きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1167 【歴代宰相06】ちょい悪オヤジ「オレ達の太郎!」‥旧麻生町


霞ヶ浦は日本で二番目に広い湖。余りに広過ぎて対岸が良く見えませんが、茨城・旧麻生町の湖岸は暢気そのモノ。ソコで私メもぼんやり雲を眺め乍ら考えた。「麻生首相がもう少し続いて居たら‥日本はもっと」

遂にと云うべきか?やっとと云うべきか?野田首相が衆議院を解散し、師走の総選挙だソウでございますヨ。何処の党に入れて呉れとは申しませんが、どうか投票権は行使して下さいネ。面倒臭がらずに投票には行きましょうネ。

投票して無い奴にゃ「文句を言う資格」は一切無いですヨ。日本の現状に文句を言いたいのなら、投票だけは絶対に行きましょう!そして前回の総選挙であの馬鹿共に投票しちまった方は猛省して、真剣に将来を考えましょうネ。

キレイ事だけほざき廻り、結果的にはナンも出来なかった「嘘吐きで無能ばかり」の現政権与党。恐らくは大惨敗して野に下るでしょうが、一番許せないのは彼奴らじゃ無い。解散の直前直後に与党から脱走してったクズ共ですナ。

信念も信条も全く有ったモンじゃ無い。あのクズ共に比べれば、落選必至を覚悟して現与党から立候補する嘘吐き共の方がまだマシですヨ。出来れば全滅して呉れると私ぁ心のソコから嬉しいンですが、因果応報を思い知りやがれ!


旧麻生町は外様大名の新庄家が、一万石で陣屋を置いた小さな藩。大名と云うより大きな旗本と云った方が判り易いですが、経営は決して楽じゃ無かった筈。現存する家老屋敷は、まるで庄屋さんの家みたいです

茨城県南東部、霞ヶ関の湖畔の「行方(なめかた)市」へ参りました。行方とは難しい読みですが、この辺りの郡名でソレを市名にした。地理マニアとしては実に有難い。何しろ茨城には「つくばみらい市」「小美玉市」と云う悪例が。

平成十七(2005)年に行方郡の三つの町が合併して出来た市でして、その一つに「麻生町」と云うトコが在りましたヨ。江戸時代は一万石の小さな藩が置かれた、霞ヶ浦の水運や漁業等で栄えた人口一万五千ほどの小さな町。

麻生と云うと、自民党最後の宰相「麻生太郎」サンを思い出してしまう私メ。マスゴミのネガティブキャンペーン総攻撃を受け、ソレでも早く解散してたら政権を奪われずに済んだのに、経済の立て直しを優先して敗北した麻生サン。

マスゴミが騒ぐほど何か悪い事してましたか?「世間知らず」なら鳩ポッポ兄の方がよほど著しいわい!無見識な有権者がマスゴミに煽られて、取り返しの付かン事態に成った様な気がすると、霞ヶ浦を眺めながら思った私メです。


残念な事に旧麻生町内じゃ気軽に入れそうな料理屋が見付からず、仕方無しに少し戻って「道の駅」へ行けば、行方市が売り込み中の「行方バーガー」なるモノが‥。新規開発系B級グルメと称するモンは余り好きじゃ無いンですが、背に腹は変えられず、霞ヶ浦特産の鯉のフライが挟まった「こいパックン」を食べちまいました‥ソレじゃ共食いだ。地元の特産野菜もイロイロ挟まってましたが、空腹の所為も有って意外に美味く、コレはコレで良いと考えた私メ。他に「鯰」「豚」「鴨」も有りました

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県稲敷市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「弐湖の国なめがた」行方市観光協会HP
http://www.namekan.jp/
★「麻生藩家老屋敷記念館」行方市商工会HP
http://www.nameshoko.com/kankou/siseki/karouyasiki/
★「麻生太郎潰しの正体」国民の知らない反日の実態HP
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/324.html
★「マスコミはどうやら麻生首相の功績は‥」ねぇ知ってた?ブログ
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-280.html
★「行方バーガー4兄弟」観光いばらきリレーブログ

http://www.ibarakiguide.jp/blog/?p=3396

(二度目の失敗は国の破滅ですから、どうか真剣に考えて投票を願います)

マスゴミから同じ規模のネガティブキャンペーン総攻撃を食らったら、鳩ポッポ兄は周章狼狽し捲り、スッカラ管は見境無く怒鳴り散らし、野田ドジョウ男は大酒に走ったでしょうが、今思うと‥不当に貶められても懸命に耐え抜いた麻生さんは「ホントの紳士だった」。私メだったら、アレにゃ絶対に耐えられないと思いますが、ソレが上流階級ならではの度量ナンでしょうナ。今でも東京・秋葉原には極めて目立つ場所にこの看板が大々的に設置されてまして、サブカルにも理解を示して呉れた宰相「太郎ちゃん」を応援してます。今度の総選挙で安部元首相が復権するでしょうが、天皇陛下と義兄弟の麻生さんの復権は無いンでしょうか?




| 2012.11.29 Thursday (08:00) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
1151 【麺類色々74】荒廃した駅跡と「ナポリミート」‥鉾田


茨城・鉾田市の大竹海岸に行ってみたら、沖合いに凄い雨雲の姿が。この海にも津波はやって参りまして、鹿島灘沿岸もソレなり以上の被害を受けたンだとか。ま、鉾田辺りじゃ海沿いに集落は殆ど無いンですが

茨城・ひたちなか市から鹿島灘沿いに南下し、鉾田市へ参った私メでございます。ココには私メを可愛がって下さる先生が居られまして、その先生に会いに毎年参って居る町でございます。カレコレ二十年ぐらいに成りましょうかネ。

その頃の鉾田は未だ「市」に成ってませんで、茨城県鹿島郡鉾田町とか称してましたナ。JR常磐線の石岡駅から「鹿島鉄道」と云う私鉄に乗り換え、一時間位ガタゴト揺られると終点の鉾田駅。一両編成のディーゼルカーでした。

この鉄道は実にローカルで、途中の殆どが無人駅。冷房機の付いてない古い車両が多く、コレがスゴク揺れるの揺れないの。昼過ぎに乗ったりするとお客さんは途中で殆どが降りてしまい、気付けば私メだけだったコトも有りました。

それに鉾田で大酒を呑み、すっかりグテングテンに成って列車に乗り、JRと乗り換えの石岡駅で気が付けば「おかしい!時間が経ち過ぎてる」。どうやら意識不明のまま、一往復半してやっと目を覚ました‥と云う事だったらしい。


鹿島鉄道の終点「鉾田駅」跡。廃線から数年は駅舎が残ってましたし、車両も置いてあったンですが‥今じゃ残ってるのはホームの残骸だけ。駅前は代替バス等のターミナルに成りましたが、実に閑散としてますヨ

沿線に在る航空自衛隊百里基地への燃料輸送列車の儲けで持ってた鉄道だったらしく、ソレが廃止になってから一気に左前。通勤通学と通院客、ソレに時々やって来る(私メの様な)物好きな旅行者だけじゃ、経営は出来ない。

で、五年ほど前に廃線に成っちまった。私メも鹿島鉄道を使わなく成ってましたンで、精々「へぇソウなんだ」位の感覚でしたが‥今回、鉾田駅跡に何気なく行ってみたら、まるで震災直後の被災地の駅みたいにホームがボロボロ。

この感覚は正しかった。鉾田市自体が北浦と鹿島灘に挟まれた軟弱な地盤で、震災じゃ大変な被害を受けたンですが、駅跡も同じく軟弱地盤で、ホーム付近は液状化現象が発生して、ご覧の様な酷い有様に成っちまったらしい。

営業に使われてるモンじゃ有りませんし、緊急性も無いンで「このまま放置されるンじゃ無い?」との事ですが、ならば「このまま保存しとく」方が良さそうな気がしますナ。あのノンビリとした鹿島鉄道が、妙に懐かしく思う私メです。


日本第二の巨大湖「霞ヶ浦」の支湖「北浦」に、今日も日が暮れて行きますヨ。西陽に照らされた橋は今年開通した「鹿行(ろっこう)大橋」で、その側に震災で一部崩壊して死者の出た「旧鹿行大橋」が見えてます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「きらめく海とメロンの里」鉾田市観光協会HP
http://www.k-hokota.com/
★「鉾田駅保存会」同会HP
http://homepage3.nifty.com/hokota-station/
★「鹿島鉄道廃線跡」旅の者ですが、HP
http://poist.travel.coocan.jp/trips/20121020_kashima/page1.html
★「震災崩落の鹿行大橋、4月26日に新橋開通」茨城新聞ニュースHP
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13300094398290
★「喫茶もんく ナポリミート」茨城グルメ情報いばナビHP
http://ibanavi.net/feature/Weekly/navi129.php

(関連する記事)
★「913 【お魚料理49】今も残る大震災の爪痕と『鯉のうま煮』‥鉾田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1002

(鉾田駅近くの商店街もホント寂れちまって‥震災復興で空き地だらけです
)

鉾田市の中心街に「もんく」と云う古くからの喫茶店が在るンですが、ココの看板メニューが「ナポリミート」なる凄いスパゲッティ。四十年以上も出され続けてる「ナポリタンにミートソースを掛けた」モノで、過剰過ぎる味わいと極太の麺。ご覧のはMサイズですが、Lはこの五割増しナンだとか。トマト味がメインの一般的なミートソースじゃ無く、キーマカレーを一瞬思わせる様に挽肉が多いです。地元の人は学生の頃からコレを食べてるのがフツーだソウで、鹿島鉄道で通ってた学生達もコレを食べてたンでしょうナ。誰もが考えるが誰もやらないモノを、堂々と美味いモノに仕上げた事に脱帽!たった一皿で‥実にお腹一杯に成りましたヨ




| 2012.11.14 Wednesday (08:00) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
1150 【やきそば99】「那珂湊焼きそば」と古いディーゼルカー


ひたちなか市「那珂湊」地区は、栃木・那須連山から流れる「那珂川」の河口の街。高台の「い賓閣(水戸黄門こと徳川光圀公の別邸)跡」から見下ろせば、対岸の大洗町に渡る「海門橋」がキレイに見えてました

茨城県中東部の「ひたちなか市」へ行って参りました。ココは県都・水戸市の東隣りで、人口は約十六万。平成六年に「勝田市」「那珂湊(なかみなと)市」が対等合併して出来たトコで、茨城県内じゃ第四位の都市でございますナ。

ソレにしても茨城県の市名は難しい。「日立市」が在って「ひたちなか市」が在って「那珂市(市に成ったのはひたちなかより後ですが)」が在る。「常陸太田市」「常陸大宮市」も在って‥理解するまで時間が掛ります。あぁヤヤコシイ。

止むに止まれぬ事情有ってソウ成ったンでしょうが‥ネ。私ぁ東京・上野の寄席芸人でして、高座への行き来にJR上野駅を使うと、「勝田」行きの常磐線列車が結構走ってますンで、勝田と云う名前にゃ妙な親しみを持ってました。

処が那珂湊は‥何度か通った事が有ンですが、「観光客向けの大きな魚市場」の在る港街だったナ程度の認識。尤も勝田の方だってマトモに訪ねた事は無いンですが、那珂湊に故有って参った以上、精一杯ブラつきましょうか。


この街も大震災じゃ津波に襲われ、ご覧の「那珂湊おさかな市場」も大きな被害を受けたとか。けれど全力で復旧し、約三ヵ月後には営業を再開してたソウですヨ。色んなお魚が安く売られてて、幸せな気分でした

茨城県の海辺の街に行くと、ドコに行っても大震災の傷跡が残ってて、気分が辛く成りますヨ。あの阿呆揃いの現政府が震災復興予算を、全く違う用途に山ほど流用してたのがバレましたが、成るほど確かに復興は進ンで無い。

魚市場近くの「ふるさと懐古館」なる、江戸時代に那珂湊が回船業で栄えてた頃の大きな蔵を転用した市営資料館を訪ねたらば、震災による損壊で閉鎖されたまま。アレから随分経つのに‥まだかい!コリャ一体ドウ成ってンの。

政府が全く当てに成らンから、自治体や民間が自ら懸命に頑張って、ライフラインや地域産業の基幹から優先して直してる。ココの場合は観光の目玉「魚市場」がソレだった訳で、震災以前に匹敵する観光客が戻りつつ有るらしい。

確かに魚市場は平日なのに結構な混雑でしたが、まだ「戻りつつ有る」の状態で完全に復した訳じゃ無いとのコト。「これからアンコウの美味い季節に成るから期待してンだけど‥」だソウで、頑張って欲しいと思うしか有りません。


JR勝田駅から那珂湊へは、ご覧のディーゼルカー「湊線」でどうぞ。茨城交通と云うローカル鉄道が五年ほど前に倒産し、第三セクター「ひたちなか海浜鉄道」がその運営を引き継いだ様ですが、震災で路盤が崩壊した区間が発生したらしく、全線復旧まで約四ヶ月も掛ったとか。古い車両が多く、「鉄ちゃん(過剰な鉄道マニア)」達に親しまれてるらしい

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県鉾田市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「湊線に乗ってね!」ひたちなか市観光協会HP
http://www.hitachinaka-sa.com/
★「那珂湊おさかな市場」観光いばらき・茨城県観光物産協会HP
http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000001664
★「那珂湊散策」写真の雑記帖ブログ
http://shibanobu66.blog19.fc2.com/blog-entry-748.html
★「港で生まれて50年」那珂湊やきそばのれん会ブログ
http://nakaminatoyakisoba.web.fc2.com/
★「那珂湊焼きそば」観光いばらき・茨城県観光物産協会HP
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/gourmet2012/act1.html

(サッサと総選挙をやって、あの阿呆共を追い出さない限り復興は無理でしょ)

アンコウ料理は高価なんでご勘弁願いまして、代わりに名物「那珂湊焼きそば」を。那珂湊じゃ独自の焼きそばが半世紀ほど前から食べられてまして、ソレに最近気付いて売り出したンだとか。元祖の「すみよし」サンで頂戴しましたが、たっぷりのラードで麺がテカテカ光ってまして、いざ食べると「脂の味しかしないなぁ」。一体ドンナ味付けじゃい!と驚きましたが、お皿の底の方にソースがたっぷり溜ってる。「なるほど絡めて食べるのネ」とやってみると、脂の味が減ってくから実に不思議。寒風吹き荒ぶ港町だから、保温の為に脂っぽいのが好まれたンでしょうか?




| 2012.11.13 Tuesday (08:00) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
1107 【団子饅頭46】野口雨情生家と「磯原まんじゅう」‥北茨城市


震災による津波の直撃を受けてから、約一年七ヶ月経った「野口雨情生家」。奥の資料館は辛うじて床上浸水で済んだソウですが、手前に見えてる生家の瓦は落ち、柱は歪んで引き戸が入らなく成ってしまったとか

お陰さまであと九日で、このブログ旅日記は開設から満三年を迎えます。コリャ全て、こんな電脳界の辺境へ迷い込んで来て下さる皆様方の御声援の賜物と、感謝御礼申し上げるばかりでございます。本当に有難うございます。

当初は隔日更新だったのが毎日更新と成り、記事を重ねて千百七本。探して見れば幾らでもネタは有るモンで、当分は今のペースで進められソウな感じです。三日坊主気質の私メが、良うもまぁ続けられたと呆れるばかりですヨ。

「こんな阿呆なコトにウツツを抜かす私メ」を許して呉れる我が女房殿に感謝するのは当然として、記事の下の方に付いてる「ブログ村」のアイコンを毎日クリックして下さる方が居らっしゃるから、「やる気」が続いて来たンでしょう。

ご来場下さった方全てがクリックして下さると、単純な私メは「やる気」がもっと湧いて参りますが、ソレを強要したり細工するのは不粋ってモンで、宜しければお気持ちでお付き合い下さいナ。ソレにしても色んなコトが有りました。


雨情センセの生家のすぐ傍は、津波が襲って来た太平洋。北の方を見れば、関東と東北の境目たる「五浦岬」の姿が。あの先端付近に在った「日本美術の父」岡倉天心翁の六角堂は、津波に流されてしまいました

一番想い出深いのは、昨春起きた「東日本大震災」。関東〜東北に掛けての大地震と、その直後の長野県北部・静岡県東部の大地震にゃ肝を冷やされました。いや、私メの住む東京は肝を冷やすだけですが、被災地は大変だ。

私メもボランティア等に参りましたが、記事にしちゃ駄目と思うコトばかり。ソレでも何本かは記事にさせて戴きましたが、関東の太平洋側最北の街・北茨城市に在る「野口雨情生家」の記事は、エラク多くの方にご覧戴いた様ですヨ。

震災の少し前に訪ねて居りまして、そろそろ書こうかと思ったら津波に襲われた‥。非常な感銘を受けたトコが惨事と成り、泣きたい気持ちを抑えて記事に致しましたネ。その気持ちが多少は通じたか?再開は早かったソウですが。

以来、北茨城市に行かなくちゃと思って居りましたが、風は思う様に吹かず、震災から随分経ってようやく再訪が叶いました。雨情センセの生家近辺はもっと家が建ってた筈だったのに‥、更地が目立つ現実に辛くなった私メです。


北茨城市の「大津港」は、五浦岬の付け根に在る関東最北の漁港。ココも当然の様に津波に襲われて、人的・物的両方の大変な被害を出してしまいました。その時の爪痕が、今も岸壁にまざまざと残ってますヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「福島県いわき市平地区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「明日を信じて元気!北茨城」北茨城市観光協会HP
http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/
★「震災復興へ必至の努力・野口雨情生家」定年時代・茨城版HP
http://www.teinenjidai.com/ibaraki/h23/07/index.html
★「六角堂と岡倉天心」E−wave Tokyo HP
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col1180..html
★「北茨城市(大津港)の今!!」いわき・うぷすな広場だよりブログ
http://blog.goo.ne.jp/scmsakou/e/6aaae175371c516890bdfdf2efef6f4d
★「磯原名物・磯原まんじゅう」
http://www.ikitai.net/s/sankaikan/isoharamanju1.htm

(関連する記事)
★「565 津波からの復活!野口雨情生家・・北茨城市
http://rifuh.jugem.jp/?eid=603

(北茨城市でも、今頃に成ってやっと再開し始められた旅館等が目立ちます)

思わぬ現実に心が辛い時は、甘いモンでも食って落ち着きましょうゼ。雨情センセの生家の在る北茨城市磯原地区の名物は、昭和四十年から大人気の「磯原まんじゅう」。なんてコト無い「漉し餡の黒糖饅頭」ですが、余りの大人気で毎日お昼過ぎには売切れてしまうンだとか。セッセと蒸してるのに売り切れ覚悟なのには訳が有る。あんまん並みに大きいのに、なんと一個八十円!コレでも最近値上げしたらしいンですが、こんなに安くてコレだけ美味いのなら、私ぁ時々買いに行きたい位。二十個三十個の大量買いは当たり前の様で、地元の人が羨ましいです




| 2012.10.05 Friday (08:10) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
968 【やきそば64】関東を独立させた漢と「辛い焼きそば」・・坂東市


「関東新皇」平将門公の討死された(とされる)場所が、只今は神社に成ってます。ソレが茨城・坂東市の「国王(こくおう)神社」でして、その周辺市町にゃ将門公に拘わる史跡が沢山!今でも将門公は英雄の様です

茨城県の西南部を訪ねて居ります。この辺りにゃ昔、日本中を震撼させたトンでも無い「漢」が居りました。ソレは関東全てを手中に収め、京都の平安王朝に反旗を翻した「関東新皇」こと、平将門公と云う痛快な「漢」でございます。

時代は千百年ほど前。関東に「武士」と云う新勢力が台頭し始めた頃のお噂ですが、茨城県西南部を本拠地とした豪族に「平将門」公と云う、桓武天皇から五代目の御曹司なのに、実に関東的に気風の良い兄ちゃんが居りますヨ。

その頃の千葉と茨城両県は「高望王流・桓武平氏(俗に云う坂東平氏)」の本拠だったンですが、この坂東平氏は一族の仲が宜しくない。隙有らば領地を奪い取られる仁義なき戦いで、他人より親戚の方がよっぽど信用ならない。

そして将門公もまた、一族の抗争に巻き込まれてしまった。京都の朝廷に出仕してる間に有力者だった父親が死に、ソコで帰郷したら領地は全て伯父サンに奪われてた‥。でもココはジッと我慢だ、まだ爆発するにゃ早過ぎらぁ。


坂東市(旧岩井市)の中心街は普段は淋しいトコですが、活性化を願って月一度、国道を閉鎖してバザールをやってます。全く偶然だったンですが、珍しい川魚料理が愉しいねぇ!ココは関東平野のほぼ真ン中です

ソコで未開だった常陸国岩井(現:坂東市)の原野を開拓し、一族のゴタゴタから独立して暮らしてたのに、又しても伯父サンが嫌がらせをして来た。コレには堪忍袋の緒が切れ、将門公は第一次大爆発!伯父サンを討ち果たす。

処がその後処理が上手く行かず、将門公は第二次大爆発!怒りに任せて東奔西走・斬って斬って斬りまくり、フト我に返ると「あれれ‥何時の間にか関東を全て占領しちまってたヨ」。さぁ京都の朝廷は上を下への大騒ぎですゼ。

「この勢いじゃ、いつ都に攻め込んで来るか判らん」てな事で、大軍勢を送り込み、ドウにか将門公を討ち果たして一件落着と成った訳ですが、「ワシらもやれば凄いじゃん」と武士階級が台頭する切欠に成ったのは、確かな事実。

こうして将門公は「伝説の漢」に成った。但し朝廷からすれば恐怖の対象としての「伝説」だったンですが、東日本最強の祟り神・将門公は味方にゃ優しいお方。今でも私メら東夷の守り神、そして首都東京の守護神でも有られます。


将門公が活躍した関東平野は「焼きそば屋」の多いトコでして、特に本拠地だった坂東市周辺はソレが多い!旧岩井市の中心街に「美味しい焼きそば屋」が在ると前々から聞いてまして、訪ねてみたら何軒も何軒も在りまして、ドレが評判の店か全く判らん!或る程度のデータは事前に用意して出かけるべきだと反省しましたが、「えぇい儘よ」と飛び込んだ「奥村氷店のやきそば」。到ってオーソドックスな焼きそばでしたが、お店のオジちゃんが「コショウを掛けるとイイよ」と頻りに仰るんで、騙されたと思ってやってみましたら‥ありゃ美味い!他にもカレー並みに辛い「激辛焼きそば」が有ったりと、コチラは辛い方に突っ走りたい様です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「栃木県大田原市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「平将門 ゆかりの郷」坂東市観光協会HP
http://bandokanko.jp/
★「発見!!いばらき/平将門」茨城県庁HP
http://www.pref.ibaraki.jp/discover/monthly/legend/11.html
★「岩井散歩:平将門ゆかりの地を行く」時空散歩ブログ
http://yoyochichi.sakura.ne.jp/yochiyochi/2009/09/post-69.html
★「こうや食堂@岩井」くろふねが出かけたらアゲるスレ・ブログ
http://d.hatena.ne.jp/jranar/20110730/1312009099

※奥村氷店の情報は、残念乍らWEB上に見付かりませんでした。
 
(関連する記事)
★「538 【東京十社06】江戸総鎮守・神田明神
http://rifuh.jugem.jp/?eid=587

(将門公を虐めた伯父サンの直系の子孫が、ナント平清盛公だったりします
)

「奥村氷店の辛い焼きそば」も美味かったですが、ナンとなく釈然としないンで、改めて坂東市まで「焼きそばを食べに」行って参りました私メ。今度は地図を持ってったンで、噂の「こうや食堂」に無事に辿り着けました。そして「特大」を持ち帰りにしたンですが、ココのは麺がボソボソに切れてるのが特徴らしく、まるで「神戸のそば飯」の飯抜き状態ですヨ。尤もそば飯程に味は濃くも無く、「足りなかったらウスターを掛けて」的な、控え目だけど確かにソース味と云った塩梅でした。だけど隅っこに「唐辛子粉」が纏めてふられてまして‥この街は焼きそばに辛さを求めて居るンでしょうか?焼きそば専業店の数と云い、謎が深まる坂東市だ




| 2012.05.29 Tuesday (07:58) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
967 【お肉料理23】謎のバブル城と石下名物「若鶏の丸焼き」


本当のお城は河川改修の為に消滅しました‥断じてコレは本物じゃ無い。「豊田城(常総市地域交流センター)」なる茨城・旧石下町のシンボルで、笑っちゃう位に史実に基いてません。あぁバブル時代の遺物だねぇ

関東平野は無駄に広く、「ドコまで行っても真っ平」なトコでございます。この「ドコまで行っても真っ平」と云うのは、関東以外にお住まいの方にゃ少々判り辛い感覚でしょうナ。何しろコレだけ広い平野は、国内じゃ他に無いですし。

先日開業したスカイツリー辺りから下界を見廻せば、イヤに成っちゃう位に真っ平な関東平野が尚更判るだろうと存じますが、その真っ平の中に唯一出っ張ってるのが「筑波山」。茨城県の西南部に聳える、標高877mの山です。

決して高い山じゃ無いンですが、他に出っ張ってる部分が無いンで、関東平野ん中じゃ目立つ目立つ。江戸っ子からは「西の富士、東の筑波」と尊ばれ、古くから霊地扱いされてた山。ですがその麓に、コレまた目立つヘンな物が。

ソレが今日訪ねた、茨城・常総市の「豊田城」。お城を「ヘンな物」扱いするのは不敬ですが、ココは「ヘンな物」扱いで構わないと思うンです。だって‥史実に基づかない偽物ですし。熱海城と同じ位に胡散臭い、現代のお城です。


坂東太郎・利根川の最大支流「鬼怒川」が、旧石下町を南北に貫いてます。昔は「絹川」とか「衣川」と呼ばれてた様ですが、増水し出すと手が付けられないンで、明治時代に「鬼が怒る」と云う字に成ったンだとか

平成四年と申しますから、バブルの最末期ですナ。当時の事情は全く判りませんが、図書館や体育館・博物館にホールを併せ持つ複合施設として、旧石下町は「地域交流センター」を建設した。ソレ自体は悪いコトじゃ有りません。

処が‥一体ドウ云う訳なのか?お城としてソレを建てちまった‥この街にお城は確かに在ったけど、ソレは室町〜戦国時代のお話で、こんなに立派なモンじゃ無いし、大体が場所が全く違う!ナニがナニしてドウするとコウなる?

「オラの街に観光の目玉を」てな事だったろうと思いますが、残念ながら違和感の塊で‥見てて恥ずかしい事この上無い。現在は合併で常総市に成ってますが、ランドマークとしての価値は在る様で、突拍子すぎて目立つコト‥。

大きな建物が他に在りませんので(某新興宗教の巨大神殿なら在るけど)、たまに筑波山の近くへ来るとこの「豊田城」を見て、私ぁ大体の位置を把握して居ります。でも‥お城って昔はドコでも、この位に目立ってたンでしょうナ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県坂東市岩井」への訪問記です★

(参考リンク)
★「都会の喧騒から逃れてほっと出来る街」常総市観光物産協会HP
http://www.joso-kankou.com/
★「ホンモノは水の底・豊田城」埋もれた古城HP
http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Shiro/Kantou/Ibaragi/Toyoda/
★「豊田城訪問記(前編)」あやしい城HP
http://www.interq.or.jp/leo/d-one/jc-toyoda.html
★「もも焼〜クロサワ 常総市」たー坊の頑張ろう茨城!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/schtq821/28468473.html

(豊田城と同じ茨城県西部にゃ、NHKの時代劇専用撮影所も在ったりします
)

豊田城の近くに、石下名物「若鶏の丸焼き」のクロサワ本店が在りますヨ。ウチは夫婦二人だけですンで(量の多い)丸焼きは避け、手羽とモモ焼きを買って参りましたが、カレー味と云うか八角風味と云うか?ナンだか不思議な隠し味が為されてる様。ただ‥本店は場所が判り辛いねぇ




| 2012.05.28 Monday (07:36) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
966 【野菜果物34】間宮林蔵と板橋不動と「筑波落花生」‥つくばみらい


東京じゃ無い、ココは茨城県「板橋不動尊」。つくばみらい市の板橋に在る「清安山願成寺」と云うお寺サンで、約千二百年前に弘法大師の建立だとか。東京の板橋不動より、コッチの板橋不動の方が立派ですナ

親の稼業が全国転勤組でしたンで、東京・新宿区や静岡市葵区等々を引越しし乍ら育った私メですが、生まれましたのは板橋区。そして只今住んで居りますのも板橋区。細かいエリアは違いますが、生まれ故郷に帰った訳です。

また師匠(三代目神田松鯉)も区内在住ですンで、私ぁナニか無い限りココに住み続けるだろうと思ってます。と成ると当然、「板橋」と云う字を見ると気に成って仕方無い。良きに付け悪きに付け、ニュースで板橋と聞くと気に成る。

板で出来た橋が掛かってた‥程度の由来ですンで、漢字を使うエリアにゃ同じ板橋が珍しくない。私ぁ台湾・板橋市と韓国・板橋市までわざわざ見物しに行った、ホント愚かな奴でございますゼ。きっと中国大陸にも在ンでしょうナ。

故有って茨城県の南西部を移動してましたらば、「板橋不動はコチラ」と云う看板を見付けた。ウチの近所にゃ「板橋不動通り商店街」と云うのが在るけれど、こりゃ恐らく別の板橋不動だな。時間に余裕も有るし、行ってみましょう。


板橋不動サンにゃ「安産にまつわる白犬伝説」が有るソウでして、その関係なのか?狛犬がご覧の通りにエラク可愛いンですヨ。如何してこんなにリアルなのか全く判りませんが、思わず嬉しく成っちまった私メです

暇で物好きで、無駄にフットワークが軽いのが私メの取り得でして、その板橋不動に行って参りましたヨ。場所はつくばみらい市、数年前まで伊奈町と称してたトコですナ。ソレにしても「つくばみらい」って、他の名前は無かったの?

平成の大合併に伴い、茨城県内は盛んに合併が行われまして、南西部の筑波地方は珍妙な自治体名の大連発!中でも一番の傑作が「つくばみらい市」で、地理好きは頭を抱えたモンでございますヨ。誰か止めなかったのか‥。

今更言っても始まりませんし、住民各位が納得してンなら仕方無いですが、チョット珍妙過ぎませんか?ソレはさて置き、当地の板橋不動は随分な古刹で、板橋区より古いかも知れン位。私ぁ感慨新たにお参りしてまいりました。

処がもう一枚、気に成る看板を見付けた。「間宮林蔵記念館はコチラ」って、あの林蔵サン?私メも「薩摩飛脚」と云う林蔵サンの隠密モノの一席を高座で時折読みますが、へぇココのご出身だったのか!吃驚ばかりの一日でした。

     
板橋不動の在る旧伊奈町は、北方探検を成し遂げた事で有名な「間宮林蔵」サンのご出身地‥!講談では幕府きっての腕利き隠密として鹿児島城に潜入し、薩摩藩自慢の「庭の大蘇鉄」を調べた事に成ってます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県常総市石下町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「観光いばらき・つくばみらい市」茨城県観光物産協会HPhttp://www.ibarakiguide.jp/wp_kanko/city-town-village/tsukubamirai.html
★「板橋不動尊」つくばみらい市役所HP
http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/bunka/13.htm
★「間宮林蔵記念館」つくばみらい市役所HP
http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/bunka/12.htm
★「発見!いばらき 筑波落花生」茨城県庁HP
http://www.pref.ibaraki.jp/discover/products/special/02.html

(地名にはちゃんと意味が有ンだから、一時のイメージで決めちゃ駄目でしょ
)

意外な事実ですが、茨城県は全国第二位の「落花生の産地」ナンだソ
ウですヨ。落花生
(ピーナッツ)と云うと千葉県のイメージしか無かったン
ですが、へぇソウだったのか‥失礼しました。「筑波落花生」と云うソウ
で、つくばみらい市を含む茨城県南西部「筑波地方」の特産品だってサ




| 2012.05.27 Sunday (08:00) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
914 【保存食品20】鹿島神宮とト伝さんと「オレンジらっきょう」


常陸国の一宮にして、日本三神宮の「鹿島神宮」。香取神宮の「経津主神(ふつぬしのかみ)」サマと並ぶ、武芸の神「建御雷神(たけみかづち)」サマが祭神として祀られてます。只今ご本殿は震災からの修復工事中

茨城県東南部の「鹿行(ろっこう)地方」に来て居ります。「鹿行」とは随分難しい言葉でして、パソコンのキーボードに「ろっこう」と入れても、「鹿行」とは出て参りません。鹿島と行方(なめかた)の二つの郡名を合せた地方名ですナ。

二つの郡名の内、鹿島の方は全国的に御存知の方が多かろうと思います。ソレは「鹿島工業地帯」とか「鹿島アントラーズ」とか「鹿島神宮」とかだと思いますが、まず工業地帯は約四十年前から造られた国内有数の重工業地。

アントラーズはサッカーJリーグで一番多くのタイトルを奪ってる、他チームを応援する私メからすれば「実に憎たらしい」チーム。サポーター連の応援が過剰に過激でエラク腹立たしい。でもJリーグを牽引して来た功績は認めます。

「鹿島神宮」は後述しますが、或る意味「茨城で一番有名な市」なのに、市名は「鹿島」じゃ無く「鹿嶋」。十数年前、工業地帯の進展で人口が増えて市に昇格した時‥既に佐賀県に鹿島市が在ったンで、ルールにより字を変えた。


鹿島神宮は鬱蒼とした深い森に囲まれてます。ココは講談でもお馴染みの剣聖「塚原ト伝(ぼくでん)」さんの出身地。ト伝さんは「生涯十九度の真剣勝負・三十七回の合戦に出て無傷」と云う、天下一の剣豪です

お陰で市内は「鹿島」と「鹿嶋」が入り交ざってて戸惑いますが、何よりもこの街の中心「鹿島神宮」サマも、本当は「鹿嶋神宮」と書くらしいから尚更ヤヤコシイ。高天原の神々が日本を征服した時に、一番活躍したのが鹿島の神様。

つまり「建御雷神」サマでございまして、勢い余って朝廷による東国平定の象徴として神武天皇元年(紀元前660年)に、「日立つる国(常陸国=茨城県)」に祀られてます。要するに当時は鹿嶋が「日本の東の果て」だったのネ。

以来神宮は「武芸の神様」として全国から崇拝された訳ですが、同時に「地震抑えの神様」として古くから知られたトコ。なのに‥去年の震災じゃ大きな被害を受けた。何しろ「百トン有る」事で知られた巨大石造鳥居が崩壊した。

境内の「要石」で大ナマズを押え付けてた筈だったンですが、ソレでも起きてしまった大震災。てぇ事は‥神様でも抑え切れない程の大変なモンだったのか?ソレとも神様が抑えて呉れたからあの程度で済んだのか?難しいです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県志木市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「かしまシティガイド」鹿嶋市観光協会HP
http://www.sopia.or.jp/kashima-kanko/
★「神代から、奈良・平安時代へのおさそい」常陸国一之宮 鹿嶋神宮HP
http://www.kashimajingu.jp/wp/
★「鹿嶋神宮」風流韻事ブログ
http://zza700.blog.so-net.ne.jp/2011-04-20
★「諏訪大明神のお札、因縁の鹿島に 東北から漂流か」茨城新聞HP
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13033129647891
★「塚原ト伝全国キャンペーン実施中!」鹿嶋市役所HP
http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=3391
★「茨城オレンジ対決 煮いかVSらっきょう漬け」茨城王イバラキングHP
http://www.ibaraking.com/archives/3092

(巨大鳥居は観光客を避けるかの様に、ゆっくり内側に倒れてったソウです
)

全国でも鹿行地方だけと思いますが、ナゼかココら辺の「らっきょう」はオレンジ色してる!一体ナゼ?ドウしてこんな色してるの?理由やら必然性やら全く判りませンが、とにかく「鹿行のらっきょうはオレンジ色」。でも蜜柑の味がする訳じゃ無く、白いのと大して変わらン‥。神代の頃からの伝統を誇る「天下の三神宮」鹿島神宮サマが相手じゃ、やる事なす事に意味を探すのは無理なのかナ?ひょっとしたら神話に載ってる?




| 2012.04.06 Friday (08:09) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
913 【お魚料理49】今も残る大震災の爪痕と「鯉のうま煮」‥鉾田


鉾田市の鎮守さま「鉾神社」。毎夏に盛大なお祭りが行わますが、震災の影響で昨年は中止。昨夏訪ねた時は鳥居はヒビだらけ、境内は地割れが走り社殿は傾いてましたが、何とか修復された様で安心しました

茨城県の東南「鹿行(ろっこう)地方」を訪ねました。参りましたのは「北浦」と云う南北に長い湖の最北の湖畔の街、数年前に近隣の二村を吸収し、人口五万人で「市」に成った鉾田市。「日本一」が幾つも有る農業が盛んなトコ。

この街にゃ以前からお付き合いがございまして、私メは前座の頃から時折参って居るンでございますが、「日本一」が幾つも有るとはチットも知りませんでしたヨ。ナンでも自治体単位での産出額日本一が、現在四つも有るらしい‥。

まず「メロン」。鹿島灘沿いの基本的に砂っぽい土壌ですから瓜類の生産に走るのは当然で、前々から関東有数のメロンの産地と認識してましたが、合併したら一躍!産出額日本一に躍り出てしまったらしい。ほぉソウだったか。

ソレに「さつまいも」の生産も、その他「ごぼう」「みず菜」の生産も、合併で日本一に躍り出ちまったらしい。ナンだか昔の合体ロボット漫画みたいで、「一人一人は小さいけど」「力を合わせたら日本一だ!」てな感じでござンすナ。


北浦に架かる「鹿行大橋」の中央部が、東日本大震災の強い揺れに耐え兼ね崩落し、通行中だった車が水没して犠牲者が出てしまいました。もともと新しい橋を掛ける工事中でしたンで、古い橋の復旧は諦めた様

けど歓んでばかりも居られない。「砂地土壌」で「海と湖に挟まれてる」とは、即ち「地盤が弱い」と云うコトで‥あの大震災の影響を過剰に受けてしまったらしい。津波は押し寄せる、橋は落ちる。街中は液状化して大変だった様‥。

昨夏訪ねた時は予想を大きく上回る被害に戦慄を覚えましたが、流石に多少は修復されてる様で、街中アチコチ道路工事だらけ。けれど屋根瓦が壊れてブルーシートを被った家は多いですし、被災したまま放置された家も目立つ。

そして何より「日本一の農産物類」が放射能の検出による出荷中止や、検出されなかったモノでも風評被害をモロに被り、鉾田の経済は大打撃を受けてしまったらしい。幾らナンでも気の毒過ぎる、関東でもこんな辛い街が在る。

とかく東北地方だけに眼が行きがちですが、関東地方のコレ程東京に近いエリアでこんなに被害が出、そして未だ悪影響を引き摺った儘だとは‥。今も茨城県じゃ大きな余震が頻繁に起きてますが、何とか応援したいと思います。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県鹿嶋市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「きらめく海とメロンの里」鉾田市観光協会HP
http://www.k-hokota.com/
★「大震災情報−−鹿行大橋崩落」木屑鈔(ぼくせつしょう)ブログ
http://blog.livedoor.jp/moneslife/archives/51618100.html
★「鉾田市農産物の放射線測定 シール交付し安全アピール」茨城新聞HP
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13262032298175
★「鯉料理 鯉のうま煮 鯉こく」鉾田市・コモリ食品HP
http://komori.fdblog.jp/

(昨夏は余りにも痛々しくて記事に出来ませんでしたが、今回は書けました
)

津波が押し寄せた鹿島灘に面した街でも在りますが、鉾田は湖の街でも在りまして、大小様々な淡水魚料理が美味いトコ。で、名物の「鯉のうま煮」を頂戴しましたが‥コレって共食いに成るンかな?鯉料理と云うと信州・佐久地方のモンって云うイメージが有りましたが、実は茨城県は「鯉の養殖生産量が日本一」でして、北浦や霞ヶ浦で育ててます。農産物だけじゃ無く、水産物までとは大したモンですナ。がんばれ鉾田!




| 2012.04.05 Thursday (07:39) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
767 【団子饅頭27】大洗の「みつだんご」


茨城・大洗と北海道・苫小牧間の、商船三井フェリー「さんふらわあ号」がちょうど入港中。コレに揺られて北海道ツーリングへ参りましたなぁ‥

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

昨日ご報告の石岡市に続き参りましたのは、同じ茨城県の大洗町。太平洋に面する鹿島灘沿い最北の街で、海水浴やマリンレジャーで有名な観光地。東京からだとチョット遠いですが北関東、特に栃木県民に愛用されてるトコ。

と同時に、関東全域のバイク乗りにゃ有名なトコ。一体ナニが有名かと申しますと、大洗の港からは北海道行きのフェリーが日に二便出てまして、コレに乗らないと北海道ツーリングは容易に楽しめない。陸走して行くにゃ遠過ぎる。

最近その機会に恵まれないンですが、バイク乗りは夏に成ると「ナンもかも打ち捨てて」北海道へ超長距離ツーリングに行きたがるモノでして、私メだとて例外じゃ無く、かつては毎夏参って居りました。お陰で人生壊しましたが‥。

ただ四輪と違い「レンタルバイク」ナンてぇのは滅多にございませんし、もし有っても「我が愛車で走りたい」ンで、そんナのを利用しようと云う気にゃ成りませんゼ。だモンで、手間暇かけて大洗からフェリーで北海道へ渡る事に成る。


千百五十年ほど前に建立されたと謂れある「大洗磯前神社」。那珂川の河口を挟んで向かい合う対岸の「酒列磯前神社」と、「二社一対」と云う関係です。画像に細工した訳じゃ無いのに、芝生が凄く緑色でした

今回は渡道してる余裕は無いンで、入港したてのフェリー「さんふらわあ号」を眺めてるだけでしたが、こう寒く成ると船腹から出て来るバイクはほぼ居りませんナ。でも全く居ない訳じゃ無い、ギリギリまで北海道に居た脱出組が。

「俺も昔はあの仲間だったンだ」と暫らく感慨に浸ってましたが、今更あの生活に戻ると「人生を壊す」だけじゃ済まン。「人生を捨て」なきゃ成らん。ソレに踏み切る事が出来なく成ったと云うのは、生き方が守りに入った証左でさぁ。

でも大洗近辺は他にも北海道的な雰囲気が感じられるトコで、何しろ「セイコーマート」が在る!何じゃソリャ?と云う方が多いでしょうが、セイコマは北海道にゃ矢鱈と在る「ミニスーパー的なコンビニ」で、道外にゃ滅多に無いのヨ。

道外のセイコマは、茨城と埼玉県に少しだけ在るらしいです。さて「故郷の訛り懐かし停車場に」じゃ有りませんが、若かりし頃の「愛と放埓の日々」の思い出を、擦れ違う大荷物搭載のバイクから感じ取ってた私メでございました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「普及し始めた米粉食品」について考えます★

(参考リンク)
★「よかっぺ大洗 ようこそ!海のリゾート大洗へ」大洗観光協会HP
http://www.oarai-info.jp/top.htm
★「通称:おおあらいさま」大洗磯前神社HP
http://oarai-isosakijinja.or.jp/
★「さんふらわあで行く、首都圏・北海道の船旅」商船三井フェリーHP
http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml
★「北海道じゃ無敵!」セイコーマートHP
http://www.seicomart.co.jp/
★「大洗名物『みつだんご』を食す」いばらき北関.comHP
http://www.ibaraki-kitakan.com/cms/modules/bulletin/article.php?storyid=506

(原発爆発の影響で、大洗の今夏の海水浴客は九割減‥だったソウですヨ
)

大洗にゃ独自の進化を遂げた不思議な食べ物が幾つか在る。タコ焼き器で焼いて作った扁平な団子に、甘みの弱いみたらし風のタレを掛けた「みつだんご」。町内の何店舗かで売ってますが、一本たったの六十円




| 2011.11.18 Friday (08:07) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS