのか?ココじゃ皆がご飯の上に肉やら野菜やら乗っけて食べてましたンで、「郷に入ったら」で真似をしてみました。大蒜の味の利いたご飯に、スパイスの効いた牛肉やら豚肉やら鶏肉やら。そしてナゾの菜っ葉の炒め物‥日本と文化が違う!ココの味付けも現地的で、実に過剰で宜しいですナ。どうか穏和な形で、彼らとの共存を図りたいモンでございます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県太田市尾島町」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「外国人の居住率は15%で全国一」大泉町観光協会HP
http://www.oizumimachi-kankoukyoukai.jp/
★「ブラジルのことならブラジル街」BemVindo!ブラジル街HP
http://brasil-navi.net/
★「東武小泉線物語」空港探索ブログ
http://1901rjtt-to-roah.blog.so-net.ne.jp/2009-06-21
★「ブラジルな街を散策」旦那様は転勤族ブログ
http://ameblo.jp/mackyland/entry-10845814704.html
★「ペルーの飲み物()チチャ・モラーダ」クスコに死すブログ
http://death-in-cusco.blogspot.jp/2012/05/blog-post_8235.html

(関連する記事)
★「752 【歴代宰相05】小泉サン発祥の地『大泉町』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=779
★「753 【国内で海外旅行04】群馬・大泉町は、とてもブラジル」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=780
★「887 【お肉料理20】群馬・大泉町は南米がいっぱい!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=970
★「1104 【呑みモン33】なぞの南米ジュース『カシュー』‥大泉」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1187

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(飽くまでも彼らのエリアですから、邪魔や迷惑にならない様に注意してます)

味付けが合ったンで、あぁ良く食った!すっかり腹が膨れ上がった私メで、スーパー店内にゃ美味そうな現地モノが結構並んでますのに、少しも欲しくない‥東京からわざわざ来たのにネ。結局ジュースだけを買って参りましたが、面白いのがグロリア印の「チチャ・モラーダ」ジュース。コレはブラジルじゃ無く、同じ南米ペルーの伝統飲料でして、紫とうもろこしの甘〜いジュースでございますヨ。ポリフェノールたっぷりの健康飲料ですが、やっぱ文化が違いますナ。とうもろこしでジュースを作るとは




| 2013.03.04 Monday (08:00) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
1119 【お米料理74】「下仁田カツ丼」と峠越え


群馬・下仁田町は妙義山やら荒船山やら、奇岩・巨岩だらけの岩山群に囲まれた県境の街。往年は蚕糸産業で大いに栄え、現在はコンニャクと葱の大産地。かつての大繁栄を伝える豪勢な建物が多いトコです

今は無くなりましたが長野・群馬の県境、つまり「碓氷峠」を通るJR信越本線は(幹線鉄道としては)日本一勾配がキツイ区間でして、フツーの電車じゃとてもとても登れないンで、後押し用の機関車を繋げて無理やり走ってました。

その機関車を繋げる時間が必要ナンで、例え特急電車でも峠の下「横川駅」と上の「軽井沢駅」には長々停車し、有名な「峠の釜めし」を買うコトが出来たンですが、余りに非効率だから北陸新幹線開業で廃止されちまいましたヨ。

道路で碓氷峠を越えるのは同じく大変で、国道十八号線の旧道はクネクネ曲がりを呆れる位に繰り返して登ってますし、上信越道は凄く迂回しながら高度差を稼いで登ってます。十八号線の「碓井バイパス」が一番なだらかですネ。

でも上信越道が開通する前は「碓井バイパス」も随分混んでまして、そんな時は「和美峠」と云う裏道を良く通ったモンです。但し凄い迂回ですし、旧道以上にクネクネしてますンで勧めません。慣れて無い人は高速を使って下さい。


下仁田の街外れに、「青岩公園」と云うトコが整備されてます。画像中央の岩畳は「深緑色片岩(通称:青岩)」なる珍しいモンらしく、約六千年前の地殻変動に依るモノだとか。地理は好きですが、地学は苦手です

昨日ご紹介の軽井沢町「レイクニュータウン」は和美峠のすぐ近くで、そのクネクネ道の反対側は群馬県下仁田町。未だにお元気な大勲位・中曽根康弘元首相の地盤で、関東じゃ「コンニャクと葱」のブランド地として知られた街。

軽井沢にじゃ無く、同じ信州の佐久市方面にツーリングに行く時に何度も通過してるンですが(碓氷峠越えは寒いからネ)、良く良く考えてみればマトモに訪ねた事が無い。ならばと意を決して寄りましたが、実に立派な街でしたヨ。

鉄道が碓氷峠に敷かれる前、皆がエッチラオッチラ碓氷峠を歩いて越してた頃。勾配のキツ過ぎる峠を通らずに、群馬と長野県を繋ぐ裏道「姫街道」が下仁田を通ってた。誰だってキツイ道は避けたいンで、姫街道は賑わったとか。

賑やかなトコには産業が興る。世界遺産を目指す「富岡製糸場」の在る群馬県は、全県的に蚕糸産業が昔栄えましたが、富岡の隣り街・下仁田は特に栄え‥当時の繁栄が残ってます。でも裏道の宿命か?今は静かなトコです。


コレからの季節は「下仁田ネギ」が美味いらしいンですが、私ぁ長ネギが正直苦手でして(歯応えの強い九条葱は好きですが)、もう一つの名物「下仁田コンニャク」の畑の風景を。日本中にコンニャクの産地は多いですが、関東じゃ下仁田が一番有名なトコですネ。そして常識の無い馬鹿親ドモの為に、マスゴミから一時メチャクチャ苛められてた、蒟蒻ゼリーの「マンナンライフ」さんは下仁田の会社だったりします。アレは袋の警告表示の意味を理解出来ない馬鹿親達が悪いンで、マンナンライフさんに罪は無いでしょ!私ぁ断固マンナンライフさん、並びに下仁田のコンニャク産業を支持させて貰いますゼ。マスゴミの横暴に決して負けるな!

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都台東区奥浅草」への訪問記です★

(参考リンク)
★「下仁田観光ガイドマップ」下仁田町役場HP
http://www.town.shimonita.lg.jp/shoko-kanko/m03/m08/01.html
★「下仁田町本宿の町並み」古い町並みを歩くHP
http://matinami.o.oo7.jp/kanto1/simonita-honjyuku.htm
★「空から拝景・青岩公園(下仁田町)」読売新聞群馬県版HP
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/feature/maebashi1333380292056_02/news/20120408-OYT8T00094.htm
★「『マンナンライフ問題』(被害者と金の亡者)」生きた経済ブログ
http://freedom-7.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-e681.html
★「下仁田カツ丼」きよしや食堂HP
http://kiyoshiya.jyoushu.com/

(関連する記事)
★「380 【揚げモン08】物持ちの良い街・・群馬・富岡」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=453

(マンナンライフさんはホント気の毒で‥、マスゴミにゃ今でも腹が立ちます
)

下仁田は昔大きく栄えたトコだけに名物が多く、この「カツ丼」も古くから街中で愛されて来たモノの一つ。厚いトンカツを甘辛い醤油タレに潜らせ(煮るンじゃ無い)、山盛りのご飯に乗って出て参りますが‥甘過ぎず辛過ぎずしつこくも無い、ホント絶妙なタレ具合で‥実に美味い!たまたま参りました「きよしや食堂」サンは、昭和十二年の創業から今年で七十五年の老舗。ギュウギュウに詰められた丼飯の上に、カツが二枚も載ってて‥もぅ腹いっぱい。トンカツだけで無く、チキンカツのも頂戴しましたが、実に立派なローカルフード。軽井沢に行き来に如何ですか?




| 2012.10.16 Tuesday (08:00) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS