きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
715 【お肉料理15】堪忍しなのの善光寺‥長野市


ご覧の本堂は国宝、定額山善光寺。天台宗「大勧進」の貫主と浄土宗「大本願」の上人のお二人がご住職と云う、ナンとも不思議なお寺サン

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

今回は信州北部の中心都市にして、長野県の県都・長野市へ参りました。言わずと知れた善光寺サンのお膝元で、もともと長野と云う地名は善光寺の門前町一帯のコトだったソウですヨ。恐らく広い(長い)野原だったンでしょうナ。

皇極天皇の御世と申しますから、今から千四百年ほど前にこの地に遷って来た善光寺。途中、武田信玄公により甲斐国(山梨県)に持ち逃げされてた時期も有りますが、何しろ日本の仏教が色んな宗派に分かれる以前からのお寺。

だもんで特定の宗派に属さず、ややこしいコトを超越し「来たい奴は誰でも来い!信じる者は男でも女でも誰でも救ってやる!」と鷹揚なモン。詳しい経緯は知りませんが、只今は天台宗と浄土宗が協同して運営して居られますヨ。

同じ信州小諸市の布引観音から「牛に曳かれて」来ると良いとか、ココに遷る以前の鎮座地だった信州飯田市の元善光寺も「一緒に参らにゃ片詣り」とか申しますが、幾ら私メが暇でもソコまでやっちゃ居られない。片詣りで結構。


御門前の商店街もすっかり垢抜けちまって・・、隔世の感がございますナ。私メが大学受験でココの宿坊に泊った時は、もっと煤けてましたが

私メはこの長野市の某国立S大学を受験した事が有りまして、そン時に善光寺サンの宿坊に泊ったンですヨ。試験の方は「色弱でお呼びじゃ無い」と云う点数以前の問題で、「ならば願書を受理するナ」と当時は憤ったモンですが。

余りに理不尽だったんで・・突然ヤサグレ自棄に成った所為か?一体どの宿坊に泊ったのか未だに憶え出せません。ま、似た様な宿坊が善光寺サンの参道には多過ぎて、不信心な私メにゃ区別が付かないのも大きいンですが。

流石に大寺院の宿坊で、朝早くから善光寺サンで大勢が「お勤め」をしてらっしゃる様子が間近に聞こえましたが、まだ二十歳前の私メは只今以上に不信心な若僧で、「朝っぱらから五月蝿ぇナ」としか思わなかったのが残念無念。

その日の午後に試験会場で突如ヤサグレる事と成ったンですから、正に天罰覿面。いや仏罰覿面と申し上げるべきかナ?ですが善光寺サンの懐は広く、すっかりオッサンに成って多少改心した私メを、優しく迎えて下さった様です。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県長野市のブラブラ散歩」が続きます★

(参考リンク)
★「遠くとも一度は詣れ善光寺」信州善光寺公式ウェブサイトHP
http://www.zenkoji.jp/
★「天台宗大本山」善光寺 本坊大勧進HP
http://www.daikanjin.jp/
★「浄土宗大本山」善光寺 大本願HP
http://www.daihongan.or.jp/
★「善光寺と流れる心地よいひと時」長野門前手帖てらしっくHP
http://www.zenkoji-life.jp/
★「長野の旅▲献鵐スカン編」タベゴログ・ブログ
http://masaking.blog21.fc2.com/blog-category-19.html

(一体ドウ云う訳か?善光寺サンにはナンだか毎年詣ってる様な気がします
)

篠ノ井市・松代町・鬼無里村・・等々。周辺市町村を吸収してドンドン巨大化してく長野市に、遂に信州新町も吸収されたらしい・・。と云うコトは新町名物「信州ジンギスカン」も、長野市の名物と云うコトなのかねぇ?




| 2011.09.29 Thursday (07:39) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
599 【お魚料理32】信州の梅雨はサバ缶とともに


梅雨の信州北部は、笹竹(根曲がり竹?)とサバ缶のコンビが大活躍!長野県は日本で一番サバ缶が売れるトコ。海無し県だからでしょうか?

東日本大震災の被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復興成ります事を期待してます。今はカラ元気を出して乗り切ろう

今年は異常に梅雨入りが早く、私メの様なチョット大きい体の持ち主は全く嫌に成っちまいますが、この時期にタップリ降って貰いませんと夏が困る。夏に水が足らないと秋に美味しいモンが喰えなく成っちまうンで、我慢するしか。

日本は「四季の国」と云いますが、実際は梅雨も加えて「五季の国」と云った方が正しい感が有りますナ。幸い日本は、赤道近くの国々の様に雨季が長過ぎる訳でも無いンで、梅雨には梅雨なりの楽しみを探す事と致しましょう。

私メがかつて(半年間ほど)住んでた長野県は、ご存知の様に海無し県。私メの育った海有り県・静岡と言葉は良く似てますが、生活習慣が全く違うンで大分面喰らいましたナ。「海の有る無し」だけで、常識が笑っちゃう位に違った。

スーパーや商店街巡りが大好きな私メですンで、日本国中ドコでもソウ云うトコに「いの一番」に行くンですが、長野のスーパーとかに行く度に思うのは、干物・漬物・乾物の類や、缶詰・瓶詰の種類の多いコト。海有り県と違うネ。


「北信名物タケノコ汁」。皮を剥き小口切りにした笹竹を茹で、ソコにサバの水煮を汁ごと入れ、味噌で調整したら出来上がり。ダシは要らない

梅雨前後に成りますと、長野県北部(北信)地方を中心に「サバの水煮缶」が異常な程に売れる。いや長野じゃサバ缶は一年中大人気で、各家庭にゃ当然の様に大量常備されてる県ナンですが、この時期は特に売れる売れる。

以前、長野県内某所の居酒屋サンで「刻みキャベツにサバの水煮を載せ、マヨネーズを掛けただけ」と云う恐ろしい肴を出された事が有りますが、こりゃ決して異常な事じゃ無く、長野県内じゃ珍しくない(一般的では無いですケド)

海有り県には判らぬ「海産物への憧れ」が有るのか、驚くほど「サバ缶」偏愛の彼らがこの時期、より偏愛が著しく成るのは簡単な理由。ソレは「竹の子が生える」から。ただ竹の子と云ってもフツーの太いのじゃ無く、「笹竹の子」。

笹竹はアク抜き不要なんで、サバの水煮と一緒に煮る!そしてご飯と一緒にムシャムシャ食べる!コレが美味いの美味くないの・・。海無し県だからこそ缶詰を上手く使ってるンだと思いますが、コレって他県にも有るンでしょうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第623回/第624回放送」の記録です★

(参考リンク)
★「竹の子汁」ぐるたびHP
http://gurutabi.gnavi.co.jp/gourmet/cat4/takenokojiru_nagano/
★「タケノコ汁」長野調理製菓専門学校・校長ブログ
http://www.isizaka-gakuen.com/cook/blog.php/810
★「さばの水煮」缶詰blog
http://club-amigo.blog.ocn.ne.jp/blogcans/2004/06/1.html

(関連する記事)
★「596 【お米料理35】信州独自の豆腐料理を三皿
http://rifuh.jugem.jp/?day=20110609

(一晩置くとサバ臭く成っちまうンで、作ったらサッサと喰っちゃいましょうゼ)

「兎追いしかの山・・小鮒釣りしかの川・・」。北信は唱歌「ふるさと」が生まれた地方で、雪さえ降らなかったらとても良いトコなんですケド・・




| 2011.06.10 Friday (07:49) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
232 【団子饅頭09】信州須坂の「中華」


毎年七月の祇園祭の時に町を練り歩く、笠鉾と屋台。二段笠とは珍しい

さて北信(長野県北部)須坂の街巡りの続きです。須坂名物「みそすき丼」と「みそオムライス」を平らげ、蔵の町を腹ごなしのお散歩と成った私メですが、一体どう云う訳なのか?ココはホントに・・人が居ませんナ。ホント勿体無い。

私メが信州白馬村に逃げてた二十数年前、長野駅地下ホームから出発する長野電鉄は北信じゃ「地下鉄」扱いでして(今でもソウなのかしらん?)、僅か二十分程で北陸新幹線に乗り継げるンだから、言う程アクセスは悪くない。

が、日曜日だと云うのにこの日は、私メらも含め僅か何組かの観光客が居るだけ。尤もその分ゆっくり見られますンで、有難いと云えば有難いンですが。恐らくお隣りの作られた観光地・小布施に、お客サンを取られてンでしょうナ。

金鍍金な商売意識丸出しで、年々歳々異様なテーマパーク化して行く近頃の小布施にゃ私ぁ付いて行けン。こう云うコトを言うと年寄りみたいですが、敢て言いますゼ「昔の小布施は良かったのにねぇ」。その点、須坂は静かです。


コレが謎の「栗中華」。ご覧の通り、断じて肉まんや豚マンの類じゃ無い

そんな須坂を歩き回る内、私ぁ不思議なモンを見っけた。ソコで売ってる「栗中華」ってナンだろ?でもアソコは大きなお菓子屋サンで在って、中華料理をやってる雰囲気は微塵も無いンだが・・。肉まんや豚マンの季節でも無いし。

謎なモンで私ぁ臆面も無くその店へ入り、女将サンと思しき御夫人に聞いてみると、栗と漉し餡の入ったドラ焼き的なモンだと仰る。栗無しも有るらしい。餡子入りのドラ焼き的なモンなら、北海道名物「中華饅頭」の様なモノか?

が、どうも発祥が違うモノらしい。北海道の方は「中花種入り饅頭」が訛って「中華饅頭」に成った訳ですが、ココ須坂では藩政時代まで遡るらしいのヨ。須坂藩主・堀サマの奥女中に「千代香(ちよか)サン」と云う方が居たらしい。

この「千代香サン」が愛しのお殿様へと献上したのが中華饅頭の原型らしく、「千代香」が訛って「中華」に成ったらしい・・ッて、講釈師も吃驚するお物語。キメの細かい一枚皮のドラ焼きみたいでしたが、面白いモンを見付けました。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県磐田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「栗中華と中華饅頭」盛進堂製菓舗本店HP
http://seishindow.web.fc2.com/
★「信州須坂・物産品ガイド」信州須坂物産振興会HP
http://www.suzaka.or.jp/guide/
★「笠鉾会館ドリームホール」須坂市文化振興事業団HP
http://www5.ocn.ne.jp/~su-bunka/kasabokohall.htm

(中々面白い街ですンで、志賀高原の行き帰りにお寄りに成られたら如何?)

蔵の町の中に、このお店は堂々と在りました。一体ナンのお店なの?




| 2010.06.23 Wednesday (08:08) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
231 【お米料理12】信州須坂は「味噌の街」らしい

        
この女性は、明治時代の輸出用の生糸ラベルに使われてたモノらしい

鉄道や高速道路等で何度も通ってるのに、一度も街の中に踏み込んだコトの無い場所って在りますナ。名前を良く見るンでナンか知った気に成ってるが、結局良く知らないっテなトコ。私メなら「東京・代官山」が代表的なソレです。

恐らく私メの趣味にゃ合わないだろう、と一人合点して未だ行った事が無いンです。高座仕事でも無い限り、恐らく一生行かないだろうと確信してます。ま、あー云うトコ以外にも、日本にはもっと面白そうな場所は幾らでも有りますし。

「馬鹿と煙とバイク乗りは高い所に登りたがる」と云う古くからの格言がございますが、関東近辺でバイクで面白い高いトコと云えば志賀高原。群馬県から長野県にかけての高地でございまして、面白いンで私ぁ毎年遠征してます。

その志賀高原への行き帰りに、北信(長野県北部)の須坂市をコレまで何度も通ってましたのに、考えてみれば一度も街ン中に入った事が無い。と云う訳で(ソレだけじゃ無いですが)、今回私メは須坂市中心街に初潜入致しました。


須坂名物「みそすき丼」を定食で。「かねき」と云うオムライス屋さんで

ココは堀(奥田)家一万石の陣屋町。かの太閤秀吉公をして「天下三陪臣」と言わしめた、一代の傑物・堀監物直政の四男直重公の血統ですナ。大名と云うより超大身の旗本と言っても良いクラスなんで、お城じゃ無く陣屋です。

明治に成ってから製糸産業で大いに栄えたトコらしく、その頃に建てられた蔵作り商家や、ソレを模した建物が多く好ましい雰囲気。須坂駅近くの横町〜中町〜陣屋近くの穀町と、逆L字状の通りに綺麗な街並みが整備されてる。

随分面白げな雰囲気で、コレが東京の近くだったら凄い観光地に成ってた筈なのに・・、と思わせる静かな街(失礼)。通りに人は殆ど居りませんが、観光センターで教わったパルムのオムライス屋さんには、大勢お客サンが居る!

私ら東京モンに味噌と聞けば信州と答える訳ですが、ココ須坂も味噌の産地らしく、地元の味噌を使った「みそすき丼」を数年前作り出したとのコト。味噌豚ロースと牛の味噌すき焼き。それにナゼかオムレツまで入って盛り沢山。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県須坂市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史と自然の香る街・信州須坂」須坂市観光協会HP
http://www.suzaka-kankokyokai.jp/
★「信州須坂・みそすき丼」須坂市オフィシャルHP
http://www.city.suzaka.nagano.jp/shoukou/kanko/miso/misosuki.php
★「蔵の町須坂の町並み写真集」水夢王国HP
http://www2s.biglobe.ne.jp/Fujiki/suzaka/suzakain.html

(パルムと云う中心街のショッピングセンターが、凄い雰囲気のトコでして・・)

晴れた日曜、須坂中心街の蔵の町の午後のひと時。ひ、人が居らん・・




| 2010.06.22 Tuesday (08:18) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
197 信州松代で改めて講談を考えてみた


信州最大の藩・真田家十万石の本拠「海津城」。近年復元されました

さて北信(長野県北部)の城下町巡りの続きでございます。私らの講談で北信と云えばコリャ当然「川中島の合戦」と成ります。甲斐(山梨県)の武田信玄公と、越後(新潟県)の上杉謙信公は戦国時代に、計五回も直接対峙致します。

有名な「信玄謙信一騎打ち」は四回目の合戦の最中のコトとされてますが、正直申し上げましょう。ソレは嘘です!そこら辺の猪武者じゃ有るまいし、御大将同士が斬り合いをするモンか!そんナンで大軍の指揮が出来ますか!

よーするに私メの先輩講釈師達が張り扇をパンパン叩きながら、お客様の歓心を引く為に作り上げた虚構でございますナ。講談は「合戦モノ」が当初主流だったンで、面白おかしく勇ましく「見て来た様な・・」をした訳でございます。

別に釈界の先輩達を批判してる訳じゃございませんので、決して誤解無き様に願います。私メもその立場状況なら同じ様な事をやってた筈ですから。でもコレを「講釈師バリに」真実として語る輩が多いンで、苦言を呈しただけです。


海津城天守台から西を見ると、北アルプスの高峰が雪を被った儘でした

さて五回の合戦時、上杉方が前線基地として居たのが前回記事の飯山城。そして武田方が前線基地として使ったのが、信州松代の「海津(かいづ)城」。日本一の大河・千曲川と第一支流犀川が合流する川中島とは、指呼の間。

ナンでも武田方の軍師・山本勘助が信玄公の命で築いたのが最初と言われてますが、ホントかねぇ。勘助自体が講談上な人物で、居たかどうか疑わしいンですが・・。江戸時代は真田家の本拠地として、約二百五十年続いてます。

今度は上方講談「難波戦記」とお馴染みの真田家でございます。尤もアレに出て来る真田家は、真田昌幸・信繁(幸村)親子の方でして、松代藩の方は昌幸公の長男・信幸公が幕府方として、父や弟と戦って守り通した「本家」。

私メの言えた義理じゃ無いですが、講釈師が勝手にイメージを作り上げた父や弟と違い、信幸公は人気がございませんナ。釈台を離れ、冷静に考えると名君ナンですが・・。「見て来た様な・・」を改めて考えさせられた私メでした。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「なぞの金曜日 第569回放送」の記録です★


(参考リンク)
★「信州松代へようこそ!」2010松代イヤー公式HP
http://www.matsushiro-year.jp/
★「遊学のススメ」エコールドまつしろHP
http://www.matsushiro-club.jp/
★「松代町観光ガイド」Access信州発HP
http://naganoken.net/matsusiro/
★「松 代」まちあるきの考古学HP
http://www.koutaro.name/machi/matsushiro.htm
★「海津城」埋もれた名城HP
http://www.asahi-net.or.jp/~ju8t-hnm/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Kaidu/

(ちなみに信繁公を「幸村」と勝手に呼び習わしたのも、私ら講釈師の様です)

松代のスーパーで見付けた、佐久のモンドウル田村屋製の菓子パン。




| 2010.05.21 Friday (11:51) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
196 北信州飯山もまだ春だった


秀峰・高社山を背景に、千曲川の河川敷一面に咲き満ちる菜の花は・・

今回私メは故あって北信地方(長野県北部)へ参ったンでございます。しかも最北部、つまり新潟との県境・飯山市へ「菜の花を見に」行ったンでございますナ。ココに行くのは昨秋以来。何しろ雪深いトコですンで冬は行けない。

東京じゃ初夏と云うのに、今頃「菜の花を見に」行くとはドー云うコトと思われるかも知りませんが、御多分に漏れず信州も今年は天候不順。本来は黄金週間近辺が見頃の筈の、「或る野菜の菜の花」がようやく盛りらしいのヨ。

「アブラナ科」が咲けばだいたい菜の花に成るンですが、飯山・千曲川の畔の菜の花はフツーの菜っ葉とモノが違う!ナンと「野沢菜」の菜の花だそうですヨ。隣り町があの野沢温泉村ですからねぇ・・、北信北部一帯の名産野菜。

一度だけ「生野沢菜」を買った事が有りますが、「漬物の方がイイねぇ」と云う感想でしたナ。チョット味が大雑把・・な感が強かったンですが、私メの身長と大して変わらぬ野沢菜の菜の花を見て納得致しました。成るほど大きいヤ。


飯山御城下・愛宕町「仏壇」通り、午後のひと時。雁木の立派なコト・・

ココは古くからの城下町。甲斐の武田信玄公との度々の対決に備え、越後の上杉謙信公が千曲川の畔に在った古城を大改修して使ったモノだそうで、上杉方の前線要塞。ココから南方の川中島へ向けて出撃して行った訳ですナ。

江戸時代は譜代やら外様やら七家十八人ものお大名が、三〜四万石程度の身代で目まぐるしく入れ替わった藩でございまして、豪雪と洪水に度々困らされた土地の様です。今は魚沼以上!と評判の美味しいお米の産地だとか。

「雪国の小京都」だソウでして、綺麗に整えられた碁盤目に近い街並みと、藩政以来の由緒有りソウなお寺群。四年後の北陸新幹線延伸に向けて、街は大改造の真っ最中。今は不便なトコだけど、東京まで一本で繋がるらしい。

野沢温泉とは逆方向の隣り町が唱歌「ふるさと」の本当の現場らしいですが、あの唄通りに日本の里山の原風景が濃縮された様な、自然溢れるステキな城下町。でもコレからの季節は凄くイイけど、やっぱ豪雪地帯ナンだよナ・・。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県長野市松代町」への訪問記です★


(参考リンク)
★「日本のふるさと北信州」信州いいやま観光局公式HP
http://www.iiyama-ouendan.net/
★「飯山市・歴史・観光」長野県WEB観光案内所HP
http://nagatabi.hariko.com/iiyama/iiyama.html
★「四季浪漫飯山線」飯山線沿線地域活性協議会HP
http://www.city.iiyama.nagano.jp/iiyamasen-ensen/
★「高野辰之記念館」長野県中野市公式HP
http://www.city.nakano.nagano.jp/tatsuyuki/

(ナンだかとてもノンビリした感じの街でしたナ。ディーゼルカーがまたイイ!)

陽射しだけは初夏でした。爽やかな木漏れ日の中、飯山城址の石垣




| 2010.05.20 Thursday (08:16) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
025 【粉なモン01】包んでしまえばナンでも「おやき」!!


「ふきっ子のお八起」の「和トマトおやき」。ちなみに権堂にお店はない

前項で私メが若い頃、信州白馬村の某スキー場でリフトマンをしてたコトを申し上げたンですが、そン時にナンだか嬉しかったのは、私ら住み込み組と違って地元から通ってくるオジサンが、時折「おやき」を持ってきてくれたコト。

「おやき」ってナニかご存知ですか。信州独自の「色んな具入りの饅頭」で中身は概ね野菜を炒めたり/煮たりしたモノ。それを小麦粉のドウ()で包み蒸したり/焼いたり/揚げたりしたモンです。信州じゃ昔から作られてたのヨ。

オジサン宅で既に蒸して来たのを、リフト小屋の暖房用石油ストーブの上で転がして焼くンです。ホントは囲炉裏の灰の中で焼くンですから邪道だと判っちゃ居りますが、吹雪には「野沢菜を炒めたおやき」がよく似合うぜ!!

スキーを覚えられたのと、雪山の朝焼けの美しさと、そして「おやき」だけがあのロマンス無き最悪な冬の数少ない楽しい思い出ナンでございますが、冬季五輪以来ナンだか妙に「おやき」が予想外な進化を遂げてますねぇ・・。

     
コレも信州名物(?)のビタミンちくわ。「生で良し煮込み良し」らしい

長野市の繁華街・権堂(ごんどう)のいむらやサンで、いつものように名物「あんかけ焼きそば」を食しました後、膨れた腹ごなしにアーケードを歩いてましたら某スーパーで見つけました。私メの想像を絶するような「おやき」を。

冬季五輪の前の権堂は賑わってた記憶があるんですが、郊外の店にお客を取られたのか青息吐息。でも見つけたのは上の写真の真っ赤な「おやき」。中身は和風ラタトゥーユでございまして、おいおいコレも「おやき」なのかい。

こりゃ「ふきっ子のお八起」サンの定番「和のトマトおやき」ナンだそうですが、この店ステキにヘンなのよ。常識的な定番の他に「そら豆」「根菜ごぼう」や、秋の限定「中華ちまき」「おさつカレー」「きのこの秋」「蓮根チーズ味噌」等。

そして大人のおやき「カマンベール」まで有るそうでして、こう成りますと一体オジサンはどうしてイイのやら・・、ボクのオヤキはドコイッタ・・。過ぎ去りし二十世紀を惜しんだって仕方ない、これからはこう成って行くンでしょうねぇ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回は「新潟県十日町市」での騒動記です★

(参考リンク)
★ふきっ子のお八起HP 
http://www.fukikko-oyaki.com/
★長野市・権堂商店街ガイドHP 
http://www.gondo-nagano.jp/

(でもトマトおやき中々に美味しかったねぇ、まだ話は続きます)




| 2009.11.27 Friday (06:51) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
024 信州しなのはコイの国


善光寺の参道で目撃。皆さんお揃いでドチラへお出かけですか?

信州しなのの長野県には、私ぁ一寸苦〜い思い出があるンでございますよ。人生一度っきりの「成人式」を、私ぁナゼか長野県で迎えたンでございます。その頃イロイロあって東京にいられず、やむなく白馬村に逃げてたからです。

バブルの真っ最中、どうにも大学と折り合いが付かずに「強制的に」早めの卒業となった私メ。師匠から入門許しは出ず、何だか中途半端でヤケになり白馬村の某スキー場で「滑れないのに」リフトマンのアルバイトをしてたのよ。

今と違いスキーブームは最高潮で、方々のスキー場は人手不足で仕方なく「スキーなんぞしたコトがない」私メでも住み込みで雇って貰えたンですから、異常な時代だったンですねぇ。尤も、負け犬の吹き溜まりみたいでしたが。

山上のリフト小屋に吹雪で一晩閉じ込められたりとか、お客さんが亡くなって周章狼狽したとか、毎晩のように酒呑んで互いの傷を嘗めあったりとかイロイロありましたが、私ぁ「生き延びる為に」スキーを覚えるコトが出来ました。


小諸市のツルヤで買った「特製しょうがジャム」。これから役に立ちそう

何しろソレまでの人生で一番降雪の多いのは東京、という「南国型」の私メでしたンで、「雪が多いのはナンと難儀なコトか」を身を以て学びましたねぇ。ゲレンデの恋は残念ながら生じませんで・・、雪かきばっかさせられました。

ただ白馬村辺りの方言は、私メが子供の頃を過ごした静岡市辺りと殆ど同じ「ずら弁」でしたンで、通いで来てた地元の人たちと、言葉を選ばずに喋れたのは助かりました。でももう私ぁ正直、あの生活には・・戻りたかないねぇ。

そんな長野は海なし県。お魚は淡水魚が当然だったようで、スーパーでは今でも鯉を売ってますねぇ。県東部の佐久市には鯉のフルコースを出す料理屋がありまして、私ぁソコの「鯉のウロコのから揚げ」が好きナンです。

でも真打に昇進して、今の「鯉風」という名前を襲名させて戴いてからは、ナンだか共食いしてるみたいになっちまって・・。うちの師匠も「松鯉」を襲名してから「鯉を食べ辛くなった」といってましたが・・、困ったモンです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回も「長野県長野市」への訪問記です★

(参考リンク)
★信州佐久・佐久鯉ガイドHP 
http://www.sakucci.or.jp/koipj/ryori/index.html

(お話しは次回に続きます)




| 2009.11.25 Wednesday (11:50) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS